FC2ブログ


タイトル画像

独立の動機は不純なれど

2020.01.24(23:36) 2316

今年の6月で独立開業して11年目になります。

最初の頃の気持ちを思い出しますと、「今の自分の人生を変えたい!」という思いが強くありました(笑)。

とにかく、サラリーマンをやっているのが、つまらなかったし、嫌だったんです(笑)。

まぁ、「高尚な志」にはほど遠い、動機は不純なものです(笑)。

ただ、もう一つ、動機がありました。それは、「自分のように苦しんでいる会社員を助けたい。」という気持ちでした。

自分自身がサラリーマンをやって、ほんと苦しかったし、楽しくなかったので、同じように悩んでいる人の力に成りたかったのです。

だから、最初は会社員のビジネス相談をしようと思ったんですね。気持ちの中では、経営側と対立する組合活動みたいな部分もありました(笑)。

でも、すぐに経営者をコンサルティングする方向へ舵を切ったんです。

結局、会社員の悩みを解決しても、マネジメントをしている人が変わらなければ会社は良くならないし、社員もつらいことが繰り返されるんですよね。根本的な解決をするには、社長を始めマネジメントをする人を変えていくしかないと思ったんです。

今のビジネス社会での悩みの発生原因のほとんどは、マネジメントをする立場の人が「どのようにマネジメントをすればよいか」の知識が足りないことと、心の部分に間違いがあることだと私は思います。

経営をすること、人を使うことに関する知識が全然足りていないのです。

これは当然のことで、学校では教えてくれないですからね。

会社でも新人研修や管理職研修をやるでしょうが、体系的にマネジメントを学習する人は少数でしょうし、それを実践で使いこなせるのはそれ以上に難しいでしょう。

また、心の部分の間違いというのは、経営者やマネージャーに愛が不足していることです。

愛というと男女の愛とか、親子の愛がありますが、ここでの愛とは、相手に敬意を持つこと、相手を思いやること、優しい気持ちで接すること、そして時には相手の成長のために厳しく接することを指します。

部下の人間性の向上、人格の向上を考えて、それを教導することが、ここでいう愛です。

だから、経営者やマネージャーは、マネジメントについて学ばなければなりませんし、心を鍛錬しなければならないのです。

そうしないと、これからの若い世代は経営者やマネージャーについていかず、辞めていくでしょう。求心力のない幹部は価値がなくなっていく時代です。

私の仕事は、マネジメントの知識を教えることと、ビジネスにおける愛の心とはどういったもので、どうやって身に着けていくのかを教えることであります。

そして、経営者やマネージャーや、そこで働く従業員の皆さんが幸せになってもらうことです。



  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
今年からコンサルティング料を無料にしました!
詳しくは、下記の古賀光昭のホームページをご覧ください。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

事業投資とM&Aサービスについてのご説明

2020.01.06(22:47) 2310



昨日のブログにて無料コンサルティングを始めることを書きました。

その中に例外として、事業投資とM&Aをあげました。

この二つについて説明をしておきたいと思います。

まず、事業投資は、将来性のある企業にお金を投資するということです。投資をするのは私の会社からになります。大きな金額はできないですけれども、可能であり、かつ事業に成長性があれば投資の対象ということになります。

もし、金額が大きい場合は、金融機関等の借り入れを支援します。

どういったところへ借り入れをお願いすれば良いかをアドバイスしますし、事業計画書の書き方もお教えします。


次に、M&Aは、会社の売却、事業譲渡、企業の買収の相談にのることです。

現代は、後継者がいないオーナー企業がたくさんあります。社内に継ぐ人材がいないだとか、親族に誰もあとが継げないだとか、そうした悩みを持たれたオーナーはたくさんいらっしゃいます。

ただ、こうしたM&Aをしてくれるコンサルティング会社はコストが高いし、そもそも受けてくれないところもあるでしょう。

年商が10億円未満の会社様を対象にM&Aの御相談にものろうと思っております。


以上の二つが有料コンサルティングの例になります。どちらも成果報酬と考えています。

有料コンサルティングになる場合は、必ず事前にお伝えします。

無料で相談にものれますので、お気軽にお問い合わせください。



  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

経営コンサルティングを無料にします!

2020.01.04(13:41) 2309



大晦日のブログに、今年からコンサルティングを大幅に変えたい旨を書きました。今日はその告知になります。

なんと!今年から経営コンサルティング料を無料にします!

