FC2ブログ


タイトル画像

台風19号が日本に甚大な被害をもたらしました。

2019.10.14(22:08) 2286

台風19号が甚大な被害をもたらしました。読者の皆様に被害はなかったでしょうか?

私は千葉県柏市に住んでおり、台風の直撃がありましたが、無事でした。それにしても、経験したことのない暴風と雨でした。

被害に会われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

今回の台風19号は日本列島の近づく前から気象庁が警告していましたので、私もいつになく妙な緊張がありました。

近所のスーパーでは、パンやカップラーメンが品切れになり、ホームセンターでは養生テープが無くなっていました。台風19号が来る前日の11日は異様な感じがしていました。お年寄りは、結構恐怖感を持たれていたように思います。

日本は毎年のように大きな災害があります。

ただし、今回の福島、宮城、岩手は東日本大震災から復興しているところでしたし、千葉県は先月の台風15号からやっと日常の生活に戻ろうとしていたところに追い打ちをかけるような災害となってしまいました。

前回のブログで決まってしまった消費税をネガティブばかりに捉えないことを書いてすぐに、反対のことを言って恐縮ですが、安倍政権は消費税を一旦無くすべきですね。

東日本大震災の後も増税していますけど、大きな災害があったときは国債を発行して減税に舵を切るべきです。国民が苦しんでいるときに増税するなんて、ナンセンスです。

素晴らしい起業家は必要ですが、政治家も必要です。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

消費税増税をどう考えるか

2019.10.09(22:34) 2285

10月1日から消費税が10%になり、軽減税率が導入されました。

レジ現場は混乱しているようですね。7日の月曜日にあるレストランに行って聞いてみたのですが、5日土曜日からお客さんが急に減っていると言われていました。

私は消費税には反対の立場です。しかしながら、決まって始まったことに対し、否定的なことばかりを考え心を暗くしていくと良くないと思います。

政治的には、今後消費税をどうするかを国民はよく考えて、それを選挙を通して反映させていくべきです。ただし、普段の生活や企業経営は現在進行形ですから、消費税の是非を論じるだけでは仕方がありません。どうそれを捉えて、対応していくかが大切だと思います。

あえて言えば、増税というこの厳しい状況に、個人や企業として光を見出していけるかで、大きく道が分かれると思うのです。

お金を払うときには、ネガティブな気持ちを持たない方がいいでしょう。自分がお金を使うことで、税収が増え助かる人がいる。物を買うことによって、そこで働いている人の生活が成り立っている。お金を払うことは良いことなんだと思った方がいいでしょう。

誰でも明日や将来に不安を持っています。私も同じです。だから、お金を貯めようとします。しかし、皆がお金を使わないようになったら、結局多くの人が不幸になります。

私もお金に余裕があるわけではありませんが、お金を使うときにはポジティブな気持ちで使うようにしています。お金は天下のまわりものです(笑)。

ところで、軽減税率については、私は下記の本を読みました。最初の1冊にはいいのではないでしょうか。





  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

「目標のある国家」と「目標のない国家」

2019.10.02(22:39) 2282



中国は、2019年10月1日に建国70周年の軍事パレードを行いました。そこで、東風41という大陸間弾道ミサイルが出ていました。

このミサイルは核弾頭を10個積むことができ、アメリカ本土まで飛んで行って、同時に10カ所に核攻撃ができるものだということです。

これが事実であるならば、アメリカはこのミサイルを迎撃することはできないでしょう。

そして、今日は北朝鮮がSLBMという潜水艦から発射するミサイル実験を成功させたというニュースが入ってきました。

東アジアの軍事情勢がとてもリスキーなものになっています。

しかしながら、アメリカのトランプ大統領は、来年の大統領選挙に向けて経済的な成功を引っ提げて再選したいようで、東アジアの独裁国家とはなるべく関わらないようにしています。

私はこうした世界情勢を見て、「目標のある国家」と「目標のない国家」の違いというものを感じています。

中国を目標のある国家という言い方は美化した言い方に聞こえるかもしれませんね。「野心のある国家」でもいいです。

なんにせよ、中国は「世界の覇権を握る」という明確な目標、野心があります。

でも、アメリカにはそうした目標がありません。そして、アメリカの大統領は、選挙が迫れば当選するために国民が好む政策をしなければいけません。はっきり言って、内向きなのです。ボルトン大統領補佐官が解任されたことでよりその方へ向かうでしょう。

プロ野球でもシーズンの終了間際になれば、目標のあるチームと目標のないチームとは、勢いやモチベーションが違いますよね。それと似たようなものが国家にもあると思います。

アメリカが何もしなければ、世界は危険な方向へ向かうのみです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

韓国がGSOMIAを破棄

2019.08.22(23:29) 2271



韓国がGSOMIA(ジーソミア)の破棄を決めたというニュースが飛び込んできました。

こうなるだろうと予測をしていましたが、韓国は亡国の道を進んでしまっています。

これからどうなるかと思う方も多いでしょう。

おそらく、この破棄を韓国が撤回しないならアメリカは韓国を見捨てるでしょう。すなわち米韓同盟の破棄です。

そうなると必然的に起こることは、在韓米軍の撤退です。対馬が日本の防衛線になります。

前にこのブログに書きましたが、アメリカは米軍をアメリカの方でできるだけ戻していきたいので、在韓米軍の撤退の理由ができることは、アメリカにとっては有難いことなのです。

