タイトル画像

この冬を18リッターの灯油で乗り切りました!(笑)

2018.03.05(20:53) 1991

暦の上では春ですが、あさってから寒い日が来るようで、春にはもう少しかかりそうです。

ところで、皆さまの家では灯油を使っておられますか?それとも、エアコンですか?あるいは、コタツでしょうか?

我が家では、エアコンの暖房は使わず、灯油のストーブを使っています。今回の冬で驚いたのは、昨年の11月に購入した18リッターがまだ残っているということなんです(笑)。

一冬を18リッターで乗り切りました!(笑)。この冬はむっちゃ寒かったので、キセキみたいな気がします!(笑)。

リビングにコタツを置いていて、家族はそこを使っていますけど、私は暖房の無い部屋でいつも仕事をしています。今思うと、よくこの寒い冬を灯油をあまり使わずに乗り越えたなぁと、感心しています(笑)。

あの、誤解のないように言いますが、「スウェーデンハウス」のような密封性の高い家とかではなく、築40年ほどの公団マンションです(笑)。

まぁ、一戸建てよりは寒くはないと思いますけど、家の中でもやっぱり寒いのは寒いので、いつも服を着こんで、家の中でマフラーをして仕事をしたり、本を読んでいたりしました。

それから、これも誤解のないように言いますが、精神鍛錬のために寒い環境に耐えているわけではありませんよ(笑)。私は修験道のような修行を一度もしたことはありませんし、関心もない方です。

今は冷暖房のない部屋の環境なので、その中でもくもくと成果を出そうとしているだけですかね(笑)。

若い頃は与えられた環境から「逃げよう逃げよう」としていましたけど(笑)、最近はドン!と受け止めて、”ねじ伏せよう”としているみたいです(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
ぜひ一度、一緒に仕事をしませんか!

古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

渡部昇一先生の授業風景 その2

2018.03.01(21:46) 1988

渡部昇一先生の授業風景の続きです。

上智大学の渡部先生の英文科の修士課程では、シュナイダー先生の英語論文の輪読を行っていました。

前もって誰がどのパラグラフを読むか決まっていて、その英文を順番に声を出して読んで、その日本語訳をしていきます。

一人の日本語訳が終わったら、その内容について渡部先生がお話をされます。ざっと30分くらいでしょうか、淡々と渡部先生はその内容に関することをお話されます。

そこで、当時の政治に絡めた話をされるということもありませんでしたし、愛国的な話は一切されなかったですね。

私の推測ですが、渡部昇一先生は、英文科の授業やゼミではそれに関したことを教えるべきであると思われて、それ以外のこととは一線を引かれて、それを守られていたのではないかと思います。

そして、私には、その英語学や英文学のコメントをする先生がとても楽しそうされていると思われました。


授業で渡部先生は、誰かを指名して答えを出させるということはされませんでしたね。質問があれば答えるという形式でした。

渡部昇一先生の修士課程の授業は、お弟子さんで他大学で教えておられる先生方や博士課程の先輩などが同席していて、それらの先輩方の質問はレベルが高く、渡部昇一先生も楽しそうにその質問に答えておられましたね。

そして、大学院の授業はたしか90分だったと思いますけど、一回の授業で当たる人は二人で、1時間を少し超えるくらいの授業だったと記憶しています。


毎年、渡部昇一先生の大学院の授業は、金曜日の昼前のコマに決まっていたようです。

それゆえ、授業が終わると、毎週渡部昇一先生は、昼のランチを食べに弟子の先生方と私たち学生を四ツ谷の洋食屋さんに連れて行ってくださっていました(笑)。

渡部先生が皆のランチを御馳走くださったのですが、そこでは時事的なお話などはされていましたね。

そういえば、弟子の先生方は英文科の先生なのですが、時事問題にかなり詳しかったです。決して右寄りの先生方ではなかったのですけど(笑)、渡部先生ときちんと話をされる知識と教養をお持ちでした。

余談ですが、初めてランチに行った日は、支払は割り勘だと私は思っていたので、「食後の飲み物は?」とお店の人に聞かれて、私はお金がなかったので、「要りません」とお断りしましたら、先輩に「コーヒーか紅茶はついているから」と言われたのを思い出します(笑)。

それと、毎週行くせいか、お昼の込み時にもかかわらず、いつもいい席が空けてありました。お店の人が配慮してくれていたのでしょうね(いい席というのは、できるだけ静かな、すみの方で大きなテーブルという意味です)。

大分月日が経ちましたので、うろ覚えのところがありますけれども(笑)、今回はここまでにしたいと思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

