FC2ブログ

記事一覧

今握りしめているものを手放す

大事なものだと思って握りしめているものが、実は苦しみの元になっていることはよくありますね。仏教では、それを「執着」と言っています。「これだけはないと自分や家族は幸せになれない!」、「これさえあれば幸福だ!」、「これこれをしなければならない。」と思って、懸命に離さないようにしているものが、その人の思考を狭めてしまい、自分を追い詰めています。その苦しめているもの、手放しましょう!(笑)結局、自分にとっ...

続きを読む

ギブアップしようかと弱気になるとき

自分が願っていることがなかなか実現しなくて、もうギブアップしようかと弱気になるときはありますよね。仕事で成果が上がらないだとか、就職ができないだとか、給料が上がらないだとか。経営だったら、売上が増えないだとか、資金がもたないだとか、頼りにしていた部下に裏切られたとか、辞められたとか、思うようにいかないことは多々あると思います。そんなとき、自分で自分を鼓舞して、もう一度立ち上がるのは難しいです。でき...

続きを読む

あいつだけは見返してやりたいという恨み心

「あいつだけは見返してやりたい!」と憎んでいる人はいませんか?例えば、元カレや元カノです。悔しい別れ方をして、相手を憎んで「自分を振った相手を絶対に見返してやる!」と思っていることはありませんでしょうか?元カレや元カノよりも、ずっといい人を恋人にするんだと執念を燃やしている人もいるかもしれませんね。こういう気持ちは分かります。でも、こういう執念を持っている人に近づいてくる異性はあまりいないんではな...

続きを読む

人生の転機はどこにある?

人生の転機、ターニングポイントって、誰にでもありますよね。それが、良い方向へのターニングポイントだったら、なおさら良いことです(^^)私の場合、ある会社で働いた時がターニングポイントでした。具体的に書くと特定されてしまうので、ぼやかして書きます。そこで働いていたときは、人生の底のような感じがしていたときで、生活のために仕方なく、そこへ行ったというのがホントのところです。そこの職場はいろいろな人がい...

続きを読む

男の弱点の3K

昨日のブログで男のプライドを折るもののお話をしました。私は、それを”3K”と呼んでいます。というのは、嘘です(笑)。今、思いつきました(笑)。男のプライドを折る弱点は、1. 稼 ぎ2. 肩 書3. 身体の見た目の”3K”です。男性は、今までで得てきた目に見えている結果や、外に見えているものを否定されると、プライドが折れてダメになるということですね。この3Kを気にしない人は、相当自分に自信がある人でしょう...

続きを読む

苦しい涙

今日は6月1日です。私が独立して丸9年になりました。言っておきますが、順風満帆とかではないですよ(笑)。それはもう、ここでは言えない恥ずかしいことや苦難の連続でした。そして、仕事がシンドイときに、家族の問題が重なって、ダブルでのしかかって、よく生きていたと思います(笑)。「苦しい涙」を流したこともありました。「苦しい涙」って分かりますでしょうか?悲しいときに、人は泣きますよね。「悲しい涙」です。試...

続きを読む

落ち込みへの対処法

阪神タイガースのロサリオ選手は、日本のピッチャーに手こずり、メンタルがやられているようです。こういうときは、ファームで調整して、またやり直すと良いですよね!誰にでも落ち込むことはあります。ロサリオ選手とは立場が違いますが、私も若い頃に落ち込むことがありました。10代で結構落ち込むことがあって、その時に読んだ本が渡部昇一先生の『自分を言えない人の自己主張の本』(青春出版社)でした。今は絶版になっている...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -