FC2ブログ


タイトル画像

千葉県では緊急地震速報が連発。大地震は来るのか?

2020.05.07(21:35) 2390



今日は仕事で東京都内の税務署へ法人の確定申告書を提出に行ってきました。会社様に車を出していただいたので、高速道路から富士山を撮影したのが上の写真です。今日5月7日は、ほんとにいいお天気でした。


ところで、私は、新型コロナウイルスは6月頃に収束するのではないかと2月15日のブログで述べていました。最近の感染者を見ていますと、予測どおりに6月に一旦収束しそうな感じがします。

6月から9月は、平和な期間が戻ってくるかもしれません。

ただし、「他に何もなければ」です。

といいますのも、5月6日の深夜にも千葉県では緊急地震速報が発令されました。

私は寝ていましたので、びっくりして起きました(笑)。揺れは大したことはなかったのですが、先日も緊急地震速報があったので、ちょっと不気味です。

奈良の大仏造立の詔があった天平時代には、天然痘が流行し、飢饉があって、大地震も起こっています。

2年以内に首都直下型地震や噴火が起きるかもしれません。

でも、こういうことは予言として考えたり、恐れたりするのではなく、いつ来てもいいように防災の備えをしておくことでしょう。

「5月11日に大地震が来る!」なんてことを言っている人がいますけど、当たらんでしょう(笑)。都市伝説というより、デマだと思います。

大地震が来るときには、予兆といいますか、条件があります。私なりにそれを持っていまして(笑)、それが起こっていないので、私はまだ来ないと考えています。ただし、備蓄は普段から少しずつしておいてください。

実は、我が家では地震と噴火の備えは以前からしていました。

それゆえ、火山灰に備えてゴーグルやマスク、ヘルメットを買い置きしていました。だから、今回の新型コロナウイルスでは、マスクは備蓄で足りました。

防災用品はコロナのようなケースでも同じように重宝するものがほとんどです。

買いだめをすると他の人の迷惑になりますから、普段の買い物でちょっとずつ増やしていくといいと思いますよ。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その5

2020.04.12(22:30) 2372



「ポスト中国ウィルスの時代」で避けていた話題があります。

現在のビジネスは、どうなるのかということです。

まだ「ポスト中国ウィルスの時代」のビジネスの姿は見えていません。しかしながら、もう「中国ウィルス以前の時代」と同じようにできるビジネスは限られてくると考えた方がいいです。

以前、中国という国が「中国ウィルスより前の状態に戻ることはない」とブログに書きました。同じことは、日本の社会、ビジネスにも言えます。

仮に今年の6月や7月に中国ウィルスが一旦終息しても、寒い季節になったら変異して、また流行する可能性があります。

そうしたら、また今のように人との接触を少なくすることが求められます。

そうなると、今のような状態を近い将来に経験することになります。ですから、今、打撃を大きく受けている業界は、本当に残念ですが、売上が以前のように戻るのは難しいと思われます。

今、すべての経営者が問わなければいけない問いは、「今の事業をいかに効率よくやるか、改善するか」ではなく、「何を事業にするのが正しいか」です。

最悪の想定として、中国ウィルスが1年、2年と続くとしたら、今の事業をやるのかどうかです。


ところで教育では、オンライン授業が進んでいくでしょうね。すべての授業を双方向ではなく、通信教育のような一方通行にするなら、学ぶ場所も時間も自由になります。そうなると、オンラインで学ぶ先生を選べるようにするのが合理的ですよね。

すなわち、教えるのがうまい先生を全国(あるいは都道府県)でオンラインで選択して、勉強する方が成果が上がるでしょうね。先生の教える力に競争原理が入ってくるのです。

そして、担任の先生の役割が変わってきます。カウンセラー的な立ち位置といいますか、よき相談相手であり、よき先輩であり、人生の導き手としての人間性を体現した人が、科目を持たずに担任をやるようになると思います。


それから、コンサートもスポーツもドラマの撮影もできなくなるので、ミュージシャンやスポーツ選手や俳優にも影響を及ぼします。スポーツや文化の危機も呈してきました。こうした世界の人も、今まで通りにはいかなくなるでしょうね。


こういう話を読まれますと暗くなるかもしれません。すみません。でも、決して気持ちを落とすことなく、粘り抜いてください!

