fc2ブログ


タイトル画像

これから可能性のある業界、その2

2010.03.01(00:01) 326

今日は「これから可能性のある業界」の第二回目です。前回はキッチン周りにビジネスの可能性があるのではないかとの問題提議をしました。今日は、住宅のリフォームを私が押すもう一つの理由である”バリアフリー化”について述べたいと思います。

高齢化の進展に伴い、手すり、またぎやすい高さの浴槽、車いすが通行可能な廊下幅、段差のない屋内など設備の需要が見込まれます。

おまけに国の住生活基本計画(2006年度策定)では、高齢者が居住する住宅については2015年時点での数値目標が設定されています。

「一定のバリアフリー化」住宅の比率を75%(2003年は29%)、「高度のバリアフリー化」住宅の比率を25%(2003年は6.7%)に引き上げるのが目標になっています。

こうした国の施策には、減税など各種の支援策が講じられる追い風があります。また、住宅金融支援機構ではバリアフリー化住宅を建設する場合の金利を優遇する仕組みも用意されています。


高齢化というニーズに加え、国の目標値が設定されているので、住宅市場の新しい潮流として注目されると思いますね。


住宅リフォームは、キッチン周りとバリアフリー化という二つの大きな可能性があると思います。その中に入っていこうと考える会社は、どこに生き筋を見つけるかというところがポイントになります。


部品や部材の供給者になるのか、全体をコントロールするリフォームアドバイザー(コンサルタント)になるのか、工事を請け負う会社になるのか、道はそれぞれだと思いますが、自社の強みと重なる部分がある会社は考えてみるのも面白いと思いますね。

古賀光昭のビジネス相談



2010年03月01日
  1. これから可能性のある業界、その2(03/01)