タイトル画像

世界の枠組みが変りつつある

2017.11.03(22:14) 1905

トランプ大統領は、今月3日から14日までの日程でハワイと、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンのアジア5か国を歴訪しますね。

みなさんは、不思議に思わないでしょうか? 北朝鮮情勢が危険なのに、よくアジアに来るなと思いませんか?

実際、イバンカさんは明日帰国されて、トランプ大統領とは日程をずらしていますね。最悪のことを避けて、日本などでトランプ大統領とイバンカさんは同じ場所にいないようにしているのでしょう。

私は、危険な時だからアメリカに留まるのではなく、勇気を見せて米軍を鼓舞する狙いもあるのかなと推測しています。

大統領はアジアから遠いアメリカの地にずっと留まったままで攻撃を命令するのではなく、危険を冒してもアジアまで出てきたという事実が大きく評価されるでしょうし、他の国の指導者にも相当なインパクトを与えるはずです。

またそういった勇気ある行動が、アメリカ国民やアメリカの議会にも強いメッセージになるでしょう。


北朝鮮をいつ攻撃するかは、今回訪問する日本、中国、韓国、そして訪問しませんがロシアに事前に了解を取った上で、トランプ大統領が決めることになります。

米軍は、北朝鮮が反撃できないシミュレーションを既に完成した模様です。それゆえ、今回のアジア歴訪が終わって、トランプ大統領がアメリカに帰国してからは、米軍の攻撃がいつ起きてもおかしくないと思っていた方が良いと思います。

拉致被害者の方が心配ではありますが、もしアメリカが北朝鮮に攻撃をしたら、「第二次世界大戦後の枠組み」が変わるきっかけになるでしょう。

国連常任理事国は、「米、英、ロ、中、仏」ですけど、その戦後の枠組みが終わり、「米、日、英、ロ、そして印や仏」による方向へと徐々に動いていくことになるでしょうね。


それから、トランプ大統領は安倍総理のことをとても信頼しているようですね。イバンカさんも何かあれば安倍総理に相談するようにトランプ大統領に助言しているようです(笑)。

こうした信頼関係は日米の歴史ではなかったことのようです。

今日、たまたまテレビをつけたら「ひるおび」をやっていて、このトランプ大統領と安倍総理の厚い信頼関係を取り上げていました。その中で、立川志らくさんが、「選挙で代わらなくて良かったですね。政権が代わって、別の人になっていたら、困ったことになっていましたね。」といった内容を言っていました。

私は自民党支持者ではありませんが、立川志らくさんと同じ感想を持ちました。

安倍総理が代わって別の人が総理になっていたら、その人はトランプ大統領と何でも話せる人ではないわけですから、トランプ大統領はかなり困ったでしょう。

そして、それは日本の国益にとってマイナスでしたでしょうし、それは世界にとってもマイナスだったでしょう。日本国民の選択は間違っていなかったと思います。

現在は、世界のターニングポイントに入っていると私は感じています。

日本の景気は、まだまだ良くなるでしょう。例え、北朝鮮有事が起きて、一旦株価が下がっても、落ち着けばそれ以上に上昇するはずです(有事が起こるまでは、まだ株は上がると思います)。

今、世界の枠組みが変わりつつあるのです。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

1992年と2012年の消費行動の違い

2017.10.26(23:21) 1898

博報堂が提供している「生活定点」というアンケートがあります。バブル時代の1992年と2012年と比較して、現在お金をかけているものを男女で分けてデータを取っています。

そこで目立つのは、1992年に比べ2012年は車にかけるお金が男性で20ポイント以上減っていることです。また、交際に使うお金、まぁ男女交際なのでしょうが(飲食代含む)、それが男女とも減ってきています。

