タイトル画像

本の紹介『日本3.0』

2018.02.20(23:44) 1980

日本の大学では、受験時に学部学科が決まってしまいますね。例えば、大学入試の時に、文学部英文科を受けて、受かったらその学科に行くというようにです。

これって、アメリカの大学ではそうではないそうですね。下記の『日本3.0』という本にハーバード大学の例が書いてありました。



ハーバード大学では、教養課程が重視されているようです。

日本の大学では、「ぱんきょ」と言って、サボるのが普通のようなところがありました(笑)。

ところが、ハーバード大学では「美学と解釈」「文化と信仰」「経験的・数学的推論」「倫理的推論」「生命科学」「物理科学」「世界の社会」「世界の中の米国」の8つの領域が一般教養と定められています。

一般教養といっても、日本と違い内容は高度なようでですね。

そして、学生は2年の半ばまでに50ある専攻分野から自分が専門とする分野を選べるそうなのです。うらやましいシステムですね。

私も外国語学部英語学科という専門課程に入学しましたが、一般教養で社会学を取ったんです。そしたら、すごくおもしろかったんですよね。だから内心「しまった!社会学部に行けば良かった!」と思ったんです(笑)。まぁ、今だったら経営学部に行きますけど(笑)。

高校生くらいで、たいして世の中のことも知らず、勉強していない者が、その時点で専門課程を決めるなんて、実質無理な話ですよね。

たぶん、「就職に有利だから」だとか、「女の子がいっぱいいるから(笑)」とか、「この学部しかいけなかったから」とか、そんな理由で学部を選択している人が多いでしょう。

だから日本の大学も一般教養を経て、専門を選択できるようにするといいですよね。

そして、一般教養も冷やかしみたいな授業ではなく、「日本の将来を担う人物を作るのだ」という気構えを持った授業をやってもらいたいものですね。

それから、この本はここで書いた教育のことは一部でして、現代の社会を鳥瞰するような情報が書いてあります。

著者の佐々木紀彦の意見に全面同意していることはありませんが、今の日本で起きていることが書かれていて参考になりますし、知らないことも結構書かれていましたので、考え方を読むというより、現代社会の情報として読まれるとよいのではないでしょうか。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

本の紹介『ブレイン・プログラミング』

2018.02.15(23:55) 1976

今日は本の紹介です。『ブレイン・プログラミング』という本です。



この本の内容は、引き寄せの法則や光明思想に似ているものです。

「目標を決めれば、それがかなう」という内容なのですが、特徴的なのは、スピリチュアル系が「潜在意識」や「宇宙」という言葉を使うのに対し、著者は「RAS」という脳の仕組みがそれを行うということを書いています。

私はどちらかというと、何でも脳の働きに持っていくのは好きではありません。

しかし、宇宙や潜在意識に懐疑的な方にとっては、「脳の仕組み」によって説明されるこの本の内容は、しっくりくるもにになるかもしれませんね。

読むと前向きになれるハウツーに満ちていますし、著者夫婦の体験談も面白く読めるものになっています。

成功法に興味のある方なら、読んでも損はしないと思いますのでお薦めします。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

大木ゆきのさんの本

2018.01.31(22:35) 1965

世の中にはいろいろな本があって、たとえ、ある人には良い本でも、別の人には感銘を受けない本もあります。

下記の「大木ゆきの」さんの『神さま!がんばるのは嫌ですが、大成功する方法を教えてください』は、「何をやりたいのかわからないけど、成功したい」という人には合うかなと思います。




ちょっとだけスピリチュアルな内容で、どちらかというと理性的な人よりも、感性的な人の方が合う本ですね。

私は一度読んだときは、「ふーん」と思っただけなんですけど、最近、なぜか読み直して「良かった」と思った本です。

本は、合う合わないもありますけど、その時々の心境や環境の変化で「受け入れやすい」ときや「スッと入ってくるとき」がありますよね。

今回も、何か分からなかったのですが直観的に手に取って、読み直したパターンでした。こういうときは、本の中に何か回答があるのでしょうね。

よろしければ読まれると良い本だと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

佐藤一斎著『言志四録』

2017.12.20(23:43) 1936

来年の大河ドラマは、西郷隆盛が主人公ですよね。それで、西郷隆盛が愛読した『言志四録』が徐々に注目されているようです。

『言志四録』は、佐藤一斎が書いたものです。これは、『言志録』などの四書からなっていて、その総称を『言志四録』と言います。

佐藤一斎という方がどの時代の方かと言いますと、江戸時代、1800年代の方です。

弟子になる人が凄いです。

佐久間象山、山田方谷、中村正直、横井小楠など、相当たる方々です。佐久間象山門下で吉田松陰や勝海舟がいますので、佐藤一斎が明治維新の思想的な源流の人であったと言えるかもしれませんね。

『言志四録』の中には含蓄のある言葉がたくさんありますので、社員研修で使われるとよろしいのではないでしょうか。

いろいろな訳が出ていますけれども、できれば原文があるものをお薦めします。



なぜ、原文がある方が良いかというと、訳には訳者の意見や解釈が入ります。読むと「あれ?」と思うことがあっても、原文がないと佐藤一斎の言葉が分からないので、確かめようがないですからね。

