fc2ブログ


タイトル画像

神社・仏閣が守り続けているもの

2011.01.16(22:05) 682

何日か前に初詣の話しを書きました。そこで、すごい人がたくさん参拝に来ていた事を述べました。本日はそれに関連して少し書いてみたいと思います。

日本人は普段の生活では、神社やお寺、教会に行くことは少ないと思うんですね。

普段の生活で神様や仏様を意識することは、あまりないことだと思います。

ただ、初詣という習慣、それもほとんどの国民が参加する大イベントで、神社やお寺にお参りするのは、とてもいい習慣だと思うんですね。


人間、どうしても目に見えるもので、物事を判断してしまいがちですが、目に見えないものの中に価値があるものがたくさんあるものです。

例えばとか、優しさとか、思いやりとかです。

初詣のように、神様や仏様に祈ることは、目に見えないものに対する行為であります。

その行為は、自己を超えたものに対して敬虔な気持ちを持つというものですので、その意味では、人間の進歩向上にとっては、とても大切なものだという気がします。


神社や仏閣は、人間が謙虚に生き、「自己を超えた大いなるものへの尊崇」を忘れさせないという尊い役割があるのではないかと感じました。


昨今はパワースポット・ブームですけど、神社・仏閣はパワーを与えてくださっているだけではなく、日本人の精神性にとって非常に大切なものを守り続けてくださっているのではないでしょうか。

世界を変える若き企業家たちへ



2011年01月16日
  1. 神社・仏閣が守り続けているもの(01/16)