fc2ブログ


タイトル画像

阪神タイガースは短期と長期の目標をバランスよく追っている

2021.10.12(20:53) 2587

昨日はプロ野球ドラフト会議が行われました。

私は昨日のブログで今の阪神タイガースに必要な戦力を書いていましたが、結果的にその部分は指名をできたようですね。

1.即戦力左腕2人 (鈴木投手、桐敷投手)
2.サイドスロー中継ぎ右腕 (岡留投手)
3.右の強打者 (豊田選手)

私は高校野球を見ないので、全然知らない選手でしたけど、前川右京選手は将来の主軸として期待できますね。ドラフト一位の森木投手と一緒にじっくりと育成してもらいたいですね。

阪神タイガースの2021年のドラフトは、「来期の勝利と、5年先、10年先を見据えた」バランスの良いドラフトになったと思います。

矢野監督の采配を批判されるOB、評論家やファンの方はたくさんいます。

ただ、忘れてはいけないのは、阪神タイガースは目の前の勝利(優勝)と、育成の両方を追いかけているということですね。

今年の優勝は難しいですけど、育成に関しては昔の阪神タイガースを知っている私からすると、かなり良い方向へ頑張っていると思います。

だから、育成をしながら2位につけていることは、高く評価できるのではないでしょうか。

経営でも同じで、二律背反するような目標、例えば「短期の目標と長期の目標」のバランスを取ることはとても難しいです。これができる経営者はたくさんはいないでしょう。

阪神タイガース、常勝チームになるよう期待しています!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

今年の阪神タイガースで痛かった「二つの3連戦」

2021.10.11(14:48) 2586

IMG_1755 (2)

2021年、阪神タイガースのペナントレースの1位は、残念ながら逃すことになりそうです。

9月26日の本ブログにて、「秋山投手をヤクルト3連戦の頭にもってくると面白い」ということを書いていましたら、3連戦の2戦目に秋山投手を持ってきて、阪神タイガースはヤクルトに勝利しました。

9月26日の時点で、秋山投手をヤクルト戦にずらすアイディアを言っていた人は評論家やファンを含めていなかったでしょうから、私の予測がほとんど当たったのですが、高橋遥人投手を中5日でもってくる無理なローテーションでしたので、そこは作戦が裏目に出ましたね。

ヤクルトは、中日ドラゴンズ戦で9回変な負け方をした試合がありました。与田監督がリクエストして試合が終了したものです。

あの試合を見ると「ヤクルトは今年は優勝する運がないチーム」だと思ったんですけどね。

そして、10月9日の阪神タイガースとヤクルトの試合でも、阪神がまさかの勝ち方をしたので、「もしかしたら!」というのはありました。

しかしながら、昨日の試合で、やっぱりそれ(優勝)は無かったですね。

でもシーズンを振り返ると、阪神タイガースにとって痛かったのは、”8月のマツダスタジアムでの広島カープの3連敗”と、”9月の甲子園の広島カープの3連敗”、この二つの3連敗が一番痛かったのではないかと思います。

この”二つの三連戦”で、「一つでも勝っていたら、全然展開が違っていたのにな。」と思わざるを得ません。

矢野監督や井上ヘッドは、優勝を競いながらでしたので、チームに何が足りないのか、何が必要なのかが「より明瞭に分かった」と思うのですね。
優勝に必要なピースがより見えたでしょう。

私が感じたのは次のような選手です。

1.左の即戦力ピッチャー(先発と中継ぎ2名)
2.右の中継ぎ(サイドハンドならより良い)
.右の強打者左ピッチャーが打てるタイプ左投手が苦手な右バッターでは意味がない。

阪神タイガースの2021年ドラフト、FA、トレード、外国人はこの辺りになりそうですね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

ヤクルトが8連勝しても阪神タイガースはゲーム差なしの2位につけている

2021.09.26(21:25) 2580



(注:写真は東京ドームでの阪神タイガースの大山悠輔選手の練習風景です。ただし、今日の試合のものではありません。)