自分でも思い切った決断です(笑)。あの~、無料コンサルティングの後に契約を取ろうというスキームではありません(笑)

そんなケチなことは考えず、私が自分の人生のミッションを果たしていこうと思っているだけです。

私が目標としている「1兆ドルコーチ」のビル・キャンベルさんは無給でコーチングをしていたそうです。私はそれを読んだ時に、電撃が走りました。

「えっ!タダでグーグルやアップルやアマゾンの経営者にコーチングしていたの!?」と。

驚いたと同時に、自分の中の何かが変わりだしたんです。

「ああ、私も無給で思いっきりコンサルティングをしてみたいな」と。

幸い、子供たちも働いて収入を得ていますし、私は別の収入源も持っております(年金ではありませんよ(笑)。外部総務部長として働いている収入です)。

だから何の利害関係もなく、無料で経営コンサルティングをしていこうと思っています。

ただし、いくつか条件があります。

1.経営コンサルティングを受けるかどうかは、私が決めます。希望される企業様の全てを受け入れるわけではありません。
誰でも利己的な部分はありますが、”利己的過ぎる”経営者の方とは仕事をしません。

2.経営コンサルティングの期間も私が決めます。1回で終わるかもしれませんし、何度か、何カ月が分かりませんが、「これである程度大丈夫かな」という段階で終了します。

3.電話及びメールの随時相談は受け付けません。今までの有料顧問契約では随時受け付けしておりましたが、無料顧問契約では電話・メール相談は無しとさせてください。

4.交通費は実費負担いただきます。また、資料等印刷物などが必要な場合も、費用をご負担ください。

5.事業投資、M&Aなど特殊案件については、弁護士・公認会計士等の他の専門家もからみますので、有料といたします。有料の案件は必ず事前にお知らせします。

これらの条件を了承いただいて、無料のコンサルティングを希望される方は、私のホームページの問い合わせページから、ご連絡ください。

無料コンサルティングの後に意図的に有料コンサルティングに誘導することなどはありませんので、ご安心ください(笑)。

有料になるのは、弊社が投資をする事業投資の案件とM&Aの案件です。

また、一度お顔合わせした後に、営業活動も一切行いません。そうした御心配はご無用です(笑)。


私は、サツバツとして影がさしてきた日本と日本経済に光を灯そうとする経営者や働く人を助けていきたいのです!

ビル・キャンベルさんは、コーチングに愛を入れていたそうです。

ジョンレノンは、愛を唄っていました。

私は、経営、ビジネス、マネジメントに愛と光を入れていきたいと思っています。

ビジネスの概念を変えていこうと思っています。

これが私のミッションです。


  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

連載2,100回、そして2019年で良かったこと

2019.12.31(15:35) 2306

今日で2019年が終わる。

このブログも連載2,100回となった。年内に最低でも2,100回を達成しようと思っていたので、良かった(笑)。

今年は仕事でも、プライベートでもいろいろなことがあった。

ただ、今年良かったのは、出会いである。

一つは人との出会い。これは相手があることなので、具体的なことは書かない(笑)。

二つ目は、ジム(スポーツクラブ)であり、筋トレとの出会い(笑)。

もう一つは、一冊の本である。それは、『1兆ドルコーチ』(エリック・シュミット他著、ダイヤモンド社)。

実は数年前、私は人生の目標を立てた。ここでその目標を書くことは恥ずかしい面があるが、書かないと説明ができないので書くことにする。

それは、「自分がコンサルティングした会社の売上規模が10社で10兆円になること」だった。

ただし、こうした途方もない目標を立てたものの、そんなことを成し遂げた人がいるのかなと思い、現実的ではないなと思っていたのである。

ところが、そういう人がアメリカにいた。

『1兆ドルコーチ』のビル・キャンベルさんである。ビル・キャンベルさんは、スティーブ・ジョブズやエリック・シュミットやジェフ・ベゾスをコーチした人である。

まさに、私が描いていたことを実現した人が存在した!

この本に出会った時、今まで「フワフワした目標」だったものが、現実に存在するのだと思えた瞬間だった。

私にとっては大きな出会いとなった。

来年は、経営コンサルティングの方法を大幅に変えようと思う。

皆さま、良いお年を!





  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

1日の所定労働時間を5時間に!

2019.12.07(20:46) 2301

皆さんが働いている会社の1日の所定労働時間は何時間だろうか?

大抵は、7.5時間だろうし、会社によっては8時間というところもあるだろう。

私は、この当たり前のようにある「7.5時間」は長すぎると思っている。働き方改革によって定時で帰る人も増えているだろうが、それでも中小企業では長時間労働が当たり前だと思う。

8時半までに会社に行って、夜の7時頃まで会社にいたら、へとへとになる(笑)。家に帰っても何にもする気が起きないのではないだろうか。

これだけ長い時間、会社なり仕事なりに拘束されている生き方が人間にとって合っているのか、はなはだ疑問である。

仕事を一日中したい人、長時間働きたい人はもちろん働いたらいい。

でも、会社として、日本社会として目指す方向は、労働の拘束時間を短くして、その他の時間を「何かの学びや探究、趣味やボランティア」など、人間性を向上させること、豊かにさせること、自分らしく生きることに時間を使えるように仕事や社会を設計することである。

こう言っては経営者に怒られそうだが、近い将来の日本は、1日の所定労働時間を5時間にもっていくべきである。

つまり、9時始業の会社なら、15時で帰れるようにするのだ。サービス業などで1日10時間働くような会社は、それを2人で分ける形だ。

そして、給料は5時間勤務になっても、今までと同じ収入を得られるようにする。

企業がそこまで払えないということなら、国がベーシックインカムを導入することを考えたら良いと思う。一人当り、月に15万円を国が支給し、その代わり、健康保険も年金も失業保険も学校の無償化も全て廃止する。病気になったら10割負担だが、ベーシックインカムはあるし、入院や手術に備えて生命保険の医療保険に各自が加入すれば良いと思う。

