fc2ブログ


タイトル画像

「おひさま」 井上真央さんの言葉に感動

2011.09.03(19:34) 881

今日のNHK連続テレビ小説「おひさま」は良かったですね。東日本大震災で家を無くされた方は涙なしには見られなかったのではないでしょうか。私もとても感動しました。

簡単にあらすじを述べますと、丸庵(まるあん)というおそば屋さんが火事で焼けてしまいます。先祖代々のお店であり、女主人の丸山徳子(まるやまとくこ。樋口可南子さん)が「無くなっちまったよ。」と呆然としています。

ヒロインの丸山陽子(まるやまようこ。井上真央さん)は、「大丈夫です。大丈夫ですよ。」と悲嘆にくれる義母の徳子を抱きしめて言います。

「私たちは、もっともっと、幸せになるんです。絶対に幸せになります。
こんな思いをしたんですから、何倍にも幸せになるんです。
私がそうしてみせます。」
と陽子は徳子を励まします。

綺麗な音楽が背後に流れて、涙なしには見れなかったシーンでした。


今回の震災で家を失った方もたくさんいらっしゃいますし、天変地異ではなくても、事業に失敗したり、失業したりして破産をして、大切にしている家を已む無く売却される方もたくさんいらっしゃることだと思います。


例えモノとはいえ、住んでいた家や、一生懸命働いて購入した家には思い入れがあるものです。楽しい思い出も、辛い思いでも一杯詰まっているのが家です。

他人が思うほど、単純に割り切れるものではありません。

それでも、こうした辛い局面に直面したら、陽子のように「絶対に幸せになります!」と宣言して、力強い一歩を踏み出し、一日一日を生きて行くことだと思います。


今日の「土曜スタジオパーク」で陽子の父親役の寺脇康文さんが出演していました。その中で、「おひさま」のクランクアップのシーンが流れました。

陽子役の井上真央さんは「ほんの15分の時間でも、たくさんの方々に、勇気や生きる希望を届けることができる、そんな思いがあって、ここまでやってこれたんだと思います。」と述べていました。

「おひさま」は、本当に「勇気や生きる希望」を届けてくれる番組だと私も思いました。

古賀光昭のビジネス相談



2011年09月03日
  1. 「おひさま」 井上真央さんの言葉に感動(09/03)