fc2ブログ


タイトル画像

家計のコストダウン法  住宅購入篇

2009.09.02(00:10) 113

今日から、厳しい経済状況を乗り越えるために、どのように家計をコストダウンするか、そのヒントを提供していきます。

人が経済的に失敗するのは、収入以上の支出をするからです。単純なことですが、収入以内で生活をする、言いかえれば収入の範囲で家計をやりくりすれば、経済的な破たんは避けられます。

給与が上がらない人、あるいは下がった人もいらっしゃるでしょう。家計コストダウンのヒントをお話ししましょう。

一般家庭の最大の出費は住宅購入ではないでしょうか。

私がお勧めする住宅の購入は、中古住宅です。

「家は、ずっと住むものなので新築を」と思っておられる方もいらっしゃいますが、中古でも十分新築気分は味わえます。それは、内装の全面リフォームをするのです。

壁紙から、床、洗面台、システムキッチン、お風呂場と内装を100%リフォームします。100平米の家で上手にやれば、400万円ほどで全面リフォームが可能です。物件が1500万円くらいのものを探せば、2000万円くらいで内装は新築のようにきれいで誰もつかっていない物件を手に入れることができるのです。

これが新築だと同じ100平米だと、5000万円を超えると思います。3000万円コストダウンができるわけです。金利を考えたら、この差はまったくバカにならない差になります。

ここでのポイントは、中古物件を選定するときには、骨組みをしっかりと作っているものを選ぶということです。建築偽装ではないですけども、中古でちゃちな作りの家を買ったら大変です。できれば住んでいた人の意見も聞いて、作りがしっかりしているかを見てから購入を考えましょう。

また、リフォーム会社は相見積(あいみつ)を取りましょう。二つ以上の会社に見積もりを出させて価格を比べましょう。価格は会社で全然違います。

それから内装のデザインは夫婦で楽しく話しあって、新築の家を選ぶようにデザインします。最終的には専門家の意見を取り入れて自分たちの家を想像しましょう。これも楽しいですよ。

このように住宅購入を検討している方は、ぜひ中古住宅の購入を選択の一つにしてみてください。
家計のコストダウンに大きく貢献します。

古賀光昭のビジネス相談



2009年09月02日
  1. 家計のコストダウン法  住宅購入篇(09/02)