タイトル画像

今の日本に必要なのは、島津斉彬公

2018.04.13(14:46) 2026

西郷隆盛さんによって日本が救われたということを前回のブログに書きました。

その西郷さんに影響を与えた最大の人物は、薩摩藩主、島津斉彬(しまずなりあきら)でしょう。

『西郷どん』では、渡辺謙さんがその役をやっていますね。しかし、私の中のイメージでは、『翔ぶが如く』での加山雄三さんが近いですね。

渡辺謙さんの島津斉彬公は、品がなく、荒々しいです。加山雄三さんの斉彬公は、威厳があって、透明感があり、素晴らしかったですね。

司馬遼太郎さんは『翔ぶが如く』の中で、
「斉彬には、神も嫉妬するのではないかと思われるほどに器才のかがやきがあった。」と書いています。

この斉彬公のことと、西郷さんの関係をきちんと描かないと、なかなかその後の西郷さんの生き方が分からないと思うのですね。

『西郷どん』は良いドラマですけど、斉彬公の偉大さと、斉彬公と西郷さんの師弟の関係の描写が少し弱いかなと私は思います。

島津斉彬公の世界観、国家間、世界戦略は、当時の日本では飛び抜けたものでした。こんな凄い人物が幕末の大名に存在したということが奇跡だと思います。


また、斉彬公は、たくさんいる薩摩の青年の中から西郷隆盛さんをさがしあて、一目で見抜いています。その人を見る目の鋭さも凄いです!

西郷さんは斉彬公の志を受けて、その後の倒幕運動に走ります。

人物を見いだせる人が、人物を見出し、その者に生きる道を教える。志を伝える。

今の日本に必要な人は、島津斉彬公のような人物だと思います。



いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

西郷さんが私利私欲の人だったら、日本は全く違っていた

2018.04.12(22:21) 2025

明治維新によって、武士階級は消滅しました。没落士族は、全国300万人といわれています。

特に薩摩藩の士族は、幕末に戦をほとんどすることがなく身分を失ったので、鬱積したものがあったようです。

西郷さんは、薩摩の若い士族によって「反政府の頭目」に祭り上げられてしまいます。

西郷さんは情が深かったので、若者を見捨てることができず立ち上がるわけですが、自らが戦で死ぬことによって、不平士族も一緒に葬ってしまい、新しい日本を作ろうとしました。

ここでも日本は、西郷隆盛さんによって救われました。


少し話がずれるかもしれませんが、私はこの話を聞いて思い出したのは、『項羽と劉邦』の韓信(かんしん)のことです。

劉邦は、項羽を倒すために韓信という将軍を得ます。そして、見事に項羽を倒すのですが、その後に劉邦は韓信を殺すのです。

”強い者A”を倒すために”強い者B”を連れてきて、Aを倒します。残ったBはいずれは脅威になるので、Bを殺してしまうという発想です。

幕府を倒すためには薩摩の軍事力は必要でした。ところが、幕府が倒れた後、新政府にとって薩摩の軍事力は脅威になっていました。また全国の不平士族が一斉に暴れ出したら、新政府もどうしようもなかったでしょう。

維新最大の功労者である西郷さんが、薩摩や他藩の不平士族とともに戦で死ぬことによって、日本に再び革命が起きるのを防いだといえるでしょう。

今の日本があるのは、西郷隆盛さんのおかげであると言えるでしょう。もし、西郷さんが私利私欲の人だったら、日本はまったく違った社会になっていたでしょうね。

天が日本を救うために使わしたのが西郷さんだったのでしょうね。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

日本は西郷隆盛さんによって救われた

2018.04.11(23:51) 2024

今年はNHK大河で『西郷どん』をやっていて、なかなか良いドラマですよね。

西郷隆盛さんを主人公にしたドラマといえば、昔のNHK大河『翔ぶが如く』があります。少し前にチャンネル銀河で放送していたので、全部を見ることができました。

このドラマは凄いです。何度見て泣いたか分かりません。見られたことがない方は、ぜひ一度見られるといいですよ。幕末から明治維新という日本が近代国家になるための苦しい時代に何が起きたかを垣間見ることができます。