今週の読売ジャイアンツとの三連戦で我らが阪神タイガースは、2勝1分けと負けることがなく、よい結果を得ることができました。

9月26日の終了時点で、ヤクルトスワローズが首位ですが、阪神タイガースは全く慌てることはありません。

現段階では、今のようなゲーム差なしの2位にいる方が戦い易いでしょう。

だいたい、ヤクルトスワローズが八連勝をしても、阪神タイガースがゲーム差なしの2位につけていることに注目すべきです。

セ・リーグのペナントレースの山場はまだ先です。

具体的には、ヤクルトスワローズ側からの日程になりますが、10月5日からの神宮球場の6連戦がセ・リーグの最大の山場になりますね。

対戦カードは、読売ジャイアンツと阪神タイガースであり、ここでヤクルトスワローズがどのような戦いをするかによってセ・リーグの命運が決まるのではないでしょうか。

ヤクルトスワローズは少し前がピークであり、10連戦の疲れも10日後くらいには出てくるかと思います。

また、この神宮球場の6連戦の前にマツダスタジアムへの移動がありますので、10月5日からの6連戦はかなりヤクルトスワローズにとってしんどい展開になるかなと予測しています。

阪神タイガースはドンと構えて戦えばいいのですが、問題は10月8日のヤクルト戦の第一戦の先発ピッチャーを誰にするかでしょう。

西勇輝投手は調子が悪いですから、秋山投手をもってくるのも面白いかもしれません。秋山投手は今年はヤクルト戦に一度も投げていないようなので、秋山投手、高橋遥人投手、ガンケル投手のローテーションでいいかもですね。

ヤクルトが8連勝しても、阪神タイガースは離されていないことに自信をもって、残り23試合を戦ってほしいと思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

9月の成績を見れば阪神タイガースが抜け出そうとしているのが分かる

2021.09.18(23:04) 2577

久しぶりに阪神タイガースの話題を書きます(笑)。

今日はデーゲームで阪神タイガースが中日ドラゴンズに勝利しました。高橋遥人投手が大野雄大投手に投げ勝つ形で、1対0の僅差を逃げ切りました。

そして、ナイターでは、読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの試合をNHKの地上波が放送していました。

解説が宮本慎也氏と藤川球児氏だったので、ちょこっと見ていますと、セ・リーグのペナントレースの行方は全く分からないということを二人とも言っていましたね。

確かにセ・リーグは混戦していて、どのチームも決め手に欠けているというか、抜け出しそうにありません。

ただし、9月のデータを見ると面白いものが見えます。

● 9月の成績 (9月18日終了時点)

阪神タイガース       7勝 4敗 2引き分け
東京ヤクルトスワローズ  6勝 6敗 3引き分け
読売ジャイアンツ      3勝 8敗 4引き分け

こうして見ますと、阪神タイガースが断トツに数字が良いことが分かります(笑)。

阪神タイガースは佐藤輝明選手がファームに行ったり、サンズ選手が全然打たないので、打線に迫力がなくなっています。

それゆえ、打ち勝っている印象がなく、直近のヤクルト戦で1勝3敗1引き分けと負け越していますから、印象が悪いのでしょう。

しかし、数字を見ますときちんと貯金を殖やしているのですよね。

また、矢野監督はピッチャーに無理をさせていません。中継ぎも無理をさせていませんし、負ける試合を上手に負けて、岩崎投手とスアレス投手を勝ち試合と引き分け試合に厳選して使っています。

ヤクルトは今日が10連戦の2試合目です。阪神タイガースや読売ジャイアンツには10連戦はありません。

おそらくヤクルトスワローズの投手陣は疲弊して、10月はもたないと私は見ています。今のジャイアンツの中継ぎ投手陣に起きていることがヤクルトにもこの10連戦で見えてくるのではないでしょうか。

今年は阪神タイガースの優勝で決まりました(笑)。

サンズ選手の調子が戻らないようなら、アルカンタラ投手と入れ替えるといいですね。中継ぎをあと1人補強すれば、大丈夫でしょう。

佐藤輝明選手はサンズ選手と入れ替えるタイミングで1軍に上げればいいと思います。

ラストスパートと言っても、30試合を毎日投げられる中継ぎ投手はいません。手堅い野球をし、負けない試合をすることですね。

手堅い野球を続ければ、必ず阪神タイガースは優勝できます!


  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

阪神タイガースをあたたかく見守りましょう

2021.06.29(21:51) 2549

今日はプロ野球の話題です。

先週の阪神タイガース対横浜DENAベイスターズ戦で、我らが阪神タイガースは三連敗をしてしまいました(今日のヤクルトスワローズには勝ちました)。

これで2位の読売ジャイアンツと2.5ゲーム差となり、阪神タイガースファンからは早くも「やっぱりか」というネガティブな感情が湧き上がっているようです(笑)。

まぁ、勝負は9月、10月ですから、7月の段階で仮に巨人に追いつかれても、先のことは全然わかりません。

阪神ファンは監督や選手を批判するのではなく、あたたかい気持ちで応援していってもらいたいですね。

監督や選手を批判したり責めたりしても何にも良くなりませんから。

監督やコーチや選手は一所懸命に頑張っています。

ファンはあたたかく見守りましょう。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

なぜ梅野隆太郎捕手は侍ジャパンに選ばれなかったのか?

