fc2ブログ


タイトル画像

「おひさま」、岩清水弘よりも強烈な春樹のラブレター

2011.09.26(23:03) 901

先週は「英語の歴史」について書いていましたので、「おひさま」のことを書けませんでした。春樹(田中圭さん)が真知子(マイコさん)に宛てた手紙がとても素敵でしたから、書き記しておきたいと思います。

春樹は密かに恋をしていた真知子に対して手紙を書きます。それを妹の陽子(井上真央さん)に託し、もし自分が戦争から帰らなかったら真知子さんに渡して欲しいと言って戦争に行きます。

春樹は戦死したので、陽子は真知子に春樹兄さんの手紙を渡します。

その中の一文には、次のように書かれていました。


「この手紙をあなたが読んでいるということは、私は戦争から帰らなかったということです。私は天にいるのでしょう。

私はその空の上から、あなたをずっと愛し続けます。そして、必ずあなたを守ってみせます。

真知子さん、あなたは幸せが似合う人だ。だから、いつでも自信を持って、絶対に幸せになるんだという自信を持って生きて下さい。

私が空の上からあなたの不幸を取り払ってみせます。


脚本の岡田惠和さん、よくこのような名文が書けるものですね。

現代に戻って普通に読むと、すごいキザな感じなんですが、戦前・戦中の春樹と真知子の報われなかった愛のシーンと重なると、感動的な文章になっていました。


『愛と誠』(梶原一騎)の岩清水弘(いわしみずひろし)のラブレターよりも強烈でした(古いっすね。(笑))。

世界を変える若き企業家たちへ



2011年09月26日
  1. 「おひさま」、岩清水弘よりも強烈な春樹のラブレター(09/26)