FC2ブログ


タイトル画像

SNSと本の断捨離

2019.12.09(21:59) 2302

最近、二つの断捨離を行った。

一つは、Facebookを一旦辞めて、同窓生だけのつながりにしたこと。

二つ目は、本を大量に処分したこと。

まず、一つ目のFacebook。ネットを使う時間を減らすにはSNSを辞めるのが一番かなと思って、一旦全部辞めた(笑)。ただし、同窓生との連絡手段がなくなるので、中学、高校の同級生のみに友達申請して、そのつながりだけを残すことにした。

自分が記事をアップする機会もほとんどなくなったし、Facebookを見る時間も大幅に減ったので時間的には良かったと思う。それから、同級生だけにすることによって気を使わなくてよくなったので、その点もプラスになった。

SNS疲れの人はFacebookの使い方を見直したらいいと思う。

次に本に関しては、段ボール箱12個、662冊を処分した。本の買取をする会社「KAUZO」さんに売却をお願いして、約半分を買い取ってもらった(半分は買い取れないとのことで、KAUZOさんで処分してもらった)。

過去に何度も本は処分をして、累計で2,000冊は家から無くなったが、一度にまとめた量としては今までで一番多かっただろう。

家に残っているのは、ドラッカーと一倉定さんの本とビジネス書などで、300冊くらいだろう。

本の断捨離をして特に気持ちがスッキリした感はない。

ただ、なんだか身軽になった気がする。身動きが取りやすくなったような感じだ。これはこれですごく良かったと思っている。

女優の戸田恵梨香さんも断捨離をしたら、今の朝ドラの主役が来たと述べられていた。

ほっておくと物や情報は増えるばかりなので、捨てる習慣を持つか、定期的に廃棄し整理することが必要なのかもしれない。



  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

父の最後の言葉

2019.11.23(22:09) 2298

父が亡くなって25年になる。

交通事故死だったので、最後の言葉を交わすことができなかった。

当時は「言葉を交わしたかった」という思いが強かったが、時が経って、そうしたこともあまり考えなくなっていた。

ところが、ある本をきっかけに、父が最後の言葉を僕たちにかけたとしたら、なんと言っただろうかと考えた。

その本は、ゲームデザイナーの小島秀夫監督の『創作する遺伝子』(新潮文庫)である。



小島秀夫監督は、僕が尊敬している方だ。『創作する遺伝子』によると、小島監督のお父様は自宅で倒れて救急車で病院に運ばれ、そのまま何も言葉をかけられることなく亡くなられたそうである。

小島監督は当時13歳で、救急車に同乗し、お父様が何か言おうとされていたのを見ていたらしい。大変つらい経験だったと思う。

その時にお父様が言おうとされた言葉を、35年経って『星やどりの声』(朝井リョウ著)という本を通じて、お父様の声を聴いたということが『創作する遺伝子』に書いてある。

ここを読んで涙が出たが、僕の父も僕ら(家族)に何を言いたかっただろうということを改めて想像してみた。

でも、ヒントになる言葉は生きている頃から聞いていたのである。


父は定年の前の数年、大阪から単身赴任で東京本社で働いていた。

僕は当時大学生で、兄はサラリーマンだったと思う。

月に一回だけ帰ってきていたが、東京に戻るときは月曜日の朝一の新幹線を使っていた。

新大阪駅まで兄と僕とで車で送っていた。

新大阪駅で車を降りるときに父がいつも言っていたことは、「お母さんのこと、頼むぞ」だった。

僕も兄も独身だし、まだまだ頼りない存在だったので、父から母のことを「守る」ように言われたことは意外だったし、変な感じがした。


でも、今の僕ならこの父の言葉はよく分かる。

僕がどこか行くとしたら、息子に「家内と娘」のことを「頼むぞ」と言うと思う(息子にとっては、母と妹)。

だから、25年前、父が最後の言葉を言えたとしたら、たぶん

「お母さんを頼むぞ」

と言ったと思う。



現在、母は大阪府池田市で兄夫婦と一緒に元気に暮らしている。

兄夫婦は、父の遺言をきちんと守ってくれているのだ。

感謝である。



  ⇧
ブログランキングに参加しています。ひと手間かかりますけど、よろしければ、クリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

天皇陛下のご即位とラグビーワールドカップ

2019.10.23(23:58) 2287

昨日10月22日は、天皇陛下が「即位礼正殿の儀」で国内外に即位を宣明なされました。22日は朝から関東は雨でしたが、午後1時前に雨が上がり、太陽が出ていました。

儀式が終わった後に曇ってきましたので、まさに「即位礼正殿の儀」の時だけ晴れたような形です。吉兆ですね!

