タイトル画像

8月から10月は、世界の分水嶺

2017.08.03(15:10) 1845

少し時間が経ってしまいましたが、北朝鮮がICBMを発射した話題です。

米国防総省も5,500キロメートル以上の射程であったことを認めています。もう完全にレッドラインを超えていると思うのですが、今後のアメリカの対応は二つですよね。

一つは、アメリカが北朝鮮を攻撃し、北朝鮮という国を滅ぼしてしまうこと。この選択肢は、北朝鮮の人民や日本、韓国、米国の一般人に多数の死者が出ることになります。

もう一つの選択肢は、アメリカが何もしないというものです。一見、平和そうですが、未来は全く逆です。

先の選択肢は、人類初の核保有国同士の戦争が起き、局地的に悲惨なことが起こるのですが、このアメリカが何もしない選択は、世界が混沌としていく恐怖のシナリオでもあります。

これは、どんな小さな国でも核を持ってしまえば、アメリカは何もしてこないということになるのですね。

そうしたら、核を持っている国は、核を持っていない国を脅し放題、好き放題にできるわけです。ある意味、世界の終わりの始まりです。

日本もアメリカが守ってくれなかったら、北朝鮮の言いなりになるでしょう。中国も尖閣どころか、沖縄にも攻めてくるでしょう。

独裁国家が、暴力(核兵器)によって世界を支配する時代が来るのか、アメリカを中心とした民主主義国家が世界を抑えるのか、その分水嶺になるのは、今年の8月から10月だと思われます。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

民主主義における政治の責任は、国民にある

2017.07.30(21:47) 1844

最近の政治家の話題は、国民に「政治不信」を植え付けるような内容が多いですね。

私は、ここで真偽のほどは問題にしていません。

事実かどうかを別にして、マスコミの報道は、「国民が政治に期待するだけ馬鹿らしい。とんでもない人たちが政治をしているのだ。」という気持ちを植え付けているように思います。

結局、マスコミは、ネガティブな政治報道を流し続けることによって、「国民が政治についてきちんと考えるないようにしている」のでしょう。

国民がきちんと考えないで選挙に臨むとどうなるかというと、印象だけで投票するようになり、それだけマスコミが選挙を誘導しやすくなるということですね。


まぁ、いろいろな政治家がいますが、『銀河英雄伝説』(田中芳樹著)のヤン・ウェンリーが言っているように、そういう政治家を選んだのは国民なのです。

ヤン・ウェンリーは、「人民を害する権利は、人民にしかない。専制政治の罪とは、人民が政治の害悪を他人のせいにできるという点につきる。」と言っています。

民主主義における政治の責任は国民にあり、国民以外の誰のせいにもできないものなのです。そういう人を選んだ責任は、国民にあるということですね。


ただし、選挙で難しいことは、立候補者の政治能力を図る方法が過去の実績しかないことと、影で何をやっているかまでは分からないことなんですね。

また、清廉潔白な人だからといって、政治の世界で成果を挙げられるかどうかは別ですし(悪い人が政治の成果を挙げられるという意味ではありません)。

だから、選挙は賭けのような面があります。

賭けのようなものですけど、賭けというには、国民の生命と財産を左右する重大な決断でもあるんですね。

民主主義は、最善の制度とは思えません。もちろん、完全な制度でもありません。

でも、人類は、それより良い制度を持ち合わせてもいないのです。

テレビや週刊誌で叩かれている政治家は、国民が選んだ政治家であり、その責任は国民にあることを忘れてはいけないでしょう。



励みになりますので、よろしければ応援クリックをお願いします! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的経営成功法」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

失業率と自殺率の関係

2017.05.19(15:20) 1815

GDPが増えていても、「暮らしが良くなっている実感がない」という報道がなされる反面、自殺者が激減しているという事実があります。

自殺者数が年間3万人に急増した1998年以降、3万人の自殺者数が続いていたのですが、アベノミクスが始まった2013年からは、自殺者数が急減して1998年以前の状態に戻っているというデータがあります。

(詳しくは、村上尚己さんの下記の記事をお読みください。)
日本の自殺者はなぜ「激減」したのか?

