タイトル画像

Jポップは世界に広がってもおかしくない

2017.02.01(21:06) 1746

前々回に、GReeeeNのことについて書きました。GReeeeNを聴いて思うのは、Jポップはレベルが高いということです。

10年くらい前ですが、ヨーロッパに出張に行ったとき、ポーランドに寄りました。会社のお客様の車に乗って移動したのですけれども、ラジオから聴いたこともない音楽ばかり流れていました。

つまり、アメリカやイギリスの音楽ではない、ポーランドのポップス系の歌手やバンドの歌だったのだと思います。

それを聴いていて、「ポーランドの人たちは、ミスチルや中島みゆきとかを知らないやろなぁ。勿体ない話やなぁ」と思ったんですね。

Jポップが世界でどれだけ評価されているのか知りません。

アメリカやイギリスのトップミュージシャンくらい世界で売れても不思議ではないバンドや歌い手が日本にたくさんいると思うんですね。

黒澤明監督や、ゴジラのような特撮とか、漫画などは世界でも人気があったり、評価されたりしているものがありますけど、Jポップはそれらと同じくらい世界で人気があって、評価されてもおかしくないと思いますね。

ただし、文化というのは国力が上がっているときに、伝搬していくものですよね。

Jポップは素晴らしいのに世界に広がっていかないのは、日本の国力に元気がない証拠でしょう。

日本人はもっと自分たちに自信を持った方がいいし、もっともっと国を発展させて、日本の文化が世界に流れていくようになるといいですよね!

軍事力やGDPではアメリカが世界ナンバーワンですけど、文化と歴史では日本がナンバーワンです。それは今でも続いています。

経済をもっと発展させて、世界の人々が日本の文化や歴史を知りたがり、学びに来るようなムーブメントを作っていきたいですね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

マネジメントとは何か?2

2016.12.06(23:55) 1698

マネジメントとは何かの2回目です。ドラッカー教授は、マネジメントが目的とするものを三つ挙げています。

第一は、その組織に特有の使命を果たすことです。

この「特有の使命」というのが大事なキーワードです。


あなたの会社と同じサービスや製品を提供する会社がほかにも多数存在するとします。

では、なぜあなたの会社でなければならないのでしょう?

その問いに答えることが大変重要です。

その問いに答えることが社員のモチベーションを上げることにつながります。

例えば、あなたの会社が不動産販売会社だとします。

不動産販売会社はたくさんあります。

でも、なぜあなたの会社から買ってほしいのでしょうか?

他社ではなく、あなたの会社の不動産を買ってほしい理由はなんでしょうか?

あなたの会社の存在意義は何なのでしょうか?

それらの「特有の使命」を明確にすると、社員は自信をもって会社の製品や商品をお客様にお薦めすることができるのです。


白状しますが、私もこの問いにはずっと悩まされてきました(笑)。

コンサルティングを仕事にしている会社は山のようにあります。

コーチ、カウンセラー、税理士、社会保険労務士などの専門家も入れれば相当な数でしょう。

そこで、「なぜ”古賀光昭”でなければならないのか」、この問いへの答えに、ずっと悩んできました。

ところが、「仏教的経営成功法」を世に出したことで、この悩みは完全になくなったのです。

なぜなら、「仏教的経営成功法」によって私のオリジナルの中心軸が出来たからです。

「仏教的経営成功法」は、古賀光昭が編み出した完全なオリジナルなので、私からしか学ぶことはできません。

まだ誰も気づいていませんが、この方法論は万能型なので、いずれは内容を真似して、似たようなことを言うコンサルタントや専門家が出てくるでしょう。

しかし、私は物事の本質から目に見えない体系を見つけることができるので、体系を縦横無尽に応用できるのですが、他の人にはできないでしょう。

また、「仏教的経営成功法」の次の段階である「超発展型経営成功法」の構想もできているので、次々と新しいソフトを出していけます。

話が横道にそれましたが、そうした”どこにもないオリジナルなメソッド”があるために、「古賀光昭へ依頼してください」と堂々と言えるわけです。

どうか、皆様の会社も、「なぜ我社でなければならないのか」という問いへの答えを見つけてください。

それが見つかれば、企業ミッションや経営理念に繋がります。

会社の中心軸ができるので、社員のモチベーションも上がるはずです。

答えが出るまで問い続けてください。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず、「案ずるより産むが易し」で連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

マネジメントとは何か?1

2016.12.03(22:59) 1697

今日から連載で、マネジメント(Management)について解説をします。私のホームページに載せている「仏教的経営成功法」にも、経営トップが知るべき知識として「マネジメント」を挙げていますが、そこではほとんど説明をしていなかったので、改めてマネジメントについて書いてみようと思いました。

以前、このブログでマネジメントについて、ちょっと書いたものがあったので、それとは重複しないように書きます。

マネジメントとは、何をすることか?