また、20歳から29歳の人のスポーツや旅行をする割合も減ってきているのです。

これらの原因は、「30歳未満の人の可処分所得(使えるお金)が減ってきているからではないか」と考える人が多いのではないでしょうか。

ところが、30歳未満の可処分所得は1992年より2012年の方が増えているのです。

使えるお金が減っているから、言葉を替えると貧しくなっているから、車やスポーツや旅行を減らしているのではないということですね。

当然、1992年には無かったスマホなどの通信費が今はかかっています。それらの出費が原因している面はあるでしょう。

しかしながら、明らかに30歳未満の世代にドライブやスポーツや旅行を楽しむ人が減ってきているということがデータで出ています。

また、ビールも15年間一貫して減少しています。ビールを飲む人も減ってきているのです。

こうしたトレンドを見ますと、団塊の世代が消費をあまりしなくなると思われる20年後、すなわち2038年頃には日本経済は全く様変わりしているのではないかという推測が成り立ちます。

ビール会社は肥る原因になるようなビールをほとんど生産しなくなっているでしょうし、健康食品や健康飲料会社のように変わっているかもしれません。

消費者の消費行動はとても参考になりますから、普段からそうした情報には敏感になっていると明日のメシの種になりますね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

日本経済を良くするには人材の流動化が不可欠

2017.10.12(23:58) 1890

日経平均株価が21年ぶりの高値を記録しています。

私が今年の予測として、1月4日のブログに書いたのは、25,000円を超える予測でしたが(笑)、まぁ、それはまだ無理として結構株価が上がってきました。

次の総選挙で自民党が安定多数を獲得したら、株価は今の2万1千円より、もっと上昇するでしょう。

ところで、昨日のブログで小池百合子さんのことに触れましたが、今日発売の週刊文春と新潮の見出しを見ましたら、小池叩きが凄いですね(笑)。

ここ最近、急にたたき出していますね。誰々かを怒らせていますね、小池さんは(笑)。

さて、話は変わりますが、日本経済が良くなるために必要だと思うのは、人材の流動化です。

言葉は悪いですが、ひどい会社に留まる人がいなくなり、より良い会社に移るようになったら、日本経済は良くなります(笑)。

このロジックをお分かりでしょうか?

今、人材不足ですよね。その中で、経営内容も、社員に対する待遇も悪い会社はたくさんあります。

でも、そういう会社が潰れずに成り立っているのは、「そこで働くしかない」と思って、留まっている人がいるおかげなのです。

日本もだいぶ転職する人が増えてはいますが、それでも転職を面倒に思う人や、転職する自信が無い人が多いですよね。

しかし、転職したら給料は上がるし、社員のことを思ってくれる会社に行くなら幸せですよね。今日の日経新聞でも、転職者の3割が転職後の賃金が1割以上増えたという記事がありました。

人材が流動化すれば、必然的に会社は社員の待遇を真剣に良くしないといけなくなりますし、ダメな会社は人がいなくなるので倒産します。そうすると必然的に良い会社が残っていくわけです。

だから、日本経済を良くするには人材の流動化が不可欠なわけです。そして、よい条件のところに人がシフトしていくと収入が増えますから、人はお金を使い、経済も好循環になります(笑)。

そうは言っても、人がコロコロと辞められると会社が困ると思われるでしょうが、そこは会社と経営者の魅力が鍵なのですよ。

この辺りはまた別の機会に書きます。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

高齢者と若い世代

2017.09.17(22:37) 1872

明日9月18日は、敬老の日ですか。不思議な祭日ですが、うちの息子は祖母にプレゼントをしていたので、こういう日があることが「老人を敬うきっかけ」にはなっているみたいです。

ところで、みなさんは平日の昼間に移動されたり、街やショッピングセンターへ行かれることはあまりないでしょうね。外に行かれるとしたら、お昼の食事どきか営業の方だと思うのです。普通、移動するとしたら、朝の通勤時間帯か、帰宅する夜ですよね。

私は家を事務所にして仕事をしていますし、通勤時間帯にあまり移動することがないので、昼間に移動することが多いのです。

そこで思うことは、昼間は高齢者が本当に多いです。

昼間の時間帯にバスや電車に乗ったり、ショッピングセンターへ行ったりすると、本当に高齢の方が多いですね。

以前は、女性の高齢の方は多く見かけていましたが、ここ数年は男性の高齢者の方を多く見ます(まぁ、私も若くはありませんが(笑))。

当たり前のように思われるかもしれませんが、25年や30年前では、平日の昼間に明らかに仕事をしていない男性を見かけるというのは、なかなかありませんでした。

随分、日本も変わりましたね。

これだけ高齢者がたくさんいるようになると、若いというだけで大変な宝を持っているということですよね。

若い人は自信を持ったらいいですよ!今の日本だったら、若いというだけでも大きなアドバンテージがあるので、いくらでも道がありますよ!!

