タイトル画像

プロ野球選手の四苦、「傷老病死」

2018.02.09(21:47) 1973

プロ野球、阪神タイガースの春季キャンプも第二クールが終わったようです。

新聞やキャンプを伝えるテレビ報道などを見ますと、毎年のことながら新戦力の話題が多く、その賞賛の内容に「あかん、優勝してまう!」(笑)という言葉が出てくる季節でもありますwww

プロ野球は不思議なもので、毎年毎年よい選手が入ってきます。よくこれだけの人材の供給があるなと感心してしまいますね。

ただ、これだけたくさんの新人選手が入ってきて、活躍できる理由は意外なところにあります。

それは、選手が老いることです。

もし、選手の肉体が50年、老いないようになっていたら、すごい選手はずっとレギュラーのままなので、新人が入ってきてもなかなかレギュラーになれません。

ところが、35歳くらいになると年齢的にはっきりと衰えてくるので(まれに35歳以降に生涯最高の成績を上げる人もいますが、それは肉体というよりは、”読み”だとか精神面が成熟しているからでしょう)、プロ野球では早い段階で新陳代謝が起きます。

これによって若い選手にもチャンスが生まれてくるわけです。

仏教では人の苦しみを四苦として表現しています。生老病死(しょうろうびょうし)ですね。

野球では、生(しょう)は「生まれる」ではなく、傷(しょう)、ケガの苦しみと老いる苦しみが代表的な苦しみになりますね。

また、病は病気というよりは、成績が振るわなかったときに叩かれて精神的に参るだとか、不安な毎日を送るだとか、精神的にきつい状態ですね。

そして、死は、現役を引退することになるかと思います。

このようにプロ野球の世界にも苦しみは付きまとっているわけですが、「傷老病死」があるから、毎年新しい選手が入ってきてもチャンスがあるのです。

ある人にとっては苦しみなのですが、別の人にとっては悪い意味ではなく、チャンスを生んでいるのです。

また、その苦しみであっても、次の人生へ行くきっかけになっていますし、魂を磨く機会でもあります。

「生々流転」(じょうじょうるてん。万物が絶えず変化し、移り変わっていくこと)の中で、人は輝いたり、人間性を向上させたりしているのです。

プロ野球界だけでなく人間世界は四苦があり、一見すると苦しみの多い世界だと思えますが、機会という視点から見ると、いろいろな人がキラキラと光れるような仕組みになっているのだと私は思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

星野仙一さん、ありがとうございました。

2018.01.06(23:51) 1945

今日のブログは予定を変更して、亡くなられた星野仙一さんについて書いてみたいと思います。

私は阪神タイガースファンですが、もし星野仙一さんがいなかったら、今の阪神タイガースは全くなかったでしょうし、ダメ虎が続いていたかもしれません。

星野監督で優勝したこともさることながら、金本知憲選手を広島カープからFAで獲得したことが最大の成果だったと私は思います。


ところで、私は星野仙一さんを監督してではなく、どちらかというと中日ドラゴンズで投げていた時の印象が強いです。

当時は、たまにテレビで中日対阪神戦を放映していました。

星野仙一さんは先発ピッチャーで阪神相手に投げていました。

印象的だったのはベンチに戻る時の態度とか表情です。

スリーアウトになったら星野仙一さんはベンチに向かって歩いて行くのですけれども、たとえゼロ点に抑えても不満そうな顔をして、時にはふて腐れた顔をしてベンチに戻っていました。

また、歩き方も独特で、中日ファンの笛と太鼓の音に妙にマッチしていました。


それから、星野仙一さんが現役を引退した後、NHKのスポーツ番組でキャスターをしていました。

現役を見ていた私からすると、「こんなに柔和な顔をされるのだな。良い人なんだなぁ。」と意外に思ったことを覚えています。それくらい、現役時代はいつも険しい顔をされていた印象です。

ほんとうに野球界にとって大切な方が亡くなってしまいました。寂しい限りですが、阪神タイガースに来て下さったことを心から感謝しております。

星野仙一さん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

掛布雅之2軍監督の退任とマグレガーのXY理論

2017.09.11(13:05) 1869

阪神タイガースの掛布雅之2軍監督が、今期限りで退団となりました(涙)。本当に残念ですが、掛布雅之監督には心から感謝申し上げます。

掛布雅之監督!ありがとうございました!