米朝首脳会談と米各戦略の再検討

そして、韓国経済は更に窮地に追い込まれるでしょうが、米韓同盟破棄を含め悪いことはすべて、日本のせい、安倍さんのせいにしてくるでしょうね。

日本国民はそうした策略に騙されないようにしないといけません。

文大統領は、「すべては、日本が悪いのだ」、「日本に我々は勝つのだ」ということをしきりに喧伝して韓国民をあおり、北朝鮮と一つになるように働きかけるでしょうね。

「悪魔の国、日本に対抗するには北朝鮮と一緒になることだ」みたいなことを国民に言って、北朝鮮と一つの国になるように持っていくと思います。でも、一緒になったら、一番に命を狙われるのは韓国の大統領だと思うんですけどね。

日本の安全保障も大きな変革期に入りました。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

韓国をホワイト国から除外

2019.08.02(23:38) 2268

696eb9c117808ae1bb3ebdc5a46e6148_s (1)

政府は8月2日、韓国を安全保障上の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から除外することを閣議決定しました。

NHKやネットニュースでもこのニュースが大きく取り上げられています。

韓国は大変な状況になりますね。韓国は、国として終わってしまうのではないでしょうか。

今回の件では、日本からの輸出品が韓国の命運を握っていることが、日本人と韓国人の両方に知れわたったように思います。

また、ホワイト国除外の理由が安全保障上の理由だということを日本側は何度も言っています。これって、結構深刻は話です。

つまり、安全保障上問題があるということは、敵国に限りなく近いということですものね。

少し話は変わりますが、YouTuberで韓国人のWWUK TV(ウォーク ティービー)のWWUK(ウォーク)さんという方がいらっしゃって、私もたまに見ています。その中でウォークさんが、韓国の情報で大変なことを話していました。

それは、文在寅大統領の娘夫婦がタイに移住しているということです。

大統領の任期中に家族が外国に移住しているということは、なかなかないでしょうね。

韓国内では、近々戦争が起きるので、家族を逃がしているのではないかという憶測があるようです。

なんの理由で大統領の家族が国を出ていっているのかは分かりませんが、韓国は国としての危機を迎えているのでしょう。

私は過去のブログで韓国の危機を何度も書きましたし、2017年1月6日には数年先には韓国という国があるかどうか分かりませんという意味のことを書いていました。

2017年の予測 中国と韓国

韓国の人にとってはよい予測ではありませんが、現実となっていくような感じになっています。

日本人は一旦切れるとトコトンまで行くので、そこを見誤ってしまったのでしょうね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

本店を管轄外に移転する場合の登記

2019.07.24(13:16) 2267



九州や近畿は梅雨が明けたようですね。千葉県柏市も今日(2019年7月24日)、晴れて暑い日になっています。

先日、ある会社様の本店移転登記をするために、東京法務局へ行ってきました。

株式会社の本店(本社所在地)を移動(引っ越す時)するとには、それを法務局へ登記しなければなりません(定款変更も場合によっては必要)。

そして、東京では管轄する法務局が変わると、同じ東京都23区以内の移動でも登記申請を二か所分作成しなければいけません。

例えば、千代田区から新宿区や品川区に移転すると、管轄外への移動になり、登記申請が二か所分必要です。

この2か所申請が何になるかと言いますと、まず登記申請の費用が倍になります(笑)。

同じ管轄外なら3万円の印紙ですが、2か所になるともう3万円が必要になり、合計6万円の印紙を納めなければなりません。

これって、高くないですか?(笑) 

本店を管轄外に移転する会社は、それほど多くないから問題にならないのでしょうけど、移転する登記に別途3万円がいるのは高いと思うのですけどね。

それから管轄外に移転するときには、印鑑カードを引き継げません。移転先の法務局へ行って、また印鑑カードを作成しなければならないのです。

こうした複雑な行政の手間、コストは結構かかります。

消費税のようにたくさんの人が直接目にすることがないので、変える機運が起こらず旧態依然としているでしょうね。それによって、行政書士、社労士、税理士などの専門家が収入を得ているプラス面もありますよね(笑)。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

落選した人の挨拶

2019.07.22(21:49) 2266



昨日、参議院選挙が終わりました。自民党を中心とする与党が過半数を獲得しましたね。

マスコミやYahooなどのネットニュースでは、自民党が勝ったことよりも、改憲勢力が2/3に達しなかったことを見出しにして、さも与党勢力が負けたような印象を出していたと思います。

ただ、どうなんでしょう。自民党が勝ったことで消費税増税を国民が仕方がないこととして、信任を得たということになると、国民の生活にとっては大きなダメージがあるなと心配しております。

当たり前のことですが、選挙では当選する人がいれば、落選する人もいます。

何年か前、落選した候補者が翌日の朝に最寄りの駅で挨拶をしているのを見ました。支援くださったお礼を述べておられました。

落選した翌日の朝に駅前に立って挨拶するのは、それを思いつくことがあっても、実行するのは結構きついことだと思うのですね。

でも、人は見ています。こうした一つ一つの姿勢を人は見ているものです。

落選した翌日の朝に挨拶に立つなんて、「人の心を打つための見え見えの行動だ」という意見もあるでしょう。

しかし、見え見えの行動でも、実行する段階では面倒で、誰もができるものではないのです。

政治の票は、政策よりも、「なんとなく」だとか、「感じがいい」だとか、人気商売のようなところがあります。

人は本当によく見ているものなので、謙虚な姿勢、感謝できる姿勢、真摯さなどを、おろそかにしないことが大切です。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



政治への提言
  1. 台風19号が日本に甚大な被害をもたらしました。(10/14)
  2. 消費税増税をどう考えるか(10/09)
  3. 「目標のある国家」と「目標のない国家」(10/02)
  4. 韓国がGSOMIAを破棄(08/22)
  5. 韓国をホワイト国から除外(08/02)
  6. 本店を管轄外に移転する場合の登記(07/24)
  7. 落選した人の挨拶(07/22)
次のページ
次のページ