今までやってきたことを辞めざるを得なくなったり、あきらめざるを得なくなったりすることもあるかと思います。

その時はその時で、新しいことに取り組みましょう!

「もう自分はダメなんだ」なんて、絶対に思ってはダメですよ!

何かを辞めることで、新しい展開が始まります!新しいステージに「えいや!」って、移っていきましょう!

政府もたくさんの経済対策をうってきます。時流に乗れるものは乗っていきましょう!

人生、何とかなります!

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その3

2020.04.07(00:01) 2370



「ポスト中国ウィルスの時代」がどうなるかについて、「自由民主党 政務調査会の緊急経済対策第3弾への提言」にその未来が書いてあると述べ、前回のブログにポイントを二つ挙げました。

緊急経済対策第3弾への提言

三つ目のポイントは、現在、お金に困っている人への支援が充実していることです。

例えば、企業では既に民間の金融機関に借りている債務の借り換えを支援してくれます。ペナルティなしで既往債務の返済猶予もしてくれるようですよ。また、保証料の減免や元金据え置き期間の事後変更を認めるなど、審査さえ通れば至れり尽くせりの資金繰り支援があります。

たぶん、なかなか今までは借り入れできなかった金額を、今までよりも好条件で政府系金融機関や信用保証協会を活用した民間の金融機関から借り入れできる中小企業が増えると思います。

おそらく、しばらくは資金繰りに困らない感じになるでしょう。

中堅、中小企業、小規模事業者及びフリーランスを含む個人事業主に対し、使用の制限のない助成金を数兆円用意しているようです。中国ウィルスの被害が拡大して影響する期間が長引けば、助成金も増やしてくれるでしょう。

制度がたくさんあって、どうしたらよいか分からないという方は、地元の商工会議所や中小企業基盤機構に相談に行くといいと思います。これら支援の強化も、中小企業、小規模事業者の再起への支援として経済産業部会の提言に書かれていますので、積極的に相談されるといいのではないでしょうか。

上手に緊急経済対策の支援を受ければ、すぐに路頭に迷うことはありません。

面倒くさがらず、変なプライドは捨てて、頼るところは頼り、借りれるものは借りて再起を期してください。


さて、個別の業界を全部ここには書けませんので、ぜひこの提言を読んでいただきたいと思います。

例えば、物流においては、物流拠点の建屋・設備への投資を支援すると書いてあります。これから倉庫を建設しようとする企業は相談するといいでしょう。

あるいは、国産の農林水産物の需要喚起の取り組みや飲食店の客足回復を図る取り組みもあります。

この提言を読みますと、結構現場の意見を吸い上げている感じがします。

単に政治家や官僚や学者が机上で考えたのではなく、現場の困った声をきちんと聞いて、提言としてまとめているようですね。

ですから、企業家がこの流れにうまく乗って、様々な事業を創造していけば、日本はよみがえるでしょう。それだけの政策が出されています。希望を持ってください。

ただし、大切なことは、企業家が出ることです。そして、国がお金を支援してくれたり、様々なフォローをしてくれますが、結局は各人が頑張るところが勝負の分かれ目になります。

補助金や貸付金がたくさん入ってくると、安心してしまって努力をしなくなれば、結局は破産したり、失敗してしまいます。

政府の政策を生かすも殺すも、各人次第ですし、日本でのイノベーションが成功するかどうかも、企業家が全分野で出てくることが前提条件です。

政府の政策はまだ続きが出てくると思います。あとは、日本がこのまま沈没してしまうか、再び太陽のように輝くかどうかは、企業家がどれだけの質と量で出てくるかにかかっています。

