タイトル画像

本の紹介『ジョブ理論』 クリステンセン教授著

2017.10.05(23:51) 1884

今日は本の紹介です。『ジョブ理論』という本です。『イノベーションのジレンマ』のクレイトン・M・クリステンセンとその他3名の方の共著書です。



この本の内容は、イノベーションを成功に導く方法論(ジョブ理論)が書いてあります。

企業にとって最重要な課題はイノベーションなのですが、なかなか成功するイノベーションを生み出せないのが経営者にとっての悩みの種です。

そこで、この本ではジョブ理論というものを提示し、ジョブ理論を使えば、イノベーションは運任せではなく、その成功の確率を上げていけると述べています。

著者はかなり自信作のようですが、私が読んだ感想としては、新しい感覚はありませんでした。どちらかというとドラッカーが言っていたことを、具体的に細かく体系化して例を挙げているなという感じでしょうか。

この理論を使う企業がどれくらいイノベーションを成功できるか分かりませんが、私はそんなにイノベーションが成功するようには思いませんでしたね。

やはりイノベーションについては、ドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を精読されて、イノベーションの7つの機会を体系的に追いかけながら、非顧客の声を聞いていくのがいいと私は思います。

クリステンセン教授は、世界の経営思想家で連続1位になっている方ですから、そうした人がどういうレベルの本を書くのかを知ることができる機会でもあります。

そうした知的な方法での本との接触も、面白いかと思いますよ。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

本の紹介『統計学が日本を救う』西内啓著

2017.10.02(23:37) 1881

自民党は消費税増税を選挙公約に入れるようです。自民党はダメですね。

2年後に消費税を増税したら、また大きな景気停滞が来ますよ。

希望の党が消費税増税を凍結することを公約にしたら、自民党にかなり肉薄した結果を出すのではないでしょうか。

自民党が公約にしている教育の無償化は、少子化対策として有効な「育児にかかる経済的負担の軽減」になるのでいいかもしれません。でも、公約としてはインパクトに欠けています。

ところで、今までの自民党政治が良くなかったのは、団塊の世代が定年になる前に年金の支給年齢を70歳以上に引き上げなかったことです。

日本の政治の特徴として、課題を先延ばしにし、傷を深くする面がありますが、憲法改正、防衛問題と年金支給がその代表でしょう(私は財政健全化はまったく考えていません)。

面白い本があります。『統計学が日本を救う』(西内啓著、中公新書ラクレ)という本です。



統計学から日本の少子高齢化、貧困、医療、経済成長を考えた本です。

統計からの判断が、すべて正しいかどうかは読書にお任せしますが、一読されると、新しい視点を得られると思います。




応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

東野圭吾著 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

2017.08.28(20:12) 1862

みなさんには、試験の前に「つまらない」ことで時間を潰してしまうということはなかったでしょうか?あるいは、夏休みの宿題をしなければいけないのに、テレビを見たり漫画を読んだりしてしまったとかありませんか?

私は、最近仕事が忙しいのですけど、こういう時なのに、夜に小説を読みだして止まらないということをやってしまいました(それでも朝は起きていますけどね(笑))

読んだのは、東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です。



東野圭吾さんの小説は何冊か読んでいますけど、ベスト5に入る名作ですね。

内容を書くとネタバレしてしまうので、何も書きませんが、プロットがよくできています!感心しました!よくこういうのが書けるなと。

そして、この本は50代なかば以上の人が読むと、”ジーン”とくるものがありますし、笑えるところもあります。ま、大阪万博を知っている世代以降なら、より物語を実感できるということですね。

それから、この小説では、一つの章の中で、ビートルズのことが出てきます。ビートルズのファンなら普通に知っていることばかりなので、目新しい情報があるわけではないのですけれども、小説の中に細かくビートルズのことが入っているので、そこも少し感心しました。

NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』でもビートルズを取り上げていましたが、現在活躍されている方は、ビートルズの影響を受けた人が多いのでしょうね。東野圭吾さんも結構ビートルズが好きなんだなと思いました。

文庫本でも少し分厚いですけど、東野圭吾さんは文章が上手なので、読みやすいです。お薦めです。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

会計の勉強をしたい方にお薦めの本

2017.05.30(23:47) 1817

今日は、会計に関するお薦め本の紹介です。

もし企業会計を勉強したいと思われるのでしたら、迷わずこの一冊をお薦めします。

『財務3表一体理解法』増補改訂(國貞克則著、朝日新書)



この本は会計の知識がなくても、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書のつながりがわかるようになる名著です。また、これら3つの表のつながりを見ながら、会計のことが分かるようになっています。

簿記はやりたくないけど、企業会計については知りたいという方は、この本を読まれることをお薦めします。

マネジャー以上のビジネスマンで、会計の知識がない方には必須の本だともいえる本です。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

渡部昇一先生著『実践・快老生活』

2016.11.29(22:43) 1693

今日、新幹線のこだま号に乗って打ち合わせに行く途中、「新富士駅」に止まっていますと、黄色い新幹線、ドクターイエローが通り過ぎました(笑)。見ると幸せになるそうですね。

