タイトル画像

遠足でしか食べられなかったチョコレート

2017.10.28(23:00) 1899

私は時間がある時には、家内の晩御飯の買い物に付き合うことにしています(笑)。買い物の荷物って重たいですからね(笑)。

そういえば、このこと、結婚した当初、父が驚いていました。私は結構する前だと、親の買い物に付き合うことのない親不孝者でした。

それゆえ、結婚して、買い物に付き合って荷物を持っている私を見て、父は、「お母さん!光昭が荷物持っとったで!!びっくりしたで!嫁さんもらって変わったなあ!」と、母に叫んでいたそうです。

まぁ、独身時代から、買い物に付き合うようなところがあれば良かったんですけどね、そうした反省も兼ねて今は晩御飯の買い物にはできるだけ付き合うようにしています。

それで、今日、買い物にスーパーへ行ったのですが、「マーブルチョコレート」とチョコレートの「アポロ」というのが個包装されたものがあったので懐かしくて買って帰りました。

家で家内と一緒に食べていた時に、娘にも「食べるか?」と聞きますと、まったく欲しがらないんですよね。

そして、娘は「チョコベビー」が嫌いだという話になりました。私は「えーつ!!」と驚きました。

「チョコベビーいうたら、子供の頃、遠足でしか食べらえへん”夢のようなお菓子”やったのに」と私は言いました。

「アーモンドチョコレート」というと、誰かがパチンコで勝ったときにしか食べられませんでしたし(笑)、普段は「くっぴーラムネ」とか、「チロルチョコレート」しか食べられませんでしたね。

私たちの親の世代は、チョコレートのようなお菓子を食べない世代だったので、親が100円もするようなお菓子を買ってくることはあまり無かったように記憶しています。

ただ、今は親の世代がお菓子を食べたがるので、子供たちも自然とお菓子を食べる機会が増えて、希少価値がなくなり、欲しがらないのでしょうね。

私が子供の頃遠足のときにしか食べられなかったお菓子を、今は普段でも食べることができるというのは、日本が豊かになったことなんだなと思います。

しかし、お菓子を何でも買えなかった時代に、たまに食べるお菓子の喜びは、それはそれで良い思い出です(笑)。

若い世代より、中高年以降の世代の方が物欲が強いように見えるのは、欲しいものを得られなかった感覚が残っているので、モノを得ることに強い情熱があるからかもしれませんね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

選挙参謀の見え見えの演出

2017.10.18(21:42) 1893

私が若い頃、大阪府の豊中市に住んでいました。そして、ある市会議員さんの選挙の手伝い(アルバイト)をしたことがあるのです。

その方は、何度も当選しておられたベテランで、私がお手伝いしたときには、トップ当選するだろうと言われていたのです。

そして、選挙当日の数日前ですかね、決起集会が催されました。結構たくさんの方が会館に集まったのです。

すると、司会者から紹介された人が前で応援演説をしました。その人は、東京から来た選挙参謀でした。

その人は、深刻な顔をして言うのです。

「東京で、今回の当選予定者の名簿を見ていたら、●●(候補者さんの氏名)の名前がない!あがっていない!●●はどうしたのだ! それで私は今日!、東京から駆けつけてきたのです!」

この演出(笑)、お分かりでしょうか?

支援者は、今回はトップ当選だと思って、みんな気が緩んでいました。

だから、「自分が投票しなくても、トップ当選するから別の人に入れようか」という心理が働いていたのかもしれません。

そこに、妙に芝居がかっていましたけど、選挙参謀が東京からわざわざ飛んできたと言って、当確が出ていないという危機感をあおり、支援者の気を引き締めたのですね。そして、その候補者さんは、見事上位で当選されました。

やはり、芝居がかっていましたけど(笑)、あの選挙参謀の演出が影響を与えたなと思います。


選挙は戦いですから、ちょっと油断すると落選してしまいます。今の自民党は、それを恐れて必死に気を引き締めているのでしょう。

見え見えの演出でも意外と効果があるのだなと私が学んだ出来事でした。

要は、タイミングと、誰に、どのようなことをするかで、冷静な人には見え見えでも効果があるんですね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

お花畑のような人たちばかりになったら

2017.09.15(01:05) 1871

競争や勝負があると、勝者と敗者が出て、敗者になると嫌ですし、勝者になってもねたまれるということがあります。

昔、お花畑のように日本や世界が平和だったらなぁと思うことがありました(笑)。

では、もし地球が調和型の人(お花畑の人)ばかりだったら、どのような星になっているでしょうか?