多くの企業家が出ることを私は期待していますし、信じています。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現在、コンサルティング料を無料にしています。

現代は世界の危機です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その2

2020.04.06(16:20) 2369



昨日のブログに、「ポスト中国ウィルスの時代」がどうなるかについて、「自由民主党 政務調査会の緊急経済対策第3弾への提言」にその未来が書いてあると述べました。

緊急経済対策第3弾への提言

私は、この提言は日本の第3の巨大なイノベーションになると見ています。第1回は、明治維新であり、第2回は戦後の高度成長期です。それに匹敵する産業と社会のイノベーションになると思います。

その提言ではいくつかのポイントがあります。

第1点は、この提言は産業全方位に対する経済対策であり、その財源は税収の範囲にとらわれないことです。提言には、「対策の規模について、財源にとらわれることなく更なる上積みを図る」とはっきりと書いてあります。

つまり、税収があろうが無かろうが、赤字国債を発行しまくってもいいから、経済対策をしますよという宣言なのです(笑)。

あくまで想像ですが、消費税に手をつけない代わりに、財務省は赤字国債を無尽蔵に出すことを了承したのでしょう。

消費税が下がることを期待していた方も多かったと思いますが、それは現段階ではありませんね。でも、消費税を下げることよりも、はるかに多い収入を得らえる道が準備されていると思った方がいいと思います。

最初に、この提言は全方位と書きました。
提言を読んでいただいて、自社や自分の強みが生かせる部分がないかを探してください。国がどのようなバックアップをしようとしているか、どのような産業にお金を使おうとしているか、支援しようとしているかがよく分かります。

自社の強みが生かせるところがありましたら、その方向へ自社の事業をシフトしますと、国が資金を援助してくれたり、融資してくれたり、いろいろなバックアップをしてくれるでしょう。相当なお金が動きますよ!

少なく見ても、200兆円のお金が動くでしょうし、中国ウィルスが収まったら、空前の投資が起きるはずです。今は失業していても、その後は人手不足になりますし、人材が足りなくなります。どの産業でもです。

この点を説明するために、ポイントの2点目を書きますね。

第2のポイントは、国内回帰と脱中国を明確にしていることです。

安全保障の観点からも重要な製品、部素材の国内への生産回帰を明確にうたっています。そして、これからの日本がどこと貿易をしたり、サプライチェーンの連携をしたりしていくかもきちんと書かれています。

それは、「インド太平洋湾岸地域、中南米、欧米市場」と書かれています。中国や韓国ではありません(笑)。

また、WHOと中国とは書いていませんが、「新型コロナウイルスへの国際的な対応における特定国の過度な影響力行使を牽制する観点も含め」と、中国の国際社会への影響力を低くするようなことを提案されています。

このように日本は脱中国へと舵を切り、日本に工場が帰ってくることを国が全面的にバックアップすることになります。そうしたら、地方にメーカーが帰ってきますので、雇用が増えますよね。

これはメーカーだけではありません。PDFを読んでいただくと分かりますが、全ての産業にお金を投資するので、どの産業でも人手が足りなくなります。

ICTは当然ですが、教育も、医療も、農林水産業も、物流も、飲食も、観光も、レジャーも、ほんと全部です。全部がビジネスチャンスです。

ただし、みなさんは「チャンスがあっても、今が大変だから」という人も多いでしょう。提言はもちろんその点も支援することを書いています。

長くなりましたから、続きは次回に。とにかく今を乗り切りましょう!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現在、コンサルティング料を無料にしています。

現代は世界の危機です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その1

2020.04.05(14:18) 2360



ポスト中国ウィルスの時代はどうなるのか、その後、日本や世界はどうなるのか、不安に思う方は多いでしょう。
(「ポスト」とは、「以後」、「~のあと」、という意味)

次はどういった時代が来るのかを予測することは、一個人でも必要ですし、経営者や個人事業主やフリーランスの方には絶対に必要なことです。

なぜなら、事業の方向性が見えてくるからです。

ただで書くのは勿体ない内容ですが(笑)、ポスト中国ウィルスの時代がどのようなものになるかの予測をブログで連載していきます。


その前に! 

