fc2ブログ


タイトル画像

自分の限界を感じている人へ 勝海舟の十年周期説

2009.09.19(00:09) 130

皆さんは、自分の限界を感じて悩むことはありませんか?

努力をしていると、それ相応の壁というものはできてくるものです。

歴史上の大人物である勝海舟も同じです。「自分が時代から取り残されたと感じることがあった」と言っています。

坂本竜馬の先生であり、江戸無血開城を成し遂げ、明治維新の立役者の一人として活躍したような勝海舟でも悩むことはあったんですね。

しかし、勝海舟は、どんなときでも十年耐えれば道が開けると言っています。勝海舟の「十年一変説」です。

「十年、ひたすら耐える、ひたすら修養を積む。そうすると必ず自分の出番が来る。自分を必要とする時代が来る、これは間違いのないことだ」と言っています(十年周期説ともいう)。

ま、今の時代は幕末よりもスピードが速いので、十年と言わず三年くらいでチャンスが巡ってくるかもしれません。

ただ心づもりとしては、十年じっと耐えて、勉強して、努力を積み重ねていく気持ちで頑張っていけば、いずれは必要とされる時が来ると思います。

志ある者は事ついに成る」という言葉もあります。

今壁にぶち当たっている方、次の舞台が来たときに活躍できるように、しっかりと自己鍛錬をしておきましょう。

いずれあなたの時代が来ます!

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月19日
  1. 自分の限界を感じている人へ 勝海舟の十年周期説(09/19)