私も若くないから書きますけどね(笑)、昼のバスやお店で”お年寄りばっかりのところ”を見たあとに、若い人を見かけたら、ホッとしますもん(笑)。

たぶん、定年退職した高齢者の方も同じように思っておられると思いますよ。

高齢者の方は、きっと若い人に会いたがっていると思います。

おそらく定年になった人で元気な人は、若い世代と会ったり、話せたりするような場所に行こうとするでしょうね。

それは仕事先やアルバイト先かもしれないし、趣味の集まりかもしれないし、ネットでのつながりかもしれません。あるいは飲食店とかですかね。

そして起業する人も増えるでしょうね。若い人を雇って、一緒に仕事をしたいという人も増えるでしょう。

若年層の人手不足と、たくさんいる高齢者をどのようにうまく活かしていくか、これらの答えを日本社会は出していかないといけませんね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

1人当たりのGDP

2017.09.02(23:00) 1864

夏休みが終わり、学生は学校に行き出しているようです。

夏に様々なところへ旅行に行かれた方も多いでしょう。

さて、一般に「レジャー」と言われる「余暇」、「自由時間」を利用した娯楽、旅行、遊びなどですが、これらは貴族や富豪の占有でした。

みなさん、レジャーを一般市民を持つようになったのは、いつからだと思われますか?

ドラッカーによると、1914年以降だそうです。

ほんの100年前にはレジャー(余暇、自由時間)を持てたのは、貴族と富豪だけだったんですね。

生産性の向上によって、一般の人たちの可処分所得と購買力の大幅な増加がもたらされました。そして、教育と医療も向上したのです。

言葉を代えると、生産性が向上して、労働時間が短くなり、給料が上がり、豊かになっていったということですね。

ところで、日本はGDPでは世界第3位です。

でも、豊かさを実感している人は、少ないと思うのですね。私もそうです(笑)。

では、一人当たりのGDPは世界の中でどれくらいか、ご存知でしょうか?

IMFの2015年の資料によると、日本はなんと、世界27位です!

アメリカは、日本の1.5倍豊かです。日本より儲かってそうに見えない(笑)イギリス、フランスは、1.25倍豊かです。オーストラリアなんて、日本の倍近く豊かです。私が10年前くらいに行ったヨーロッパの国、ドイツ、オランダ、フィンランド、ノルウェーは、日本より豊かです。確かに行ってみた実感として、ビジネスマンの人はゆとりがあるように見えました。

日本より下の順位は、ロシアやポーランド、韓国、中国です。これらの国も10年前に行ってみて、「そうだろうな。」という実感があります。IMFのデータは、合っているのでしょう(笑)。

日本は、人口の多さで、ドイツ、フランス、イギリスよりGDPが大きく、世界3位のわけで、国民一人当たりは、27位でしかないということです。

日本人は、豊かになるためにGDPを増やす=生産性を上げていかなければなりません。

そのためには、社会人がもっと勉強して、新しい知識を学ぶ必要があります。

特にマネジメントは、「何となく知っている」人が多いでしょうから、しっかり学べば成果がかなり上がるはずです!

ぜひ、ドラッカーの著書を1冊だけではなく、何冊も学ぶことをお薦めします。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

生産年齢人口の割合をご存知ですか?

2017.07.04(14:54) 1832

みなさんは、日本の生産年齢人口(15歳~64歳)が全人口に占める割合はどれくらいだと思われますか?

総務省のデータによりますと、2015年で60.6%という数字になっています。

これ、凄い数字だと思いませんか?