渡部昇一先生の授業風景 その1

2018.02.28(22:38) 1987

昨年亡くなられた渡部昇一先生の本を読んで尊敬している方はたくさんいらっしゃると思います。

ただ、渡部昇一先生の講演を聞いたことがあった人でも、先生の英語学の授業に出ていた人や修士論文の指導を受けた人は、ほとんど上智大の出身者しかいないでしょうね。

そこで、先生の授業がどのようなものであったかについて興味のある方もいらっしゃると思うので、少し書いてみようかと思います。


渡部昇一先生というと、「保守の論客」というイメージを持たれている方は多いでしょう。英文科の先生だと聞くと驚かれる方もいらっしゃいますよね。

私も先生の日本を愛する文章や、日本に誇りが持てるようになる文章が大変好きでした。

そうなると、渡部先生は授業で、保守的な話をされていたのではないかと思われる方は多いでしょう。

実は違うんです。

私は2年間、大学院の授業に出ましたが、授業中に保守的なことを聞いた記憶は一回もありません。

日常の時事問題や政治の話もされなかったのではないでしょうか。


渡部先生の専門は英語学ですけど、授業では英語学や英文学の授業をされていました。

大学院の授業では、そこらで売っていない英文のテキストを使います。

具体的には、渡部先生の恩師であるドイツ人のシュナイダー先生の英語論文がテキストでした(笑)。

普通の人は絶対に読まないですよね(笑)。

それを輪読していくんです。


続きは次回に (^^)

<続く>




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

高校のクラスメートとプチ同窓会

2018.02.26(23:34) 1985

今日は仕事の後に、新宿で高校時代のクラスメートとプチ同窓会(食事会)をしました。

大阪の桜塚高校の3年生の時の同じクラスのメンバーなのですが、男性のY君が東京へ出てきたので、クラスメートの女性と私との3人で会うことにしました。

残念ながら写真は載せることができません(笑)。御了承ください(笑)。


高校のクラスメートと話をすると不思議なことに、その当時の気持ちを思い出すようです。私以外の二人とも、高校時代を鮮明に思い出していて、不思議な気がすると言っていました。

遠い〇十年も昔の話なんですけどね(笑)。厚かましいですけど(笑)、3人で話をしていると高校時代に戻ったような気がするので、それだけ分かり合える友達なんでしょうね。

私の場合、高校時代を振り返ると、もっと楽しめる方法があったなぁと思うことがあります。今さら後悔するようなレベルではないですけどね。

ただ、いろんな人ともっと本音で思っていることを話した方が良かったなぁと思うことがあります。

今日も私が「こんなことを思っていた」と話すと、二人とも共感してくれてました。

同じようなことを思っている人がいても、お互いにそんなに突っ込んだことは話さないので、分からないまま、卒業していくんですよね。

まぁ、年齢を重ねたから話せるものも多いでしょうから。


そうそう、友人が褒めてくれました。

「みんなただのおっさんになっていくのが普通やけど、古賀は違うもんな。」と。

有難い言葉ですね!(笑)

あ、私は、ほんと「ただのおっさん」ではありません(笑)。えっ、たぶんそうです(笑)。

「ただのおっさん」ではない人って、どんな人かなと思う人は、ぜひ一度私に会ってください!(笑)




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!

2018.02.19(23:55) 1979

オリンピックのカーリング女子の日本対スウェーデン戦をテレビで観戦しました。

素晴らしい試合でした!劇的な逆転勝利でしたね!

私も段々ルールが分かってきて、神経がヒリヒリするような展開でした。

正直、「今日は負けかな」と阪神ファンらしく(笑)、すぐにあきらめていたんですけど、強豪スウェーデンに見事逆転勝利を飾りました!

日本カーリング女子のみなさんは、みなさん可愛らしく、凛々しく、体力的にも精神的にも強かったですね!


ところで、カーリングを見ていて思ったんですが、人間って、ほんといろいろなタイプといいますか、国によって、見比べると全く違いますよね(笑)。

ある意味、同じ人類としてみるのも無理なくらい見た目が違います。

スウェーデンの選手や、ロシアの選手、アメリカの選手、日本の選手、全然違いますもんね。

人体のパーツパターンや部品は決まっているけれども、種類は全く違う者が地球上に無数に存在しているという感じがします。


また、言葉も全然違います。世界でいったい何カ国語あるのでしょうか?数千あると言われていますね。

そうした言葉を誰が発明したのでしょうか。

ポンと生まれてきて、言葉を発明できますか?