では、ベーシックインカムの財源をどうするかというと、新しいエネルギーを発明又は発見し、それを世界に売ることだ。

日本領土内で資源として手に入るものによってできるエネルギーを開発し、それを石油に代わるものとして売るのだ。石油に代わるものを発明すると石油に関わっているものが黙ってはいないだろうが、やるしかないだろう(笑)。

人はもっと自分らしく生きる時間を持つべきである。



  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

『グランメゾン東京』と大きなビジョン

2019.10.27(15:27) 2289



先週の日曜日、ラグビーワールドカップ、日本代表が南アフリカと戦った日に、TBS系にて木村拓哉さん主演、『日曜劇場 グランメゾン東京』が始まりました。

私は録画して観ましたけど、面白いドラマでした。テンポが良く、脚本がいいですね!

昔、三谷幸喜さん脚本の『王様のレストラン』というフレンチレストランを扱ったとても良いドラマがありました。その中でいろいろなフランス料理が出ていましたけど、『グランメゾン東京』に出てくるフランス料理はそれらをはるかにしのぐ美しさです。フランス料理のレベルがかなり上がっているのでしょうね。

木村拓哉さんを始め、いい俳優さんが出ているので、今後の展開が楽しみなドラマです。

さて、第一話の中で、ビジネスに関係して次の2点が「おや」っと思いました。

第一点は、日本の高級レストランの10年生存確率は、1%だということです。

フランス料理に関わらず、全高級レストランが10年潰れずに続けられるのは、たったの1%です。ほとんど全部が潰れている、倒産しているということですね。これは厳しい数字だと思います。

現在はデフレの時代なので、低価格競争ではなく、よく付加価値の高いものを作る、付加価値の高いサービスを提供するといった高価格戦略を薦めることがあります。

しかし、実際にやってみると「100人に1人しか成功しない」ということですね。そして、お金持ちを相手にビジネスをすることは難しいことが分かります。

飲食店に限らず、高付加価値製品、サービスを提供して数年は成功しても、10年も成功し続けるのは至難の業だということです。


第2点は、木村拓哉さんが鈴木京香さんを誘って、新しいフランス料理店を創業するときの言葉です。

「世界一のグランメゾンを東京に俺たちが作ろう」という言葉ですね。

ここでのポイントは人の心を動かすようなビジョンを明確に言葉にして伝えていることです。

「世界一」という言葉が良かったのではないでしょうか。

突拍子もない言葉でも、それを発する人に可能性を感じるなら、その言葉に説得力が出てきます。

『グランメゾン東京』では、木村拓哉さんなら、それができるのではないかという実績、料理があったわけです。

会社も同じことが言えるでしょう。何か貴社で、この分野なら一番を取れるのではないかというのがあれば、それをビジョンとして掲げてみましょう。地域や分野を縮めれば、トップになれるものがあるかもしれません。

「千葉県で一番になる」、「福島県で一番になる」というような県単位から初めて、「日本で一番の〇〇になる!」、「世界一の〇〇になる!」というビジョンを立てるといいです。

世の中が縮み志向になってきているので、説得力のあるビジョンを大きく掲げた企業が良い人材を集められるでしょう。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

一つひとつの仕事が、素晴らしい「作品」という考え方

2019.04.06(19:57) 2229



田坂広志さんの著書に『仕事の報酬とは何か』(PHP文庫)というのがあります。



この本は20代、30代の方にはぜひとも一度読んでほしい素晴らしい本です。

そこには、「我々が、日々の仕事において残すものは「作品」である。我々が、心を込めて残す仕事は、一つの「作品」である。」という言葉が書かれています。

「作品」というと、音楽家の残す曲や、画家の残す絵などの芸術的「作品」を想像するでしょう。

しかし、田坂広志さんは、日々の仕事において大量に生産される製品であっても、目に見えないサービスであっても、それはまぎれもない「作品」であると述べられています。

自分たちが仕事で残すものは「作品」なのだという考えを大切にしてほしいと、田坂広志さんは書かれているのです。

精一杯に力を尽くし、心を込めて残していく一つひとつの仕事が、素晴らしい「作品」


素晴らしい考え方ですね。

心を込めて仕事をして、素晴らしい「作品」を残していきたいですね!


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



若き起業家たちへ
  1. 独立の動機は不純なれど(01/24)
  2. 事業投資とM&Aサービスについてのご説明(01/06)
  3. 経営コンサルティングを無料にします!(01/04)
  4. 連載2,100回、そして2019年で良かったこと(12/31)
  5. 1日の所定労働時間を5時間に!(12/07)
  6. 『グランメゾン東京』と大きなビジョン(10/27)
  7. 一つひとつの仕事が、素晴らしい「作品」という考え方(04/06)
次のページ
次のページ