タイトル画像

同窓会の会報を見て思ったこと

2017.04.11(22:42) 1803

私の高校の母校は、大阪府立桜塚高等学校と言います。有名な落語家や俳優が何人か出ている公立高校なんですけど、今年が創立80周年ということで、同窓会の会報が私の家に送られてきました。

ざっと目を通すと、いろいろなことが書かれているのですが、その中に物故者芳名というページがあり、高校の同級生の芳名が載っていました。

人間、いつかはこの世を去りますが、高校時代の同級生が亡くなっているのを知ると、寂しい思いがします。まだ若かったでしょうから、御家族も、さぞお辛いことだったと思います。

人の命は貴重ですし、人に与えられた時間はかけがえのないものです。

当たり前のように過ごしている時間も、当たり前のように会っている人も、当たり前じゃないんですよね。

「今回で会うのは最後」という人は、山のようにいるでしょう。

気になる人がいれば、会っておくことですね。

例えば、余命があと1年だと想像して、その時に会いたい人がいるのなら、その人には今年中に会っておいたらいいでしょう。

そうでも思わないと、なかなか会いたい人に会えないものですよ。

私は、この世に人が生まれてくる理由は、人に会うためだと思っています。

あなたが生まれる前に会うことを約束していた人は、誰ですか?

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

浅田真央ちゃんが引退

2017.04.10(23:31) 1802

フィギュアスケートの浅田真央ちゃんがブログで引退を発表しました。

家内が大ファンなので、家内に付き添って、浅田真央ちゃんがいろいろな大会で着ていた衣装と写真パネルの展示会に行ったり、浅田真央ちゃんが使っている洗顔石鹸アルソア クイーンシルバーを買いに行ったりしました。

衣装を見ると、ほんと細身なんですけど、よくあんな凄いジャンプが飛べるなぁと感心していました。

また、お母さんを亡くされて、とても悲しい思いをされたことと思います。本人にしか分からない、つらい経験もあったでしょう。

日本人にとって浅田真央ちゃんは、”光”のような存在ですけど、それはスケートを引退されても変わることはありません。

第二の人生を楽しみながら、笑顔で進んでいってもらえたらと願っています。


浅田真央ちゃん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

我が家は、たくさんの勇気をもらいましたよ!!(涙)

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

悲しみの意味

2017.03.20(23:54) 1789

前回のブログで「別れの悲しみ」について書きました。

悲しみって、あってほしくないものですけど、もし人が生きていく上に悲しみが無かったとしら、人の生(ひとのせい)は薄っぺらいものになるんじゃないでしょうか。

前回は、悲しみが心のひだを繊細にするということを述べましたが、悲しみの感情が他の人を愛することにつながっているような気がします。

つまり悲しみを深く知っている人ほど、人をより愛することができるということですね。

悲しみが、愛を深め、愛を生み出すエネルギーの元になっているのかもしれません。

「悲しみ」と「人を愛すること」は全く別のもののようですが、元は一つのものなのかもしれません。

だから、愛の大きな人、愛が深い人は、同じ大きさの悲しみを知っている人なのだと思います。

また、悲しみがあるから、癒しを感じることができます。大好きな音楽を聴いて、心が癒されることを感じることができます。人の笑顔や言葉が優しく心を潤すことを感じることができます。悲しみのときに人の愛を深く感じることができるのです。

それから、もっと積極的な意味合いとして、悲しみを乗り越えたときの喜びもあります。悲しい出来事はつらいですが、それを何とか乗り越えたら、そこに幸福感があります。

この世は、悲しみからも幸福感を得ることができるようになっているんだと思います。

悲しみの存在は、神仕組み(人間には分からないけれども、絶妙な組み合わせで作られている計らいのこと)なのでしょうね。

この世に無駄なことは、何もないのですね。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

別れの悲しみを感じるとき

2017.03.18(19:07) 1788

街に出ると、卒業式の帰りと思われる親子を見かける季節になりました。卒業式は目出度いイベントではあるのですが、同時に別れもあり、寂しい気持ちも湧いてくるイベントでもあります。

