fc2ブログ


タイトル画像

減点主義と加点主義

2012.03.06(18:40) 1031

人にアドバイスを送るタイプには減点主義加点主義があります。

減点主義とは、相手の「マイナス部分」を指摘して注意するタイプです。

「ここがダメだから、こう変えなさい」とアドバイスをします。

このタイプを見ていると、偏差値の高い高校や大学を出た学校秀才に多いような気がします。
テストで減点されることが嫌なので、マイナス部分が気になることが習性になっているのかもしれませんね。


加点主義は「良いところ」を褒めるタイプです。良いところに注目して、そこを伸ばし、マイナス部分に目をつぶる傾向です。


大事なことはアドバイスを送る側が両方の側面を持つことですね。

人時処三相応(にんじしょさんそうおう。人(相手)と時(タイミング)と処(場所です)を得た振る舞いをすること。人時処に適切な行動をしないと正しいことも悪になることがある。)を考慮に入れて、減点と加点を使い分けなければならないと思います。


人によって注意して伸びる人と、逆に萎縮してしまう人がいます。

あるいは、褒めると慢心して失敗する人もいますし、褒めて伸びるタイプもいます。

相手を見て、使い分けができないといけないのです。



また、タイミングもあります。

今は何を言っても無駄な時があります。時が経って年を取らないと分からないことや、体験しないと気付けないこともあります。

そういう時は、待ってあげることも必要です。


あるいは、心が傷ついているときに、更に減点主義でアドバイスをすると、もっと気が滅入ってしまいます。

そのような時は加点主義で褒めてあげることも大切でしょう。



それから場所です。

人前で注意されたらプライドが傷ついて、モチベーションがガクンと落ちる人がいます。

そういう人に対しては、二人でお酒を飲みながら注意する気配りもあって良いでしょう。

逆に加点主義で褒めるときは、人前で褒める方が効果が高いこともあるでしょう。


アドバイスをする側は減点主義も加点主義も両方できないといけませんし、人時処をわきまえて、加点と減点を上手に使い分けることですね。


なお、これらができるようになるには、成功も失敗も両方の経験が必要であると思います。

なぜなら、人生で自分自身がつらい経験をしないと、人の心は分かりにくいですし、ある程度の成功をしないとアドバイスも高みのないものや輝きのないものになってしまうからです。

古賀光昭のビジネス相談



2012年03月06日
  1. 減点主義と加点主義(03/06)