fc2ブログ


タイトル画像

「いきものがかり」の歌は、優しさと明るさに満ちていますね

2010.11.04(15:36) 631

NHKの「SONGS」に“いきものがかり”が出演していました。『ゲゲゲの女房』のテーマソング「ありがとう」の放送用バージョンしか私は知らないグループでしたが、なかなか良かったですね。

いきものがかりの曲には優しさがあふれている気がします。

水野良樹(みずのよしき)さんが作っている「SAKURA」や「ありがとう」などは、いい曲ですね。彼の優しさがうまく表現されていると思います。

番組でも、水野さんが「自分達の音楽は自己満足だけで、誰かの役に立っているのだろうか」と悩んでいたと紹介されていました。

しかし、ライブで「帰りたくなったよ」を演奏した時にファンが泣いているのを見て、バンドの方向性が見えたと言っていました。

ドラッカーではないですが、きちんと顧客(ファン)のことを考えているところが素晴らしいと思いました。


また、ヴォーカルの吉岡聖恵(よしおかきよえ)さんも、ドリカムの吉田美和さんや、宇多田ヒカルさんや絢香さんみたいに歌が無茶苦茶うまいわけではないんですけど(ファンの方、ごめんなさい)、
歌声がすごく明るくて、「ありがとう」や「ブルーバード」を聞くと明るくなりますね。

あの明るい感じは持って生まれたものでしょうから、素晴らしい才能だと思います。


『ゲゲゲの女房』が前向きな明るい番組になっていたのも、いきものがかりの歌の影響が大きかったのかもしれません。


沈んでいる人や落ち込んでいる人には、いきものがかりの歌はお薦めです。

ぜひ聞いてみてください。

古賀光昭のビジネス相談



2010年11月04日
  1. 「いきものがかり」の歌は、優しさと明るさに満ちていますね(11/04)