タイトル画像

あなたを大切にしてくれる男性の見極め方

2018.04.04(23:35) 2019

ネット上で「あなたを大切にしてくれる男性の見極め方」という記事を見かけ、男性の立場から書いてみようかなと思った次第です(笑)。

これは、男性と付き合う前の重要なチェックポイントですよね(笑)。2つに絞って書きます。


1.あなたの話をきちんと聞いてくれる人

付き合って結婚したら、同じような毎日が続きます。こんなことを言えば身も蓋もありませんが、知り合った頃のような感覚は時が経つと無くなります(笑)。

これは悪い意味ではなく、自然なことだと思いますけどね(笑)。まれに、いつまでもラブラブなご夫婦はいますけどね。

話を戻します(笑)。

普通の生活が続いていくと、夫婦で大事なことは「会話があること」なんですよ。特に女性は話をすることが好きな人が多いと思いますし、ストレスの発揮の場でもありますよね。

ですから、付き合っている時から、あなたの話すことにきちんと耳を傾けてくれて、受け止めてくれる人がいいと思いますよ。


2.不機嫌なときや、しんどいときでも分かってくれる人

人間だれしも、しんどい時はあります。それにスランプみたいにうまくいかない時もありますし、不機嫌になるときもありますよね。

そんな時に、あなたのことを察してあげて責めない人がいいですよね。

女性が不機嫌なときに、一緒に不機嫌になる男性は、いけてないですね(笑)。

結局ですね、誰でもマイナスの部分を持っているんですけど、プラスの部分も当然持っているわけでして、そのプラスの部分をきちんと見てくれて、分かってくれる人ですよね。

ある意味、あなたの良い部分を尊敬してくれる人がいいんじゃないでしょうか。

あなたの「容姿や収入ではないもの」を認めてくれて、敬意を持ってくれる男性なら大丈夫だと思いますね。





いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

夫婦の前々前世の縁(笑)

2018.04.03(22:44) 2018

赤い糸だとか、ソウルメイトだとか、夫婦になる相手は、何かスピリチュアルな縁がある人だと思われる方もいるでしょう。

我が家は夫婦円満ですが(笑)、スピリチュアルな方に私たち夫婦の前々前世の縁を見てもらったことがあります。

古い方の前々前世は、シナ(中国)での話です。

かなり昔みたいで、私が道教の先生をやりながら、軍師のようなことをやっていたようです。たぶん、要塞のような場所で敵から民衆を守るようなことを考えて武器を考案したり、作戦を練っていたりしたようです。

当時、戦乱があって、前々前世の家内は、まだ子供だったのですが、両親と一緒に殺されないように逃げ回っていたようですね。その時に、私が家内と両親をかくまってあげたそうです。たぶん、その時は結婚をしていないでしょう(笑)。


もう一つは、日本の戦国時代です。奉行をしていた私は、武将の娘だった家内と結婚していたそうです。


たぶん、私が生まれるたびに家内も同時代に生まれて、時には結婚したり、時には知り合ったりしていたのでしょうね。

私の例で恐縮ですが、結婚するような相手とは、前々前世で何度も何度も縁があって、この世で出会っているみたいですね(笑)。

たぶんですけど、私たちは前々前世で仲が良かったと思うので、今回も、そんなに悪い仲ではないようです(笑)。

でも、私は家内に「もう来世は、俺を自由にしてや!」と言っています(笑)。(別の人と結婚するか、”独身”という意味)

家内も負けじと、「お互いに、もういいよね!」と言っていますけどね!(笑)




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

結婚とは自己成長の原動力

2018.03.16(00:18) 2003

昨日ご紹介しました落合博満元中日ドラゴンズ監督の『采配』から、今日もお話をしたいと思います。

落合監督は「いい人が見つかれば、少しでも早く結婚したほうがいい」と勧めていたようです。

その理由は「プロ野球選手にとっての結婚とは、何よりも自己成長の原動力になるからだ」そうです。

落合監督によると、親や兄弟も心の支えになる部分があり、順調に成長している時期は背中を押す存在になるらしいです。

しかし、苦しい立場になった時には、最終的には慰めることしかできないそうで、温かい言葉をかけても、肉親だからこそ、選手の耳に届いても心には響かないことがあるとか。

コーチや肉親の言葉を素直に聞き入れない状態になっても、配偶者だけは違うそうですね。

奥さんは縁があって家族になっていますが、元々は第三者ですね。

選手の働きに「夫婦二人あるいは子供の生活がかかっている」という現実が、笑顔でかける「頑張って」というひと言にも、まったく違った意味合いが込められているらしいです。

“家族のため”という気持ちが、自ずと成長の原動力になるんですね。




いつも応援クリックありがとうございます! 励みになっております!!

