FC2ブログ


タイトル画像

終身雇用制が終わりを迎えるとき

2019.05.20(23:15) 2248



1週間ほど前ですかね、豊田章男・トヨタ自動車社長が、記者会見で、「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきた」「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」と発言しました。

ネット上では、若い世代から批判の声が上がっていたようです。

終身雇用制は残せるなら、残せた方がいいですね。日本人は帰属意識が仕事へのモチベーションと「生活の安心」につながっていく面があるので、終身雇用制は可能ならあった方がいいのですよね。

しかし、終身雇用制を残すと企業が倒産するということになるのであれば、続けることは無理な話で、リストラせざるを得ないということになります。

一方で政府は年金支給を減らすために、70歳まで働けるようにもっていこうとしています。企業の思惑と”真逆”です。

そうなるとサラリーマンが生きていくためには、45歳あたりから第二の人生として、新しい仕事ができるような人生設計を考えなければいけないでしょう。

その時代時代に求められる知識を吸収し、その知識でお金をもらえる成果を生み出していくようにすることですね。

とにかく20年も経てば、全く違った経済社会になっているでしょう。

5月17日に改正道路運送車両法が成立しましたので、自動運転普及の環境が整ってきました。2020年には、高速道路や過疎地から実用化が始まる見込みです。

そうなると、ドライバーの仕事が減ってきます。

こうしたことが様々な業界、職種で起こります。創造性が必要とされる仕事やIT技術者などの知識労働者の人手不足は続いていくでしょうが、AIなどの技術の発展によって、激減していく仕事も結構あるでしょうね。

露骨な言い方をしますが、「お金をもらえる知識」を獲得することです。

あるいは、自分の強みをよく見て、それを何にいかせばお金をもらえるかを考えてみましょう。

「ありがとう」と言ってもらえるレベルや、「無料ならお願いしようか」というレベルではなく、相応のお金を払ってもらえるレベルまで自分と知識を持っていけるかが鍵です。

それゆえ、第二の人生に備えて早くからの準備が必要になるのです。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

イチロー選手が現役を引退

2019.03.22(12:59) 2221



昨日は、日本中に衝撃が走りました。シアトルマリナーズのイチロー選手が現役引退を発表したからです。
平成が終わる年に、平成の時代を駆け抜けた世界的な野球選手が引退するのは、何か時代の変わり目を感じます。

イチロー選手の試合後の記者会見は1時間半ほどありました。私はその中で印象的だったことが、二つあります。

一つは、昨年5月以降に選手として出場することが無くなっても、いつもどおりのルーティーンをこなし、他の選手と同じように準備し続けたことを誇りに思うと言っていたことです。

普通の選手なら出られないわけですから、モチベーションは上がらないし、きちんとした準備もできないでしょう。イチロー選手の実績なら、そうした扱いはプライド的にもしんどかったのだと思います。

でも、いつも通り、練習して準備しつづけていたことは、すごいことです。あの努力し続ける姿勢は、誰もが見習えばいいものですよね。

もう一つは、「できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思えば挑戦すればいい」と言っていたことですね。

これをしたら成功しそうだから、やってみようかと思い、それができないと思うからいかないという判断基準だと後悔を生むだろうということを言っていました。

メジャーリーグを例に出さなくても、それぞれの人の立場でこうしたシチュエーションはあります。成功するかどうか分からないけれども、今の安定した地位を捨てて挑戦すべきか迷うことはあるでしょう。

そういうときのイチロー選手からのアドバイスは、「やりたいと思えば挑戦すればいい」なんでしょうね。

成功しそうなことをやってみて、仮に成功して他の人から賞賛されても、その成功によって本人が幸せになるかどうかは分かりません。

人生に後悔をしないことは、大事なんだなと改めて思いました。


イチロー選手、お疲れ様でした!ありがとうございました!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

イメージは残存している

2019.01.12(16:39) 2193

NHK連続テレビ小説「まんぷく」を観て、気づいたことがあったのです。

今週の放送では、萬平が池田信用組合の理事長になって、当時の豪邸に住んでいる様子がえがかれていました。

私はそれを観て違和感を感じたのです。

なぜなら、それまでの萬平と福子はボロボロの家に住んでいて、質素な暮らしをしているイメージがあったからです。

で、私は、はたと気がつきました。

これが人の持つイメージなのだなと。

つまり、萬平や福子の生活はボロボロの家に住んで、質素なものを食べるというイメージが強くあって、大きく綺麗な家で、立派な家具があって豊かな生活をしているというイメージではないのです。

同じようなことを自分の生活や仕事にもしていたんではないかと気づいたのです。

すなわち、今の私の生活や仕事ではないものをイメージできないし、仮にイメージしても違和感がある状態ですね。

これがいけないのですね!