人生では、卒業だけではなく、いろいろな別れがあります。

会社を退職して、もう会わない人もたくさんいます。

恋人として付き合っていたけどケンカして別れることもあります。一生一緒に歩もうと約束した夫婦が離婚したりすることもあります。

また、病気や事故で死別することによって、二度と会えないこともあります。

ただ、私は思うのですが、別れの悲しみというのは、人生の”いろどり”になっているのではないかなと。

別れの悲しみのない人生を想像してみてください。ずっと一緒です。それって、ある意味苦しみですよね(笑)。どんなに仲の良い人でも、永遠に一緒にいたら、しんどいですよ(笑)。


ある人と別れて悲しい思いを経験することによって、心のひだが繊細になり、喜べることの素晴らしさに気づけます。新しい人との出会いが、有難く素晴らしいものになります。

積極的に悲しみを求める必要は全くありませんが、もし別れの悲しみを経験したら、それにフタをして誤魔化すのではなく、自分の悲しい気持ちを素直に受け止めてあげるといいのではないでしょうか。

大切に思った人との別れは悲しいんです。

悲しいことなんだから、その悲しみを素直に出すことですよね。

涙を流して、その自分の悲しみの感情を感じ、自分の気持ちをいとおしく抱きしめてあげることが大事なんだと思います。

そして、明日は、今日よりも笑顔になれたら、いいですね!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

皆様いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

トランプ次期大統領の記者会見と太陽光発電事業者の倒産

2017.01.13(00:12) 1729

トランプ次期大統領が初めて記者会見をしました。

テレビで見ましたが、CNNの記者に対して「失礼だぞ」と何度も言って、質問を拒否していたのがとても印象的でした。

なかなかあそこまで言える大統領はいないですよね。

また、アメリカとの貿易不均衡の例えで、日本、中国、メキシコが挙げられていました。

変な話ですが、中国やメキシコがアメリカに対し儲かっていて良かったです(笑)。

なぜなら、日本だけだったら、日本だけを潰しにかかられるからです。

それで思い出したのが、三国志です。その中で諸葛亮孔明が、呉をそそのかして、大国の魏と戦わせることが描かれています。

魏がアメリカだとしたら、呉が中国ですね。蜀が日本です。

別に日本が中国をそそのかすことはしていないわけですけど、アメリカにとって中国という敵があることが有難かったですね。

日本はアメリカと摩擦を起こすようなことはしないで、とにかく国力を上げることですね。


話は変わりますが、太陽光関連事業者の倒産が2016年に最多の65件発生したとのニュースがありました。

前年比20%増だそうです。

固定買取価格が下がるなんて、政治による詐欺のような話ですが、一般的に普及するほどの段階ではないものを、政府の力で無理やり普及しようとして失敗した例になるでしょうね。

地球環境に優しいという大義名分があって、絶対に儲かるみたいな話が太陽光発電だったと思うんですが、こういう話は落ちるのも早いですよね。

化けの皮が剥がれると言いますか、ボロが出ると言いますか、こうしたうまい話は乗らない方がいいです。


若い人はご存知ないでしょうが、昔携帯電話がない時代にポケットベル、通称ポケベルというのがありました。

ポケベルは個人が持つので、固定電話で連絡しにいく人に連絡できるから、爆発的に普及するぞという話を持ち掛けられたのです。私は提供する資金もないし、関わりませんでした。

