fc2ブログ


タイトル画像

家計のコストダウン法 小遣い篇

2009.09.04(00:02) 115

今日も家計コストダウンの続きです。今回は、お小遣いです。 ドキッ!ですか?

ご自分のお小遣い、ご主人・奥様のお小遣いとかありますが、考え方だけお伝えします。


企業の経済状況は厳しいところが多いので、給与が減ったり、ボーナスが減ったりしているのなら、小遣い減も仕方がありませんね。つらいですが、小遣い減を受け入れるしかありません。

中にはいくら収入が減っても、自分の小遣いだけは同額という方もいらっしゃいますが、今後も厳しい雇用は予測されるので、コストダウンできるところは辛抱してやったほうがいいです。


現代のビジネスでは自己投資、勉強がとても大切です。お酒を飲む人は、飲む量、回数を減らしてでも、本を買って勉強をしましょう。

仕事をするモチベーションのために小遣いが必要なのは理解しています。

しかし、厳しい時代には、飲み代やたばこ代よりも、将来の給与アップを考えて、同じお金を使うなら勉強に使うほうをお勧めします。

現代は知識社会なので、大量の情報が氾濫し、知識がどんどん古くなります。働きながら勉強をしないと高い給与を得ることは難しくなります。

ビジネスの知識だけではなく、法律、人間の心や歴史、会計、ITなどについても学んだほうがいいくらいの時代です。

今は辛抱して、少ない小遣いの中から勉強をして、将来は、より給与の高い仕事につくという発想の方がいいと思います。


それから、ちょっとした工夫ですが、何か成果が上がった時に、臨時でお小遣いをもらうようにしておけば、モチベーションアップにもつながります。

また、家族のある方は、コストをかけずに家族で楽しく過ごす方法がないかを考えるのも手です。家族仲良く遊べば、コストをかけずに楽しむことも可能です。

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月04日
  1. 家計のコストダウン法 小遣い篇(09/04)