人は無意識のうちに自分についてイメージをしてしまって、それは結構”固いもの”なのですよね。イメージは、残存していると言ってもいいかもしれません。

だから、そうではないことをイメージできないから、変えていくこともできないんだろうと思ったのです。

ちょっとイメージについて気づけたので、ラッキーでした(笑)。



 
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

顧問契約をご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。
お会いできますと良いですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

すぐにカーッとなる性格を直す

2018.08.20(18:14) 2126

他人から意見を言われたり、耳が痛いことを言われたりすると、カーっと来て、怒鳴ったり、怒りをあらわにしたりすることはありませんか?

かくいう私も、若い頃はそうした面がありました。ww 

でも、最近はそういうことはなくなりましたね。

そうした話を高校時代の友人と話すと、「古賀、この歳(50代)になっても丸くなってない方がおかしいぞ。」と言ってました(笑)。

確かにそうなのですが(笑)、年齢が高くなっても、すぐに怒る人は結構いるとは思います。

私の場合、20代の頃までは、かなり怒りっぽかったんですけど、30年ほどかけて怒りっぽい欠点を修正していったんです。

仏教の「心の三毒」の一つに、瞋(じん)というのがあり、これは利己心でカーッと怒ることを戒める教えです。

今でも人を叱ることはあります。

しかし、たとえ腹に据えかねることがあっても、見境がなく怒るということはしないように心がけてきました。怒りをそのまま相手にぶつけるのではなく、普通に話をするように心がけています。

自分がやってみて思うのですが、こうした心の修養というのは時間がかかります。

やはりある程度、「自分が変ったなぁ」と思えるようになるには、最低15年はかかるのではないでしょうか。まぁ、20年はかかるでしょう。

誰であっても直すべき欠点はあると思うんですね。

人間は放っておいても立派にはなりません。

自らのマイナスの部分、修正すべき心のクセは、年月をかけて地道に正していった方が良いでしょう。

他人から注意されることは天の声だと思って、改めていったほうがいいですね。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

自分一人で本を読んでいても伸び悩む

2018.08.06(22:03) 2114

ビジネス書を読んでいると、「人格を磨きなさい」だとか、「人間力を身に付ける」などの文章が書いてあります。

しかし、人間力をどうやって身に付けるかを体系的に教えてくれて、指導してくれるところを見つけるのは難しいでしょう。仮にそうしたことを教えると標榜しているところがあるとしても、本当に人間力が上がったり、人格が向上したりするかは保証の限りではありません。


ここで私はその方法論を書きませんが、一つだけお話したいことがあります。

それは、自分一人で本を読んで勉強しただけでは、伸び悩むということです。

伸び悩むだけならまだしも、下手をしたら、心が変な方向へ行っても自分では分からないと思います。

心の修行において、人は自分に都合よく学習してしまいます。それゆえ、自分の考え方や心境を厳しく指摘してくれる人を持たなければうまくいかないでしょう。

言っておきますが、年に1回や2回、研修に行って指導してもらうレベルでは全然足りないと私は思います。

やはり月に1回は、自分の心境や心構えを見てもらって、厳しい指導をしてくれる人を持たないと自分の心の壁が超えられないのではないでしょうか。


これは、経営コンサルティングの場面でも言えることです。

経営コンサルタントも、経営の具体的な方策をアドバイスするのは当然ですが、本来は経営者の心に関し正しく導く責任があります。

なぜなら、会社の状態は、経営者の心の反映だからです。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

日常の出来事の意味を知る

2018.08.04(21:00) 2113

酷暑が続いていますね。昨日は、頭が重くて、呼吸が苦しくて(笑)、仕事になりませんでした。熱中症だろうと思いますけど、少し更年期障害かもしれません(笑)。

ところで、今日、考え事をしていて本棚の前に立ちましたら、随分前に読んだ『東の大富豪の教え』を何の気なしに手に取って、読み返しました。



この本の中では、日常で起きる「意味のある偶然の一致」の意味を正しく受けとめることが書いてあります。つまり、日常の出来事の意味や情報を正しくつかむということですね。