そして、2020年、もうすぐですけど、そこでの推計値は、53%です!

つまり、数字的には、2020年、全人口の半分しか働く世代がいないというデータです。

そら、人手不足になりますよ。

この人口の推移から考えられることがありますね。

1.定年制は、間違いなく伸びる。
  65歳どころか、75歳までは行くのでは?

2.一生働き続けられる仕事を見つける必要性
  年金支給額は減らしていかざるを得ないので、年金に頼らない生き方が求められます。
  70歳、75歳になっても働ける仕事を見つけないといけないでしょう。
  また、二世帯、三世帯で協力しながら生きていくことも必要になるでしょうね。


ところで、こうした事実は脅威ではありますが、ビジネスにおいては機会と見るべきですね!

つまり、人口推移の予測データを見ながら、困る人のことを体系的に列挙してみるのです。

どのような人に、どのようなお困りごとが出てくるのか?

また、人々の考え方も徐々に変わっていきます。人々の趣向の変化にも注目して、事業をイノベーションしていく必要があります。

そういえば、お昼にデパートやスーパーのお中元売り場に行くと、お年寄りばかりです。昼の時間帯に生産年齢人口の人が行けないというのもありますが、おそらくお中元やお歳暮をする習慣が明確にあるのは、今の高齢者世帯でしょう。

それらの世代が亡くなったら、お中元やお歳暮をする人がほとんどいなくなると思われます。

そしたら、バレンタインデーの「自分チョコ」ではないですが、「自分お中元」や「トモ歳暮」みたいな何か若い世代に遊び心で中元、歳暮をするビジネスを考えるのも一つですよね。

既に始まっている未来を予測して、ビジネスの機会にしていくことが求められます。

感じている以上に高齢化は進んでいると思います。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

仕事には二つの時間軸が必要

2017.05.08(22:25) 1812

皆さまはゴールデンウイークをどう過ごされましたか?お仕事の方もいれば、旅行に行かれた方や、実家に帰られた方もいらっしゃるでしょうね。家でゆっくりしていた方も多いかと思います。

私は、東京に来ていた兄と秋葉原に行きましたけど、それ以外は家で仕事をしたり、阪神の試合をテレビ観戦したり(笑)していましたが、家族が入院するアクシデントがあって、あまり気が休まるときではありませんでした。

おかげさまで、今日退院をしましたけど、今週中に経過観察の検査があります。

病気は本当に嫌なものですが、人の愛を感じられるときでもありますね。

治療してくれる医師、看護してくれる看護師の方、看病してくれる家族、お見舞いをしてくれる人。

そして、こうした医療技術を残してくれた先人の智恵と汗と愛。それらのおかげで、多くの病気が克服されてきました。少し前だったら助からなかった病気もたくさんあるんだと思います。私の父が交通事故で亡くなったのは25年前ですが、今の医療技術だったら、助かったんじゃないかなと思います。

同時代の人を救いながら、後世にも救いの連鎖になっていく医療の仕事って、すごいし、有難いですね。

仕事は「今の問題解決」をするだけではなく、未来の問題解決の助けになることを同時にするのが理想なんでしょうね。

それは、「現在の社会における問題を解決すること」、あるいは「要求を満たすこと」と同時に、「未来への遺産を残していくこと」です。

”未来への遺産”とは、「次に続く若い人への教育や投資」であるし、「方法論(メソッド)を残し、伝えること」でもあるし、たとえ今は解決することができなくとも「問題解決への道筋を作っておくこと」です。

このように、仕事には、時間軸で二つの視点が必要なんだと思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



未来への提言
  1. 世界の枠組みが変りつつある(11/03)
  2. 1992年と2012年の消費行動の違い(10/26)
  3. 日本経済を良くするには人材の流動化が不可欠(10/12)
  4. 高齢者と若い世代(09/17)
  5. 1人当たりのGDP(09/02)
  6. 生産年齢人口の割合をご存知ですか?(07/04)
  7. 仕事には二つの時間軸が必要(05/08)
次のページ
次のページ