ところが、ポケベルが普及する前に、携帯電話の方が普及しました。そしたら、誰もポケベルを持ちませんよね。

関わらなくてよかったです(笑)。

ただポケベルが出た頃に、携帯電話の普及スピードを予測できた人はいないと思うのです。

「時代はポケベルだ~」と思っても、それを超える技術革新が起きれば、すぐにポケベルを誰も使わないようになります。

「時代は太陽光発電だ~」と考えても、それを超える環境に優しく安いエネルギー供給ができれば一気に流れは変わります。

それがどういうもので、いつ出てくるか分からないので、事業は難しいのです。

言えるのは、政治に頼るような経営をしない、政治に依存するような事業をしないことですね。

自社を扱う製品を超えるイノベーションが起きたときにどうするかを日頃から考えておくことが大切です。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのご依頼はこちらから
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

日本をもう一度輝かせるために頑張ろうと思う志ある経営者よ!
一緒に仕事をして、日本を世界のリーダーにしましょう!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

今年もあと1週間

2016.12.24(20:34) 1713

今日はクリスマス・イブですね。

昼間は少しゆっくりしましたが、夕方から仕事をしています(笑)。

我が家のクリスマス会は明日になると思います(笑)。

子供は二人とも成人しているんですけど、我が家は節目のイベントをやりたがるんですね。

実は私はそうでもないんですが(笑)、成人している子供たち(笑)がイベントにこだわるので、家内も喜んでそれに合わせているような感じです。

そういえば、うちの子たちは小学校の高学年までサンタクロースを信じてくれていました。

私が子供たちが寝てから、枕元におもちゃを置いておいたのですけどね(笑)。

ただ、子供たちも気を使っているのか、気づいてからも、「おもちゃ置いていたの、パパやろ」とは一度も言いませんでした。親の気持ちを大事にしてくれていたのでしょうね(笑)。

そういえば、今日はほとんどの会社は休みでしょうけど、サービス業の方など出勤で、かなり忙しかったのではないでしょうか。

お疲れ様です。お仕事が終わったら、温かいものでも召し上がって、休息してください。

今年もあと1週間、元気に年を越したいですね!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず、「案ずるより産むが易し」(笑)で連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

今年の漢字は「金」、古賀の漢字は?

2016.12.12(20:52) 1702

今年の漢字は「金」でしたね。私の印象では、隠されていたものが明らかにされた年であったなというのがあります。

不倫や薬物に手を出している人だとか、色々なものが明るみになりました。地震もありましたけど、オリンピックでメダルラッシュという明るい話題もあったので、「明」がいいのかなと思っています。

そして、私個人では、「転」ですかね。

あの~、”転んだ”の「転」ではないですよ(笑)。

転機の「転」ですね。

今年は人生の転機、仕事の転機の年でした。

3年ほど表に出していなかった経営メソッドを世に出したり、コンサルティングの種類を代えたり、自分のことについて気づけることがあったりと、あとあと考えたら「2016年が人生の転機だったのだな」と、言うようになる年なのかなと思っています。

今年結婚した人、離婚した人、就職した人、転職した人、個人事業で独立した人、たくさんいらっしゃると思うんです。

そうした方々は人生の大きな転機ですよね。

転機の判断や行動が人生の方角を大きく変えていくので、転機は大事な時期ですね。

欲張ったり、自分ばかりが得するようなことを考えたりして判断をすると間違う可能性が高まります。

「自分も周りも幸せになるような決断をしていく」といいですね!

あとは、未来は明るいと信じることです!

あれ?!やっぱり、「明」ですね! チャンチャン!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への経営コンサルティングのご依頼はこちらから
あまり考え込まず、「案ずるより産むが易し」(笑)で連絡してください!
           
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の思い通りにならない悩みを解決し、富を創造する秘訣を教えます!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 厚かましいお願いですが、今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭の経営相談室



ふと思ったこと
  1. 同窓会の会報を見て思ったこと(04/11)
  2. 浅田真央ちゃんが引退(04/10)
  3. 悲しみの意味(03/20)
  4. 別れの悲しみを感じるとき(03/18)
  5. トランプ次期大統領の記者会見と太陽光発電事業者の倒産(01/13)
  6. 今年もあと1週間(12/24)
  7. 今年の漢字は「金」、古賀の漢字は?(12/12)
次のページ
次のページ