ワールドカップラグビーでは、日本代表が残念ながら、南アフリカに敗れました。

しかし、多くの日本人がラグビー日本代表を勇気をもらったことでしょう!そして、とても感動したと思います。

すごいものを見せてもらったという感じですね!

ラグビー日本代表は、これからの日本を象徴するような気がしました。

それは、外国籍の人と協力しあって日本のために頑張るということです。

ラグビーの代表選手は、外国籍であっても、その国に3年以上居住している者(2020年からは5年以上)であれば、代表選手に選ばれる可能性があります。国籍が日本国籍でないといけないという縛りがないのです。

これからの日本社会も日本企業も、外国籍の方と一緒に、よりよい世界を作っていくことが必要なんだなと思います。

日本は日本の文化と日本らしさを守っていくことは大事です。プラスして、外国の人と力を合わせて、よりよい国や社会を作っていくことが求められています。

日本の象徴である天皇陛下の即位とラグビーワールドカップが奇しくも同じ時期にあったのは偶然ではないと思っています。


ところで、元日本代表の廣瀬俊朗さんが『ラグビー知的観戦の薦め』(角川新書)を書かれています。ルールの解説書ではないので、私のようなラグビーの素人には多少分かりにくい部分もありました。でもラグビーの素晴らしさが伝わる本です。ラグビーに興味のある方は、読まれるといいですよ!




  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

ジョリーパスタでランチをして

2019.09.12(18:48) 2277



先日、家内と一緒に「ジョリーパスタ」というファミレスのイタリアンレストランへランチに行ってきました。

最近、甘いものを控えているのですけど、新製品で「ショコラータモンブラン」というのが出ていたので、つい注文してしまいました(笑)。(写真)

モンブランの上にジェラートが乗っていて、その上に薄い板チョコが乗っています。

熱いホットチョコレートが付いていて、それを上からかけると板チョコが溶けて、モンブランの周りに落ちるという演出がされた美味しいデザートです。

かなり甘いので、甘いものが好きな人には天国のような気持ちが味わえるでしょう(笑)。

ところで、ジョリーパスタでは(宣伝ではありませんよ)、ジョリーパスタのアプリを持っていると、ドリンクバーが99円です。安いですよね!

私が若い頃の喫茶店では、お代わりのできないコーヒーが350円くらいしていたと思います。ファミレスのドリンクバーも同じくらいの値段がしていたのではないでしょうか。

考えたら、ファミレスのドリンクバーは安くなりましたよね。ファミレスの料理も昔と比べて高くなっている気がしません。

書籍は5割くらい高くなっている気がします。でも、外食代はそんなに高くなっていません(量は減っていると思いますが)。

それだけ外食の会社は相当な努力をしてコストダウンをしているのでしょう(従業員にもそのしわ寄せがいっていると思います)。

しかしながら、10月から消費税が上がりますから、デフレの流れはより強くなるでしょうね。

外食産業の方の努力によって安くて美味しいものが食べられていますが、人々の収入が上がり、今より高い価格になってもなんてことのない時代になればいいなと思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

評論家の竹村健一さん死去

2019.07.11(21:26) 2265



評論家の竹村健一さんが亡くなりました。

竹村健一さんは、私が10代の頃に影響を受けた人です。

私が10代の頃は、テレビや新聞は左によっていて、保守的な意見を言う人がとても少なかった時代です。その中で竹村健一さんは異色でした。

テレビの「世相講談」という短い番組で、面白く分かりやすいたとえをしながら、日本のことを応援しておられました。

また、外国の有名人、例えばサッチャー首相が来日されると、英語で直接会話されているところがとてもかっこよかったです。

私は竹村健一さんの本を次から次へと読んでいたのですけれども、『情報の読み方」という本でしたか忘れましたが、竹村健一さんが学びを得ている人3人を紹介していたものがあったのです。

そこで出ていた人が、渡部昇一先生であり、長谷川慶太郎さんであり、小室直樹さん、堺屋太一さんでした。私は竹村健一さんが薦めていたこれら四名の方の本も、竹村さんの本と同じように片っ端から読むようにしました。実は、渡部昇一先生の本との出会いも、この竹村健一さんの本がきっかけなのです。

そういう面でも私にとって竹村健一さんの存在は大きなものでした。学問的な知識以外では、これら5名の方の考え方が私の思想の柱になっていました。

そして、自分自身の本質、タイプも渡部昇一先生よりは、竹村健一さんの方が近いと思います(笑)。タイプ的には竹村健一さんの方が自分にピッタリきますね。

残念ながら、竹村健一さんとは直接お目にかかる機会はありませんでした。

偉大な方がまた一人亡くなってしまいました。竹村健一さん、テレビや本を通じてでしたが、本当にありがとうございました。
来世はどこかで直接ご指導ください。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