例えば、お人好しで、とても気が良くて、怒ることもない、競争もしない人ばかりの星だとしたら、どうなんでしょうね?

朝起きて、会社に行きたくなければ会社に電話して、「今日休みます。」

そしたら、会社の人もお人好しですから、「いいよ!」と休ませてくれます。

電車を運営する人たちが疲れていれば、「今日は電車動かなくて、いいですよね?」と聞けば、みんな「いいよ」と応える。

すると、電車は止まりますけど、誰も文句をいいません。「ま、いいか、しょうがないよね」と誰も怒らないのです(笑)。

学校でも競争はありません。試験も自己採点しかないし、学校の成績が悪くても、誰も何も言いません。

こういうお花畑のような人たちばかりだったら、地球は平和でしょうね。

でも、進歩ってあるのでしょうか?

競争や勝ち負けがあるから、私たちは頑張っている面があるような気がします。

つまり、調和型の人は、学校やビジネスで、競争や勝ち負けを経験することで進化発展することを学んでいるのだと思うのです。

逆に、人を蹴落としてでも自分がいい思いをしようとするタイプの人は、調和型の人を見ることによって、優しさや思いやりを学ぶ機会を与えられているのではないかと思うのです。

実際には地球と言わず、日本だけでも考え方の違う人がたくさんいます。

調和型の人もいれば、自己中の人、競争して相手よりいい思いをしたい人、気は荒いけども文明の発展に寄与しようと思う人など、いろいろな考え方、タイプの人がいます。結局、それはお互いに自分にないものを学んでいるのでしょう。

調和型の人だったら努力を学び、競争型の人だったら思いやりも学ぶだとか、そうした人間を向上させるような仕組みに人類社会はなっているのだと思います。

無数に個性ある人を配置しているところを見ると、神様は偏った考え方(調和だけのような)をするのではなく、さまざまな考え方を吸収して、トータルで成長してほしいと願っているのでしょうね。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

「ひよっこ」を見て思う、人生は同じことの繰り返し

2017.08.08(17:10) 1848

NHKの朝ドラ「ひよっこ」は、随分と話が盛り上げってきました。

行方不明だったお父さん(沢村一樹さん)の所在がやっと分かるのですが、お父さんがいた場所が有名女優(菅野美穂さん)の家だったというストーリーです。

演技が下手だとおかしくなるような難しい場面だったと思うのですけど、みなさん迫真の演技で、グッと引き寄せられました。

「ひよっこ」は不思議なドラマです。

最初は奥茨城で学生時代を過ごす主人公(谷田部みね子。有村架純さん)が、描かれます。地味な展開でしたので、正直たいくつな感じもしました。

でも、今思うと、奥茨城で、主人公とその家族について、しっかりと描いていたので、それがドラマ全体の伏線というか、基盤になっていたんですね。

その後も集団就職先の会社が倒産するというお話でしたが、ハラハラドキドキするような展開ではなく、主人公や周りの人が地味に生きている面が描かれていました。

ドラマは、極端なストーリーにした方が分かりやすいですし、あり得ないような困難を乗り越える主人公に共感したり、感動したりします。


でも、ドラマではない、実際の生活では、毎日同じような繰り返しが続きます。

毎日、朝起きて、会社へ行って、仕事をして、電車に乗って家に帰り、食事をして、風呂に入って、寝る。

ほとんど同じことの繰り返しが人生の流れだと思うのです。

全くないとは言いませんが、ドラマのような劇的な出会いや恋とか、イケメンが出てくるとか(笑)、とてつもない問題を誰かが解決するとか、起承転結のある面白い人生だとか、逆転満塁ホームランを仕事でやるとか、そういうのはあんまりありません。