文法を考えて、単語を考えて、発音を考えて。そんなことができる天才が各民族に何千人といたということなんですかね。

誰かに教わるか、マネをするかしないと無理だと思います。

地球でそれだけの言語が新たに創造されたというのは、ちょっと考えにくいですね。

では、言語の起源は何なのだということになります。

私には分かりません(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

A型インフルエンザの恐怖ww

2018.01.17(21:39) 1952

久しぶりのブログ更新になりました。といいますのも、お恥ずかしながらA型インフルエンザにかかっていました。

先週末、家内が咳き込みだし、38度を超える熱が出ました。もしやインフルエンザではないかと思い、翌日に病院に行かせますと、A型インフルエンザという診察でした。

家内は、薬を吸入し、すんなりと治ったのですけど、翌日から私の方が具合が悪くなり、熱が出はじめました。それがちょうど日曜日で病院は閉まっていたため、何とか耐えて、翌日の月曜日に病院に行きますと、A型インフルエンザという結果でした。

月曜日に病院に行ったときには熱は下がり気味だったのですけど、インフルエンザ用の薬を吸入して、すぐに治るかと思いきや、また熱が上がり、その後、徐々に熱が下がった次第です。

それにしても、インフルエンザは、かかるとえらい目にあいますわwww
(ちなみに、今回のブログタイトルは、「ウルトラセブン風」のタイトルにしているだけで、恐怖感を持ったわけではありませんよ(笑))

私は独立して8年半になりますけど、熱が出るような病気はしなかったので、熱を出して寝込んだのは、たぶん10年ぶりくらいかと思います。

独立して2度家族がインフルエンザにかかったことがありましたが、2度とも私は大丈夫でした。

しかし、今回はやられましたね。認めたくはありませんが(笑)、体力が昔より落ちているんでしょうね。

また、病後もすぐに回復しないんですよね(笑)。 熱が下がっても、体は痛いし、食べ物の味は分からないし、何もする気が起きませんでした。たぶん、体が強い人ならインフルエンザにかかったとしても回復が早いと思います。


今回の教訓としては、やはり体は鍛えておくべきだということですね。

何もしないでいれば、体力は落ちていくばかりですから、普段から体を鍛えて強くしておくことが大切だなと思いました。





いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

ゆず湯とクリスマスイブ

2017.12.22(17:48) 1937

もうすぐクリスマスイブなんですね(笑)。彼女がいるわけではないし(笑)、というか妻帯者ですし(笑)、子供も成人しているので気にしていませんでしたが、スーパーに行くとクリスマスケーキの準備をしていたので、改めて気づきました(笑)。

そして、今日は冬至なので、ゆず湯(ゆず風呂)の日ですね(笑)。

我が家は、ゆずを切らずに入れるゆず湯です。また、我が家は塩も入れます。これは邪気を払うためにやっています。

もともと、ゆず湯は邪気を払う意味があったようですね。だから、古賀家では、ダブルでの邪気払いです(笑)。


ところで、年末でクリスマスイブが近づいてくると、「今年も一人ぼっちのクリスマスイブだなぁ」とか、「いい人と出会えなかったわ」とか、「生活が苦しいから、他の人みたいに楽しいクリスマスができない」など、いろいろと思う人もいるかもしれませんね。

私も独身で若い頃は毎年思っていましたよ。「今年もむなしいクリスマスや。」って(笑)。

かといって、結婚して家族を持って、クリスマスを何度も過ごしていますけれども、独身時代と幸せ感が変ったかというと、そうでもないんですよね。

独身のときは、父母や兄とのクリスマスがありましたし、野郎同士のクリスマス会もありましたが(笑)、今思い出せばそれなりに「楽しかったんじゃないのかな」と思うんです。

たぶん、当時は「彼女がいない」ことに意識が集中していたから(笑)、他の人とのクリスマスを楽しくないように勘違いしていただけで、本当は幸せな時間だったんだろうなと思います。

世間の考え方に自分を合わそうとしても仕方がないし、人と幸せを比べても意味がないんですよね。

本当は、その時々の自分と、その周りにいてくれる人で十分幸せなんでしょうね。

有難いことです!





いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

社長の悟りを高めて、経営力を上げる経営コンサルティング 「仏教的経営成功法」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
------------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



ふと思ったこと
  1. この冬を18リッターの灯油で乗り切りました!(笑)(03/05)
  2. 渡部昇一先生の授業風景 その2(03/01)
  3. 渡部昇一先生の授業風景 その1(02/28)
  4. 高校のクラスメートとプチ同窓会(02/26)
  5. カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!(02/19)
  6. A型インフルエンザの恐怖ww(01/17)
  7. ゆず湯とクリスマスイブ(12/22)
次のページ
次のページ