タイトル画像

支出配分の変化を知る

2018.03.24(23:25) 2010

人口構造の変化と同じように重要なことにも関わらず、経営戦略上で関心が払われていないことに「支出配分の変化」があります。

ピーター・ドラッカーは、「支出配分の変化ほど、企業にとって重要なものはない。」と言っています。(『明日を支配するもの』、ダイヤモンド社)

支出配分とは、顧客の全支出がどのような割合で使われているかということです。特に自社のサービスや製品に関係する支出が増えているかどうかは重要なデータになります。

しかし、この重要な数字を追いかけている企業は、あまりないでしょう。

統計局のホームページに「家計調査」が載っています。最新のデータは2017年となっていますが、それを見ますと日本の産業で家計の支出が増えている分野と減っている分野が分かります。

家計の支出を前年度比で見て、総額の前年比に対し、上回っているのが成長産業、同じなのが成熟産業、下回っているのが衰退産業だとします。

そうなると、日本ではほとんどの産業が、残念ながら衰退産業になっています。

成長産業と思われるのは、通信、調理食品、乳製品、果物加工品、飲料(お酒以外)、肉類、自転車(販売)、菓子類、家事用消耗品ですね。

旅行などの娯楽は衰退産業になっています。また、意外ですが、保険医療も衰退産業までは言い過ぎかもしれませんが、良く言っても成熟産業で、家計の支出が伸びているわけではありません。

教育は、伸びていると予測する人も多いかもしれません。しかし、あまり伸びはなく、どちらかというと衰退産業です。

不思議なのは和服です。3~4年に一回、10%、28%、56%と伸びることもあれば、それ以外は20%以上のダウンと、上下がものすごく激しい業界のようです。3~4年に一回ブームが来るのかもしれませんね。

日本全体の家計消費は節約志向が強く、ここに出てきていない産業はほとんどが衰退産業になります。

ただし、イノベーションが起これば、衰退産業が成長産業に変化することもあります。

また、需要拡大が見込まれない状況に応じた経営戦略を取れば、衰退産業であっても問題ありません。

衰退産業にあっては、コスト削減と品質向上の努力によって、業界内での地位を確保することが必要になります。




いつも応援クリックありがとうございます! 励みになっております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

この度、顧問料を大きく見直しました。
御依頼いただきやすい価格にいたしました!


コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

キリン一番搾りが凄く美味しくなった!

2018.02.13(21:30) 1975

私は普段お酒をほとんど飲まないのですけど、たまにちょっとだけ飲むことがあります。お酒に弱いんですよね(笑)。

2014年の7月にキリンビールが一人負けしている記事をブログに書きました。キリンビールの一人負けの理由は、キリンビールが美味しくないということを書いたものでした。

ところが、最近「キリン一番搾り」の味が変っています。

すごく美味しくなっているのですね。美味しくなったら、それも記事に書かないと不公平かなと思い、今日は書こうと思いました(なお、私はキリンビールから何の利益もいただいていません(笑))。

美味しくなったのは、「キリン一番搾り」で、卵のしずくのような図柄が入ったものです。



これだけ美味しいと思った缶ビールは、アサヒの「スーパードライ」以来ですね。

というより、「スーパードライ」が少し物足りなくなるくらい、「一番搾り」が美味しいですね。

キリンビールが本気を出せば、そういったものが作れるということなのでしょう。

これで思い出したのが、トヨタ自動車です。

私が若い頃、ホンダがプレリュードやシビックを出して、いい車を出していたんです。それに対し、トヨタはさっぱりいい車がない印象でした。

ところが、奥田碩(ひろし)さんが代表取締役社長になってから、トヨタは急に良くなって、いい車を作るようになったんですね。

やはり、資本力や人材のいる会社は、何かのきっかけで変わると、総合力があるので、いい製品を作ることができますね。

たぶん現場に近いところに権限を委譲して、好きにやらせたのではないでしょうか。


今回の「キリン一番搾り」のように、本来あった製品を作り替え、普段お酒を飲まない私のような者にも「美味しい」と言わせてお客様を引き付ける成功例があります。

自社の製品、商品、サービスが過去に成功したままではいけませんね。

過去に成功したものでさえ、改善できる部分がないかを考え続け、新しいお客様をつかんでいくイノベーションや工夫が必要です。

そうしないと競合に負けていくでしょうね。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

九紫火星の年は、高級感、高額がキーワード

2018.02.04(20:51) 1968

今日の『日経MJ』に、四半期ごとに行われる「日経消費DI」の1月度調査で景況感の指数が約22年ぶりに、小売りなどの「物販」、「外食」、「サービス」の3分野が全てプラスになったという記事が1面に載っていました。

どうやら景気が良くなってきている実感があるようですね!

