FC2ブログ

記事一覧

「ひよっこ2」も良かったです!

「ひよっこ2」が放送されました。放送中に見られなかったので、録画していたものを今日見ることができました。いや~、心が洗われました(笑)。何か大きな山や谷を乗り越えるというお話ではないんです。特別感動的なストーリーが設定されているわけではないんです。前作「ひよっこ」から2年経った登場人物の近況報告のドラマでした。でも、心が温まって、なぜか泣けて、心が洗われるドラマなんです(笑)。やっぱり岡田惠和(お...

続きを読む

木村拓哉さん主演、映画『マスカレード・ホテル』

先日、娘と一緒に映画に行ってきました。木村拓哉さん主演、『マスカレード・ホテル』です。娘が東野圭吾さんの小説が好きで、今回の映画化は二人で楽しみにしていました。娘に聞いたのですが、私がたまたま買った小説の『マスカレード・ホテル』を娘に「読んでみたら」とあげたのがきっかけで、娘は推理小説が好きになり、東野圭吾さんの本が好きになったそうなんです。だから、『マスカレード・ホテル』は娘にとって個人的に思い...

続きを読む

アメリカテレビドラマ『FRINGE フリンジ』

今日は少し軽いお話を。アメリカのドラマで『FRINGE フリンジ』というのをご存知でしょうか?私はまったく知りませんでした。アマゾンプライムに入って、時間があるときにちょこちょこみて、お正月過ぎにやっと全部見終わりました。シーズン1は、2008年なんで、「今頃その話?笑」という方もいらっしゃるでしょうね(笑)。 シーズン1の方は、グロテスクなシーンが結構あって、その点は私は苦手でした。しかし、シーズン...

続きを読む

東野圭吾さんの推理小説を読みました。

読書の秋といいますが、私が最近読んだ本の一つは次のものです。私が彼を殺した (講談社文庫)(2002/03/15)東野 圭吾商品詳細を見る私は普段小説は読まないのですが、テレビで『流星の絆』を見て、東野圭吾さんの本を読みたくなり、『私が彼を殺した』を選びました。この本をご存知ではない方のためにザッと説明をしますと、本の中で犯人の名前は明かされません。容疑者は3人いまして、その容疑者の視点で各章が語られます。その事...

続きを読む

横山光輝著 『殷周伝説』も面白いですよ

『殷周伝説』(いんしゅうでんせつ)という漫画をご存知でしょうか? 『鉄人28号』や『三国志』を書いた横山光輝さんの漫画です。殷周伝説 全22巻―太公望伝奇 (希望コミックス)(2005/08/01)横山 光輝商品詳細を見る副題は「太公望伝奇」(たいこうぼうでんき)となっていまして、太公望呂尚(りょしょう)が主役です。横山光輝さんは「史記」と「封神演義」などを題材にして、この作品を7年かけて書いたそうです。前から太公望...

続きを読む

映画「ベン・ハー」の感想

先日、CS放送で「ベン・ハー」をやっていまして、録画して何十年ぶりかに見ました。今日はその感想です。ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版(2枚組) [Blu-ray](2012/11/07)チャールトン・ヘストン、スティーブン・ボイド 他商品詳細を見る「ベン・ハー」を最初にテレビで見たのは、小学6年だったか、中学生だったか忘れましたが、強烈に印象に残っていたのは、ガレー船のシーンです。チャールトン・ヘストンが演じるベン・...

続きを読む

だいぶ前のドラマですが、「黒い福音」の感想

だいぶ前に放送されたテレビ朝日開局55周年記念ドラマ「黒い福音」(原作 松本清張『BOACスチュワーデス殺人事件』)の感想を今日は書きたいと思います。時間が経っているので、うろ覚えのところもありますが、ちょっとネタバレがありますので、これから見ようという方は読まない方がいいかもです。さて、ビートたけしさん演じる藤沢刑事が、江原ヤス子(竹内結子さん)に真相を迫るシーンがあります。江原はカトリック信者...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営思想家であり経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -