タイトル画像

幸楽苑、1割の店舗を閉鎖

2017.11.13(18:34) 1914

「幸楽苑」(こうらくえん)という東証一部上場のラーメンチェーンが、全体の1割に当たる52店舗を閉鎖するというニュースがありました。

私は以前、このブログにて、幸楽苑のことについて書いたことがあります。

「言うのはタダの「リンガーハット」と「幸楽苑」の味」

その頃から、既に「危ないじゃないか」というところがあったのですけれども、今回の発表はそれを裏付けるものでした。

良くなかったのは、2点あります。

一つは、税別290円の中華そばを辞めたことです。これによって、看板料理がなくなりました。

スーパーは、毎日必ず特売品を出して、お客様の目を引き、店内に入ってもらう工夫をしています。幸楽苑の290円の中華そばは、その役割を果たしていました。

お客様も毎回安い中華そばだけではなく、とりあえず店に足を運んで、中華そばとギョーザを頼んだり、たまには他のラーメンを頼んだりというようにしていたと思うので、安い中華そばは魅力だったのです。まず、それがなくなったのが大きいですね。

次に、前回のブログで書いたように、突然味が落ちたんです。今回のニュースでネットでのコメントをサラッと読みましたけど、味が落ちたとか、美味しくなくなったというコメントが結構ありました。

何か食材をケチったのでしょう。看板商品がなくなり、同時に味が落ちたので、常連が離れたのだと思います。

私は、この幸楽苑の一連の流れを見て、「こんなことを創業者がするのかな?」と思ったんです。「会社を創業する人が、こんなレベルの経営のミスをするとは思えないな。」と思い、幸楽苑のHPを見ました。やはり、今は創業者の息子さんが社長で二代目のようです(若い方ではありません)。

たぶん社長は現場、お店にも行ってないのだろうし、自分のお店のラーメンを食べていないのでしょうね。最初の試食くらいはしているかもしれませんけどね。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

多方面に書いているブログですが

2017.11.11(23:54) 1913

昨日のブログにザ・ビートルズがオーデションに落ちた原因として、選曲が良くなかったことを書きました。ロック、バラード、フォークなど、総花的にいろいろな曲があって、ビートルズの良さが伝わらなかったようです。

これは、私も身につまされる話で、私のブログも広範囲にいろいろなことを書いています(笑)。

おそらくそのことで私が何を専門としているのか、何者なのかが分かりにくくなっていると思うのです(笑)。まぁ、笑ってばかりいられませんが。

確かにブログを書いている人や本を書いている人は、ほとんどが同じ分野のことを書いていますよね。例えば、経済評論家なら、経済を中心に書いて、プラス政治くらいです。

歴史を書く人、成功法を書く人、みな絞った分野で書いていますよね。

スピリチュアルな人なら、霊のことや宇宙人のことを書きますし(笑)、占いの人は運勢などを書きますし、スポーツライターならスポーツの記事を書きます。


ところが私の場合、マネジメント、社長学や人事、会計やマクロ経済や政治問題などの話だけではなく、人生相談や夫婦の問題、婚活、仕事の仕方のアドバイス、阪神タイガースを中心としたスポーツの話題(笑)、近い未来の予測や歴史関連、評論、音楽、テレビ番組など、幅広いジャンルについて書いています。

ほんとうはジャンルを絞り込んで書いた方がいいのかもしれませんけど、私はできないですね。

絶対に飽きます(笑)。同じジャンルのことを書いたら、私自身が飽きてきてつまらなくなると思うんです。

いろいろなことを書いていることが、強みをぼかして欠点になっているかもしれませんが、しょうがないですね、そうしないと続けられないので(笑)。

でも、どこかで多方面に書いていることを強みに転じられれば良いなぁと思っています。

これからも、ブログの応援、よろしくお願いいたします!



いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

人によって似合う色ってあるんですね(笑)

2017.11.01(23:37) 1903

ちょっと今日は変なお話です(笑)。大学生の頃、「黄色(薄い黄色です)のカーディガンを女の子が着たら、かわいいだろうな」と男の友人と話していたことがあります(笑)。

その話を大学の同級生の女性にすると、「可愛いとは思うけど、似合わない人もいるんちゃうかなぁ」と言っていました。

彼女に限らず、女性は「私はこの色の服似合わないから」と言う人が多いですね。

私は、「そんなことあるかな。」と思っていたのですけど、最近、分かりました(笑)。

やっぱり人によって、似あう色ってあるんですね。

自分を見て、初めて気づきました(笑)。

実は、ホームページやブログ用に、自撮りで写真を撮っていたのです。

最初は青系のワイシャツで撮りました。

そして、別の日に薄いピンク系のワイシャツと、えんじ色のネクタイで写真を撮ったのです。

これが似合わなかったですね(笑)。

初めて気がつきました。自分がピンク系の色が似合わないことに(笑)。ずっと着ていたんですけどね、ピンク系を。

自分では、青系の方が合っているんですよね。ピンク系だと、顔が青白くなって、さえないんです(笑)。

「なるほど、人によって合わない色ってあるんだ」と、初めて認識しました。

髪の毛の色だとか、目の色、肌のトーンだとか、その人の醸し出している全体の雰囲気とかで、似合う色ってあるんでしょうね。

そして、年齢によって似合う色も変わって来るんでしょうね。

今まではただ気に入った明るい色の服を着ようと思っていましたけど、パーソナルカラーを知って、できれば似合う色の服を着ていきたいと思います。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

無印良品のレジ対応

2017.10.24(23:05) 1897

無印良品というお店がありますよね。私は無印良品が好きではありません(笑)。

なぜかといいますと、いつもレジで待たされるからです。

先日も家内の買い物で付き合って無印に行ったのですが、レジで待たされました(笑)。

お客さんが並んでいるんですけど、レジを一つだけで回すんですよね。レジの後ろをでパソコンを見ている人が二人いるんですよ。それでも、まったくレジに入ろうとしないんですよね。

こういう店って、いまどきないですよね(笑)。スーパーでレジが混むというのはありますよ。でも、それはレジにまわる人員がフル回転していて、さばけない人がレジに並んでいるんですよね。

コンビニやその他の店だったら、レジに人が並んだら、品出ししている人が走ってきてレジ対応に入ります。レジで待たせないことがお客様サービスの肝だと思うんですけどね。


最近PHPが出している『THE 21』という雑誌があるので、たまたま購入して読みました。すると、無印良品の会社である「株式会社良品計画」の前会長の松井忠三さんの記事が載っていたのです。

そこには、店舗で使う業務基準書『MUJIGRAM』というものの紹介がされていました。これはマニュアルのようなものですね。

この業務基準書、随分良いように書かれていますが、現場ではレジの対応すらできていませんよね。前会長、現場に来ていたのですかね?(松井さんは2001年から社長に就任しています)1日でも、いや1時間でもお客さんとして無印良品に行ったら気づくと思いますけどね。

現場のレジが”こんなんだ”ということは、業務基準書に

1.「お客様の立場に立ったレジ対応が具体的に書かれていないか」、

2.「書かれているが、それを社員が無視しているか」

のどちらかですよね。

なんとなくですが、あのレジを見ると、会社が官僚組織化しているのかもしれません。

まぁ、私は買いに行きませんので(笑)、官僚組織であっても関係ありませんけどね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

悪の集団のパターン

2017.10.17(23:45) 1892

今回の衆議院選挙で希望の党が急失速する中、立憲民主党が存在感を増しているようです。

まぁ、左よりの(反日的な)人の受け皿になっているのでしょうが、そうではない方は党名が変わっても、”あの民主党”だということを忘れない方がよろしいのではないでしょうか。

以下は民主党のことを言っているのではありませんので、誤解なきよう(笑)。

悪い組織というのは、名前を変えるのが好きです(笑)。

最初の「仮面ライダー」の敵は、「ショッカー」でした。

ところが、ある日、突然、「我々はゲルダムの力を得て、新たにゲルショッカーとして生まれ変わる。」みたいなことを言い出して、戦闘員のカラーが変わりました。

でも、ゲルショッカーの首領は納谷悟朗さんのままで、戦闘員も最初の日だけは強かったのですが、二回目からはショッカーと同じように弱くなりました(笑)。

私は子供でしたので、「おおー!ショッカーもやるな」と思ったのですが(笑)、翌週から弱くなり、長靴が黄色になったので、かえって弱々しくしく思ったものでした。

また、「仮面の忍者赤影」の最初の悪者は、「金目教(きんめきょう)」という怪しい宗教でした。そして、赤影が金目教を倒すと、まんじ党という団体になって、ギヤマンの鐘を巡って戦います。ところが、金目教の頭領もまんじ党の頭領も同じ甲賀幻妖斎で同じ人なんです(笑)。

社名は出しませんが、昔ある会社がありまして、ものすごく評判が悪かったのです。それで大学の就職課もその会社名を名指しし、「その会社には行かないように!」と説明会で通達するほどでした。