そういえば、新富士駅に入る前は富士山が雲に隠れてましたけど、新富士駅を私の乗った新幹線が出発したら富士山が見えてました。どうやら吉兆のようです。

さて、話は変わり、今回は私が上智大学時代に御指導いただいた渡部昇一先生の御著書を紹介します。



この本は渡部昇一先生が86歳になられて、率直なお気持ちをつづられた本です。

健康法を試すならば、「その健康法を実践した人が長生きしているものを選ぶに限る」という名言があり、50歳、60歳の方でしたら、その健康法はとても参考になると思います。

ただし、この本では、子供や孫とのふれあいの幸せを強調されているので、独身の方や子供がいない方が読むと、少し嫌な気分がするかなとも思いました。

渡部昇一先生は、独身の方への啓蒙の意味で書かれていると思うんですが、気を悪くされる方もいらっしゃるかもしれません。

それから、この本では、高齢者は教養ではなく、自分を高める修養を勧めておられます。修養は、人間学と言ってもいいでしょうが、壮年になっても目指すことがあることは幸せなことなので、参考になると思います。

御興味のある方はぜひ手に取ってお読みいただいたらよろしいかと思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

人生観が変わる?『宇宙論』ニュートン別冊

2016.11.20(22:58) 1686

思想的な本(宗教書や哲学書など)を読んで、人生が変わったという方も多いかと思いますが、物理学に関する雑誌を読んで人生観が変わることも時にはありますよね。

私は、ニュートン別冊の『宇宙論 増補第3版』を読んで、結構刺激を受けました(^^)



この本は雑誌『ニュートン』の別冊で、オールカラーの豪華な本です。

イラストが豊富で、とにかくとっつきやすいです。その上で、物理学が挑んでいる宇宙論の概略について知ることができます。

少し例をあげますと、「宇宙は膨張している」んですってね。そして、遠くの銀河ほど早く遠ざかっているそうです。凄いですね~

銀河と言えば、我々のいる太陽系があるのは、天の川銀河というらしいですが、太陽のような恒星がなんと、1000億個もあるそうです!

そんなにたくさん恒星があったら、ぶつかりそうなものですが、となりの恒星まで何光年も離れているので、天の川銀河はスカスカなんですってね(笑)

そして、銀河って、無数にあるそうなんです。中には銀河が数百、数千集まって銀河団を形成している場合もあるそうなんですよ。

人間が観測できる宇宙は、ほんの点で、宇宙は無数に存在しているという説もあります(銀河や星のことではないですよ。宇宙自体が無数に存在しているという意味です)。

また、宇宙は膨張と収縮を繰り返し、ビッグバんを50回ほど繰り返しているという説も載っていましたね。

見やすい本ですし、色々な想像をすると楽しい本です。人によっては人生観、価値観が変わるかもしれません(笑)。

ぜひおすすめします。

----------------------------------------------------------------
経営コンサルティングのご依頼はこちらから
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
----------------------------------------------------------------

クリックしていただけますと、このブログに出会う人が増えていきます。どうかクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます。

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

國貞克則さん著『財務3表一体理解法』

2016.11.18(21:57) 1684

ビジネスマンや経営者は会計を勉強することを薦められることが多いですよね。

会計に関する本で私がお薦めするのは、國貞克則さんの下記の本です。



この本を読むと会計の仕組みや全体の流れが分かるようになるので、日商簿記3級くらいの知識の方が読むと、かなり見識が広がりますね。

私は会計の初心者ではないので、この本を会計の初心者の人が読んで分かるかどうかは判定できませんが、おそらくほとんどは理解できるのではないでしょうか。

会計を勉強したい方というより、ビジネスマンだったら、この『財務3表一体理解法』を読んだ方がいいですね。

名著だと思います。お薦めです。

----------------------------------------------------------------
古賀光昭への御連絡は、下記の「古賀光昭の公式サイト」の
「お問い合わせページ」からご連絡ください。心からお待ちしています。

「日本を精神性も経済力も世界No.1の国にするための経営コンサルティング」
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

同族経営の社長、後継者の方へ
私は同族経営、夫婦経営を応援しています!
----------------------------------------------------------------

クリックしていただけますと、このブログに出会う人が増えていきます。どうかクリックをお願いいたします。いつもありがとうございます。

古賀光昭の経営相談室



本の紹介
  1. 本の紹介『ジョブ理論』 クリステンセン教授著(10/05)
  2. 本の紹介『統計学が日本を救う』西内啓著(10/02)
  3. 東野圭吾著 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(08/28)
  4. 会計の勉強をしたい方にお薦めの本(05/30)
  5. 渡部昇一先生著『実践・快老生活』(11/29)
  6. 人生観が変わる?『宇宙論』ニュートン別冊(11/20)
  7. 國貞克則さん著『財務3表一体理解法』(11/18)
次のページ
次のページ