外食でも価格を値上げしてもお客様が離れていないということが書いてありました。

昨日は節分で恵方巻を食べた方も多かったでしょう。恵方巻は年々高額化しているようですが、高額の恵方巻は富裕層だけではなく幅広い層で売れていたそうです。

2月4日、立春となり、九紫火星の年になりました。九紫火星の年は、いろいろなキーワードがあります。その二つが高級感、高額です。

今年は、企業はお客様の高級志向に応えられる商品やサービスを考えて、それを打ち出すといいでしょう。また、おひとり様が喜ぶサービスが人気をよぶと思われます。

ところで、今日、夕方にショッピングモールに行きました。冬の夕方になるとお客様が逃げるように早くいなくなる印象があったのですけど、今日は暗くなっても人が多くて、みなさんショッピングを楽しまれていた印象でした。

景気は良くなってきている感じですね!

こうなると問題は、北朝鮮の問題と消費税増税ですよね。

北朝鮮の有事は平昌オリンピック、パラリンピックが終わった後はいつあるかわかりませんし、このまま景気が良くなると消費税は間違いなく上げるでしょう。

先に大きなリスクがありますが、何があろうとも、経営者も社員も縮み志向になるのではなく、明るく、ぶっ飛んでいくことが大切ですよね!

そのイメージは、天下人に”上り詰めようとしている”豊臣秀吉ですね!

政治家も経営者も、リーダーは「豊臣秀吉のごとくあれ!」ですね!

秀吉については、また別の機会に書いてみます。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、この企画はいつ終えるか分かりませんので(笑)、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

新聞休刊日と、ニコンの希望退職

2017.02.13(23:04) 1757

今日2月13日は、日経新聞や読売新聞は休刊日でしたね。おそらくスポーツ新聞ではない新聞はそろって休刊日だったのだと思います(コンビニで新聞が全く売られていなかったため)。

そもそも、新聞って、日曜日と月曜日は毎週休刊日でいいんじゃないでしょうか。

土日に休む会社も多いですし、株式市場や、国会とか、官庁も休んでいるわけですから、配達する人の負担を考えたら、料金は同じで、日、月は休みでいいと思うんですけどね。

ただ、それよりも、日米首脳会談のような大きなことがあったときに、今日のような休刊は止めてほしいです。

スポーツ新聞は休刊日でも、売店売りはやっていると思うんですね。

こういう旧態依然とした体制だと、ほんと新聞の将来は危ういでしょう。

あ、それと夕刊もいらないと思います。あれは、広告用なので辞められないのでしょうけどね。日曜日と月曜日を休刊日にして、月曜日だけ夕刊(今より分厚い紙面で)にするのもいいと思いますが。


話は変わりますが、ニコンが希望退職を募り、1000名のところ1143人が希望したとの記事がありました。

中身の詳細は分かりませんが、次の職場に絶対的な保証がないのに大手企業を退職するということは、会社に自分の未来を託せないという判断をした人がかなりいたということでしょう。残る方がリスクだと考えたわけですよね。

会社側からすると、社員に対し目標を正しく提示できなかったということですね。トップマネジメントが失敗しているのでしょう。

どこの会社も見切りをつけるのは、優秀な社員からです。会社にとって最も大事なことは、優秀な社員に残ってもらうことです。

マネジャーは、部下が成果をあげるのを妨げている作業を無くし、挑戦できる仕事を提供しなければなりません。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

トランプ政権は戦争をして新しい秩序を作る?

2017.02.03(22:40) 1748

今日、日本がシリアの難民を300人受け入れることになったと報道されていました。

この記事を見て、シリアに対する大規模空爆が近づいているのかなと思いました。アメリカとロシアはイスラム国の掃討の作戦を今年中にやりそうですね。

また、マティス国防長官が訪日していますが、前日は韓国に行ってました。そこで年内のTHAADの配備が確認されたようです。

北朝鮮への牽制みたいなことを言っていますが、実質は中国への牽制ですもんね。

トランプ政権の閣僚を見ると元軍人が何人も入っています。

どうやら戦争をして、新しい秩序を作ろうとするような感じがしますね。

ドル高、円安の傾向になり、日経平均株価は上がるのでしょうが、アメリカによって中国経済が更に落ち込む事態は近いので、今年の後半から来年にかけては日本も混乱に巻き込まれる可能性が高いですね(長期的には日本は良くなる方向へ行きます)。

中国、韓国と貿易をしている会社は、仕入、販売チャネルの見直しをしてください。

それから、キャッシュフロー予測をたて、必要な資金準備を行うことです。

また、事業は人の配置が一番大事なので、人材をその人の強みのあるところに配置することと、事業をコア・コンピタンス(事業の中核となる強み)に集中することが大切です。

これらは当たり前のことなのですが、実際にきちんとできている企業は少ないものです。

具体的な話はまた別の機会に。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

高齢者のニーズとは?

