fc2ブログ


タイトル画像

「コストを回収し、利益を出さなければならない」は正しいか?

2024.01.20(17:25) 2828

ある企業の社長から質問を受けました。

それは製品の価格設定についてです。

ここ数年、材料高、エネルギー高によって、ほとんど儲けがでないと。製品価格はどのようにすれば良いかという質問でした。

「コストを回収し、利益を出さなければならない」ということについて、今回はドラッカーの回答を紹介しましょう。

ドラッカーはその意見について、

「正しくはあるが、見当違いな考え方である。消費者は、メーカーの利益を保証することが自分たちの義務だなどとは思わない。
価格設定の唯一の健全な方法は、市場が快く支払ってくれる価格、そして競争に耐えられる価格からスタートすることである。
そのうえで、その価格に合わせて製品を設計しなければならない。」
と言っています。
(出典、『未来への決断』(P.F.ドラッカー著 上田惇生他訳、ダイヤモンド社、1995年))


ドラッカーは、”コストを積み上げて、最終的に少し利益を載せて価格を決めてはいけない”ということを言っているのです。

消費者やユーザーは、「こういった製品、商品だったら、これくらいの値段かな」というものを予め持っています。

だから価格には消費者やユーザーが気持ちよく払ってくれる範囲があります。

その価格から大きくづれないように製品を設計し直さなければならないのですね。

最初の設計の段階から材料、工程の全てを見直す必要があるでしょう。

オーバースペックのところはないか、もっと安く材料を仕入れることができないか、代替できる材料はないか、工程の無駄はないか、全部検討してみましょう。

あくまで、”市場が思う価格”に設定をしてください。”コストの積み上げ発想”はいけません。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら励みになります。

------------------------------------------------------------------
ブログ記事を読んでご縁を感じた方は、ぜひご連絡ください!
一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご質問は、
問い合わせページから、お気軽におたずねください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



ドラッカー
  1. 「コストを回収し、利益を出さなければならない」は正しいか?(01/20)