------------------------------------------------------------------
ぜひ一度、一緒に仕事をしましょう!

古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

夫婦喧嘩もたまにしますよ(笑)

2018.03.14(00:01) 2001

自称「愛妻家」の古賀光昭です。(笑)

今日は、ホワイトデーですね。私は、ホワイトデーになる前に、家内と娘にはお返しを済ましています(笑)。

さて、そんな私ですが、自分達が夫婦で喧嘩をしないかというとそんなことはありません(笑)。

たまに喧嘩をします(笑)。

ただ、割に早く終息はしていると思います。

喧嘩に限らず、私自身が心がけていることは、「自分が悪い時は、素直に謝ること」です。

これは夫婦に限らず、子供に対しても、サラリーマン時代の部下に対しても、他の方に対しても同じです。

自分が間違っていたなと思う時は、必ず自分から謝るようにしています。

まぁ、たまにかなり頭にきて、素直になれないときもありますけどね!(笑)


また、家内は、いつも私が分かるのを待ってくれているような気がします。

すぐに口論して結果を出そうとするのではなく、いつか私が気づく時を待ってくれているんですね。

「やってみんと、分からんこともあるからね。」は、家内がよく私に言うセリフです。

完璧な夫婦なんて、ありえないですけど、どこかで相手を許せたり、認めることができたりすると、ちょっぴり早く仲直りができるような気がしますね。

とにかく、相手のことを理解することですよね。分かろうとすることですね。
それが夫婦円満のコツじゃないかなと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 励みになっております!!

------------------------------------------------------------------
ぜひ一度、一緒に仕事をしましょう!

古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

不倫考(笑)

2018.02.08(23:40) 1972

ここ数年、芸能人や著名人や政治家の不倫話が多いですね(笑)。

まぁ、昔から芸能人や政治家は陰でいろいろとあったんでしょうけど、最近は明るみになると、結構叩かれています。

その不倫について、ちょっと考えてみたいと思います。

ところで、私は、人間は神様によって創られたという説を信じている者です。人間は猿が進化したなんて、全く思っていません(笑)。あれは間違った説だと考えています。

それで、人間は神様が創られた者という前提で人間を観察しますと、人間は、一人の人だけを愛するようには創られていないのですよ。

私は男性ですから、女性のことは断定はできませんが、少なくとも男性は、ある女性が好きであっても、別の女性も好きになることができるようになっています。別に不倫の例を持ち出すまでもなく、アイドルや女優を同時に何人か好きになることはできるんですよね。