誕生日に温泉へ行ってきました。

2019.07.10(21:55) 2264



今日、7月10日は私の誕生日です(笑)。何回目かは忘れてしまいました(笑)。

7月10日は、ウルトラマンの日でもありますし、納豆の日でもあります。7月10日の誕生花は『風鈴草』、花言葉は『温かい心』、 誕生石は『ブラッドストーン』、宝石言葉は『勇敢』だそうです。

さて、今日は家内と一緒に手賀沼のそばにある「天然温泉、満天の湯」へ行ってきました。

昨日で仕事も一段落していましたし、誕生日ということで、少しゆっくりするのもいいかなと、家内の薦めで初めて満天の湯へ行きました。

評判のいい温泉ですから、昼間でも結構人がいました。いえ、他の温泉の夜くらい混んでいたと言ってもいいでしょう。それくらい人気のある温泉です。

風呂に入った後は、2階の「いやし処」というリクライニングチェアに座り、リクライニングしてボーっとできました。

ただ、驚いたのは、私の横になっていたリクライニングチェアの隣に若い女性が来たことです(笑)。このいやし処は、リクライニングチェアが並んでいるのですが、隣とピッタリくっついて配置されているところがあります。ちょうどそのくっついて配置されているところに女性が来たので、私の真横に若い女性がいることになり、ちょっと困惑しました(笑)。

落ち着かなくなったので(笑)、起き上がり、食事に行くことにしました。

先月は大阪に帰り、岩屋館という旅館に泊まり、今日は温泉でゆっくりとして、無意識に身体を休めているようです。

日本人はまじめなので、知らない間に、精神的にも肉体的にもかなり無理をしていると思います。

温泉に入ってボーっとしたり、旅館に泊まって心身を癒すのも大事ですね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

大阪に5年ぶりで帰省しました その3

2019.06.29(21:43) 2262



先輩のご厚意により6月23日の甲子園、阪神タイガース対埼玉西武ライオンズの試合を観に行くことができました。

席はバックネット裏のグリーンシート下段でしたから、とても見やすく、テーブルもあり、有難いところでした。

私が甲子園球場へ行くのは、20年ぶりくらいです。それだけの時間が経つと、随分甲子園球場は変わっていました。

まず、球場や周辺が綺麗になっていることです。そして球場の周辺に屋台やお店があり、華やかな感じがしました。昔は球場に向かう道にダフ屋がいて、「チケットあるよ」とか言って声をかけられるくらいでしたが(笑)、今はテーマパークのような雰囲気があります。

球場に入っても、様々な売店があって、とても活気がありました。昔は、イカ焼き屋くらいしか印象にありません(笑)。

そして、座席の周りにも、食べ物を席の下にほかす人を見かけませんでした。以前は、食べものが入っていた器やビニール袋などを座席の下にほかす(捨てる)人ばかりなので、上の段から下に汁がこぼれてきたないということがよくありました(苦笑)。

それと、たばこのにおいがしませんでしたね。昔は席でもタバコを吸ってよかったですし、見に来ている人のほとんどがタバコを吸っていた感じなので、吸わない私はつらかったですけど、今はそういうのはありません(神宮球場のバックネット裏の2階席はタバコ臭かったです(笑))。

女性や子供が来易い球場になっていましたね。昔は、モノを投げる人もいたし、ガラの悪い感じがありましたが、随分良いように変わりました(笑)。

そして、試合は阪神タイガースが負けたのですけど、負けたような気がしませんでした。たぶん、球場が野球だけを楽しむ場ではなく、テーマパークのようにしているので、野球以外の部分で楽しめるようになっているからだと思います。

食べたり、飲んだり、騒いだり、風船飛ばしたり、イニングの合間に何か催しがあったりしますもんね(笑)。

阪神タイガースファンの娘も初めての甲子園で、感激していましたし、その大きさに驚いていました。神宮球場とは全然違うと、言っていましたね。

ブログには書ききれないですけど、記憶に残る素晴らしい帰省となりました。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



ふと思ったこと
  1. SNSと本の断捨離(12/09)
  2. 父の最後の言葉(11/23)
  3. 天皇陛下のご即位とラグビーワールドカップ(10/23)
  4. ジョリーパスタでランチをして(09/12)
  5. 評論家の竹村健一さん死去(07/11)
  6. 誕生日に温泉へ行ってきました。(07/10)
  7. 大阪に5年ぶりで帰省しました その3(06/29)
次のページ
次のページ