2021.06.16(16:15) 2546



東京オリンピックに挑む野球日本代表の内定選手が発表されました。

発表された選手名を見て、「あの選手はなぜ選ばれなかったのか」だとか、「あの選手を選んでほしくなかった(ケガなどのリスクのため)」だとか、「現在調子が悪いのになぜ選んだのか」といった様々な意見がネット上で飛び交っています。

私も阪神タイガースの梅野隆太郎捕手が選ばれなかったのは、「あれっ?!」と思いましたけど、稲葉監督はプレミア12のメンバーを良い意味で大事にしていたのだと推測します。

やはり今まで日本代表として一緒に戦った甲斐捕手と會澤捕手を選んだのでしょう。キャッチャーは守りの要ですし、プレミア12で結構いろいろと監督、コーチとキャッチャーは話をしたと思うので、今の調子よりも過去の信頼関係を重視したのだと思います。

また、我々には見えていない実際の現場での會澤捕手の働きを稲葉監督は高く評価しているのでしょう。

だから、私は稲葉監督はベストの選択をしているのだと思っています。

稲葉監督は人を見る目を持っているでしょうから、ジャパンとして相応しい人をきちんと選んでいるのではないでしょうか。

梅野隆太郎選手は阪神タイガースで頑張ってほしいですし、緊急でジャパンに呼ばれることもありますから、頑張ってほしいです!

ともあれ、侍ジャパンのメンバーは、全員ケガなく、金メダルを取ってほしいですね!

稲葉ジャパンを応援します!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

阪神タイガースは貯金11だが、まだ124試合も残っている(笑)。

2021.04.19(22:52) 2516

2021年のセ・リーグ、4月19日の時点で阪神タイガースは19試合を消化し15勝4敗と、貯金11となっています。

矢野阪神、スタートダッシュに成功しましたね!良かったです!嬉しいです(笑)。

実は今日思うところがあったので、久しぶりに阪神タイガースの話題を書こうと思いました。

明日20日からは、東京ドームで読売ジャイアンツとの三連戦があります。

私は最初の天王山かなと思っていたのですね。

ところが、ふと気づきました。残り試合を見ると、まだ124試合もあります。120試合以上も試合が残っているのですよね。

これを見たときに、巨人との三連戦で、例え三連勝しても先は長いし、仮に三連敗しても悲観することはないのかなと思ったのですね。

巨人戦が終わっても、まだ120試合もあったら、全然分からないなあと。

近視眼的に戦いを見てもいけないなと思ったのです。やはり一喜一憂してもいけないし、戦うときは、「しっかりとした野球をすること」が大事なのではないかなと思ったのです。

「しっかりとした野球をすること」とは、できるだけ少ない人数の投手で抑えて、点が取れるときに点を確実に取り、懸命に走って、堅実に守る王道野球のことです。

ペナントレースは長期戦ですから、バタバタとした戦いをすると持ちません。堅実な試合運びが大事かなと思います。

負けるときもあれば、投手が打たれるときもあります。

選手を悪く言うのではなく、監督、コーチを悪く言うのではなく、ファンはあたたかく阪神タイガースを見守っていきましょう!

当たり前のことですが、監督、コーチ、選手も人間です。心を持っている普通の人たちなのです。

悪口を言えば傷つけます。

彼らの信じて応援していこうではありませんか!

がんばれ、我らの阪神タイガース!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



阪神タイガース
  1. 阪神タイガースは短期と長期の目標をバランスよく追っている(10/12)
  2. 今年の阪神タイガースで痛かった「二つの3連戦」(10/11)
  3. ヤクルトが8連勝しても阪神タイガースはゲーム差なしの2位につけている(09/26)
  4. 9月の成績を見れば阪神タイガースが抜け出そうとしているのが分かる(09/18)
  5. 阪神タイガースをあたたかく見守りましょう(06/29)
  6. なぜ梅野隆太郎捕手は侍ジャパンに選ばれなかったのか?(06/16)
  7. 阪神タイガースは貯金11だが、まだ124試合も残っている(笑)。(04/19)
次のページ
次のページ