それと、この本では「何をやるか、何を選択するか」を決める基準は、思考だけを使うのではなく、「直感」を使って答えを知ることにも重点を置きましょうと書かれています。

これらの文章を読んで、ふっと思い出したことがありました。

それは、先日、以前の職場で一緒だった人と食事をしたときのことです。

実は、食事をする場所が事前に決まっていなくて、集合場所からお店を探すことも、お店に行くことも、直感で移動しました。

「僕だったら、店を決めてまっすぐに行くけどな。」と思いながら(笑)、内心反対だったんですけどね、黙ってついて行ってました。でも、なかなかお店に着かないので、途中から私が先導することになったんです(笑)。

そして、二つの方向に分かれている歩道橋の上で、メンバーの一人の女性が「古賀さんの直感の方向はどっち?直感の方でいいよ!」という言葉があって、直感のままに歩いて、お店に到着しました。

この日も酷暑だったので、かなりくたびれたんですよね(笑)。ほんとクタクタになりました(笑)。

その時のことを思い出しました。

あれは、「普段から頭ばかりで考えるのではなく、もっと直感を使えというメッセージ」だったと、今日気づきました。

合理的に知的に考えることも必要ですが、「潜在意識が、もっと自分の直感を使っていけということを知らせたかったのだな」と思います。


それと、昨日の熱中症のような症状があって思いましたけど、仕事の量も体の限界を超えない程度に来ていたのだなと。もう少し仕事量が増えていたらダウンしてたかもしれません。

これからは、もっと直感を使っていこうと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



タイトル画像

職場への出勤や納期がプラスになっていること

2018.07.12(14:02) 2098

私の場合は、自宅を事務所兼用にして仕事をしています。このような方法を取っていて難しいところは、自分を律していかないと、サボってしまうことですね。

私の顧問先の企業さまでも、「自宅でできないことはないが、自宅だと仕事とプライベートの区別がつかず、サボってしまうので、外に事務所を借りている。」というのがありました。

会社という職場に”決まった時間”に出勤して、”終業時間までいる”というのは、「自分を甘やかしてしまう人」にとっては、ある意味生産性を上げることになっているでしょう。

同じようなものに、納期があります。

仕事に納期がなかったら、おそらく普通の人はサボってしまうか、生産性の低い仕事をするでしょうね。

また、納期が半年や1年とかになると、油断してしまうこともあります。

このように、一見、人をしばりつけるような出勤や納期が、人の生産性を上げる要因になっていますね。

自分を律して仕事ができるタイプでなければ、自宅ではなく、どこかの職場に毎日出勤して、納期のある仕事をしたほうがいいでしょうね。


ところで、人間のこうした事情が、人生の目標を達成できない原因だと分かるのではないでしょうか?

つまり、人生で何事かを成し遂げたいと思う方は大勢いるとしても、それは「納期がない仕事を受けている」ようなものなので、身が入らないのですよ。

自分がやらなくても、誰も怒らない、困らない、命じられていないものは、なかなかできないのですよね。

これは「人に共通する弱み」だと、私は思います。

だから、コーチがいたり、経営コンサルタントがいたりするわけです。人の弱みを第三者でカバーしているのですね。うまくできている仕組みだと思います。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談



成功のために
  1. 終身雇用制が終わりを迎えるとき(05/20)
  2. イチロー選手が現役を引退(03/22)
  3. イメージは残存している(01/12)
  4. すぐにカーッとなる性格を直す(08/20)
  5. 自分一人で本を読んでいても伸び悩む(08/06)
  6. 日常の出来事の意味を知る(08/04)
  7. 職場への出勤や納期がプラスになっていること(07/12)
次のページ
次のページ