さて、マネジメントは、英語でManegementを書きます。日本語への翻訳では、経営だとか、管理だとか、経営の方法などがあります。

ドラッカー教授の昔の翻訳書はManegementを「経営管理」と訳されていたのですけど、ぴったりの訳が日本語では見当たらないということで、最近の翻訳では「マネジメント」とカタカナで表記されています。

昔の翻訳で、マネジメントを「経営管理」と訳していたために、内部管理をするように誤解していた人も多かったようです。

経営コンサルタントの故一倉定さんも、マネジメントを内部管理だと考えて批判されていました。

でも、私の解釈だと、マネジメントは「組織を運営する」とか、「組織運用」とかが近いですかね。「組織を運用して成果を上げること」がマネジメントの意味に近いかと思います。

マネジメントを、カチッとした冷たいもののように思う方も多いかもしれません。

しかし、ピーター・F・ドラッカー教授が「人間と社会はどうすれば幸福になれるのか」というものを考えて、そこで出した結論がマネジメントだったんですね。

ドラッカー教授は、人間と社会の間にあるのは組織であり、組織を良くマネジメントできれば、人も社会も幸福になれると考えたんですね。

マネジメントの考えの根底には人間に対する愛があることを知っていただきたいのです。

<続く>
--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず、「案ずるより産むが易し」で連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

小保方晴子さんのことで思ったこと

2014.04.10(10:32) 1347

昨日は理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーの記者会見が一番のニュースで取り上げられていました。

記者会見を全部見たわけではないですが、報道の一部で見た小保方さんが「STAP細胞はあります。」と述べていたところが印象的でした。

それを見て私が感じているのは、小保方さんはSTAP細胞があることを確信しているということです。

また、その細胞の発見は世紀の大発見なので、誰かに盗まれないようにしているのだなと思いました。

記者の質問で、研究ノートを公開できないかというのがありましたが、そんな世紀の大発見のノートを出せるわけはありません。密かにその秘密を横取りしようとする者もいるでしょう。

下手をすれば日本やアメリカなどの研究者が、方法を盗んでSTAP細胞を別の名前にして特許のように抑えてしまうかもしれませんね。

小保方さんが捏造だということになったら、次に万能細胞を証明した者が莫大な利権を得るわけですから、小保方さんを潰そうとする悪意が背後にあるのかもしれません。


なんにせよ、小保方さんは我々が目にしていないもの(万能細胞)を見たのでしょう。

例えは違うかもしれませんが、映画「コンタクト」でジョディ・フォスターがベガ星に行ってましたけれども、それを証明することができなかったのと同じで、論文が稚拙であろうがなかろうが、あるものはあるんだからというのが小保方さんの気持ちではないでしょうか。

まるで「それでも地球は回っている」と言ったガリレオみたいですね。あるいは、神の声を聞いたという人を殺した魔女狩りのようです。

理化学研究所は小保方さんの言い分を聞いて、それを守ってあげなければいけない立場だと思うんです。「マスコミと一緒に魔女狩りみたいなことをしてどうするんですか」と問いたいですね。

本人がSTAP細胞はあるって言っているわけですから、理化学研究所は「あることを証明するか、無いことを証明するかのどちらか」のはずで、論文が不正だのという前の段階が欠落していると思うんですよね。


ちなみに私は修士論文を書いたことがありますけど、論文の書き方を逐一指導教授が教えてくれることはありません。自分で正式な論文の書き方を本で勉強しました。

小保方さんは論文の正式な書き方を勉強しなかったのだと思います。それ自体は良くないことではありますが、没頭型の天才肌で、論文の形式に意識が行かなかったのかもしれません。

