FC2ブログ


タイトル画像

『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌を歌うきっかけは1枚のCD

2010.07.26(00:01) 533

現在スタジオジブリ『借りぐらしのアリエッティ』が上映されています。ちょっと興味深いことは、テーマソング(主題歌)、『Arrietty's Song』を歌っているのがセシル・コルベルさんという外国の歌手だということです。

スタジオジブリでは、長編アニメの主題歌を海外のアーティストに歌ってもらうのは今回が初めてだそうです。

また、セシル・コルベルさんは日本では無名なので、それも驚きだったようですね。

彼女が『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌を歌うきっかけになったのは、実は彼女がフランスからスタジオジブリに送った一枚のCDでした。

そのCDは、彼女のオリジナル曲のCDでした。そして手紙が添付されていました。

手紙には、ジブリのアニメをイメージして曲を作りましたと書いてあったそうです。

セシル・コルベルさんはスタジオジブリのアニメのファンで、そのアニメを見てインスピレーションを受けて曲を作っていたようですね。

そしてジブリの鈴木プロデューサーが、「これは小人の音にぴったりだ」ということで採用が決まったようです。


不思議な縁ですよね。

一人の外国のファンが、自分のCDを送ったことによって、まさか大好きなジブリのアニメの主題歌を歌うことになるなんて。会いたい人には会えるもんなんですね~。


人の運命は分からないものです。何をきっかけに、人と人を結びつけるか分かりません。

「強い気持ちで思い続けることができたことは、実現できるんだな」と思ったお話しでした。


ちなみに、『Arrietty's Song』はケルト音楽を取り入れているようでして、懐かしい響きがあります。癒しの音楽で、いい曲ですよ。

古賀光昭のビジネス教室



2010年07月26日
  1. 『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌を歌うきっかけは1枚のCD(07/26)