タイトル画像

人間性を傷つけるような野球観戦はいけない

2017.05.25(23:32) 1816

昨日の阪神巨人戦は見ることができませんでした。そこで、東京での打ち合わせから家に戻って試合の結果等をネットで見ました。

鳥谷敬選手が死球を顔面に受けて病院に行ったんですね(本日の試合でフェイスガードをしながら代打で出場しています)。

そして、チャンスで中谷、伊藤隼太が打てなかったことと、1点差の9回に藤川球児を出したことに対する不満のコメントが一杯書かれていました。

私を含め阪神ファンは、いいときは凄く褒めるんですが、ダメになると”徹底して叩く”ところがあります。悪い習慣ですね。私も最近までそんな感じだったんですが、最近はそういうのをしないようにしています。

それにしても、藤川球児選手に阪神ファンが結構きついコメントをしているのを見て、功労者に対して、そこまで書くのは行き過ぎではないかなと思いました。

それと、鳥谷選手が死球になったあとに、「くたばれ読売!」という合唱が甲子園球場で起きたそうです。

一部阪神ファンからも、「あれはいけない」という意見がありました。

私も熱狂的な阪神ファンなので、巨人のことは好きではありません(笑)。

ただ、菅野投手や小林捕手や坂本選手はサムライジャパンで頑張ってくれていました。彼らは彼らで一所懸命にやっているだけで、悪口を言ってもいけないのかなと、最近私は思うようになりました。最近で、すみません。

他チームの選手でも、子供の頃は阪神ファンだった人もいますよね。たまたまドラフトで他チームにいって、そこで頑張っているだけの場合もあるんですよね。

試合前に球場に行って、練習しているのを見ていると気づきますが、プロ野球選手は他のチームの選手と仲が良さそうに見えます。

球場で先輩なりの顔を見たら駆け寄って挨拶をして、和やかに言葉を交わしている姿を見ます。ああいうのを見ると、勝負に必死になってみているファンとは温度差があって、彼らはお互いに尊敬しあいながら、試合でベストを尽くそうとしているのではないかと思うのです。

お互いに苦しい世界で戦っているもの同志、私たちには分からない通じ合えるものがあるのでしょう。

野球を見ている私たちは人間ですけど、球場で試合をしている野球選手も人間です。親もいれば、奥さんがいたり、子供もいたりするでしょう。人間性を傷つけるような観戦は良くありません。素晴らしいプレーには拍手喝采し、勝ったときには喜び、負けたら悔しがる。それで十分です。

選手を必要以上に責める行為や言動が減っていくことを願っています。(私も反省しています。すみません)

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

金本采配は、ジャイアンツの原采配を真似ている

2017.04.26(23:45) 1810

阪神タイガースの金本知憲監督は、読売ジャイアンツの原辰徳元監督の采配を「真似ている」と言いますか、学んでいるように思います。

原辰徳監督は、ラミレスと小笠原というFAで加入した選手を3番、4番においてチームの中核を固めました。阪神タイガースも糸井、福留というFAで入ってきた選手が中核を抑えています。

原監督は、FA選手で中核を固め、それ以外のところに生え抜きの若手をどんどん起用し、選手を育てていきました。坂本、亀井、松本選手などが代表ではないですかね。

金本監督もFA選手で中核を固め、それ以外に生え抜きの若手を起用しています。ジャイアンツで大きかったことは、阿部という強打者のキャッチャーがいたことでしょうね。そこが阪神とは大きな違いのような気がします。

また、金本監督の投手交代が”早め早め”のところも、原采配を真似ていると思いますね。原監督は、テレビでの解説者が「ここで代えますか」というくらい早めに投手を代えていた印象があります。

金本監督も今年は投手交代が早いですよね。先発を引っ張るよりは、ちょっと危ない兆しがでたら代えるという感じです。あまり辛抱する感じではありませんね。

野手も北條、高山、原口選手を先発から外すなど、ずっと我慢するというよりは、なるべく競争させて強いものが這い上がってほしいという育成方法です。

金本監督は、監督に就任したときに監督の理想像を「勝てる監督」と言ってましたので、原監督の方法論を相当参考にしているのでしょうね。良いことを真似ることはいいことなので、原監督の方法論でよいと思ったところは、どんどん真似したらいいと思うんですね。

阪神タイガースに今までなかった「広島野球の基礎」と、「原監督の勝てる采配」を阪神タイガースに注入してほしいと思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

順位の割りには盛り上がりに欠ける試合が多い阪神タイガース

2017.04.22(19:42) 1808

北朝鮮が核実験の準備を始めているのではないかというニュースがあり、来週の後半に緊迫した状況が予想される中、今日書く記事は阪神タイガースの話題です(笑)。

今年の阪神タイガースは、今日の時点(4月22日)で、まぁまぁの成績を納めています。私は金本タイガースを応援していますし、支持していますけど、今年の試合は見ていて「つまらない」試合が多いです。 順位や成績の割りに、盛り上がりに欠ける試合が多いなぁと思います。