あるのは、毎日、毎月、毎年、同じような繰り返しで、「え、もう一年か、早いなぁ」というのが人の口癖です(笑)。


だから、「ひよっこ」の脚本の岡田惠和さんは、普通の日常を繰り返し送っている人が、頑張っている姿を描きたかったのではないかなと思うんです。

つまり、立志伝に出てくるような人物ではなくて、普通の人が頑張っていることをドラマにして、みんなを励ましているんじゃないかなと思います。

そう思うと、奥茨城や集団就職をしていた頃のストーリーがドラマとしては、かなり地味だったことも分かるんです。

結局、私たちの人生は、ほんの時折ドラマチックなこともありますけど、ほとんどは地味な生活の繰り返しです。

ほとんどの時間は同じことの繰り返しなのですが、そこで手を抜かず、心を込めて家事をしたり、笑顔で仕事をしたり、家族を思いやったり、自分を高めるような勉強をしたりすることが大切なんじゃないかなと思っています。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

自分の特技に気づきました(笑)

2017.04.13(23:59) 1804

最近、自分の特技みたいなことに気づきました(笑)。大したことではないんですよ(笑)。

それは見たものを写真のように記憶できることです。

例えば、ブログなどに集合写真を載せる人がいますよね。そういう写真を覚える気が無くて、ざっと見るとします。ほとんど一瞬に近いですかね。

そして、「こんな人いなかった?」と、写真のことを聞かれると、「ああ、こんな服着ていた人?」と、まぁまぁ覚えている回答ができるんです。

映画とかでも、部分部分のシーンを写真のような静止画で覚えているんですよね。だから、昔からホラー映画は苦手でした。怖いシーンをリアルに思い出していたんです(笑)。昔は、そうしたイメージを写真のように記憶するのが得意だということを知らなかったので、怖い映画はとにかく見ないようにしようと思っていました(笑)。

ま、そういう特技があることが分かったから、余計に怖い映画やシーンは見ないようにしようと思っています(笑)。

ただですね、文字などは記憶できないんです。文字の記憶は苦手で、「こういう内容のことが本の右のページのどのあたりにあったか」は覚えていることがあるのですが、文字の一つ一つを記憶するのは苦手です(笑)。どうやら、映像や画像のようなイメージを記憶するのが得意なのでしょうね。

かといって、見たこともないものをイメージするのは苦手なのですよ。過去に見たものだったら、写真のように思い出すんですけど、見たこともないことを想像するのは苦手ですね。だから、イメージを自由に操れるわけではないんです。

それと文字を記憶するのは得意ではないと言いましたが、人の顔、服装、服の色などは覚えているのですが、名前は忘れやすいですね(笑)。文字を記憶するのが得意だったら、受験勉強に苦労しなかったと思うのですが、残念です(笑)。

まぁ、こうした特技があって、何かを得することもないのですが、自分の強み、弱みを知る材料になればいいなと考えています。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

千葉神社に参拝しました

2017.03.16(22:51) 1787

今日は千葉市に行ったのですが、千葉駅の近くに千葉神社があり、初めて参拝してきました。

千葉神社

何の知識もなく参拝させていただいたのですけど、凄く立派な神社で、驚きました。

千葉神社は、通称『妙見様(みょうけんさま)』とも呼ばれる北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)を主祭神とされています。北辰妙見尊星王は、道教・陰陽道や易学・九星気学・風水学の根幹となる特殊神であり、あらゆる守護能力を発揮する神様だそうです。

また、天の中央を守護し全ての星々の中心である北極星の神様であることから、方位方角を司る神様なので、八方除(はっぽうよけ)のご祈祷があります。私は昨年八方ふさがりの歳だったので、ご祈祷を受ければよかったですね。

店舗の開店・改装などの建築事に関わる災い、 家相・鬼門・風水などを原因として家の中へと悪神が侵入することによって起こる貧・病・争の災いなどから御守護いただけるようですので、店舗清祓(きよはらい)や事務所清祓を受けられるといいと思います。