退団の理由の確かなところは、球団や本人しか分からないところですが、おそらく金本知憲監督と掛布雅之2軍監督との指導方法の違いがあったからだと思います。


金本知憲監督は、ドラフトで高山を指名するときにスカウトに対して「大きいのが打てるか?」と質問し、「打てる」と聞いたので指名したと言ってました。つまり、高山俊は、ホームランを打てるバッターだから指名するし、ホームランバッターに育てるという意思を金本知憲監督は持っていたのでしょう。

それに対し、掛布雅之2軍監督は、高山俊が入ってきたときに、「ヒットの延長がホームランというバッターではないかな。」ということを発言していました。

「あれ、見方が違うなぁ」と私は思っていました。

金本知憲監督は、筋トレと猛練習によって眠っている能力を開花させようと考えるタイプです。そして、指導は上が管理し、強制しなければならないという考え方を持っているようです。

掛布雅之2軍監督は、選手の「顕在している強みを」伸ばすタイプで、練習も強制させるものではなく、自主性を重んじる考え方だったようです。


金本知憲監督と掛布雅之2軍監督の違いは、アメリカ経営学者ダグラス・マグレガーの「XY理論」で見るとよく分かります。

金本知憲監督は、命令や強制で管理し、目標が達成できなければ処罰する「X理論」ですね(金本知憲監督は、これに情を加えていますが)。

掛布雅之2軍監督は、理想的な目標を与え、責任を持たせて本人の自主性に任せる「Y理論」です。


経営コンサルティングで言えば、金本知憲監督が「一倉定さんの環境整備」で、掛布雅之2軍監督が「ドラッカーの目標管理」に近いと思います。

「XY理論」で見ると、「Y理論」が理想的で、管理強制する「X理論」が古い体育会系の組織のようにも見えますけど、目標が明確になっていない人(何をやったらいいか分からない人)や、責任感が伴っていない人には「X理論」は有効です。

選手の性格にもよりますが、初期の段階ではX理論によって指導して、目標と責任感を持てるようになってからY理論に移行するのがいいのではないでしょうか。


育成の仕方が違うといって、金本知憲監督が大先輩の掛布雅之2軍監督に”とやかく言う”のも難しかったのかなと思います。

金本知憲監督の長期政権を見据えて、金本監督が気軽になんでも言える2軍監督に替えて、1軍と2軍で一貫した指導育成体制にしたいのでしょうね。

掛布雅之2軍監督がいなくなるのは、本当に寂しいです。

されど、金本知憲監督が納得のいく方法で、阪神タイガースを強くしてほしいと思います!



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

祝!鳥谷敬選手2,000本安打達成!!

2017.09.08(22:36) 1867

今日、9月8日に阪神タイガースの鳥谷敬選手が2,000本安打を達成しました!

鳥谷敬選手、おめでとうございます!

甲子園で過去に2,000本を達成したのは、王貞治さんと、若松勉さんの二人だけということですが、二人とも背番号1番です!全員が背番号1なんですね!

凄くめでたい日なのですが、私は何か気が晴れていません。たぶん、太陽フレアのせいだと思います(笑)。

それは、冗談ですが、先の広島戦の3連敗が尾を引いているのでしょう(笑)。

特に初戦のドリスのサヨナラホームラン負けは、痛かったですね。

むか~しの後楽園のジャイアンツ戦、江本が好投したけど、最後に末次のサヨナラ満塁ホームランを打たれた試合がありました。その試合並みのショックでしたわ(笑)。

金本知憲監督は、よくやっていると思います。力を出しつつある若手もいますし、それほどの戦力でもないチームを現時点で2位につけているのですから。

ただし、投手交代には、疑問があります。ま、矢野コーチや香田コーチが担当しているのでしょうが、2戦目の岩田投手を代える必要はなかった!あそこは、いかすべきでした。

まぁ、今シーズンは、交流戦が終わった時点で、広島カープの優勝は決まっていたんですけどね。しかし、阪神タイガースが8月に好成績を残したので、「あわよくば」(笑)という期待をしてしまったのが間違いでした(笑)。

ここまで来たら、2位を死守して、選手のコンディションを優先してほしいですね!

