fc2ブログ


タイトル画像

恒大集団が破綻したらリーマンショックをはるかに超える危機がくる

2021.09.21(22:03) 2579



今夜は中秋の名月であり、満月ですね。そして、一粒万倍日でもあります。とてもめでたい日の月なので、自宅から写真を撮りました。


おめでたいお話はここまでで、9月20日に破綻するかに思えた中国の不動産大手、恒大集団はまだ倒産しておりません。次の山場は9月23日ですね。

習近平国家主席は、「共同富裕」を掲げて貧富の格差を解消しようと思っていますから、恒大集団への救済をしないと思います。

ちなみに、「共同富裕」は一部の特権階級を除いて、「みんなが貧乏になる政策」です。

さて、破綻が時間の問題となっている恒大集団ですが、破綻したらリーマンショックをはるかに超える世界恐慌になるのではないかと推測しています。

市場関係者の中には「リーマンショックまではならないだろう」という楽観的な見方もあるようです。しかしながら、昨年からの新型コロナウイルスによる不況はリーマンショックを超え、次に来る恒大集団の破綻による中国バブルの破裂は、予測を超えた経済後退を招くものと思います。

中国は10年も経たないうちに、国土が荒地に溢れるようになるのではないでしょうか。三峡ダムも、次に大きな台風や大雨が降ったときに、倒壊するかもしれません。

ただ、中国経済だけではなく、日本経済も今までにない厳しい局面になる可能性がありますので、しばらく個人においても大きな買い物はしない方が良いでしょう(金(ゴールド)は買っても良いと思います)。

サラリーマンの人は決して自分から会社を辞めることはしないようにしてください。

また、企業も慎重な姿勢で経営に臨んでください。キャッシュフローを一番に意識して、借入ができるなら今のうちに借入をして現預金を持っておきましょう。

そして、新卒以外の採用は凍結した方が良いでしょう。

大変なときを迎えることを想定して、経営をしていってください。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

中国の不動産大手の恒大集団が20日にも経営破綻か

2021.09.19(12:59) 2578

中国の不動産大手の恒大(こうだい)集団が明日9月20日にも破綻しそうです。

負債額は分かっているだけで30兆円もあるようです。

中国共産党は、恒大集団を助けるのではなく、一旦破綻させて、国有化しようと考えているようですね。

おそらく、負債額は30兆円では済まないでしょうから、大変な経済的混乱を呼ぶでしょう。

そして、恒大集団の破綻は他の中国企業へも波及していくと思われます。

中国経済は更に落ち込んでいくことになるでしょうね。

中国へ投資をしている日本の企業や金融機関にも大きな影響が出ますね。

負けない企業経営をしていきましょう。

見通しの悪い不採算事業(ドラッカーが言う「独善的製品」)は一日も早く撤退することです。

利益を生まない不動産や設備、自社ビルは一日も早く売却しましょう。

”ISO”など、利益を生まず、管理コストばかりかかるような活動も辞めた方が良いでしょう(受注にISOが必要なら仕方がありませんが、おそらく受注には関係していないと思います)。

日本がもう一度高度成長期に入る前に、日本経済は厳しい時代を迎えることになりそうです。

新規の企業様は初回に限り無料でコンサルティングを受けています。

何か私に聞きたいことがありましたら、社長一人で考えずにお話ください。
(連絡先へのリンクは下記)


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

千葉県知事が緊急事態宣言の要請を検討

2021.07.16(17:41) 2554

どうやら千葉県柏市は梅雨が明けたようです。今日は夏本番という熱さですね(笑)。

ところで、千葉県の熊谷知事が緊急事態宣言の要請について「十分選択肢として考えていかねばならない」と発言したというニュースがありました。

国も東京都知事も同じですが、緊急事態宣言を出して、「やれることは全部やっているポーズ」をするのは止めてもらいたいですね。

日本の緊急事態宣言は、末期患者の長い延命治療のようで、効果がないにもかかわらず長い苦しみを追わせているような気がします。

先日、仕事の移動にタクシーを使ったときに、運転手さんが次のようにおっしゃっていました。

「去年の最初の緊急事態宣言は人の動きがほとんどなくなって困りましたけど、昨年の年末から今年の緊急事態宣言や蔓延防止措置は期間が長いので、去年より今年の方が売上的にも精神的にもきついです」と。

また、コロナ禍でも普段通り働いている人は、休業要請で普段の利益より多くの支援金をもらっている人をうらやんでいる人もいるようです。

一見「他の者が得をしている!」というように思えるかもしれませんが、他の人のことで自分の心を曇らせてはもったいない話です。

支援金をもらった人がお金を使えば、それは誰かの利益になります。

もしズルいことをして支援金がもらっている人がいるとしても、人生は必ずどこかで帳尻が合うようになっていますから、気にしないことですね。

これから暑い季節ですが、頑張っていきましょう!




