fc2ブログ


タイトル画像

たまに見る嫌な夢

2021.09.13(19:41) 2575

私は眠っている間に悪夢を見ることはありませんが、たまに”嫌な夢”は見ます(笑)。

どういう夢かと言いますと、「大学の単位を取りそこなうのではないか」という夢です。

例えば、「明日が試験なのに、試験範囲が分かっていなくて、試験を受けなくてはいけない」だとか、「全然授業に出ていない科目があり、明日が最終日で単位が取れない(卒業できない)」といった夢です(笑)。

大学時代に単位を取ることに神経をすり減らした覚えはないのですが、時折、この嫌な夢を見ます(笑)。

娘にこの話をしますと、娘も同じような夢を見ることがあるらしく、娘の場合は高校生で、遅刻しそうな夢を見るそうです(笑)。

娘は一度も遅刻をしなかったでしょうし、遅刻をするタイプでもありませんでした。でも、こうした夢を見るようですね。

私の場合、大学を卒業して30年以上が経ちます。それなのに、今だに単位を取り損ねるのではないかという夢を見るのは不思議です。起きている時に大学時代のことを思い出すことは、ほとんどないのですけどね。

そして、この嫌な夢を見たときに目が覚めると、いつもホッとしています(笑)。

「な~んだ、夢か。。。」というやつです。

次回から、この夢を見たときに、「これは夢だ。幻だ!」と夢の中で気づくようにしようと思います(笑)。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

美を感じると脳が元気になる

2021.08.30(21:14) 2569



神経美学という学問があるそうです。

その研究によると、人間の脳には生存本能だけではなく、人として品性を高めて豊かに生き、他者とのつながりを喜ぶ”高次の脳”が備わっているそうです。
(今日の記事は、サントリーウエルネスが発行している『美感遊創』228号を参考にしました。「神経美学」については、下記の本を参照してください)




美しいものをみたり(美しい風景や絵を見るなど)、美しいものを聴いたり(美しい音楽を聴く)すると、脳の前頭葉の底のほうにある部位が活性化することが分かっているそうです。

そして、この部位は、脳内の”快・報酬系”といわれる情報伝達の神経回路にあり、「またやろう」という意欲を誘う脳内システムの一部だそうです。

それゆえ、芸術鑑賞などで「美」を感じることは、「またやろう」という前向きな脳を育てる習慣にもなるらしいです。

美しいものを見たり、聞いたりすることは、脳が元気になり、生きる活力を引き寄せてくれるのですね。

女性がイケメンにキャーキャーいうのも、悪いことではないのですね(笑)。

「最近、元気がないなぁ」と思う人は、美しい景色や絵画や芸術作品を鑑賞したり、美しい音楽を聴いたりするといいですね!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んでも、コロナは収まることはないでしょう。
まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

元日本ハム、中田翔選手の件

2021.08.24(22:40) 2567


『北斗の拳』(武論尊、原哲夫 集英社)より

元日本ハムファイターズの中田翔選手の暴力とその後の巨人(読売ジャイアンツ)への無償トレードに関連して、ネット上でたくさんの批判が出ています。

この件については、中田翔選手本人以外にも「NPB」(特にコミッショナー)や、「日本ハム」(特に栗山監督)、そして巨人(特に原監督)に関して疑問符がつくことが色々あります。

ただ、すべての問題をここで書いても仕方がないので、今日は”暴力”についてだけ書こうと思います。

中田翔選手は日頃から、チーム内の選手に対し”いじり”ということをしていたようですね。

中田氏は、いじられている人も楽しんでいると思っていたのでしょうか?いじられる側は、決して楽しいことではないでしょうし、嫌がっていたと思います。

”いじり”も暴力の一つでしょう。

漫画『北斗の拳』でモヒカンのモブザコが弱い人をいたぶり面白がっているシーンがあります。私は”いじり”というのは、そのモヒカンたちがやっていることと同じだと思うのです。