神社は初詣以外に参拝しないという方も多いでしょうが、自宅や会社本店の氏神様は月に二度は参拝した方が良いですし、どこかに外出して気になる神社がありましたら、参拝して感謝のお気持ちを伝えるとよろしいかと思います。

そういえば、神社に参拝するときに神様から歓迎されているサインというのがあるそうです。その一つが太鼓が鳴ることだそうで、ご祈祷の太鼓ですね。今日私が参拝しているときに、ドーン、ドーンと何回か太鼓がなり、御神楽の鈴の音が聞えました。歓迎していただいたようです。有難いですね。(^^)

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

おみくじの結果は偶然ではない?!

2017.01.03(19:31) 1719

皆様、明けましておめでとうございます。本年もブログ「古賀光昭のビジネス相談」をよろしくお願いします。

千葉県柏市での三が日は、晴れが続き、1日などは風もなく結構暖かい気温でした。

これほど暖かめの三が日は記憶にないですね。

だいたい正月は晴れが多いですが、それでも寒い印象があったのですけど、ほんと穏かな三が日でした。良かったです。

1月3日から、少し仕事モードを入れてきていますけど、1月1日は近所の氏神様である香取神社へ初詣に参りました。

最近、自分の運気が良いのが分かっているので、おみくじは「大吉」かなと予測していましたが、やはり大吉でした。(笑)

おみくじには五言絶句(絶句とは、四句からなる詩のこと)が書かれています。

手把太陽輝 (てにたいようのひかりをとって)

東君発旧枝 (とうくんきゅうしにはつす)

稼苗方欲秀 (かべようまさにひいでんとほつす)

猶更上雲梯 (なおさらにうんていにのぼる)



ここでは漢詩の説明をしませんけど、自戒しながら今年も進んでいきたいと考えています。

また、1月2日には東京大神宮の初詣に参りました。こちらは東京のお伊勢さんと呼ばれていて、私が毎年参拝している神社です。

縁結びで有名な神社ですから、女性がたくさん参拝に来ている神社でもあります(笑)。

恋のおみくじ縁むずびのおみくじもありますけど、私には関係ありませんので(笑)、一般のおみくじを引きました。

また大吉でした(^^)

占い師などは正しいことを言っているかどうか判定しずらい面があるので、過度に信じることはしない方がいいと思いますが、おみくじは自分で引くものですので、偶然で済まさない方がいいかもしれません。

私は今回は運気が良いと自分でもわかっているので大吉が出ると思っていましたし、そのとおりでしたが、今までは小吉とか末吉とかばかりでした(笑)。

(ちなみに「大吉は運勢のピーク」という意見もありますが、それはくじの中身を読めば分かります。
「気ながくすれば、ととのう」のように、いずれ願いが叶うと書かれているものもありますので、中身次第だと思います。
また、ピークだから落ちると考えるのではなく、ピークの期間を長くとるという発想もあります)

だから、引いたおみくじの内容は偶然のものと考えずに、自分への戒めとするといいと思うんですね。

神様か、御先祖様か、何か自分に伝えようとされていることがあるんじゃないかなぁって考えて、「ああ、こうしたことは気をつけよう」と自分を見つめる材料にするといいと思います。

おみくじの話が長くなりました(笑)。

明日が仕事始めで、憂鬱な気分の人も多いでしょうね。とにかく会社に行けば、すぐ仕事に慣れますから(笑)、大丈夫ですよ!

素晴らしい一年にしていきたいですね!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



日常での気づき
  1. 遠足でしか食べられなかったチョコレート(10/28)
  2. 選挙参謀の見え見えの演出(10/18)
  3. お花畑のような人たちばかりになったら(09/15)
  4. 「ひよっこ」を見て思う、人生は同じことの繰り返し(08/08)
  5. 自分の特技に気づきました(笑)(04/13)
  6. 千葉神社に参拝しました(03/16)
  7. おみくじの結果は偶然ではない?!(01/03)
次のページ
次のページ