fc2ブログ


タイトル画像

「龍馬伝」 船中八策のアイディアの元は勝海舟

2010.10.24(19:20) 621

日曜日は恒例の『龍馬伝』です。本日は「船中八策」でしたね。「船中八策」とは、坂本龍馬が船の中で書いた新しい日本の青写真を八つの策(ビジョン)でまとめたものです。

福山雅治さんは坂本龍馬をピュアな青年のように演じていると思いますが、ピュアな部分が龍馬にあったからこそ、見事なビジョンができたのではないでしょうか。


『龍馬伝』では、桂小五郎、吉田東洋など、色々な人の意見から、この策を作り上げたと言っていましたが、事実は勝海舟と大久保一翁の影響のようです。

更に絞って言うならば、勝海舟でしょうね。

勝海舟によって単純な攘夷論者だった坂本龍馬の目が開かれました。

そして、勝海舟の頭にあったアイディアを、坂本龍馬が表現し、実行したというのが歴史の実の姿ではないかと推測しています。

『龍馬伝』では、なぜか勝海舟の役割を小さく描いているようにしか見えないんですけど、
勝海舟の描いた青写真の上で、龍馬や西郷が動き、
結果的にはその青写真とおりに明治維新が起こったような気がします。


歴史には、色々な役回りがあります。

企画者(勝海舟)と実行者(坂本龍馬)の奇跡の出会いが、維新回天の事業を生んだのだと思います。

世界を変える若き企業家たちへ



2010年10月24日
  1. 「龍馬伝」 船中八策のアイディアの元は勝海舟(10/24)