fc2ブログ


タイトル画像

お正月に見た映画とドラマの明暗

2011.01.06(18:11) 675

お正月のテレビ番組で織田裕二さんの『アマルフィ』をやっていました。正直に言いまして、面白くなかったですね。

結構宣伝もされて、オール・イタリア・ロケをうたい文句にしていましたけど、まさしく「イタリアの風景が意味もなく出てきていただけ」の作品でした。

脚本もキャスティングもイマイチで、織田裕二さんはクールな役柄が似合わないですね。俳優さんですから、似合わないというよりは、「出来ない」という表現の方が正しいのかもしれません。


天海祐希さんは女性としては魅力的な人なんですが、映画やドラマの人物になると、途端にリアルティが無くなるんですよね。画面から“浮いて”しまうんでしょうね。


別の番組では『二人の軍師』をやっていました。竹中半兵衛と黒田官兵衛の人生を、山本耕史さんと高橋克典さんが演じていました。

民放の時代劇では予算が大変だと思うんですけど、それなりに頑張って作っていたように思います。

『三国志』以外では、軍師や補佐役に光が当たる機会はあまり少ないので、竹中半兵衛と黒田官兵衛に焦点を当てたドラマは良かったのではないでしょうか。

直江兼続の『天地人』や、『江(ごう)』もそうですけど、色々な立場の人を取り上げてドラマ化するのは、今の時代に合ったいい試みなんでしょうね。

世界を変える若き企業家たちへ



2011年01月06日
  1. お正月に見た映画とドラマの明暗(01/06)