また、日本が不世出の英雄、西郷隆盛さんによって救われたことがよく分かるドラマです。

まず、明治維新は薩摩藩の力で成就しています。薩摩藩の実質の最高権力者である島津久光を大久保利通が徹底して騙し、西郷隆盛さんは薩摩藩の巨大な武力を背景に明治維新を成し遂げています。明治維新の最大の功労者は西郷隆盛さんです。

司馬遼太郎が小説『翔ぶが如く』に書いているように、西郷さんが他の国の人間なら独裁者になって、自分の思うように国を動かしているでしょう。

でも、西郷さんは決して独裁者にはなりませんでした。この点でも日本は救われています。


また、私が一番凄いと思うのが、廃藩置県です。

当時は、日本という概念を持つ人が少なかった時代。藩が実質は国というものでした。その藩を廃止するというのですから、おそろしい案です。

私は徳川幕府を倒したことよりも、廃藩置県をしたことの方が凄いと思っています。

大久保利通も大人物ですが、さすがにこの廃藩置県の時は外遊して逃げていました。いわば、廃藩置県の責任を西郷さん一人に背負わせているのです。

これは忠義に厚い西郷さんにとって、相当な苦しみだったと思います。

江戸時代に封建制は精神的には終えていた面がありますが、廃藩置県によって完全に日本は封建制を終え近代国家の道を歩むことになります。

ここでも日本は西郷さんに救われたのです。

<続く>




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!

2018.02.18(21:53) 1978

前回のブログで大河ドラマの「翔ぶが如く」に触れました。

あれは良くできていましたね。あの頃はNHKもちゃんとドラマを作っていたんですね。見たことのない方は、ぜひ一度見られると良いと思います(少し音楽が暗いですけどね)。

西郷隆盛(西田敏行さん)が島津斉彬(加山雄三さん)に出会ってから、月照和尚(野村万之丞さん)と海に身を投げるまでは、毎回泣ける場面がありました。

特に西郷と島津斉彬とのやり取りは何とも言えない感動があります。

極端なことを言いますが、西田敏行さんは、このドラマで西郷隆盛を演じるために生まれてきたのではないかと思うほどです。それほど素晴らしい演技になっています。

また、大久保利通を演じた鹿賀丈史さんもなかな良いんですね。

毅然とした大久保利通を演じてピッタリな感じでした。

その大久保利通ですが、最終的な目的をしっかり持ったら、その達成のために全くブレません。目的を達成するためには権力がいると考えたら、権力を得るために他のことを小事にして、耐えるところは耐え、上に取り入れてもらうための策を講じて徹底した行動を取ります。

戦略的地点を決めたら、すべてをそこに集中させ犠牲をいとわない冷徹な姿勢は軍師的ではありますが、大久保利通にはリーダーとしての資質もありました。

それにしても、「翔ぶが如く」を見ていると、西郷も大久保も苦難の連続です。よく耐えて生き抜いたなと思います。そして、大きな偉業を成し遂げています。

マンガや映画のヒーローは架空の人がいますが、この二人は実在していたというのが凄いです!

偉業と共に、その生きざまが後世に勇気を与える人物ですね!




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

豊臣秀吉は、トップに立ってもビビらなかった

2018.02.07(20:41) 1971

現代日本の理想的なリーダー像として、豊臣秀吉の英雄的素質を渡部昇一先生の『指導力の研究』を参考に紹介してきました。

前回までに秀吉の英雄的素質を3つ挙げました。ほかにもいくつかあるのですが、紹介するのはあと一つだけにします。

それは、「トップに立ってもビビらない」です。

渡部昇一先生は、「人には、上に主人がいたほうが仕事ができる人と、主人がいなくなるとさらに大きく成長する人という二つのタイプがある」と書かれています。

そして、滝川将監や佐々成政は前者で、豊臣秀吉は典型的な後者のタイプだと渡部先生は書かれています。徳川家康も後者のタイプですね。

秀吉は信長いなくなってからも、どんどんと成長しています。しかし、信長の他の武将は秀吉のようにはいかなかったのですね。その実力の差が、信長死後の天下取りの差になったようです。