  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

新型コロナウイルスとの戦いは最低でも5年は続くのではないか

2021.06.30(22:21) 2550



新型コロナウイルスと経済の見通しについて、私の過去の予測を変更した方がいいのなかと最近思うようになりました。

来年の春には新型コロナウイルスも収束が見られて、経済も回復基調になると思っておりましたが、どうもこのコロナとの付き合いは長くなりそうな気がしてきました。

何か科学的な根拠があって思っているわけではありません。

ただ、コロナは一旦消えるようなことがあっても、また変異して突然流行するような気がします。

結局は、ほとんど感染者が出ない時と、感染が爆発するときを繰り返し、何年も、それも少なくても5年は続くような感じがします。

さすがに10年は続かないと思いますが、最低でも5年は続くと見ておいたほうがいいと思います。

完璧な治療薬ができるか、国民の大多数が抗体を持つか、変異株にも対応できる万能なワクチンができるかしないとコロナは収まらないのではないでしょうか。

みなさんの会社も今のような状態が5年続いても成り立つ事業かどうかを考えておいた方がいいと思います。

ワクチンを国民の大多数が打てば、つかの間の安らぎは来ても、また突然コロナが流行する可能性があり、それが何度も繰り返されると思っておいた方がいいでしょう。

国や自治体の支援も期待しないほうがいいです。

今の状況が5年、7年と続いても成り立つ事業を考えておかないと危険だと思います。

そして、個人においては免疫力をつけておくことです。

睡眠をよく取り、バランスの良い栄養を取ってください。ビタミンDや亜鉛イオノフォアも毎日取るようにするといいですよ。

また、恐怖感はダメです。明るい気持ち、前向きな気持ちを持つようにしてください。

「絶対にコロナなんかにかかるか!」という強い気持ちを持ってください。

決して失望することなく、明るい未来を開いていきましょう!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

GDP5.1%減。リーマンショックを超える戦後最大の落ち込み。

2021.05.18(22:45) 2535



今日の日経新聞の夕刊に「GDP5.1%減」というのが1面に載っていました。

落ち込み幅はリーマンショックを超え、戦後最大となりました。

私はこのブログの2020年2月22日に、「この大不況はリーマンショックを超えるものになる」ということを書いていました。

もう1年3か月前ですね。

安倍総理が全国の学校の休業を要請したのが、そのブログの5日後の2020年2月27日なので、その当時は、経済状況がここまで悪化すると思う人はそれほど多くなかったと思います。

政府はリーマンショックを超えるようなことが起きているのですから、消費税を減税すべきでしょう。

消費税の減税する代わりに、現金給付や貸し出しを増やしたのでしょうけど、政策を誤るとさらに景気が悪化する可能性があります。かじ取りが難しいと思いますが、なんとか正しい決断をしてほしいですね。

ただ、そうした期待を持ったとしても、個人としては政府が正しい決断をしないことを想定して、強い気持ちで生きていかなければなりません。

大雨による水害、大地震、新たなウィルスなど、「何が起こっても不思議ではない」と思っていて”丁度いい”です。

何かが起きても、ゼロからやり直せる気概を持っておくことです。

10年以上やってきたものが、もしゼロになっても、もう一度立ち上がって、前に進んでいく気力が必要です。

「どんな逆境に遭ったって、簡単にはやられないぞ!」と思っていてください。

絶望も失望もしないこと。

たんたんと前へ進むこと。


これが大事です。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

自動車産業の新六重苦

2021.05.13(17:48) 2531



今日の日経のオピニオンに「日本企業覆う「シン・六重苦」」という論説が載っています。「シン・エヴァンゲリオン」や「シン・ゴジラ」を連想させる「シン」という言葉を使わないで欲しいですけど、それはさて置き。

