fc2ブログ


タイトル画像

ピート・ローズ選手が言った成功するために必要なこと

2011.01.08(12:06) 676

お正月番組だったか憶えていませんが、NHKでイチローのインタビューを放送していました。その中でピート・ローズ選手(大リーグ通算最多安打者)のコメントがあり、興味深いことを言っていました。

ピート・ローズ選手が成功した理由は、技術よりも、それを上回る欲望、そしてその欲望を上回る情熱を持っていたということです(テレビでは、ピート・ローズ選手が両手の手のひらを向き合わせて20センチくらいの幅を見せて、次に40センチの幅、次に60センチの幅と、手で言葉を表現していました)。

逆に大きな才能(技術)を持っている選手をたくさん見てきたが、それで成功しなかった人は、技術よりも欲望が小さく、さらに情熱も小さかったということです。

ピート・ローズ選手は、試合に出られない時には、監督の足を引っ掛けて転ばせたり、監督批判をしたりして、最後には「分かった、分かった試合に出ろ」と言われるまで食い下がったとか。

つまり大リーグで通算最多安打を出すためには、一試合でもたくさん試合に出なければいけない、そのための強い気持ちを持っていたということなんですね。


私が考えさせられたのは、欲のところです。

自分自身、30歳の頃から、あまり強い欲を持たないようにしていました。

ストイックという面もあるかもしれませんし、心を統御しようとしていたとも言えるかもしれません。

円満な人格を目指したといえばそれまでなんですが、ある意味、どっちつかずの「面白みのない人間」になったとも思えます。


やはり成功して実績を出していくには、強い思い、欲のようなものは必要なんではないかなと思いました。

枯れちゃっては、いけませんよね。

世界を変える若き企業家たちへ



2011年01月08日
  1. ピート・ローズ選手が言った成功するために必要なこと(01/08)