FC2ブログ


タイトル画像

阪神タイガースは、マートンがキーマンだと証明したドラゴンズ戦

2010.08.09(16:03) 547

阪神タイガースが、名古屋ドームでの中日ドラゴンズとの3連戦で三連敗をしてしまいました。巨人ジャイアンツからすると4連敗ですか・・・うーん、「上手に負ける」ことを勧めてはいましたが、悪くても1勝2敗かと思いましたけど、よもやの3連敗でしたね。

しかし、まさかが起こるのが野球です。

攻撃(バッター)を中心にするチームは、バッターの調子が落ちると簡単に負けて行くんですが、今年の阪神タイガースは打てるバッターが1番から8番までいるので皆が同時に調子が悪くなることはないと踏んでいたんですけどね。ちょっと予想外でした。すみません。


まぁ、今の阪神打線がだめなのは、マートンと城島と金本の不調でしょうね。特にマートンが打てなくなると、「いかに阪神タイガースが弱くなるか」と言うのが証明されましたね(『週刊ベースボール』で、ジャイアンツの阿部捕手が「阪神で一番マークするのはマートン」と言っていたのは、正しかったわけです)。


マートンと城島は、去年アメリカで今年のように試合に出ていなかったのでしょう。だから疲れが出て体が思うように動かなくてバッティングができないのでしょうね。


矢野がいれば城島を休ませられるのですが、今はいませんしね。ただ、マートンは少し休ましたほうがいいと思いますね。金本、浅井、桜井でしばらく外野を組んでもいいかもしれません(金本の守備はまだダメですけど、彼の活躍なしに優勝は難しいと思うので使わざるをえないと思います。それと桜井選手は難しいでしょうけどね、他にいませんし)。

今のチームだと、1番平野、2番浅井、3番鳥谷、4番新井、5番ブラゼル、6番マートン(又は桜井)、7番金本、8番城島(又は狩野)というように、打てないバッターを固めたほうが打線として機能するような気がします。現状だと、浅井が生きていませんから。


なんにせよ、こんなときこそ、「赤星選手がいてくれたらな」と、無いものねだりをしてしまう今日この頃です。。。

古賀光昭の経営教室



2010年08月09日
  1. 阪神タイガースは、マートンがキーマンだと証明したドラゴンズ戦(08/09)