この話は、企業経営で言うと、専務まではできるけど、社長になるとうまくいかない人が前者になりますね。

また、こうした単純なことではなく、企業の規模が大きくなってもトップとしてビビらないというのも当てはまると思います。

会社が小さなときだと経営トップが務まるけれども、規模が10倍、20倍になると務まらないという人もいるでしょう。ですから、組織内のトップだけではなく、組織の規模が大きくなってもビビらないということもリーダーの要件として大事なことだと思います。


さて、渡部昇一先生は、秀吉の英雄的素質について述べられた最後に、次のようにまとめを書かれています。

英雄的素質は今日のような、いわばペーパーテスト社会ではどうしても萎縮してしまう。人間はある素質を強調すると、どうしてもそれと矛盾する他の素質は萎縮してしまうらしい。そして、ペーパーテストと、怖れを知らぬ火の玉精神などというものは、どうしても相当矛盾せざるを得ない。


ペーパーテストというのは、少し古い表現かもしれません。筆記試験をかいくぐってきたエリートでは、なかなか英雄的素質は育たないということを渡部昇一先生は、おっしゃりたかったようです。

会社でも、その他組織でも、学歴が良い人ばかり集めても、創造的な組織にはならないでしょうし、官僚的になって発展しないでしょう。

学生に勉強するなとは言いませんが、勉強が嫌いな人には勉強以外に好きなことを伸び伸びとさせてあげる方が本人にとっても、世の中にとってもプラスではないでしょうか。

以上で、今回の連載は終了します。ありがとうございました。


<了>



いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

豊臣秀吉の英雄的素質とは

2018.02.06(22:54) 1970

今日の日経平均株価は、米ダウが過去最大の下げを記録したあおりを受けて、一時1600円を超える下げ幅でした。株というのは下がるところまで下がったら上がりますから、一喜一憂しないのが得策ですね。何度も言いますように、今年は九紫火星です。荒れる年であり、乱高下は激しいでしょうが、日本経済はそんなに悪くはないと思うので、結果的には上がる方へいくと見ています。まぁ、いつまでこの下落が続くかは分かりませんが、アメリカ経済も悪くないので、また上がりだすでしょう。

さて、前回の続きです。豊臣秀吉の英雄的素質について渡部昇一先生の『指導力の研究』という本を参考にして述べていきます。

二つ目は、太っ腹精神を持っていたことです。

秀吉はとにかく「くれっぷりが良かった」のです。土地をチマチマと惜しんで大名にあげるのではなく、パッとやる太っ腹なところがありました。これが他の大名から好かれ、一目置かれた理由でもあるでしょう。

