fc2ブログ


タイトル画像

ライバルがいる幸せ ビートルズ&ミスチル

2009.09.18(00:01) 129

今日は、ライバルに悩んでいる人へのメッセージです。今回は、ビートルズに登場してもらいましょう。

ビートルズは数々の名曲を出しました。ビートルズの魅力はたくさんあります。

その中で私が最も魅力を感じるのは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの声です。二人のコーラスや歌の掛け合いですね。最高です。

ビートルズ時代の二人は最後に仲たがいをしてしまいます。しかし、本当はよきライバルであり、お互いにリスペクトしていて、影響し合っていた良き友だったと思います。

二人の天才が共有するライバル意識が、いい方向で昇華されていったのが、ビートルズの曲だったし、あの歌声だったと思うのです。

良きライバルは自分も相手も向上させるものなんですね。ビートルズを聞くとそう思います。


ソロになった二人の曲にも素晴らしい曲はあります。他のミュージシャンでは作れない曲でしょう。

しかし、ジョンとポールが同時に存在している緊張感が、ソロ時代の曲からは伝わってきません。天才が、ライバルが、そばにいたすごさがないんです。バンド内で歌を勝負できる喜びがないんでしょうね。


そこですごいのが、ミスチルの桜井和寿さんですね。一人でジョンとポールみたいなことをやっています。その才能はすごいと思います。

ただ、ポールにジョンがいたように、桜井さんにジョンみたいな人がいて、桜井さんの歌に勝負を挑んで、競えるような人がいたら、ミスチルはもっとお化けバンドになっていたでしょうね(今でもすごいですけどね)。

同じバンド内に天才が二人いることは危険はあるんですけど、リスナーにとっては代えがたい組み合わせになるんでよね。


会社にライバルがいる人は、ライバルをうっとおしく思うこともあるでしょう。悔しい思いや、嫉妬することもあるでしょう。

でもライバルがいることでお互いに成長できますし、腕も磨けます。

もし社内にライバルがいたら、あなたは幸せです。

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月18日
  1. ライバルがいる幸せ ビートルズ&ミスチル(09/18)