fc2ブログ


タイトル画像

「タイガーマスク」 全国の伊達直人さんに感動

2011.01.12(11:47) 680

ニュースで知りましたが、「タイガーマスク」の主人公、伊達直人(だてなおと)を名乗って、全国で児童養護施設などに様々な匿名の寄付が起きているそうですね。

新品のランドセルや、文房具、商品券、野菜、現金など、子供達のために使ってくださいと、伊達直人名で贈られてきているようです。

とてもいいお話しだと思います。

以前、ブログに書きましたけど、私が最も感銘を受けたテレビ漫画が「タイガーマスク」です。

主人公の伊達直人が、リングではフェアープレーで虎の穴のレスラーを倒し、そのことを隠しながら子供達にプレゼントする姿に感動したものです。


その伊達直人のように、現実にたくさんの方が、子供達に贈り物をされていることを知り、心が温まりました


ちょうど昨日読んでいた『司馬遼太郎 歴史の中の邂逅(かいこう)4』(中央公論新社)の中で、司馬さんが

「江戸末期から明治中期までの日本人というのは、いまの精神風俗からみて信じがたいほどに親切であった。
とくに有望な若者が嚢中(のうちゅう)の錐(きり)のようにして出てくると、それを宝石のように大切にする気風があり、・・・(以下略)」と書いておられました。


日本人の中には、若い人や困っている人を助けたいという気風が、平成の世でもまだまだあるんだなと思った、嬉しいニュースでした。

世界を変える若き企業家たちへ



2011年01月12日
  1. 「タイガーマスク」 全国の伊達直人さんに感動(01/12)