fc2ブログ


タイトル画像

渡部昇一先生著、『読書有訓』(致知出版社)

2021.10.06(16:05) 2584

世の中には様々な人が書いた「人生論」があります。

ただし、人生論は、著者がどの世代をターゲットにして書いているかによって、各人に響いてくるものが違います。

例えば、40代のビジネスマンに”受験的勉強論”や”20代でやっておくべきこと”のようなことを読ませても感銘はないですよね。

人生論の世代別としては、まず「学生向け」があり、次に「新卒ビジネスマンから35歳までの若い世代向け」があるでしょう。この中には結婚論も入ってくることになりますね。

そして、次は”中堅世代”です。「36歳から49歳まで」ですかね。その後は、「50歳から65歳まで」と、「65歳以降」に分けられるのではないでしょうか。

こうした世代別にターゲットを絞って人生論を書かないと、なかなか人の心に入っていくのは難しいと思います。

ところが、渡部昇一先生の『読書有訓』(1999年、致知出版社)は、どの世代が読んでもためになる本だと考えます。

しかし、アマゾンで調べましたら、残念ながら絶版のようで、古本でしか手に入らないようです(別の書名になっているかもしれませんけど、それは分かりません)。



古本でしか手に入らない本ではありますが、この本を若い人が読んで、内容の一部でも”実践したならば”、人生に物心両面の豊かさを得られると思います。

中高年の方がこの本を読んでも、平均寿命からいって人生は半分くらい残っているわけですから、過去の延長線上ではない人生を送っていけると信じます。

また、後期高齢者の方がこの本の「幸田露伴の『努力論』の章」を学ぶだけで、残りの人生に張り合いができるでしょうし、「ドラッカーの『新しい現実』『ポスト資本主義社会』の章」を読むことによって、日本の近代から現代の歴史に関する新しい視点を知ることができるでしょう。

世の中に良書はほんの少ししかありません。

でも、良書に一日でも早く出会えたら、きっとあなたの人生はその分、豊かになるはずです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

和田秀樹氏著、『これから怖いコロナの副作用』

2021.09.30(22:47) 2582

精神科医の和田秀樹さんが書いた『これから怖いコロナの副作用』(ビジネス社)を読みました。



この本は、ワクチンの副反応の危険性を述べるような、よくある”陰謀論”ではありません(笑)。

ワクチンではなく、コロナ自粛の副作用がメインに書かれています。

和田秀樹さんは、臨床医なのですが、臨床医の立場から、「日本人の罪」、「感染症専門家の罪」、「テレビの罪」、「大学医学部の罪」、「日本医師会の罪」、「官僚と政治家の罪」という形で、様々な批判がまとめられています。

私のような医学部の門外漢には知らないことがたくさん書かれていて、この本は一般の人も参考になるところが多いと思います。

ここでは一点だけ紹介しますと、高齢者にコロナ自粛を要請する新型コロナウイルス対策は、高齢者の足腰を弱めるのを早め、要介護に進むのを早めてしまうことになるので、非常に危険な対策だと警告されています。

高齢者は2週間程度風邪で寝込んだだけでも、リハビリしないと歩けるようにならないそうです。使っていないものの衰え方が激しいのが高齢者の特性だそうです(これを「廃用」という)。

そして、医学の世界も「過度の専門分化」が進んでいるようで、総合的に診察できる人が少ないようですね。部分最適はできても、全体最適が判断できる人があまりいないのでしょう。

また、動物実験ばかりして、臨床の経験がほとんどない人が医学の世界で出世しているそうです。

それから、日本の医学界は、栄養学と心にまつわる医学も軽視しているようですね。

だから、政府の分科会の専門家から、栄養とか心の部分というのは出ないですもんね。もっと免疫力を高めることだとか、心に対するケアだとか、そういう面が出ないのは日本の医学界の特徴なのでしょう。

この本の内容を全部鵜吞みにする必要はないと思いますけど、読まれると参考になるところも多いと思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