渡部昇一先生は、英雄であった信長も秀吉に比べればケチだと言われています。まぁ、家康はもっとケチだとも言われていますが(笑)。

ところで、この太っ腹を経営者がまねて、社員に大盤振る舞いしたら、会社はおかしくなると思います(笑)。そのあたりは下手にマネしない方がいいです。

どちらかというと、税金の払い方ですかね。

税金をどうすれば払わないで済むかを、やたら考えている経営者がいます。

気持ちはわかるのです。一所懸命に働いて稼いだ利益の35%くらいが税金で持っていかれるので、払いたくない気持ちは分かります。

でも、税金を減らすために必死こいてコセコセと何かやっている人を見ると、「何だかなぁ」と思ってしまいますね。

そういうのは経理担当や税理士に任せて、社長は稼ぐことや、次の商機のことを考えた方がいいと思うんですけどね。

税金を誤魔化そうなんて考えていたらよってくるのは、貧乏神です(笑)。


それから、渡部昇一先生が挙げている豊臣秀吉の英雄的素質の3つ目は、底抜けの明るさです。

戦国時代のドラマをやっていても、秀吉が出ると、途端に場面が明るくなりますよね(晩年を除く)。あんな感じが当時もあったのではないでしょうか。

底抜けの明るさは、現代のリーダーに最も必要な素質なのかもしれません。

私はお会いしたことがありませんんが、本田宗一郎さんがこのような底抜けの明るさを持った方だったのかなと想像しています。

こういう素質も天性のものなのでしょう。しかし、10段階で、3ぐらいしか明るさが無い人でも、意識して明るく考えようとしたら、10までいかなくても、6だとか、7だとかにはなると思うのです。

これは意識する価値はあると思いますよ!

長くなりましたから、続きは次回に書きます。

<続く>



いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

今の政財界に必要なリーダーは豊臣秀吉

2018.02.05(21:41) 1969

今の日本の政財界に必要なリーダーは、豊臣秀吉タイプではないでしょうか。

失われた20年と言いますけど、縮み志向とか、節約志向とか、少子高齢化だとか(笑)、明るい話題は「東京オリンピック」くらいで、「そのあとどうなるのかなと」心配しておられる方も多いでしょう。

豊臣秀吉のようなリーダーが政財界に出てきたら、日本は変わると思います。

豊臣秀吉は天下人として有名な人物ではありますが、どのような人だったかを渡部昇一先生の『指導力の研究』(PHP研究所、1981年)を参考に紹介しましょう。



私が持っている本は、1987年の版で、現在は絶版になっていますから、文庫本をリンクしておきました。

さて、渡部昇一先生は、「秀吉の英雄的素質は日本史に類例がない。」と言われています。つまり、豊臣秀吉ほどの英雄は日本史ではいないということですね。

世界史を見ても、秀吉の英雄的素質は、シーザー、アレキサンダー大王、チンギス・カン、フビライ・ハンに匹敵すると言われています。

では、秀吉の英雄的素質とはなんだったのでしょうか。

一つ目は、熱血火の玉精神を持っていたことです。

渡部昇一先生は、秀吉を見ると「怖い」とか、「これでいいのかな」というためらいの感情が抜けているように思えるそうです。

こういう人間は戦争に強いのですね。戦場では思慮を入れず、理屈抜きで勘と度胸と運を頼りに突進して活路を開かなければならないときがあるそうですが、熱血火の玉精神を持った人にはそれができるのですね。だから、秀吉は戦場では連戦連勝でした。

戦国時代では、戦に強いことがリーダーの条件です。信長の後継者になったのも、主人の仇を討ったことと、戦に強かったことが理由でしょう。


ただし、この熱血火の玉精神は、学んで誰もが持てるものではありませんね。これは、その人が本来持っている資質から来るものだと思います。熱血火の玉精神を魂に持っている人が、おかれた境遇や師匠の指導などによって、あふれ出すのでしょうね。

そうした精神が資質から来るものであるというのは、研修の例が分かりやすいのではないでしょうか。
合宿の研修などに行ったら、その時は「やるぞ!」と思っても、家に帰って会社に行けば元に戻ることってないですか?

普通は、元に戻りますよね。

しかし、日常生活に戻っても、熱い気持ちがずっと出ている人は、熱血火の玉精神を魂に持っている人なのでしょうね。こうした方はレアです(笑)。ひとかどの人物になるんだと思います。

続きは次回に。

<続く>




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



歴史関連
  1. 今の日本に必要なのは、島津斉彬公(04/13)
  2. 西郷さんが私利私欲の人だったら、日本は全く違っていた(04/12)
  3. 日本は西郷隆盛さんによって救われた(04/11)
  4. 大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!(02/18)
  5. 豊臣秀吉は、トップに立ってもビビらなかった(02/07)
  6. 豊臣秀吉の英雄的素質とは(02/06)
  7. 今の政財界に必要なリーダーは豊臣秀吉(02/05)
次のページ
次のページ