でも、これは、人間が訓練してそれができるようになったのではなく(笑)、そのように創られたから、そうなんですよ。

逆に言えば、結婚している男性で、浮気や不倫をしない人は偉いんです!(笑)重力の法則に逆らって、空に浮いているようなものです(笑)。


それに妻子ある男性は、妙に若い女性にモテるんです(笑)。

別に大したことない男性でも(笑)、若い女性からすると家庭を持っている男性は頼りがいがあるのですかね、大人に見えるのですかね、妙にモテることがあるんです(笑)。

同性の目で見れば、ただのおっさんなんですけどね(笑)。

まぁ、何かのタイミングで妙に女性に好かれて、ほとんどの男は、コロッと浮気したり不倫したりするんですよ。

かといって、私は浮気や不倫を肯定しているわけではありませんよ(笑)。


人間は、自由に誰でも好きになれるようになっています。そういう意味では万能です(笑)。

自由に全方向へ行けるからこそ、「わきまえる」だとか、「相手を思いやる」だとか、「傷つけない」などの精神が大事になるんです。

これは難易度の高い心のコントロールなんです。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

東京一の恋のパワースポット

2018.01.12(21:10) 1951

我が家は、毎年東京大神宮に初詣に行っています。今年の初詣も行ってきましたが、例年通り、若い女性でいっぱいでした。

東京大神宮がなぜ若い女性でいっぱいかと言いますと、東京で最も縁結びのご利益がある”恋のパワースポット”だからなんですね(笑)。

私は結婚していますから(笑)、別に恋人を見つけるためではなくて(笑)、「東京のお伊勢さま」だから初詣に行ってます(笑)。

東京大神宮は最近「東京一の縁結びのパワースポット」と言われていますけれども、それには地道な広報活動があったようです。

女性誌やフリーペーパーに神社のことを一所懸命広報したそうなんですね。

また境内では、様々な恋のおみくじがあったり、恋愛系のお守りが20種類以上あったりと、華やかさと”ちょっとした遊び心”があって、女性が楽しんで参拝しています。そうしたところにも工夫があり、世の中のニーズを上手につかんでいるといえるでしょう。


それと、東京大神宮が「神前結婚式の創始の場所」なんだそうです。

そういえば、時代劇の結婚式のシーンでは、神社で結婚式をするのではなく、自宅でやっていますよね。1900年以前には神前の結婚式はなかったのですが、東京大神宮が神前での結婚式の様式を定め、広がっていったという歴史があるようですね。


ただし、歴史があったとしても、何も工夫をしなかったら、現在の東京大神宮のように多くの人が参拝しなかったでしょう。

そこには地道な広報活動と、人々の願い(ニーズ)を理解して、創意工夫した努力があったのですね。






いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

実家と妻の料理の味の違い

2017.12.27(20:38) 1938

今年は、忙しい年でした。年末も29日まで仕事になりますし、年末年始は、普段できない確定申告の準備をする予定なので、あまりゆっくりとできないと思っています。

忙しいと言えば、女性で結婚して、子供を持たれて働いておらえる方は、とても忙しい毎日を過ごしておられることと思います。ほんとうにお疲れ様です。

日本の男性は、奥さんが働いているからといって「家のことはどうでもいいよ。」という方はあまりいないと思うので、大変なのではないでしょうか。

夫が働いて帰ってきて、それからご飯を作るなんて、ほとんどの男性ではできないでしょうけど、奥様には”当たり前のこと”としてそれを要求しているかもしれません。

話は少し変わりますが、私たち夫婦は結婚して1年経った頃、私の両親の家に同居していました。
食事は一緒にしていましたので、家内が私の両親の分を含め、御飯を作る機会が多かったのです。

家内にはそれなりに辛いこともあったでしょうが、ありがたかったことは家内が私の母の料理の味を覚えてくれたことです。

結婚した夫婦で当たり前にあるのが、料理の味や作り方が全く違うことですよね。

もうすぐお正月で、お雑煮がありますけど、家によって味や具が違う最たるものでしょう。

でも、家内は母の雑煮の作り方を勉強し、味もどちらが作ったのか父も分からないレベルまで持っていきました。

やっぱり食べなれた味は美味しく感じますし、雑煮以外にも茶碗蒸しなど、いろいろな料理を学んでくれてとても助かっています。


ただ、全部が全部家内が母のやることを真似たわけではなく、同居しなくなってから我が家の朝ごはんは「パン」になりました。

私の両親は御飯しか食べなかったので朝もお米でした。でも今の我が家ではパン食です。

しかし、人間って、慣れるんですよね。今では朝のパン食が当たり前になっています。

結局何が言いたかったかというと(笑)、夫婦で何か違うところがあっても、夫の方はあまり「こうしてくれ」と忙しい奥様に言うのではなく、有難く受けていれば、そのうち慣れてくるということなんです。

味の濃さが違うとか、料理の材料が違うとか、朝の食事の習慣が違うとか、夫からしたら不満がある場合があるでしょうが、奥様も大変なんですから、感謝して暮らしていたら、なんてことなくなっていますよ(笑)。

そんなことを年の瀬を迎えるにあたり思いました。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的経営成功法」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



結婚、婚活
  1. あなたを大切にしてくれる男性の見極め方(04/04)
  2. 夫婦の前々前世の縁(笑)(04/03)
  3. 結婚とは自己成長の原動力(03/16)
  4. 夫婦喧嘩もたまにしますよ(笑)(03/14)
  5. 不倫考(笑)(02/08)
  6. 東京一の恋のパワースポット(01/12)
  7. 実家と妻の料理の味の違い(12/27)
次のページ
次のページ