特に守備、守りが悪いので、相手がゴロを打ってもヒヤヒヤするし、実際にエラーして失点もするし、結果的に負けるし、結構ストレスがたまる負け方をしますw w

先発投手陣が安定してきましたが、ドリス以外のリリーフに安定感がありません。

岡田前監督が言ってました。
「マテオ、ドリス、メンデスの三人、顔も見た目も投げ方も一緒やんか。マテオが三人いても仕方ないやろ」(爆笑)

ドリスはいいと思うんですけど、マテオとメンデスはリリーフとして難しいのと違いますか。外国人の左のサイドスローのリリーフって、少ないんでしょうね。ウィリアムスみたいな投手は、ほんま貴重でした。

阪神ファンやったら、少し前にザラテという左ピッチャーがいたのを知っているでしょう。ディリーが「秘密兵器ザラテ!」とか、言ってましたが、活躍せずに退団しましたわ。まぁ阪神は育成に失敗してますけど、あきらめずに左の外国人を探した方がええと思いますわ。

それとレフトは高山選手の調子が上がるまで、中谷選手を使ってほしいですね。ファーストも原口選手ばかりではなく、新井良太選手でもいいと思うんですけどね。

あと、先発メンバーや投手系統を中心とした作戦。一番は采配です。あれ、何とかならんかなと思ってます(笑)。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

WBC 悔しさと同じくらいの爽やかな感動

2017.03.22(21:56) 1791

昨日の続きで環境整備について書こうと思ったのですが、WBCで日本代表が敗退したので、その件に触れたいと思います。

今日の試合でサムライジャパンは、残念ながらアメリカ代表に敗れてしまいました。一発勝負の難しさもありましたが、日本のバッターでいい当たりがほとんどなかったようなので、アメリカの超一流のピッチャーのレベルは凄かったのでしょう。

でも結果はどうであれ、サムライジャパンの選手や監督、コーチ、スタッフを称えるしかありませんね。本当によく頑張ってくれたと思います。

私は阪神タイガースファンなので、正直、読売ジャイアンツの選手は好きではありません(笑)。しかし、今大会の菅野投手、小林捕手、坂本選手は、ほんまよくやってくれたと思います。サムライジャパンの正捕手とショートとエースの三人がジャイアンツにいるわけですから、やはり読売ジャイアンツは良いチームなのだと、つくづく思いました。

それぞれの選手はチームに戻って活躍してほしいですし、次に代表に選ばれる人は、また頑張ってほしいですね!

サムライジャパンが負けて悔しいのですが、悔しさと同じくらい「気持ちが爽やか」になっているのは私だけでしょうか。

なんか日本人の戦いを見させてもらったという感動がありますね。

有難う!サムライジャパン!!本当にお疲れ様でした。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

WBC 日本対オランダ戦、凄い試合でした

2017.03.13(23:18) 1786

昨日はWBCの日本対オランダの死闘がありました。阪神ファンの私としては、正直、阪神巨人戦ほどには興奮しませんでしたが(笑)、久しぶりに見た凄い試合でした。両軍の選手は、よく頑張りましたね!いい試合を見させてもらいました。

そういえば、野手はセ・リーグの選手が多いですね。パ・リーグの選手は、中田選手と秋山選手だけで、メジャーからの青木選手以外の先発メンバーはセ・リーグの野手でした。逆に、投手陣はパ・リーグが多いですよね。確か、昨日の試合ではパ・リーグの投手しか投げてなかったような?

元々、菅野、藤浪、岡田の三投手しかセ・リーグは選ばれていないので、投手のパ・リーグ、野手のセ・リーグという感じになっていますね。DH制のあるパ・リーグの方がいい投手が育ちやすい環境なのかもしれません。

まぁ、問題は、アメリカに行ってからの準決勝、決勝ですよね。準決勝を菅野投手で勝って、決勝を小刻みな継投で勝ち抜ける戦術がいいような気がします。藤浪晋太郎の調子が良ければ、決勝に投げさせたいですけどね。藤浪のカットボールはメジャーのバッターでも手こずるでしょうから。

日本選手を見ていると、ほんと一所懸命に頑張っているのが伝わってきます。選手は大変な経験をしているでしょうが、ぜひとも優勝して世界一になってもらいたいですね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

日米首脳会談と阪神タイガースのキャッチャー

2017.02.11(23:29) 1755

安倍総理がアメリカを訪問し、トランプ大統領と日米首脳会談を行いました。

報道で伝えられている範囲では、とてもうまくいったようですね。マスコミもネガティブな話題が出たら「それ見たことか!」と批判する予定だったのでしょうが、肩透かしをくらったようです(笑)。