弱い人は何もしかえすことができず、周りは見てみぬふりをしてゲラゲラ笑い、執拗に嫌がらせるをする。それが”いじり”でしょう。いじめですね。

中田氏のように30歳を過ぎた大の大人がまだそんなことをしているのかと思いますが、おそらく他のチームでもやっていることだと推測します。

プロ野球OBのYouTubeを見ると、昔のプロ野球界では普通に暴力が振るわれていたと聞いていますので、一般人とは暴力の感覚が違うのかなと思います。

つまり、「自分たちも殴られてきたし、逆に殴ってもきた」から、暴力はいけないと口では言いながら、内心は「大げさに騒ぎすぎ」くらいに思っているのかもしれません。

そのあたりの内面は実際のところ分かりませんし、暴力に対する感覚には個人差があることでしょう。

しかし、暴力やいじめについては、現役のプロ野球選手だけではなく、OBも正しい見解をもってもらいたいと願っています。


現在ただいまにも暴力やいじめで苦しんでいる人が会社や学校にはたくさんいると思います。

プロ野球選手やOBの方のような影響力のある人たちが、本心から「暴力はいけない。いじめは決してしてはいけない」と言ってくれれば、世の中に良い影響を与えます。

それゆえに、原監督は謹慎期間が9日間しかしていない中田氏をすぐに使うべきではなかったのです。多くの人が嫌な感情をもったでしょう。


とにかく、自分より立場や力の弱い者に対し暴力を振るうなんて最低ですよ!

そんなことをする人は、『北斗の拳』の”あのモブザコのモヒカン”と一緒です。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

メダルを取った選手への嫉妬について

2021.08.10(20:48) 2563



東京オリンピックが終わり、少し気になることがあります。

それは、選手の報奨金の話が具体的にニュースに出ていることです。

私はメダルを取った人に報奨金が払われることは良いことだと思います。

ただ、現在はコロナによって苦しんでいる人がたくさんいますので、そういった報道が後々恨みを買うことにならないかと思っています。

また、今後コロナの感染が増えて、東京オリンピックの余韻も忘れられたときに、「オリンピックのせいで感染が増えた」という思う人がたくさん出てきても不思議ではありません。

そういう時に攻撃されるのは、政府や東京都でしょうけども、選手にも攻撃が行く可能性があります。

それから、東京オリンピックで活躍した選手はスキャンダルにも気をつけておいた方がいいでしょう。

今は持ち上げられていますが、不倫などのスキャンダルがあると、一気にマスコミとネットの攻撃を受けてしまいます。

東京オリンピックでメダルを取った人は、「自分は嫉妬される立場なのだ」ということは頭に入れておいた方が良いですね。

日の丸を背負って頑張った選手からすれば、「なんでそんなことになるの?」という感じでしょうが、人とはそういうものです。

他人の嫉妬心は憎しみに変化しますから、とても危険です。

バラエティ番組の出演などはできるだけ避けて、慢心をせずに、謙虚に、調子に乗らないようにしておくといいのではないでしょうか。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

東京オリンピックの男子ゴルフの松山英樹選手に感動!

2021.08.01(19:37) 2560

東京オリンピックは毎日熱戦が繰り返されています。

昨日は、全日本女子バレーボールの古賀紗理那選手が復帰したことが嬉しかった半面、足のケガの具合が大丈夫なのかと心配をしています。

ところで、今日は東京オリンピックの男子ゴルフを観戦していました。

松山英樹選手の頑張りに、胸が熱くなりました!

私はゴルフをしませんし、ゴルフの中継も観ないのですけど、今回のオリンピックでは松山英樹選手のことが気になっていたので、できるだけ見るようにしていました。

いや~、すごかったですね。松山英樹選手の結果はメダルには届きませんでしたが、日本のためにメダルを取ろうと頑張っている松山英樹選手の姿に感動しました!

でも、私は思ったんですが、何が悲しくて、こんなにいい試合が無観客なんですかね。

他の競技も同じですけど、世界最高レベルの人々が国の威信を背負って戦っているのに、それが無観客だなんて、本当に勿体ない話です。

以前『週刊新潮』の記事で紹介しました”イベルメクチン”をワクチンの代わりに国民に飲ませていたら、ある程度の観客を入れることができたと思うのですけどね。選手にも応援が力になったと思うので、本当に残念です。

いろいろと言われた東京オリンピックですが、バレーボール、ソフトボールやフェンシング、そしてゴルフなど、私にとっては忘れられないオリンピックになると思います。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

東京オリンピックの開会式のドローンはガイエスブルク要塞だった!(笑)

2021.07.27(13:17) 2558



東京オリンピックではメダル・ラッシュですね!