みなさん、できるだけ今は自粛して、人と接しないようにしてください!

あわてて病院や薬局やスーパーマーケットに押しかけたりしないようにしてください。緊急事態宣言が出されても、すぐに薬局やスーパーマーケットに駆け込んで、買い占めないようにしてください。

薬局やスーパーマーケットで働いている人を含め、お互いの感染リスクが高まります。

冷静に思いやりのある行動をしてください。緊急事態宣言が出た後は数日大混乱している可能性が高いので、備蓄している人は数日間スーパーマーケットへ行かないことをお勧めします。


さて、話を戻しましょう。

ポスト中国ウィルスの時代を知るヒントが実はあるのです。

それは、「歴史に学ぶ」ではないですよ(笑)。ちゃんと現在にあるんです。

それは、「自由民主党政務調査会の緊急経済対策の第3弾への提言」です。

政務調査会 緊急経済対策第3弾への提言

ここにリンクされてあるPDFに、自由民主党 政務調査会の緊急経済対策第3弾への提言の文章があります。リンクを貼っておきますので、ぜひ目を通して下さい。

緊急経済対策第3弾への提言

政務調査会は、政策の調査、立案を担当していまして、自由民主党が国会に提出する法案や政策は政務調査会の審査を経なければなりません。

言い換えますと、政務調査会に出た提言が国の政策になり、法案となるのです。つまり、これから行われることが上記にリンクしたPDFに書かれているのです。

読まれると分かりますが、この提言は凄いですよ!全方位的であり、かつ、国が総力戦で中国ウィルス(提言では新型コロナウイルスと記載されています)に勝ち、イノベーションをして反転攻勢することが書かれています。

日本は、明治維新と「敗戦後の高度成長期」という2度に渡って、社会と産業のイノベーションを成功させました。

おそらく、中国ウィルス後の日本は、3度目の社会と産業のイノベーションを成功させることができるでしょう。

みなさん、希望を持ってください!まだまだ政府は手を打ってきます!お金も出します!

今、きちんと自粛して、ここを乗り切れば、すごい時代になりますよ。

次回はもう少し具体的に、「自由民主党政務調査会の緊急経済対策の第3弾への提言」のポイントについてお話します。

輝く未来はありますよ!

< 続 く >


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現在、コンサルティング料を無料にしています。
ただし、無料コンサルティングは、3月末で辞めます。


現代は世界の危機です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

非正規雇用者やフリーランスの方が職業訓練を受けたら現金給付をプラスしてあげる

2020.03.30(22:16) 2365



志村けんさんが、お亡くなりになりました。まだ70歳ですか、とても残念ですね。私も「8時だヨ!全員集合」を毎週見ていた世代ですから、なんとも寂しいです。

志村けんさんの訃報によって、今まで他人事のようだった新型コロナウイルスのことを、多くの人が”今そこにある危機”だと感じられたのではではないでしょうか。志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。


さて、私にもLINEが回ってきましたが、明日非常事態宣言が出て、4月1日から東京のロックダウン(封鎖)が起こるというものです。

これはデマでしょう。

決まっている情報が外に流れてきているのは、ないでしょうね。

ただ、そのデマとは別に、非常事態宣言は今週中に出てもおかしくはないと思います。

それは警戒をより強めるためです。

でも、東京のロックダウンは、まだないのではないでしょうか。

日本人は”自粛”を要請すると、他の国の人よりはまじめに取り組むと思うのです。

ロックダウンするマイナス部分の方がとてつもなく大きいと思うので、今日の小池知事のように何を自粛するかを具体的に細かく言って、三密を避け、できるだけ人と接しないようにすることを徹底してお願いする方がいいのではないでしょうか。

