fc2ブログ


タイトル画像

「これからの経営者の条件」とは?

2022.10.26(00:04) 2709

ダイヤモンド社の『ハーバード・ビジネス・レビュー 2022年11月号』の特集として「これからの経営者の条件」というものが組まれています。

その中で、「最高経営幹部に最も必要とされるスキルは何か」という題で、ハーバード・ビジネス・スクール教授のラファエラ・サドン氏、ジョセフ・フラー氏ら4名による論文が掲載されています。

この中で、世界有数のエグゼクティブサーチ会社のデータを使い分析して、最高経営幹部にいまどのような能力が求められているかに関し、次の結論を出しています。
(以下太字は『ハーバード・ビジネス・レビュー 2022年11月号』からの引用)


従来型の能力、特に財務や物的資源のマネジメントに関する能力は、今日でも大きな役割を果たしている。

だが、現代の企業がトップリーダー、特に新たなCEOを探す場合、そのような能力の重要性は以前と比べて低下している。

その代わりに、他のいかなる資質よりも重視されるものがあった。
それは高度なソーシャルスキルだ。


ソーシャルスキルとは、ラファエラ・サドンさんらによると、次のような特定の具体的な能力を指しています。

・高いレベルの自己認識
・人の話をよく聞き上手にコミュニケーションを取る能力
・さまざまなタイプの人やグループと協働する力
・他者がどのように考えたり感じたりしているか推測する能力


「過去20年間で、企業は最高経営幹部の役割を大幅に見直した」ようです。

そして、この論文では、ソーシャルスキルが求められているのは最高経営幹部だけではなく、「従業員の階層を問わず、高度なソーシャルスキルが求められる仕事がますます増えている」ことを伝えています。

また、「ますます多くの仕事が技術に委ねられるようになるほど、組織のあらゆる階層で、優れたソーシャルスキルを持つ人材に対する需要が高まり、彼らは労働市場でより大きな賃金プレミアムが得られるのだ」とも書かれています。

詳しい内容は、『ハーバード・ビジネス・レビュー 2022年11月号』を読んでいただいたらよろしいかと思いますが、要するに、多様な人材を束ねて成果を上げるには、ソーシャルスキルが必要なんだということですね。

これらは欧米での調査ではありますけれども、日本でも同じことが求められてくるでしょう。では、「これからの経営者の条件」をどうやって身に付けていけば良いかについては、改めて書いてみたいと思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
この度、コンサルティング料金を従来の半額にしました!
世界的な未曾有の大不況がもうすぐ起こってきますから、
株式会社ビクトリーへご依頼しやすい価格に設定し直しました!
価格を安くすることによって、皆さまとお会いできる機会を
増やしていきたいと思っております。
ぜひご一緒に仕事をしましょう!

株式会社ビクトリー 経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス相談



ビジネス・ソーシャルスキル
  1. 「これからの経営者の条件」とは?(10/26)