村上尚己さんというマーケット・ストラジストの見解では、安倍政権がリフレ政策(金融緩和をすることによって、一定のマイルドなインフレを維持し、経済を発展させる政策)を取ることによって、失業率が改善し、自殺が減ったということなんです。

村上さんが提供している失業率と自殺率のグラフを見ますと、おおむね同じような動きをしているんですね。つまり、失業と自殺は相関関係があるということですね。

人間の恐怖というのは、戦争やテロがなければ、一つは治らない病気になることと、もう一つは職を失うことです。経営している方なら、倒産することでしょう。

私も失業した経験がありますが、仕事がすぐに決まるくらい景気が良ければ恐怖感はほとんどありません。

しかし、転職市場に仕事がほとんどないときに失業すると、かなり恐怖感があります。デフレの時代がそうでしょう。

デフレ時代は、資産を余裕で持っている人には、そんなに悪い時代ではありません。けれども、デフレ時代には転職市場が縮小するので、サラリーマンにはかなりきつい時代です。会社は社員に厳しい要求をしますし、会社を辞めたら職を見つけるのが大変になるからです。

やっぱり仕事がある安心感って、大きいですよ。人間、どこかで働けると思えたら絶望しませんもんね。

自殺を防ぐために、カウンセラーや医者が日々努力しておられるでしょう。倒産を防止する経営コンサルタントも同じです。

ただ、政治家がデフレからインフレに舵を切ることによってマクロで自殺を防ぐことができるので、個人レベルでするよりも、大きな成果があがります。時の政治が、どのような政策を取るのかは、本当に大事だなと思いました。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

トランプ大統領の弾劾

2017.05.18(23:47) 1814

私が予測していた4月末から5月初旬の朝鮮半島有事はありませんでしたね。はずれて良かったです(笑)。

ただし、前にも述べましたが、北朝鮮は核開発やミサイルの開発を止めることはないので、遅かれ早かれ何らかのことは起きます。

皆が騒がなくなって、忘れた頃に、テレビで”緊急速報”が入るんじゃないでしょうか。

それと、アメリカのトランプ大統領、えらいことになっています。弾劾されるかもしれないという話ですね。

トランプ大統領は危機に陥っていますので、それから目をそらすために、トランプ大統領が朝鮮半島有事を仕掛ける可能性も出てきました。アメリカは戦争をして成り立っていく国なので、アメリカ国内がゴタゴタしているときは、どこかに戦争を仕掛けることをやりそうです。

ただし、まだ米軍に準備が整っていないようなので、戦争を仕掛けるとしても、もう少し先のことだと思われます。

なんにせよ、トランプ大統領の弾劾の件では、為替も乱高下するでしょうから、しばらくは景気も見通せない状況になりますね。

しかし、トランプ大統領はピンチを乗り越える力を持っているので、この危機も乗り越えるでしょう。

日本も野党とマスコミが安倍政権を倒そうと、いろんなことをやっていますが、朝鮮半島やアメリカが混乱しようとするときに、日本国内も混乱するようなことは辞めてほしいですね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

ペンス米副大統領の演説は戦争をする意思表示

2017.04.23(22:02) 1809

4月19日、ペンス米副大統領が原子力空母のロナルド・レーガンにて演説をしていました。内容がネットで出ていたので読みましたが、あれはもう戦争するという意思表示ですね。演説の内容は、戦争に行く兵士を激励している内容です。ペンス米副大統領は、「戦略的忍耐の時期は過ぎた」ということを言っていましたから、武力行使をするということですね。

今日、4月23日の「テレビタックル」では、北朝鮮からのミサイル攻撃があったら迎撃ができるのか、武装難民が来たらどうするのかという話題になっていました。「テレビタックル」を見ていた人は、「北朝鮮からのミサイルを全部撃ち落とすのは無理だろう」と思ったでしょうね。自民党の石破さんはしきりに「全部落とせるような準備をしています」と言ってましたが、「100%は無理」とも言ってました。おそらく、事実だと思います。冗談抜きに、ミサイル攻撃の心づもりはしておかなければなりませんね。

「テレビタックル」では、日本は報復をする武器もないし、敵基地を攻撃する戦力もないとも言ってました。もし米軍がいなかったら、北朝鮮からのミサイル攻撃に対する報復もできないので、北朝鮮から脅されただけで簡単に降参させられていたということですね。

