fc2ブログ


タイトル画像

苦しい時の意味

2009.12.22(16:40) 230

人生を生きていて、苦しい時はどうしてもあります。

努力をしていても、中々道が開けないときもあります。



こうした苦しい環境は、「粘り抜くこと」、「耐え忍ぶこと」を教えてくれます。

そして、「もうひと踏ん張りせよ」と、「きっといずれは道は開ける」と励ましてくれます。


もう一段の努力と工夫をし、自分を磨いていれば、未来は必ず拓けると信じます。

古賀光昭のビジネス相談



2009年12月22日
  1. 苦しい時の意味(12/22)