fc2ブログ


タイトル画像

スポーツ大陸 すべてはW杯のために 本田圭佑

2010.06.20(14:56) 492

NHK「スポーツ大陸 すべてはW杯のために サッカー日本代表 本田圭佑」の再放送がありましたね。サッカー日本代表のキーマン、本田圭佑(ほんだけいすけ)選手に密着した6カ月をドキュメンタリーとしてまとめていました。

本田圭佑選手は日本にいるときは、パスに美学を見出していたようですが、海外に移籍して「点を取ること」の大事さを認識したそうです。

海外でプレーする選手は「点を取ってなんぼ」の世界で、常に自分が点を取ることを意識しているんですね。そして、海外では点を取らないとパスすら回してこないことを痛感したそうですね。

そこから、パスをするサッカーから、点を取るサッカー(シュートを打つサッカー)に代えたようです。


本田圭佑選手を見ていて面白いのは、強い気持ちを持っていることです。番組でも言っていましたが、試合前に「今日は自分が点を取ってチームを勝利に導く。自分が点を取って引っ張っていくんだ」と強く思うくらいでちょうどいいみたいですね。

弱い気持ちは論外でしょうけど、遠慮がちな気持ちで試合に臨んでも、いい結果はでないみたいですね。遠慮がちというのは、チームに貢献できればいいといったレベルではだめだということなんですね。強く自分を出さなければ結果的には自分を殺してしまうし、チームに貢献もできないということなるんでしょうね。


本田圭佑選手の中学時代の作文が出ていました。マリナーズのイチロー選手と同じですよね。中学くらいの時に明確に目標を描いていました。

本田圭佑選手がすごいなと思ったのは、「言いきっていた」ことです。「世界一のサッカー選手になりたい」ではなく、「なる!」と言い切っていたことが素晴らしいですね。

自分はこうなると宣言していることが素晴らしいですね。

デンマーク戦でも、本田圭佑選手の大活躍を期待したいと思います!


頑張れ!日本代表!!

古賀光昭のビジネス相談



2010年06月20日
  1. スポーツ大陸 すべてはW杯のために 本田圭佑(06/20)