ここでは自動車産業の六重苦が書かれていました。

具体的には、①サプライチェーン(供給網)、②エネルギーミックス、③脱炭素、④資源、⑤ESG(環境・社会・企業統治)、⑥貿易ルールの六つです。

①の「中国を除くサプライチェーンの構築」は大切なことですが、これら6つを政府が法律や規制によって推進することは間違っています。

法律や規制を作って企業を導いたら、マーケット志向ができないので、経営がおかしなものになってしまいます。

豊田自工会会長も、ガソリン車の禁止など既存技術の幅を狭めることに危機感を持ち、政府に対し不満をにじませているようです。

政府が産業や市場の具体的な将来像を描いてもうまくいきません。確かなことはなにもないのですから。

こうしたマーケットが絡むことは、民間企業に任せて、政府は「規制を緩和すること」や「安全保障に貢献すること」や「補助金を出すこと」など、民間の後方支援をするといいのです。

計画経済や統制経済は、すでにソ連で失敗しています。

マスコミや経済界は政府の在り方に苦言をもっと呈すべきでしょう。

中国コロナによって、政府が国民や企業を助ける構図が出来上がってしまっています。

しかし、それは有事の一時的な措置であって、未来をつくっていくのは政府ではなく、企業家なのです。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

ゾンビ企業は儲かる企業へと体質を変えよ

2021.05.08(13:30) 2528



私の好きなゲームに「バイオハザード」というシリーズがあります。若い方の中には「バイオハザード」がゲームではなく、元々は映画だったのではないかという誤解があるようですが、初代プレイステーションで登場した人気のアクション・アドベンチャーゲームです。

「バイオハザード」では、プレイヤーは”ゾンビ”や悪の組織が作った”クリーチャー”を倒してゲームを進めて行きます。

ゾンビといえば、”ゾンビ企業”という言葉をご存知でしょうか?

ゾンビ企業というのは、本来ならとっくに倒産しているのですが、銀行や政府機関の支援によって存続している会社のことです。

昨年の前半に私はブログにて「今回のコロナが作る不況はリーマンショックをはるかに超えるものだ」と言ってきました。

ただし、想定よりも倒産する企業が少なかったのは、政府が金融機関に積極的に融資をするようにしたことと、雇用調整助成金や持続化給付金などの助成をしたことなどの、財政出動をしたからです。

新聞の論説などでは、大量の財政出動をしていることを批判する論調があります。「将来の世代にツケ(負債)を残している」だとか、「国が破綻する」だとか、「ハイパーインフレが起きる」だとか、いろいろなことを言っている学者や専門家がいましたが、ハイパーインフレは言うに及ばず、インフレすら起きていません(笑)。

日本の国債の金利も安定しています。今の日本では100兆円の国債を増やそうが、全く影響はないようですよ(笑)。政府が財政を拡張しても市場は混乱しないことが証明されたということです。

そうして政府の支援によってゾンビ企業が増えることになったわけですが、もし政府が財政出動を全くしなかったとしたら、市場は大混乱し、倒産数は何十倍になり、多くの人が職を失って、未曾有の大惨事が起きていたことでしょう。

そんなことが起きていたら、ゾンビ企業を批判していた学者や専門家も職を失ったかもしれません。ワクチン接種が遅いという批判はありますが、政府の企業への支援については0点ではなく、及第点ではあると思います。

ただしですね、今回のような政府の支援は”有事の例外事項”だと思う方がいいのです。こうした政府の支援によって企業が成り立つというのは、中国のような統制経済の道ですからね。

企業は政府に生殺与奪の権を握られてはダメですよ。あくまで社長の指揮のもと、営業利益をあげる体質にしなければいけないんです。

「来年から日本は高度成長期が始まるような経済復活をする」と私は見ています。

企業は今から強い体質の企業になってください。今年を耐えれば、次の発展期を迎えることができます。

頑張って行きましょう!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



世界経済と日本経済
  1. 恒大集団が破綻したらリーマンショックをはるかに超える危機がくる(09/21)
  2. 中国の不動産大手の恒大集団が20日にも経営破綻か(09/19)
  3. 千葉県知事が緊急事態宣言の要請を検討(07/16)
  4. 新型コロナウイルスとの戦いは最低でも5年は続くのではないか(06/30)
  5. GDP5.1%減。リーマンショックを超える戦後最大の落ち込み。(05/18)
  6. 自動車産業の新六重苦(05/13)
  7. ゾンビ企業は儲かる企業へと体質を変えよ(05/08)
次のページ
次のページ