fc2ブログ


タイトル画像

他人と衝突してしまう人へ 「寛容の精神」のすすめ

2009.12.05(00:01) 206

今日は、「寛容の精神」について述べたいと思います。人には自由になることと自由にならないことがあります。その自由にならないことの代表的なものが「他人の感情」です。ま、「他人の考え」と言ってもいいでしょう。

仕事を普段していても、他人と衝突することがあるのではないでしょうか。

しかし、他人の感情や考え方を直接変えることはできません。影響を与えることはできるのですが、代えることは無理ですよね。最後には本人の意思にゆだねられます。ある意味、「意思の自由」があるから私達は生きていけることができるわけです。

そこで「寛容の精神」ということが出てきます。結局、衝突するのは「相手を理解していない」ことが原因しています。相手とぶつかってしまうのは、相手がなぜそういう考え方をするのかが分からないのです。

相手がそうした発想、考え方、感情を持つことを理解すれば、相手を包みこんで許すことができると思います。大きな器と心で包み込むように相手を許容してはいかがでしょうか。


まず、人の感情は自分の自由にならないことを前提にして、相手を自分の思うがままに操ることはあきらめましょう。そして、相手がなぜそのような考え方をするのかを理解してあげれば、相手を許すことができると思います。


「寛容の精神」で人に接しましょう。その安堵感に人が寄ってくるはずです。


古賀光昭のビジネス相談



2009年12月05日
  1. 他人と衝突してしまう人へ 「寛容の精神」のすすめ(12/05)