先発ピッチャーをできるだけ長いイニングを投げさせて、負ける試合はきちんと負けて、中継ぎを使わないようにしてもらいたいです。また、高山選手や原口選手など、調子をずっと落としている選手は調子を戻してもらって、1軍に加わってほしいと思います。


今日は、Jポップの低迷について書く予定だったのですが、太陽フレアのせいで(笑)、阪神タイガースの話題にしました。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

ルーキー小野泰己投手のプロ入り初勝利!

2017.08.29(23:32) 1863

8月29日は、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過しました。この話題については、いろいろと思うところはあるのですが、今回は触れないでおきます。

今回は、阪神タイガースの話題です。29日は、外で仕事があり、阪神対ヤクルト戦を全部見ることができませんでした。

ルーキー小野泰己(おのたいき)投手が、プロ入り初勝利を挙げました!

おめでとう!小野投手!

小野泰己投手は、なんと先発13回目の登板で初勝利です!

苦しかったと思います。本人もよく頑張ったと思いますが、金本知憲監督もよく辛抱して、先発で使い続けたと思います。

小野泰己投手は、最初にこうした苦難を経験したので、きっと良いピッチャーになるなと思っています。

最初に簡単に成功してしまうと、あとがうまくいかないこともありますからね。

そういえば、藤浪晋太郎投手も今年は苦難の連続だと思います。

先日の日曜日のジャイアンツ戦で、いいピッチングをしました。彼も昨年は成績が伸びませんでしたが、それまでは順調すぎるくらいの成績を上げていました。

今年の困難は、きっと藤浪晋太郎投手を偉大な投手にする基礎固めになると思います。

大きな挫折や失敗は、人生の大きな回り道のように見えますが、実のところは、精神力を鍛えていたり、技術的な基礎力を上げていたり、教訓を得たりしています。

挫折や失敗があっても、それを活かせば、全部が自分を高めてくれる材料です!

小野泰己投手も藤浪晋太郎投手も挫折から教訓を学んで、大きく羽ばたいてほしいですね!

今年の挫折は、絶対に無駄になりません!



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

鳥谷敬選手を変えたものは、数字だった!

2017.08.09(14:25) 1849

今回は、阪神タイガースの話題です。といっても、シーズンの優勝は、交流戦が終わった段階で決まっていたので、勝ち負けや順位云々の話ではありません(笑)。

阪神タイガースは、糸井嘉男選手をFAで取りました。4月、5月あたりは大活躍してチームをけん引してくれましたが、交流戦の後半くらいからケガで休んだり、長期の不調になっていました。

同時に福留孝介選手もスランプになり、阪神タイガースが勝ち星を伸ばせない原因となりました。

私はこの時に改めて鳥谷敬選手って、すごいなぁと思ったのです。

正直、阪神タイガースファンの私の鳥谷敬選手への評価は高いものではありませんでした。それは、掛布雅之選手が好きだったので、ホームランを打てるバッターを期待していたから、鳥谷敬選手が物足りなく映っていたのだと思います。

でも、今年、他チームから超人糸井嘉男選手が来てから鳥谷敬選手の偉大さがより分かりました。

やっぱり休まないレギュラーって、すごいです!それと、シーズンで調子の大きな波がないこともすごいことです!