戦後「日本に戦争がないのは憲法9条のおかげだ」ということが言われてきましたが、さすがに今回の北朝鮮の問題で、「米軍のおかげで日本が他国から侵略されていない」という事実が国民に伝わってきたのではないでしょうか。

アメリカが北朝鮮に攻撃を開始したら、北朝鮮内での戦争の決着はすぐにつくでしょうけど、日本にとってはミサイルよりも、難民が日本に来ることや、日本にいる工作員によるテロの方が脅威になると思われます。

水と食料の備蓄はしておいた方がいいですね。こういうことは「無かったら笑い話」でいいんで、会社も家庭も備えだけはしておいた方がいいですね。

【追伸】  
関係ない話題ですが、昨日阪神タイガースのことをブログで書きまして、中谷と新井良太を出せばと言ってましたら、そのとおり、高山と原口に代えて二人が出ていました。中谷は2安打、2得点と活躍しましたね。金本監督の采配は、ジャイアンツの原監督の采配に似てきたように思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

難民の脅威

2017.04.19(23:21) 1807

今日は東京で打ち合わせがあったので、新宿及び永田町に出かけましたが、いたって平和でした(笑)。ミサイルがいつ飛んでくるかもしれない(私は月末までないと思っていますが)という状況ですけど、まぁ気にしてもしょうがないので、皆さんいつも通りに仕事をしたり、買い物をしたりしているのでしょうね。

戦争になったら、都市に向かってミサイルを打ってくるかもしれませんが、それ以外の脅威としては、難民と、難民のふりをした工作員だと思います。

戦争のどさくさに紛れて、一体全体どれだけの難民が半島からやってくるのか分かりません。また危険なのは、難民のふりをして、テロを仕掛けてくる工作員がやってくることです。既に日本にたくさんの工作員がいると言われていますが、その数が新たに増えることは脅威ですし、難民の世話をしていたら、逆に”やられた”ということもありうるわけですから、非常に治安が悪くなることが予測されます。

日本海側で、人口が少ない町村、お年寄りの一人暮らしの家などは狙われやすいでしょうから、自衛隊や警察とともに、ご近所でお互いに助け合う必要があります。

半島有事は、日本人が目覚める大きな転換点になるのでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

半島有事は、今月末か、来月頭か

2017.04.17(21:44) 1805

4月15日に北朝鮮が核実験をしたら、アメリカが北朝鮮の核施設を攻撃して戦争になるのではないかと、結構話題になっていましたが、今のところ何も起きていません。地震でも、経済危機でも、マスコミや人々が「大変なことが起きるぞー!」というと、何もなく、忘れた頃や「大したことはない」と言っているときに、大変なことが起きるというパターンがあります。

今回は、「アメリカが北朝鮮を攻撃するのでは?!」と、日本でも騒いでいたため、何となく、何もないかなと思っていました。

何かあるとしたら、「やっぱり何もないかな」と、人々が思い始める今月末か、来月の頭が危ないんじゃないでしょうか。4月28日から5月8日の間くらいが最初の危機かもしれません。

今月の最後の方では、ポール・マッカートニーさんのコンサートがあります。私は今回行きませんが、ポール・マッカートニーさんは来ますかね?もし、北朝鮮とアメリカ、韓国、そして日本との戦争状態になったら、ポール・マッカートニーさんだけではなく、プロ野球に来ている外国人選手も国に帰るでしょう。

北朝鮮の有事は遅かれ早かれ起きますよ。

なぜなら、北朝鮮は核とミサイルの開発を決して辞めないからです。最近よく話題に出ているレッドライン(アメリカに到達する核搭載の大陸間弾道弾を北朝鮮が持つこと)には、放っておけば、いずれ到達します。

それゆえ、そうなる前に、アメリカが攻撃することになります。というより、韓国の大統領選挙の結果が出る前に、アメリカが何らかの形で攻撃する可能性が高いですよね。

何が起こっても不思議ではないと思っておいた方が良いです。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



政治への提言
  1. 8月から10月は、世界の分水嶺(08/03)
  2. 民主主義における政治の責任は、国民にある(07/30)
  3. 失業率と自殺率の関係(05/19)
  4. トランプ大統領の弾劾(05/18)
  5. ペンス米副大統領の演説は戦争をする意思表示(04/23)
  6. 難民の脅威(04/19)
  7. 半島有事は、今月末か、来月頭か(04/17)
次のページ
次のページ