私は個人的には、”古賀つながり”で、女子バレーボールの「古賀紗理那選手」を一番応援しています。古賀紗理那選手は、先日の試合でケガをしたようで、早くケガが治られることを祈っております。

女子日本バレーボールを応援していますので、男子日本バレーボールの試合も応援しようかとテレビで観ていたのですけど、男子日本バレーボールはむちゃくちゃかっこいいですね!あんなにかっこいいスポーツだとは思いませんでした(失礼しました)。

私は普段はプロ野球の阪神タイガースしかスポーツは見ませんので(笑)、バレーボールは興味がなかったですが、野球よりバレーボールの方がかっこいいのではないかなと東京オリンピックを見て思いました。もっとファンが増えてメジャーになってもおかしくないスポーツですよね。


ところで、少し時間が経ちましたが、開会式がイマイチだったということをいろいろな人が述べています。

私は開会式のドローンの地球を見て、「ガイエスブルク要塞だ!」(『銀河英雄伝説』(田中芳樹著)に出てくる帝国軍の軍事要塞。同盟軍のイゼルローン要塞の前にワープアウトして戦いを挑んでくるシーンがある)と言って、すごいなと思っておりました(笑)。

ただ、「イマジン」(それもジョン・レノンの唄ではない!)とクイーンの曲はどうなんかなと思いましたね。

JPOPや日本の唄に良いものはたくさんあるのに、それらを披露すればいいのになとは思いました。

まぁ、国民の納得が全面的に得られていない東京オリンピック・パラリンピックという雰囲気なので、そこに楽曲を提供するのは「二の足を踏むのかな」というのはありますね。

ただ、日本には素晴らしい文化や音楽がたくさんあるから世界に発信してほしかったなと思います。

とにもかくにも、日本選手を応援したいと思います!

頑張れ!ニッポン!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。
応援クリックいただけましたら幸いです。

------------------------------------------------------------------
ワクチン接種が進んで、つかの間の平和が来るかもしれません。
しかし、まだまだ世界と日本の危機は続きます。
企業家のみなさん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの経営する事業によって救われる人が必ず出てきます。
現代に光を灯すのは企業家なのです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



タイトル画像

週刊新潮「東京五輪を安全安心に開催したいならイベルメクチンを」

2021.06.25(21:59) 2548



今週発売の『週刊新潮7月1日号』に「米国の緊急医師団がJOCに緊急提言 「東京五輪を安全安心に開催したいならイベルメクチンを」という特集が組まれています。

イベルメクチンというのは、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士が発見した抗寄生虫病薬のことです。

メキシコ、インド、ペルー、ブラジルなどの国々ではイベルメクチンを使用したら10日以内に感染者数・死亡者数が劇的に減少したということです。

また、イベルメクチンをコロナの予防として1回4錠を2~3週間に一回の服用すると予防効果があるようです。

この週刊新潮の記事には、コロナの救急救命の最前線に立ってきた医師団体FLCCCアライアンスの言葉として次のように書いてあります。

「ワクチンは変異ウィルスに対しては効果が低下する可能性もありますが、イベルメクチンは効いています。このような薬を使用することは、感染を抑えて五輪を成功させるためにも、重要ではないでしょうか」

日本の一部のお医者さんもイベルメクチンを使っている人がいるみたいですが、もっとこの薬を使えば今のようなコロナの混乱ももっと抑えられているのかもしれませんね。

この週刊新潮には、長崎大学大学院教授の北澤氏が率いるチームが5-ALAが新型コロナウイルスの増殖を抑える効果がある可能性を発表したことも、別の特集で書かれています。

週刊新潮の記事がどこまで真実なのかは分かりませんが、治験が終わっていないコロナワクチンよりも効果のある薬があるのなら、それをもっと検討していただきたいものです。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
企業家の皆さん、今はたとえ小さな光であっても、
志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える企業家たちへ



ふと思ったこと
  1. たまに見る嫌な夢(09/13)
  2. 美を感じると脳が元気になる(08/30)
  3. 元日本ハム、中田翔選手の件(08/24)
  4. メダルを取った選手への嫉妬について(08/10)
  5. 東京オリンピックの男子ゴルフの松山英樹選手に感動!(08/01)
  6. 東京オリンピックの開会式のドローンはガイエスブルク要塞だった!(笑)(07/27)
  7. 週刊新潮「東京五輪を安全安心に開催したいならイベルメクチンを」(06/25)
次のページ
次のページ