また、原文は現代語訳にはない格調や言霊がありますから、原文も一緒に読まれる方が絶対に良いですね。

私は、上記の岬龍一郎さんの現代語訳を読みましたが、必ず訳のあとに原文を読んで、原文の文章を味わっていました。


ところで、『言志四録』はできるだけ若い頃に読んだ方が良いですが、若いときにはなかなか実感がわかないところもあるでしょうね。

でも、よく分からないながらも、どこかでハッとさせられる文章に出会えば、その価値はものすごいものなので、若い方はぜひ一度は読んでいただくとよろしいかと思います。

それと、若い方でなくても、ぜひ読んでみてください。学びはいつでも大切です。

『言志四録』の中の一つ『言志晩録』には、次の言葉があります。

「少にして学べば、即ち壮にして為すこと有り。
壮にして学べば、即ち老いて衰えず。
老いて学べば、即ち死して朽ちず。」



いくつになっても、学ぶことを続けていきたいと思っています。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的経営成功法」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

本の紹介『ジョブ理論』 クリステンセン教授著

2017.10.05(23:51) 1884

今日は本の紹介です。『ジョブ理論』という本です。『イノベーションのジレンマ』のクレイトン・M・クリステンセンとその他3名の方の共著書です。



この本の内容は、イノベーションを成功に導く方法論(ジョブ理論)が書いてあります。

企業にとって最重要な課題はイノベーションなのですが、なかなか成功するイノベーションを生み出せないのが経営者にとっての悩みの種です。

そこで、この本ではジョブ理論というものを提示し、ジョブ理論を使えば、イノベーションは運任せではなく、その成功の確率を上げていけると述べています。

著者はかなり自信作のようですが、私が読んだ感想としては、新しい感覚はありませんでした。どちらかというとドラッカーが言っていたことを、具体的に細かく体系化して例を挙げているなという感じでしょうか。

この理論を使う企業がどれくらいイノベーションを成功できるか分かりませんが、私はそんなにイノベーションが成功するようには思いませんでしたね。

やはりイノベーションについては、ドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を精読されて、イノベーションの7つの機会を体系的に追いかけながら、非顧客の声を聞いていくのがいいと私は思います。

クリステンセン教授は、世界の経営思想家で連続1位になっている方ですから、そうした人がどういうレベルの本を書くのかを知ることができる機会でもあります。

そうした知的な方法での本との接触も、面白いかと思いますよ。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

本の紹介『統計学が日本を救う』西内啓著

2017.10.02(23:37) 1881

自民党は消費税増税を選挙公約に入れるようです。自民党はダメですね。

2年後に消費税を増税したら、また大きな景気停滞が来ますよ。

希望の党が消費税増税を凍結することを公約にしたら、自民党にかなり肉薄した結果を出すのではないでしょうか。

自民党が公約にしている教育の無償化は、少子化対策として有効な「育児にかかる経済的負担の軽減」になるのでいいかもしれません。でも、公約としてはインパクトに欠けています。

ところで、今までの自民党政治が良くなかったのは、団塊の世代が定年になる前に年金の支給年齢を70歳以上に引き上げなかったことです。

日本の政治の特徴として、課題を先延ばしにし、傷を深くする面がありますが、憲法改正、防衛問題と年金支給がその代表でしょう(私は財政健全化はまったく考えていません)。

面白い本があります。『統計学が日本を救う』(西内啓著、中公新書ラクレ)という本です。



統計学から日本の少子高齢化、貧困、医療、経済成長を考えた本です。

統計からの判断が、すべて正しいかどうかは読書にお任せしますが、一読されると、新しい視点を得られると思います。




応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

東野圭吾著 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

2017.08.28(20:12) 1862

みなさんには、試験の前に「つまらない」ことで時間を潰してしまうということはなかったでしょうか?あるいは、夏休みの宿題をしなければいけないのに、テレビを見たり漫画を読んだりしてしまったとかありませんか?

私は、最近仕事が忙しいのですけど、こういう時なのに、夜に小説を読みだして止まらないということをやってしまいました(それでも朝は起きていますけどね(笑))

読んだのは、東野圭吾さんの『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です。



東野圭吾さんの小説は何冊か読んでいますけど、ベスト5に入る名作ですね。

内容を書くとネタバレしてしまうので、何も書きませんが、プロットがよくできています!感心しました!よくこういうのが書けるなと。

そして、この本は50代なかば以上の人が読むと、”ジーン”とくるものがありますし、笑えるところもあります。ま、大阪万博を知っている世代以降なら、より物語を実感できるということですね。

それから、この小説では、一つの章の中で、ビートルズのことが出てきます。ビートルズのファンなら普通に知っていることばかりなので、目新しい情報があるわけではないのですけれども、小説の中に細かくビートルズのことが入っているので、そこも少し感心しました。

NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』でもビートルズを取り上げていましたが、現在活躍されている方は、ビートルズの影響を受けた人が多いのでしょうね。東野圭吾さんも結構ビートルズが好きなんだなと思いました。

文庫本でも少し分厚いですけど、東野圭吾さんは文章が上手なので、読みやすいです。お薦めです。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



本の紹介
  1. 本の紹介『日本3.0』(02/20)
  2. 本の紹介『ブレイン・プログラミング』(02/15)
  3. 大木ゆきのさんの本(01/31)
  4. 佐藤一斎著『言志四録』(12/20)
  5. 本の紹介『ジョブ理論』 クリステンセン教授著(10/05)
  6. 本の紹介『統計学が日本を救う』西内啓著(10/02)
  7. 東野圭吾著 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(08/28)
次のページ
次のページ