fc2ブログ


タイトル画像

偉人、安藤百福(ももふく)さんに感謝

2010.03.06(00:53) 331

昨日、TBSテレビで日清食品の創立者で、「チキンラーメン」の生みの親である安藤百福(ももふく)さんの物語をやっていました。いやー、すごい人です。本当の偉人ですね。安藤百福さんは。

若い頃、実業家として成功していた安藤百福さんは、太平洋戦争で一度財産をなくしています。

その後、立て直すのですが、ある信用組合に理事長になることを頼まれ、再び財産をなくしています。百福さんは二度財産をなくしているのですが、へこたれずに、人々を明るく幸せにすることを目標にして頑張っていくんですね。

「食足世平」、日清食品の企業理念です。これは、食が足りてこそ、世の中が平和になるという意味です。戦後の寒風の中、ラーメンに長蛇の列をなして並んでいる人の姿を百福さんが見たのが「チキンラーメン」の原点になっているそうです。

百福さんは人々が幸せになるのは、食べることができることが元になっていると考えたんですね。ですから、人々が明るくなるために、おいしいものを簡単に食べられるようにしたいという情熱が湧きあがって、そして、それはラーメンだと思われたようです。

「チキンラーメン」は百福さんが47歳のときに開発に取り組み、苦労の末1年後に完成しています。ドラマではラーメンの素人の百福さんが色々な試行錯誤をして、家族の人に助けられながら開発していく姿が描かれていました。


また驚いたのは、完成後にインスタントラーメンの製法の特許を公開しているということです。多くの企業にもおいしいものを作ってもらえたらいいということだそうです。なかなかできないことですよね。すごいですよね。


考えたら百福さんが「チキンラーメン」を完成させたのは48歳の時です。人生遅すぎるということはないということが、この実例を見ても分かりますね。


百福さんが数々の挫折や困難の中、「チキンラーメン」を開発を投げたしていたら、今私達はおいしいインスタントラーメンを食べることができなかったんでしょうね。

困難な仕事を投げ出さなかった、あきらめなかった百福さんに感謝の気持ちで一杯です。生き方に勇気もいただきました。ありがとうございました。

古賀光昭のビジネス相談



2010年03月06日
  1. 偉人、安藤百福(ももふく)さんに感謝(03/06)