fc2ブログ


タイトル画像

部下との人間関係をうまくいく方法 その2

2009.06.24(11:07) 41

昨日に引き続き、部下との人間関係をうまくいく方法について述べたいと思います。
昨日は、自分より能力の高い部下への対応でした。今日は、自分より能力の低い部下のケースです。


【自分より能力が低い部下のケース】

自分より能力が低い部下というと、少し失礼な見方をしているように思われるかもしれません。

しかし、冷静に組織人員の能力を見る力は必要です。自社や自部署の組織力を知ることは、企業経営において大事なことであります。

要は、客観的に人物を見て、それをどう生かすかが大切になってきます。


まず、自分より能力が低い部下に対して、育成するのは自分の役割であるという認識を持っていただきたいのです。

部下の能力を向上させて、組織全体の底上げをしなければなりません。


そのためには、次の2点を心がけていただくといいと思います。

1.部下が間違えそうな作業は、事前に教えておく

    仕事を指示するときに、部下が間違えそうなところは、事前に教えておきましょう。
     「ここは、こういうことがあるから、○○しておくように」という感じです。
    自分が以前仕事をして、失敗したところなどは先に伝えてあげたらいいですね。
    部下が気づいていない落とし穴ようなところを教えてあげましょう。


2.仕事を指示するときは、手本を見せる 
   
    仕事を指示するときに、口頭だけの指示は止めておきましょう。
    実際にどのようにするかを、手本として見せてあげるのがいいです。
    たぶん口頭で言っても、仕事のイメージができないと思われるので、
    面倒でも目の前で、こうするんだよというのは示してあげる必要があります。


色々述べましたが、結局、部下を大切にする気持ち、愛する気持ちが大事だと思うんです。

そうした愛の思いを持てるかどうかが、部下とうまくいくかどうかの鍵を握っていると思いますね。

古賀光昭のビジネス相談



2009年06月24日
  1. 部下との人間関係をうまくいく方法 その2(06/24)