fc2ブログ


タイトル画像

坂本竜馬の交渉力の元とは?

2009.12.14(10:17) 217

これからの時代に最も求められる能力の一つが交渉力です。交渉力といえば、私は坂本竜馬を思い出します。坂本竜馬の交渉というと、薩長同盟を締結させたことや「いろは丸」の損害賠償の交渉などがあります。ただ、私が真っ先に思いつくのは、神戸海軍操練所という海軍学校の設立費用を越前の福井藩に出させたことです。

勝海舟は日本が独立国として欧米列強と伍していくには、軍艦、それも自国で軍艦を建造して6艦隊を持つ構想を持っていました。その経費は開国によって貿易で稼ぐという航海貿易論でした。

そこで勝海舟は日本人が軍艦を操舵できるようにするために、海軍学校の建設をもくろみます。そしてその費用を坂本竜馬に集めさせるのです。

竜馬は福井藩の松平春獄にお金を借りに行きます。それで借りたお金はなんと5,000両。福井藩の一年間の予算でした。

まー、あっぱれなんですが、この竜馬の交渉力は何なんでしょうね。

あくまで推測ですが、竜馬は「人に好かれる」何かを持っていたのでしょうね。誰からも愛される人柄を持っていたのでしょう。それが竜馬の交渉力の元になっていたのだと思います。


で、誰からも愛される人柄の元は何だったのかというと、「愛きょう」とかなんでしょうね。言葉で書けば書くほど竜馬を表現する言葉が離れていく気がするのですが、あえて書きますと、「無私」、わたくしが無い人だったのではないでしょうか。

竜馬の魅力は、私心なく人に接するところであり、それが人の心を動かしたのでしょうね。


現代の竜馬よ、出でよ!

古賀光昭のビジネス相談



2009年12月14日
  1. 坂本竜馬の交渉力の元とは?(12/14)