『世界のニュースを日本人は何も知らない 2』(谷本真由美著)

2021.05.17(19:48) 2534



プレジデントという雑誌の2021年6月4日号で「悩みから解き放たれる カリスマ9人の教え」という特集があります。



その中に、「日本に絶望。未来にまったく希望が持てない。いっそこの国を捨てたい」という悩みの項目がありました。

こういうことを思う人の気持ちも分からないでもないです。私も自治体の首長を見ていたら、「なんでこうした人たちが自治体の長をしているのだろう」と思うことがあります。

しかしですね、いろいろ日本のことが悪く見えるかもしれませんけど、実際は海外の方がはるかに悲惨で、日本ほどよい国はないと思いますよ。

ぜひ、『世界のニュースを日本人は何も知らない 2』(谷本真由美著、ワニブックス、2020年)を読んでいただくと、日本が世界に比べてどれだけ良い国かが分かります。



著者の谷本真由美さんは、イギリス在住の方です。ただ、アメリカやヨーロッパのことにも詳しく、それらの国がどういう国なのかを具体的に書いておられます。

日本に絶望している人は、ぜひこの本を読んでほしいです。日本に生まれたことがこんなにラッキーだったのかと気づくことができるでしょう。

一つ言えることは、女性が夜に外を一人で歩ける国は日本だけですよ。

子供が学校に子供だけで通える国も日本だけです。

日本も最近は治安が悪くなっているとはいえ、それでも世界中を見渡したら、最も安全に生活ができる国です。

欧米の方が差別も多いでしょうし、日本人の民度は高いです。

日本だけを見ると見えてこないものも、海外のことを知ると見えてくるものもあります。

日本のマスコミ報道ばかりを見ていると、日本に絶望するかもしれませんが、海外から見たら日本こそが世界の希望なのだというのが分かると思います。

この本には世界のニュースを知る方法も書かれていますし、まずは読んでいただくといいです。お薦めです!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

『人生、何を成したかより どう生きるか 内村鑑三』

2021.05.14(17:26) 2532

今日は本の紹介です。『人生、何を成したかより どう生きるか 内村鑑三』(解説 佐藤優、2021年文響社)です。



この本は内村鑑三による伝説の講義『後世への最大遺物』を現代語訳したものです。

岩波文庫に原著があります。



ただし、原著は今だと少し難しく感じると思うので、現代語訳の『人生、何を成したかより どう生きるか 内村鑑三』の方をお薦めします。

後半に佐藤優さんの解説が載っていますが、それは読まなくてもいいかなと思います(笑)。佐藤さんの解説を除くと、割とすぐに読める本ですから、今、コロナで生き方に悩んでいる方はぜひとも読まれるといいですよ。

きっと得るところがいくつもある名著です!


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

吉田松陰先生の『留魂録』

2021.01.01(15:42) 2468



皆さま、明けましておめでとうございます。2021年が始まりました!

中国ウィルスによって不安な日々、不自由な日々を送っておられる方が大半かと思います。

今年はコロナが好転することを世界中の誰もが願っているでしょう。

しかし、今年いっぱいは厳しい状況が続くと見た方がよいです。

今のような厳しい状況が続き、失業する人、倒産する会社は今年はかなり増えるでしょう。経済的な厳しい環境はこれからが本番だと思われます。

今年は精神的な強さ、自分の軸が試される年だと思います。

世界や日本でいろいろなことが起きるでしょうから、心の軸がない人は右往左往する年になると思われます。

腹をくくってください!

今までの自分のやり方、成功を捨てても、生きていく道を考えましょう。

かといって、「がりがり亡者」になるのではなく、すがすがしく淡々と生ききりましょう。

こういう時代にこそ、学んでほしいのは、吉田松陰先生の『留魂録』(りゅうこんろく)です。



この本はとても良い内容ですから、時間のあるときに読まれるといいですよ!