政府は、あいまいな自粛要請ではなく、どういうお店、どういう場所に行かないようにするかをはっきりと具体的に言って、国が全国民に一律の現金補償をすべきです。

政治家は、財務省の言うことを聞いているだけではダメです。

政治が決断をし応急処置をしなければ、自殺者が増えて、コロナウィルス以上に国民が亡くなります。

それから、個人事業主やフリーランスの方などは、雇用保険に入っていません。

そこで私のアイディアは、非正規雇用者や個人事業主やフリーランスの方が職業訓練を受講するなら、特別に別途月に10万円を支給してあげればいいのではないでしょうか。

雇用保険に入っている方で失業保険が残っている人は、職業訓練を受けると失業保険が出ます。

しかし、雇用保険に入っていない人は職業訓練を無料で受けることはできますけれども、訓練校に行くと生活ができないので、現金給付をプラスして保障してあげればいいのです。

感染が危険だと言うならば、オンラインの職業訓練でもいいでしょう。
知識は陳腐化しますから、新たな学びは必要です。

知識労働者の生産性が上がるような職業訓練を民間の教育機関や商工会議所等と協同で作っていって、仕事を無くした非正規雇用者、個人事業主やフリーランスの方に受けてもらうようにしてはいかがでしょうか。

逆に、個人事業主やフリーランスの方に教育訓練のカリキュラムと講師を頼むという方法もあります。

こうした教育訓練を絡めた形で給付をプラスすれば、今後の生産性向上にもつながります。

「雇用保険に入っていないから」とか固定した考えをするのではなく、政治には柔軟な発想をもって欲しいですね。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現在、コンサルティング料を無料にしています。
ただし、無料コンサルティングは、3月末で辞めます。


現代は世界の危機です。
一緒に日本経済を、世界経済を救いませんか。
今は小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご質問・ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡くださいね。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



タイトル画像

令和は統合の時代 その3

2019.05.12(23:26) 2243



前回のブログで、ここ10年でスピリチュアルな人がたくさん出てきていて、それを受け入れる人も多くなったのではないかということをお話しました。

私はこれらも時代の流れの一つだと見ています。

個人が何らかの思想や方法論を説くのは、以前であれば大学の教授か、宗教法人の教祖のような人でないと難しかったと思います。

ところが最近はITの発展によって、普通のOLだった女性や主婦がそうした機会を得ています。そして、これらのスピリチュアルな首長は、何かを信じないといけないというものではなく、どこかの組織に属しなければいけないというものでもありません。

つまり、しばりがないのです。

発信者と受容者は、とてもゆるい関係なのですが、ファンのような形でコミュニティが出来ています。私が知らないだけでスピリチュアル以外にも、こうしたコミュニティはたくさんあるのでしょう。

こうした「ゆるいつながり」が、今は受けていると思います。

個人の意思を尊重し、かつ誰かと、”ゆるく”つながっている状態が良いのでしょう。たぶん、上下関係や指揮命令の関係のあるものに人々は嫌気がさしているのです。


ところで、スピリチュアルな方法論は、今後ビジネスにもっと使われていくと予測します。

現在は、マインドフルネス瞑想を使っている企業があります。今後は、文学、哲学、心理学、スピリチュアルや量子力学などを統合して、人間の心を使ってビジネスを創造することがポイントになっていくでしょう。

人間の心には創造力があります。では、心をどのように使えば創造的に使えるのかが検討され、それをビジネスに活かす時代になるとみています。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き起業家たちへ



未来への提言
  1. 千葉県では緊急地震速報が連発。大地震は来るのか?(05/07)
  2. 「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その5(04/12)
  3. 「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その3(04/07)
  4. 「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その2(04/06)
  5. 「ポスト中国ウィルスの時代」はどうなるのか、日本はどうなるのか その1(04/05)
  6. 非正規雇用者やフリーランスの方が職業訓練を受けたら現金給付をプラスしてあげる(03/30)
  7. 令和は統合の時代 その3(05/12)
次のページ
次のページ