トランプ大統領の政策を進めるには、日本と協力していくしかないのはトランプ大統領も当然分かっているでしょうから、選挙民へのアピールに日本の悪口は使っても、利用するところは利用していけばいいわけであって、日本とは「仲よく」していくと思います。

まぁ、交渉ごとになったら、アメリカ側に極端に有利な要求をしてくるでしょうが、安倍総理はある程度は要求を飲んで、アメリカと仲良くやっていく戦略を取るでしょう。

戦後の新しい枠組みができてきつつあると感じています。

日米英プラスロシア?ですかね。中国とドイツは外れたかなと(笑)。


ところで、だいぶ話題が変わりますが、阪神タイガースのキャッチャーのことです(笑)。

阪神タイガースの弱みとして、扇の要、キャッチャーが決まっていないということがあります。

岡田元監督は、「キャッチャーは打たんでええから、キャッチャーとしていい者を選ぶべき」と言っていました。

金本監督は、「矢野に任せている」と、正捕手の選択を矢野コーチに任せているようです。

金本監督が矢野コーチを信頼するのはいいんのですが、大事なことはチームの構想を作るのは監督の仕事です。

「足を使った攻撃型のチームにするから」だとか、「バッテリーを中心とした守りのチームを作るから」だとか、チームをどうするかという構想を立ててもらわないと、矢野コーチも決められないでしょう(笑)。

まず監督が、「我がチームはこういう形で行く」というチーム構想を早く作るべきですね。

ちなみに、私のオーダーは次のとおりです(笑)。キャッチャーとして能力が高いと言われる岡崎にします。

1.糸井 2.北條 3.高山 4.中谷 5.福留 6.キャンベル 7.鳥谷 8.岡崎 9.投手

たぶん、開幕では中谷とキャンベルは入れ替わって、4番キャンベル、6番中谷だと思いますけど、中谷を4番で育ててほしいですね。

このオーダーが組めれば、結構強いチームになると思うのですが、ファンの欲目でしょうか(笑)。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

阪神タイガース、大和選手のスイッチ挑戦に思うこと

2017.02.09(21:52) 1753

今回は、阪神タイガースの大和選手に触れてみたいと思います。

大和選手は現在阪神タイガースの2軍キャンプで、スイッチヒッターに取り組んでいます。元阪神監督の岡田彰布さんは、「30過ぎてスイッチやるのは、もう遅いやろ」」笑)と言ってましたが、私も同感です。

私が思うに、スイッチヒッターで成功している選手は、元々の打席(右か左か)が良かった人ではないかなと推測しています。だからバッティングセンスが、もともとあって、もう一方の打席に取り組んでもうまくいったのではないかと思うんですね。西岡剛選手や松井稼頭央選手などですよね。

大和選手の場合、右バッターでうまく成績が上がらないから、足を活かすために左バッターに挑戦しているのでしょうけどね。

岡田元監督が言ってましたが、「俺やったら、お前(大和選手)はスーパーサブをやれ。関本みたいな代打じゃないけど、守備でもええやろ。スーパーサブになれって、言うけどなぁ」と。

ブログで何度も書いていますが、強みのみが成果を生みます。だから、大和選手も、自分の強みを生かすしかないんですよね。

大和選手の強みは、内外野を球界トップレベルで守れる守備力です。それと足の速さですよね。そして、弱みはバッティングです。

大和選手の守備力と走力は、WBCのスーパーサブとして選ばれなかったのが不思議なくらいです。

内野でも、外野でもどこでも守れて、凄い高いレベルの守備ができますからね。7、8、9回に代走で出てから、そのまま守備固めで守ればいいんですよ。

本人はレギュラーじゃないと長く現役ができないと思っているのか、年俸が低いと思っているのか分かりませんが、ここ3年引退試合セレモニーしているのは、スペシャリストばかりですよ(笑)。

桧山、関本、福原。先発完投型ではないし抑えの切り札でもありません。先発野手でもありません。それでもファンに愛され、チームに欠かせない戦力になっているんです。

だから、大和選手というよりも、金本監督が大和選手を活かす場所を岡田元監督のように言ってあげればいいんですよね。そしてフロントもそれを支持してあげる、年俸もちゃんと評価して見てあげるということです。

潜在能力ばかりを見ると間違います。できることからスタートして人の配置をすることが必要です。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



阪神タイガース
  1. 人間性を傷つけるような野球観戦はいけない(05/25)
  2. 金本采配は、ジャイアンツの原采配を真似ている(04/26)
  3. 順位の割りには盛り上がりに欠ける試合が多い阪神タイガース(04/22)
  4. WBC 悔しさと同じくらいの爽やかな感動(03/22)
  5. WBC 日本対オランダ戦、凄い試合でした(03/13)
  6. 日米首脳会談と阪神タイガースのキャッチャー(02/11)
  7. 阪神タイガース、大和選手のスイッチ挑戦に思うこと(02/09)
次のページ
次のページ