FC2ブログ

記事一覧

長い連休明けで会社に行くのが憂鬱な人へ

今日で長い長いGWも終わりですね。これほどの連休は今までなかったのではないでしょうか。10連休をした人は、まるで「夏休みが終わる小学生」のように憂鬱になっているのではないでしょうか。まぁ、仕事があることはいいことですよ!体が元気でも失業して仕事がないときついですからね。それに仕事があるからこそ、休みが楽しいものです。仕事をしているから、張り合いのある毎日が送れるという面もありますしね。今夜と明日の朝...

続きを読む

失敗をしない者を信用してはならない

ビジネスにおいて、失敗はつきものです。ドラッカーは、そのあたりについて何と言っているかといいますと、「まちがいや失敗をしない者を信用してはならない」と『マネジメント』(上田惇生編訳、ダイヤモンド社)に書いています。結局、失敗しない人というのは、「見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。」と、ドラッカーは言うのです。そして、「成果とは打率である。人は、優れているほど多くのまち...

続きを読む

誰もが同じ仕事の仕方を得意としてはいない

今日は仕事で東京に出たのですけど、あちらこちらで入社式に向かう新入社員さんの姿を見かけました。学生から社会人になって慣れるまでは大変だと思います。何でも話せる人を作って、相談しながら乗りきっていただければと思います。そういえば、2月の日経MJだったかと思いますが、「普段、ストレスを感じることは」というアンケート(複数回答)で、男性は55%が「仕事内容」、48%が「職場での人間関係」、37%が「体の...

続きを読む

仕事ができるということは?

抽象的な言葉なのですが、「誰々は仕事ができる。」という言い方がありますよね。仕事ができるということは、成果を上げられるということになりますね。ただ、一般的には、「仕事のスピードが早い」とか、「営業力がある」とか、「書類を正確に書ける」とか、「交渉力がある」とか、いろいろな要素があるでしょう。私のサラリーマン時代と独立してからの経験から思うに、仕事ができる人は、やはり民間の大企業にいたような気がしま...

続きを読む

上司の性格を知る

仕事をする上では、上司の性格を知っておくことは必要です。上司の性格に合わないことをやってしまうと、評価を落とすこともあります。例えば、私が以前いた会社の役員Aさんは、時間に厳しい方でした。社員のBさんがAさんと一緒に海外出張へ行ったときのことです。Bさんは集合場所のホテルロビーに5分前に到着しました。すると、役員のAさんは不機嫌な顔をしているのです。そして、「遅い」と言います。Bさんは集合場所へ5...

続きを読む

「社員が思うように動いてくれない」という経営者の方へ

経営者の方は、社員が思うように動いてくれない、仕事をしてくれないという悩みを持たれていることがあるでしょう。これは、経営者が考えるとおりに社員が動かない、すなわち成果を出さないということですが、経営陣は社員に何をするかを示せているでしょうか?例えば、「とにかくあと1,000万円取って来い!」みたいに、結果の状態だけを指示して、それ以外は的確なアドバイスを一切していないということはないですか?社員が...

続きを読む

新しい職場や環境で働く人へ

明日から新年度になり新しい職場で働くという方も多いのではないでしょうか。緊張したり、不安な気持ちになったり、心配したりしている人もいるでしょうね。中には、自分は同じ職場だけど、上司が代わる人もいるでしょうし、部下が入ってくるという人もいるでしょう。いろいろな変化を受け入れなければいけない季節ですよね。今日は月初めの神社に参拝するために外を歩いていたのですが、春がやってくる感覚がとても心地よかったで...

続きを読む

プロフィール

古賀光昭

Author:古賀光昭
経営コンサルタント。上智大学博士前期課程英米文学専攻修了。複数の上場企業等を経て、2009年5月に千葉県柏市にて独立。社外No.2の総務部長として人事、財務、経営計画書のアドバイスを行っている。このブログは「世界を変える志を持った若き起業家」へのメッセージ。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -