fc2ブログ


タイトル画像

保険営業のアドバイスを就職活動にいかす  

2009.09.30(00:01) 141

今日は失業している人へ、就職するための方法をお話ししたいと思います。

生命保険のベテラン営業マンが、数字のあがらない人に対するアドバイスの一つに、「とにかく動け」というものがあります。

営業では、行くところがなくなると動きが止まってしまうのですね。

ぼーっとしているというんでしょうか。そうすると数字は絶対に上がらないということを言っていましたね。

「とにかく誰にでもいいから会う、電話をする、外を歩く、そして保険の話をするんだ」と。


私は失業したときに、この生命保険のベテラン営業マンの営業方法を就職活動にも活かしてみました。

とにかく動いたんですよね。毎日。

求人情報はネットから紙媒体まで、たくさんの種類をチェックしました。紹介会社では、人材銀行から民間の人材紹介会社まで10社以上は登録をしたと思います。

何度か会ったくらいの人でもアポを取り、仕事を探していることを率直に伝えました。

履歴書は、応募できるところには片っぱしから応募しました。採用されても行かないかなと思っていてもです。

なぜなら、当時から年齢的に応募できるところが絞られていたからですね。それゆえ、応募でき、面接のチャンスがあるならば行くべきだと思っていました。

面接は数をこなすことが大切です。会ってくれるだけ有難いと思って面接に行きました。仮に不採用になっても、採用試験の練習ができたんだと考えて、前向きにとらえるようにしました。

そうして動きまくっていますと、リズムができてきて、今まで見えなかったものが見えてきます。就職のツボのようなものが見えてくるんですね。

頭を使って、汗をかくので、顔ツキも良くなります。また、応募書類を何度も見直して書きなおすと、日に日に書類内容が積極的になったり、簡潔にうまくまとまったりしてきます。


就職ができずに悩んでいる方、動いてリズムを作りましょう。

色々な会社のHPを見る、街を歩いて求人を出していないかを見る(郊外型ショッピングモールなどでは、モール内の通路などに求人広告を貼っているケースがあります)、色々な人に会うのもいいでしょう。

将棋と同じです。

就職活動の一手を今日も打つ、そして明日も別の一手を必ず打つ。
例え、歩が一駒前に行くだけでもOKです。


それを自己の目標にしてみてください。

必ず流れが来ると思います。

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月30日
  1. 保険営業のアドバイスを就職活動にいかす  (09/30)