実は、その会社で知人が働いていたのですけど、ある日その人の勤務先が全然違う会社になっていたのです。「転職したのですか?」と聞きますと、「いや、同じや。社名が変わったんや。」と言ってました(笑)。

あまりの悪評に、社名を変えたようです。


本質的なものが変わり、発展的に組織名や会社名を変えるのはいいと思います。

でも中身が何にも変わっていないのに、組織や会社の名前を変えて人の目をごまかすのは、悪の集団のパターンです(笑)。

まぁ、特撮や会社の話ですけどね(笑)。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

紳士服の業界はマーケティングが難しい

2017.10.06(22:35) 1885

私の家の近所にモラージュ柏というショッピングモールがあります。その中に、紳士服のオリヒカというお店があったのですが、9月末で閉店してしまいました。

閉店前にお店に寄って買い物をしましたが、閉店セールを狙って(笑)、結構賑わっていました。

それにしても、これからの紳士服の企業って、経営が難しいですよね。

若い人たちは、スーツをあまり買わないでしょうし、スーツに高いお金を払おうともしないでしょう。スーツ自体は縮小していく市場ですよね。

芸能人でもないかぎり、カラフルなスーツ、ジャケットを着こなすのは難しいですから、普通の人は、どうしても無難な紺色だとか、黒だとかを選ぶようになります。

そうすると、紳士服の店も、黒や紺のスーツばかりを製造し、同じようなものが店に並んで面白味がないんですよね。あとは、ネクタイで色々な色を楽しむということになりますが。

ところが、ネクタイも最近はつけない人も多いです(笑)。私も仕事であってもカジュアルぽい服を着るときもありますし、ネクタイをつけないことも増えました。

まぁ、こんな感じだとスーツやネクタイが売れないですよね。非常にマーケティングが難しい業界だと思います。

着たら加齢臭がしなくなるスーツだとか(笑)、ダウンジャケットを着ているように暖かいスーツだとか、とにかく軽くて肩がこらないスーツだとか、なんか開発しないといけませんよね。

3Dプリンタのように、オーダーメイド製品を格安でできる機械を開発するなんていいかもですね。

何かイノベーションしないと難しい業界だなとつくづく思いました。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

日経平均株価の上昇と広島カープの優勝

2017.09.19(23:43) 1873

日経平均株価が今日は随分上がりましたね。前週末終値比389円高の2万299円だったようです。

とは言っても、今年の私の予想では、秋には25,000円くらいにいくのではないかと思っていたのですが、この様子では外れそうですね(笑)。

まぁ、私の予想を間違わせたのは、北朝鮮の動向でした。私は、北朝鮮の危機は来年本格化すると見ていて、それで韓国が来年はあるのかなというようなことを書いていたのです。

ところが、思っていたより早く北朝鮮情勢が緊迫したので、株価が上がらなくなったように思います。

それと、安倍内閣が森友学園や加計学園の騒ぎによって内向きになって、それもマイナスに作用したのではないでしょうか。


話は変わりますが、広島カープが優勝しました。

FAで補強もせず、逆指名で選手も獲得しないチームが連覇をするというのは、巨人や阪神へのアンチテーゼとして、良かったのではないでしょうか。

やはり広島カープのようにドラフトを上手にやって、育成して勝っていくチームがあるというのが夢とロマンがありますよね!

逆指名制度がやはり巨人に相当有利に働いていたと思うんですね。その逆指名ができなくなり、逆指名した選手が引退したり、中心でなくなってきたりしたので、広島カープにチャンスが出てきたと私は思います。

逆指名制度があるなんて、ドラフトではないですもんね(笑)。

ドラフトやFAが今のままの制度だったら、広島カープの黄金時代は続くような気がします。

それと思い出しましたが、今年の優勝予想をほとんとの評論家が巨人としていましたが、小宮山さんが広島カープの優勝を予想していました。「巨人のキャンプを見たけど暗かった。でも広島カープのキャンプはみんな日本一になれなかった悔しさで練習をしていた」と言ってましたね。

見る人が見れば分かるものなのですね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



ふと思ったこと
  1. 幸楽苑、1割の店舗を閉鎖(11/13)
  2. 多方面に書いているブログですが(11/11)
  3. 人によって似合う色ってあるんですね(笑)(11/01)
  4. 無印良品のレジ対応(10/24)
  5. 悪の集団のパターン(10/17)
  6. 紳士服の業界はマーケティングが難しい(10/06)
  7. 日経平均株価の上昇と広島カープの優勝(09/19)
次のページ
次のページ