物事を創造する能力と、実務的に論文を書く能力は別のものなので、彼女にとってはそのバランスが難しかったのでしょう。

論文の形式は大事なものですけど、書式にとらわれて、あいつはダメなんだとして、天才性や発想力を曇らせることのほうが人類にとってはマイナスだと思います。

彼女にとっては目の前にある現実の方が輝いていて、誰かに発表するための時間」(論文をまとめる時間など)を割くのが勿体ないと感じていたのかなと推測しています。


天才に嫉妬せずに、天才を伸ばしてあげられる国であることが大切ではないかと思いました。

-------------------------------------------------------------------------
倒産予防の経営相談 古賀光昭の公式サイト

貴社の繁栄と経営理念の成就のお役に立ちたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。心から感謝いたします。

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

マスメディアについて思ったこと 2

2013.03.14(22:28) 1266

「マスメディアについて思ったこと」の続きです。

最近の民放テレビ上品(笑)になったというか、倫理的になったというか、結構公共性を意識していると思うんです。

インターネットは「隠れているた正しい情報を流す面」と「とんでもなくダーティな面」とが混在していますけれど、インターネットがメディアのダーティな部分を担って、テレビがどんどん優等生化しているような気がするんですよね。

ただし、一部の流行をごり押ししたり、左翼的な部分はまだありますが、何十年か前に比べれば、ずいぶんとまともな報道をするようになったと思います。

それに反して、昔の民放化しているのがNHKですね。

スポンサーがいないのでチェック機能が弱いのかもしれません。


さて、テレビと同じく紙の新聞もまだまだしばらくは生き残っていくかなと思います。

インターネットが普及して、タブレット端末を持つようになると紙の新聞にとっては脅威のところが確かにあります。

でも私もPCやアマゾンKindleを使っていますけど、紙の新聞の方が読みやすいんですよね。

新聞は情報が古いというのが欠点ではありますが、大きな紙面で情報を一気通貫して、読みたいところをじっくり読むところに醍醐味を感じるところがあります。

本も同じなんですけど、紙で文章を読む良さってあるんですよね。

だから、いくらタブレットが発達しても、それぞれが良さを発揮して、それなりに生き残るんではないかなと思います。

まぁ、TPOでメディアを使いわけるということですかね。

出かけて電車で読むときには本や新聞より、タブレットが良いでしょう。


でも家でじっくりものを考えるときや、朝起きてコーヒーを飲みながら新聞を読む楽しみもありますしね。

本には本独特の味わいもあります。


また、ネット注文は楽ではありますが、本屋さんで本を選ぶ、見る楽しみもありますよね。

だから本屋さんも残っていくと思ってます。

そういえば、レコードからCDに代わって、CD点に行くのが楽しくなくなった気がします。レコードジャケットを見て、選んでいたことも楽しみになっていたんですかね。


マスメディアから情報を受ける側は、TPOで情報源(メディア)を使い分けていくんでしょうが、情報を得ることに人間は喜びもありますし、膨大な情報を上手に取捨選択することも課題であります。

情報を楽しみながら得て、情報に振り回されないようにしたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------
社長専門コンサルタント 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、期間限定の無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   こちらから
お気軽にお申込みください。



経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
クリックしていただいた方に、すべての良きことがなだれのごとく起きます!


古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

マスメディアについて思ったこと

2013.03.12(14:48) 1265

未来の予測はなかなか当たらないものですね。その中で今日はマスメディアについて考えてみたいと思います。

30年前くらいでしょうか、竹村健一さんがアメリカのケーブルテレビを引き合いに出されていました。アメリカの家庭はケーブルテレビを引いていて、チャンネルがものすごいたくさん(数は覚えていません)あると。

バラエティに富んだ番組があって、近い将来日本にもケーブルテレビが席巻する時代が来るという話でした。

30年経っても、ケーブルテレビはほとんど普及していませんよね。


実は私はケーブルテレビであるJCOMに加入しています。

これは希望して加入したのではなく、KDDIの光回線が開通していないマンションでして、フレッツ光かJCOMかを選択しなければいけなかったため、JCOMを仕方なく選択したのです。

JCOMが提供する基本チャンネルは75くらいあります。私は基本コースに加入していませんが、番組表だけは送られてくるのでざっと見ていますが、見たい番組はほとんどありません。