今年は更に「免疫力と精神力」が必要になる年です。

読書によって心の栄養を得るようにしてください。

頑張って行きましょう!本年もよろしくお願いいたします!


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

経営書を一冊だけ読むなら、『現代の経営』を

2020.02.12(21:36) 2329



世の中、たくさんのビジネス書、経営に関する書籍があります。

一冊だけ読むなら、私は迷わずにドラッカーの『現代の経営』(上田惇生訳、ダイヤモンド社)をお薦めします。



中小企業の経営なら、名コンサルタントの一倉定さんの本がとても参考になります。

しかし、経営全体の軸をしっかりと持つ、体系を把握するという面でも、『現代の経営』は外せません。

経営の核となる考え方は『現代の経営』にほとんど書いてあるので、他の経営書は『現代の経営』の一部を具体的に書いていると気づかれるでしょう。

経営者やマネジャーは、まずは『現代の経営』を精読して学ぶといいです。

大事なことは、「1回読んで終わりにしないこと」ですね。

1回読んだだけでは、理解しにくいということがありますが、それだけではありません。

何回も読まないと、実際の経営に使えないのです。

ご自身の中にドラッカーの『現代の経営』が考え方の軸としてきちんと入っていないと、それを自社の経営に縦横無尽に使えません。

だから、何度も精読してください。

それから、ドラッカーでは、次の3冊も必読書です。

『創造する経営者』、『経営者の条件』、『イノベーションと企業家精神』の3冊ですね。

一冊だけなら、『現代の経営』ですが、ドラッカーの著書を他にも読み進めようと思われているなら、『創造する経営者』や『経営者の条件』の方が初めての方でも読みやすいかと思います。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
今年からコンサルティング料を無料にしました。
現代は世界が危機にある時です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。
経営をしていることに誇りを。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

MOMOYOさんの本

2019.05.22(22:54) 2250

今年のGW中に読んだ本に『イギリス発「本当のスピリチュアル」への階段』(MOMOYO著、大和出版)というのがあります。



このMOMOYOさんという著者はイギリスに住んでおられます。それでタイトルにイギリス発と書いてあるのかと思いますが、内容とはまったく関係はありません(笑)。

私はYouTubeでたまたまMOMOYOさんの動画を見てピンとくるものがあったので、この本を読んだのです。

人にもよるかと思いますが、私はとてもプラスになりました。

MOMOYOさんがこの本の中で書かれているのは、人間の苦しみの原因はマインドセットであり、人生に最も強く影響を与えているのはセルフイメージなのだということですね。

マインドセットとは、思考(マインド)が作っている架空のルールのようなものです。

ビジネスマンなら「仕事は完璧にこなすべき」だとか、女性なら「良き妻であるべき」など、それぞれの人が無意識に自分に課しているルールです。

それらのマインドセットが本来の自分をおかしくしているのですね。

それと、ネガティブなセルフイメージが人生に良くない影響を与えています。この本の中ではセルフイメージの見つけ方のワークも書いてあります。

日々の生活をして、なんか息苦しくて、「なんか違うなぁ」って思っている人に、きっとこの本は参考になります。

いえ、普通に生活をしている人であっても、どこかで自分に「こうでなければならない。」というのがあるので、参考になるでしょう。

きまじめに生きている人にはとてもプラスになると思いますよ。お薦めします!


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



本の紹介
  1. 渡部昇一先生著、『読書有訓』(致知出版社)(10/06)
  2. 和田秀樹氏著、『これから怖いコロナの副作用』(09/30)
  3. 『世界のニュースを日本人は何も知らない 2』(谷本真由美著)(05/17)
  4. 『人生、何を成したかより どう生きるか 内村鑑三』(05/14)
  5. 吉田松陰先生の『留魂録』(01/01)
  6. 経営書を一冊だけ読むなら、『現代の経営』を(02/12)
  7. MOMOYOさんの本(05/22)
次のページ
次のページ