野球は、怪我がつきもののスポーツですけど、とにかく出続けられるって、ほんまに凄いことですわ。


その鳥谷敬選手ですが、高校時代のクラスメートであるアルナさんのインタビューがネットに載っていました。

無口な鳥谷選手が特別にインタビューに応じてくれた


鳥谷敬選手は、高校時代は何となーく、野球をやっていたそうです。甲子園を目指すとか、上手になろうとか、そうした目標もなかったとか。

これは早稲田大学に進んでからも変わらず、なんとな~く野球をこなしていたそうです。

ところが、1年生の秋に打率を突き付けられたときに、その思いは変わったとか。数字を見たときに、「これじゃ今後、試合に出られなくなるなぁ」と思ったそうです。

そして、数字を揚げてプロに行った選手を何人も見てきて、プロになる境界というか、「プロになれる選手には、具体的にこのくらいの数字が必要なんだ!」っていうのが認識できて、それが鳥谷敬選手の明確な目標として出てきたそうです。

それが鳥谷敬選手を変える大きなきっかけになったみたいですね。

ここで大事なことは、数字が果たした役割です。なんとな~くこなしていた日々を変えたのは、打率という数字でした。

数字が、鳥谷敬選手に自分の客観的な力や足りないものを教えてくれたのです。

これは経営でも同じです。

漠然としていた目標も、数字を明確に意識することによって、思い込みや主観から解放され、足りないところと、あといくら必要なのかが分かるようになります。

なんとな~く黒字を目指している企業と、明確な数字を持った企業では行動が変わってきます。

まさに鳥谷敬選手のようにです。

経営計画書を策定して、明確な数字目標を持たれることをぜひお薦めします!



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

短期の成績と長期の育成

2017.06.09(01:05) 1820

読売ジャイアンツが13連敗ですか。。。

巨人ファンや、巨人の選手、首脳陣はつらいでしょうね。

「高橋監督は、よく耐えているなぁ」と思います。

私は、試合を見ているわけではないのですけど、スポーツニュースとかで高橋監督が映っていますが、ほとんど表情を変えずに戦況を見ていますね。あれは、大したものですよね。

高橋監督は、野球のエリートコースを歩んできた人だと思うので、自分がプレーするのではない分、余計にしんどいと思います。

ただですね、巨人が13連敗していますけど、その下に2.5ゲーム差で6位のチームがいるんですよね。

そのチームのことは、ほとんど触れられることはないので、巨人や阪神の監督は大変です。

それと、今年の優勝予想で、ほとんどの野球評論家は、読売ジャイアンツの優勝を予想していました。いい補強をしたとか、いう人も多かったですよね。まだ最終結果は分かりませんけど、どうなりますかね。

しかしながら、4月、5月の阪神タイガースと読売ジャイアンツの試合を見ていて私が思ったのは、巨人には若手が育っていないなぁという印象を受けたのですよね。特に野手に、それを感じました。金本阪神の前の、阪神タイガースのような感じを受けました(笑)。

こんなことを言うと巨人ファンに怒られますが、ちょっと前の阪神みたいなチームになってきたなぁと思っていたのです。

それと、阿部選手以外に左バッターに強打者がいないですよね。ドラフトもうまくいっていないのかもしれません。

ドラッカーが、「短期の目標と長期の目標のバランスを取るのは難しく、それができるマネジメントはほとんどいない」と言っていました。

プロ野球の監督、フロントは、今年(短期)の成績と、長期の育成のバランスが求められる仕事です。

もしかしたら、金本監督は、このバランスを取れる才能があるのかもしれませんね。

最後には、阪神タイガースが優勝してほしいです(笑)。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



阪神タイガース
  1. プロ野球選手の四苦、「傷老病死」(02/09)
  2. 星野仙一さん、ありがとうございました。(01/06)
  3. 掛布雅之2軍監督の退任とマグレガーのXY理論(09/11)
  4. 祝!鳥谷敬選手2,000本安打達成!!(09/08)
  5. ルーキー小野泰己投手のプロ入り初勝利!(08/29)
  6. 鳥谷敬選手を変えたものは、数字だった!(08/09)
  7. 短期の成績と長期の育成(06/09)
次のページ
次のページ