あるとすれば、阪神タイガースの試合くらいです。サンテレビが映らない関東の阪神ファンにとってはそれはそれで大きいのですが(笑)。


ただ、見たいものがあるチャンネルは、基本チャンネル以外に別途有料になるWOWOWや東映チャンネルHDに集中していまして、うまいことなっているものです。

私が言いたかったことは、いくら「75チャンネルの番組が見れますよ」とうたっても、見たい番組がなければお得感もありませんし、加入する人も少ないということです。

チャンネル数よりもコンテンツを上げるべきでしょうね。



さて、コンテンツといえば地上波放送の話題に移りたいと思います。

10年ほど前に、10年後には地上波テレビ放送は無くなるのではないかという予測も出ていたと記憶しています。

インターネットの発達とコンテンツのつまらなさを原因とした説だったかもしれません。


しかし、この予測も当たっておらず、テレビ局の収益は悪化していますが、一応生き残っていますね。

以前のブログにも書きましたが、テレビにはテレビの良さがあって、その役割を担っている間は生き残っていくのではないかと思うんです。


特に震災や地域紛争のような非常時、有事の場合の報道はネットではなくテレビを見るでしょう。朝鮮半島が緊迫していますが、もし北朝鮮と韓国が戦争を始めたら、ほとんどの人がテレビの情報を優先して見るでしょう。

選挙でもテレビの報道は力を発揮していますよね。

今、その瞬間に映像を流して報道するところではテレビは力を発揮しますね。


それとテレビのドラマです。

今でもいいドラマはありますし、見ごたえのある番組が作られることもあります。

面白いことはインターネットの広がりに比例して、民放が倫理的になっていることです。

まるで昔のNHKのように公共性が民放に出てきているように感じます。

逆にNHKはスポンサー企業がないせいか、昔の国鉄や郵便局のように好きなようにおかしな番組を作っていると感じます。

長くなりましたので、続きは次回に。


-------------------------------------------------------------------------
社長専門コンサルタント 古賀光明の公式サイト

 ↑ 只今、期間限定の無料相談(コンサルティング)を受け付けております。
   こちらから
お気軽にお申込みください。



経営のためのコラム ← 経営のためのコラムをHPに随時更新、保存しています

-------------------------------------------------------------------------


いつもクリックしていただいて、ありがとうございます。
クリックしていただいた方に、すべての良きことがなだれのごとく起きます!


古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

ハイパーインフレは起きません

2013.02.23(14:21) 1254

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』というベストセラーを書いた山田真哉氏の本が新しく出ていたので読んでみました。

驚いたのは、山田氏が「ハイパーインフレになる可能性は十分にある」と書いていたことです。

山田氏はハイパーインフレがどのようなものかをご存じなのでしょうか?

ハイパーインフレーションは経済的に定義が定められています。インフレ率が月率50%、年率13000%とのことを指します。

こんなインフレになりますかね?


私も経験していますバブル期でも、日本のインフレ率は3%に達成していません。

また、全く経験はないですが、大東亜戦争(太平洋戦争)の後の東京であっても、インフレ率は年率500%です。ハイパーインフレとは、桁が二桁も違います。

日本中に大天変地異と日本本土で大戦争がほとんど同時に起きたら、インフレ率が年率5000%くらいにはなるかもしれませんけど、それでもハイパーインフレの1万パーセント以上に行くことはないでしょうね。

ましてや、アベノミクス、あるいは国債が今後増えることによってハイパーインフレが起きることは100%ないと断言できます。


会計の専門家で、会計で本を出してベストセラーになっている人でも、こうした検討違いをするのだなと、改めて国の経済の理解は難しいのかなと思った次第です。


もう一度言います。

ハイパーインフレは起きません。

2%を超えることすら、相当難しいです。

石油などのエネルギー価格の暴騰で物価が上がる可能性はあります。

でも、エネルギー以外の品目によってインフレ率が2%を超えることは、かなり難しい話です。
(私はそうなるようにアベノミクスに期待していますが)


専門家という方も、こうした間違いを堂々と本に書いていますから、読むほうも注意が必要ですね。

古賀光昭の経営相談室



評論
  1. Jポップは世界に広がってもおかしくない(02/01)
  2. マネジメントとは何か?2(12/06)
  3. マネジメントとは何か?1(12/03)
  4. 小保方晴子さんのことで思ったこと(04/10)
  5. マスメディアについて思ったこと 2(03/14)
  6. マスメディアについて思ったこと(03/12)
  7. ハイパーインフレは起きません(02/23)
次のページ
次のページ