fc2ブログ


タイトル画像

プレッシャーに押しつぶされそうな人へ

2009.09.21(00:36) 132

私はブログで阪神ファンであることを話していますけど、実は小学校時代は巨人ファンでした。阪神ファンになったきっかけというのは、巨人がV9を達成した最後の試合で阪神が大敗したからなんです。

その時は巨人ファンでしたが、阪神が最後の最後に優勝を逃し、その試合がボロボロだったので、あまりにかわいそうで阪神を応援してあげようと思ったんですね。自分の判官びいきの心の傾向性が出ていたようです。


さて、今日のテーマは、プレッシャーに押しつぶれそうな人へ、その解決方法をお伝えしたいと思います。

今日NHKスペシャルで「ONの時代」というのを放送していました。私も王、長嶋のファンだったので見ました。驚きだったのが、あのON、王貞治さん、長嶋茂雄さんといえど、ファンの期待に応えるのが、つらいとき、逃げ出したいとき、怖い時があったそうです。

ファンの期待する理想像に応えられないことへのプレッシャーは、相当のものがあったようですね。それを克服するために、長嶋茂雄さんも王貞治さんも相当な練習をしていたようです。コーチが試合に支障がでるから止めろといっても、練習を止めなかったとか。

二人とも恐怖と戦うには、鬼のように練習するしかなかったんですね。

ここに人生のヒントがあります。

私たちも、会社でのプレッシャー、家でのプレッシャーなど、責任を果たすという意味でのプレッシャーがあります。仕事のプレッシャー、家族のプレッシャーがありますよね。

そうしたプレッシャーに押しつぶされそうになって苦しいのは、自分たちだけではなくて、ONのようなスーパースターでも同じようにあったんですね。

誰にでも立場相応に苦しい時がある
ということです。

で、その時にONは無茶苦茶練習をして乗り越えていきました。私たちのようなビジネスマンなら、練習に当たるのは何でしょうか?

それは、自己投資、自己啓発だと思います。思いっきり勉強することです。そして色々な経験を積むことだと思います。

研修に行ったり、本を読んだり、雑誌を読んだり、色々なところに旅をして見聞を広めたりすることもいいでしょう。あるいは、心の修行をすればよいかもしれません。

仕事では、与えられた仕事を懸命に遂行して、仕事をしながら学び続ける姿勢を持つことも必要だと思います。

王さんがバッティング練習に、真剣を使った練習方法を取り入れたように、皆さんも自分のフィールドで勝つための独特の練習方法を工夫されたら良いと思います。

みんな悩んで、努力して、BIGになるんですね。

誰だっておんなじです。
頑張っていきましょう。

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月21日
  1. プレッシャーに押しつぶされそうな人へ(09/21)