2017.02.02(23:54) 1747

少子高齢化社会と言われて久しい日本ですが、昼にスーパーマーケットやショッピングモールに行くと、ほんと高齢者が多いなぁと思います。

先日、ある会社の打ち合わせが東京駅近くであり、16時過ぎに居酒屋に行ったのですが、男性の老人ばかりがたくさんいました。

一緒にいた社長も「年寄りばかりやなぁ」とあらためて驚いておられました。

明らかに高齢化している日本社会を見ていても、まだまだ高齢者に気を配られているものは少ないと思います。

一つは文字の大きさですね(笑)。

本や新聞の文字はだいぶ大きくなってきていますけど、まだまだ小さな文字で書いてある本もたくさんあります。

色々な製品に書いてある文字も小さいですよね。


それから柏市はごみの分別があるのですけど、ティッシュボックスを崩すとき、「こんなことお年寄りができるのかな」と思ってしまいます。

特にひどいのは、ポン酢のようなビンを使った製品についているプラスチックの部品です。それを取り外してゴミ出しするのですけど、固くて外しにくいものがあります。

「みんなちゃんと外しているのかな?高齢者じゃ無理じゃないかな」と思いますね。

ペットボトルや缶の開封や、スナック菓子などの開封なども、かなり力がいる商品もありますので、お年寄りも困るでしょうね。

それから、シーリングライトがありますよね。

電球が切れたときに、カバーを外して電球を変えるのも大変ですけど、カバーを戻すのがもっと大変なんですよね(笑)。

あの作業は歳を取ると危ないし、できない人もいると思うんですね。

ひとり暮らしのお年寄りは電球が切れたときに、どうしているんだろうなと思います。

これらは一例ですけど、お年寄りが困っていることはもっとあるでしょうね。

不便なことを解消するニーズもあるでしょうが、それだけではなく、若い人たちとの接点とか、話ができる場だとか、活躍の場だとか、そうしたところに大きなニーズがあるように思います。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

秋元康さんから発想法を学ぶ

2017.01.26(23:34) 1741

今日は秋元康さんの本を紹介しながら、企画について述べたいと思います。



上記、『秋元康の仕事学』は秋元康さんの仕事の仕方について、秋元康さんが述べたものを本にまとめてあるものです。

その中で発想法のことが書いてありまして、「企画のネタは、実は、日常の中にある」という言葉があります。

秋元康さんは、企画を料理に例えていまして、誰もが知っている食材で料理をつくるのが基本と言っていますね。

どこにでもある食材の新しい使い方、新しい組み合わせが企画だというのです。

これはとても大切はことですよね。

企画やアイディアというものは、どこか遠いところにあるものではなく、身近なところにあり、それも”誰もが知っているもの”の新しい使い方や組み合わせ方だということですね。

それゆえ、企画の入り口は気づくことなんだそうです。

貴社の今の製品やサービスの新しい使い方はないだろうかと考えてみてください。

あるいは、製品やサービスを、別のものと組み合わせることができないだろうかと考えてみてください。

新製品や新サービスが生まれるかもしれませんよ。

なお、この本はその他にも示唆に富むお話があります。新しい発想が欲しい方にお薦めします。

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭への御依頼はこちらから
        
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

トランプ時代に勝つ仏教の智慧!「仏教的経営成功法」

事業の目的は幸福の創造です。幸福とは三方の幸福を指します。
三方とは「社長を含む会社で働く人、お客様、そして地域社会」です。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をしてください!
--------------------------------------------------------------------------

皆様のご支援でクリックしていただいて、このブログに出会う人が増えております。いつもありがとうございます。 今後ともご支援をよろしくお願いいたします

古賀光昭のビジネス教室



ビジネスの展望
  1. 支出配分の変化を知る(03/24)
  2. キリン一番搾りが凄く美味しくなった!(02/13)
  3. 九紫火星の年は、高級感、高額がキーワード(02/04)
  4. 新聞休刊日と、ニコンの希望退職(02/13)
  5. トランプ政権は戦争をして新しい秩序を作る?(02/03)
  6. 高齢者のニーズとは?(02/02)
  7. 秋元康さんから発想法を学ぶ(01/26)
次のページ
次のページ