FC2ブログ


タイトル画像

就職が決まらない新卒者の方へ  若手社員を欲しい会社は必ずある

2010.08.30(20:31) 570

NHKのニュースで、今春卒業の大卒(新卒者)で就職が決まっていない人が7万5千人いるということを報道していました。政府は卒業後3年以内を新卒扱いにするとか、奨励金を出すとか言っていますが、何ともプアな政策だと思わざるをえません。

こうした就職系を官がやってうまくいったことがありません。奨励金で多少採用も増えるかもしれませんが、元々新卒なり、新人なりを採用する気だった企業が、奨励金分をプラスになる程度でしょうね。


ここで新卒者の方に申し上げたいのことは、国の政策にはあまり期待できないので、自助努力で道を切り開いていただきたいと思います。そして、小企業にも目を向けることです。

小さな企業なら、新卒者や若手社員を採用したい企業は必ずあります。


今は不況期なので、大企業や公務員などの安定志向が強いと聞いています。でも、これから10年先や20年先なんて、誰も予想ができません。

それは大企業だって、公務員だって同じです。絶対安心な職場なんて、この世に無いと思った方がいいでしょう。

仮に入った会社が運よく倒産しなくても、社内でも厳しい競争があります。

公務員になったら絶対安心かというと、政治によって大きく変わる可能性だってあります。

現状で表面的に見える安定や安心という軸によって就職を決めないことです。


小さな会社でも、社長さんが情熱を持って経営をしている会社なら大きく発展する可能性があります。

尊敬できる社長さんだと感じて、縁あって採用してくれるということであれば、そこでがんばってみてはいかがでしょうか。


新卒、若い社員が欲しい会社は必ずあります。

実際に今行っている会社の探し方以外にも、探す方法はあるでしょう。

他の方法も色々と試して、ぜひ素晴らしい会社と出会ってください。

決して気持ちを切らすことなく、強く願って、情熱をもって探したら、きっと出会えるはずです。

つらいとは思いますが、もうひと踏ん張りです。

古賀光昭の経営教室



2010年08月30日
  1. 就職が決まらない新卒者の方へ  若手社員を欲しい会社は必ずある(08/30)