FC2ブログ


タイトル画像

本田圭佑選手と坂本龍馬の共通点とは

2010.07.12(17:04) 518

サッカー日本代表DF長友佑都選手が、イタリア1部・チェゼーナとの最終交渉のために、イタリアへ向かったそうです。今回のW杯で高い評価を得た、川島選手や長友選手が海外に移籍することは、本人にとっても、日本代表にとっても大変プラスに働くでしょう。

本田圭佑選手のw杯での活躍は、海外での経験がなければ、あれほどのことはなかったでしょう。


生活習慣や考え方も全く違う環境、レベルの高い厳しい環境に人は置かれることで、視野が大きく広がると思うんですね。全く違った考え方ができるようになるのが大きいと思います。

私も日頃色々な人と接していて心がけているのは、本人が気づいていない視点を教えてあげることです。
「こんな考え方もあるんではないですか?」
「こうは考えられないですか?」を質問をすることによって、思考にゆらぎを与えるんですね。

人は自分が勉強してきた知識や、両親、学校の先生、会社の上司など身近な方の価値観の影響を知らずに受けて考えが固まっていることがあるんですね。

だから、発想が狭くなったり、色々な可能性が考えられなくなっていることがあるんです。

そこにゆらぎを与えるために、私が思いも付かないような別の視点から「ポン!」と言葉を送りますと、「はっ!」と気付かれることが多くあります。

まぁ、私の場合は無意識に会話中にやっていますけど、海外など日本と違う環境に行くと同じような効果があって、発想が豊かになったり、自分を別の目で見ることができるようになったりして、ステージが上がることができるんですね。


外国ではありませんが、坂本龍馬は、日本中を移動する中で、諸国から色々な考える視点を得ていたのだと思います。

本田圭佑選手がヨーロッパで一回り大きく成長したように、坂本龍馬も西郷隆盛など様々な人に素直にぶつかっていく中で成長したんだと思います。

サッカー選手が練習や試合で相手とぶつかって、肌で感じるのと同じように、龍馬も相手に会う時には、相手を肌で感じていたのでしょう。

そして、それを全部肥やしにして、龍馬は視野や考え方がどんどん大きくなり、精神的にも大きく成長したんでしょうね。

本田圭佑選手も坂本龍馬も、本人が想像していなかった環境に自ら入ることで、大きく成長したタイプだと思いますね。

長友佑都選手も大きく成長すると期待できますね。

古賀光昭のビジネス教室



2010年07月12日
  1. 本田圭佑選手と坂本龍馬の共通点とは(07/12)