FC2ブログ


タイトル画像

健康でない期間を縮めるために

2019.09.13(19:38) 2278

2016年のデータですが、日本の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳です(理解しやすいように小数点を四捨五入しています)。

では、男性72歳、女性75歳は何を表していると思いますか?

これは、「日常生活に制限のない期間」の平均です。「健康上の問題による日常生活への影響がない期間」ですね。

言葉を代えると、歳を取ってから健康でない期間が、
男性で9年
女性で12年も平均してあるということなのです。

これはきついですね。

しかし、社会貢献を考えている起業家、経営者にとっては、ビジネスチャンスでもあります。

つまり、「健康上の問題による日常生活への影響がない期間」を伸ばして、平均寿命と一致していけば、健康でない期間を縮めることができます。

若返りは大きなニーズがあると思いますけれども、健康な期間を延ばす「食べ物、運動、サプリメント、娯楽、つながり」などはもっと大きなニーズがあるでしょう。

「ご自身のためだけではなく、御家族のためにも、健康ではない期間10年をグッと縮めることを今からやっていきませんか?」という投げかけは50代、60代には響くと思うのですけどね。

何か素晴らしいビジネスが出てくることを期待したいです!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料をお得な価格で提供しております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

「いきなりステーキ」の業績不振

2019.03.26(22:56) 2224



「いきなりステーキ」が2月の売上が前年同月比で25%減になったという記事を読みました(上記写真は「いきなりステーキ」のものではありません。)。

私は「いきなりステーキ」に入ったことがないのです。

ただ、近所にモラージュ柏というショッピングモールがあり、そこに「いきなりステーキ」が入っています。出店した当初は、お客さんが結構入っていて、並んでいるのもよく見ました。

ところが、最近店の前を通っても、「あれ?空いているなぁ」と思っていたのです。

そしたら、「いきなりステーキ」が業績不振になっているという記事を読んで、「やっぱりそうなんや」と思った次第です。

私は利用しないので詳しくは分からないのですけど、その記事によると値上げしたのが業績不振の要因だったみたいですね。

以前は、「付加価値を上げて、高級路線で勝ち抜く」ことを言う人も結構いました。私も会社によってはこうしたアドバイスをすることもあります。

しかしながら、今、飲食店で、付加価値を上げて値段を上げる方法を取ると、まず失敗するでしょう。

このブログで何度も書いていますが、世の中は節約志向が強いです。

人気のある観光地など、特殊な場所にある飲食店は別です。そうではなく、生活圏の中で来ているお客さんを相手にする飲食店は、リーズナブルで美味しいものを提供しないとお客さんが逃げていきます。

値上げをしたり、味が落ちたりすると、足が遠のき、あまり行かなくなるでしょう。

お客さんは、この店の、この商品の味と量と値段は、これくらいだったというのは、よく記憶しています(笑)。

だから、味が落ちたり、値段が上がったり、量が減ったりすると、すぐにわかるんです。
「あれ?量が減ったみたい。」って、家内も言います(笑)。お客さんは、みなさん敏感だと思いますね。

消費者の節約志向は更に強くなると思いますので、値段を上げずに味と量を維持する工夫が求められます。


  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています!
お会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

社員に目を向けていない会社は倒産していく

2019.01.05(18:44) 2191

一昨日、昨日と2019年の予想をブログに書きました。

内容が少し不景気な話だったので、読まれた方は「下山の思想」みたいに誤解されたかもしれません。

私は、”時代は「下山のとき」”という発想で世界的に景気が悪いことを肯定しているのではなく、厳しい経済状況をどう突破していくかを自助努力の精神で考えていきたいと思っているのです。


高度経済成長期には、「当たり前のこと」をきちんとやっていれば倒産することはあまりなかったのではないでしょうか。

そして、20年くらい前までは、お客様第一主義を徹底し、キャッシュフローに気を付けていれば、倒産することはあまりなかったでしょう。

しかし、今はそれだけではうまくいきません。

現代では、社員に目を向けていない会社は、そう遠くない未来に倒産する可能性があります。

お客様の立場を考えて経営することは当然必要ですが、それと同じくらい社員のことを考えて経営をすることが重要になっています。

毎年数十万人規模で15歳~64歳の生産年齢人口が減っていきます。要するに外国人を入れて労働人口を増やしでもしない限り、毎年人手不足がひどくなるということです。

2040年度には、生産年齢人口が2018年度と比べて約1500万人も減ってしまうのです。

もし人材の流動化が今よりも活発になれば、不人気な会社では人手が足りなくなり、サービスの提供、製造ができなくなるでしょう。

ここで経営者が過ちやすいのが、社員をお金、給料でつろうとすることです。

給料は社員が頭に持っている期待を下回るとモチベーションが下がり、退職の原因になります。

しかしながら、給料を期待通り、あるいは期待より多くもらっていても、それ以外の部分で不満足があれば辞めることはあります。

それ以外の部分が何かに経営者が気づけるかどうかが勝負の分かれ目です。



 
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

顧問契約をご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。
お会いできますと良いですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

2019年の予測 その2

2019.01.04(20:24) 2190

2019年の予測で、今日は政治面について書いてみます。

何と言っても、最も大切な出来事は、天皇陛下が平成31年4月30日に譲位されることですよね。

そして、5月1日に改元されます。日本という国にとって大きな変わり目を迎えます。

また、日本で初めてG20が開かれますし、統一地方選挙や参議院選挙が行われます。

今年の選挙結果や政治の判断がその後の日本に大きく影響しそうな気がしています。


その中でも政治判断で最も大きなことは、消費税を増税するかどうかではないでしょうか。

現在の経済状況を見たら、リーマンショック級のことが起きていると言って、消費税増税を凍結してもおかしくないのですけど、もし増税したら軽減税率をしても、景気対策をしても、日本の景気は更に悪くなるでしょうね。

今、消費税を上げるべきではありません!

資本主義というのは、モノやサービスを消費することによって成り立っています。

その消費に税金をかけたら、消費にブレーキをかけることになるので、景気を悪くするのは明らかです。

節約志向が強まり、再び安いものしか売れない時代になるでしょうね。

飲食店、特に居酒屋にとっては大きな逆風になると思われます。


話は変わりますが、お正月にNHKで「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」のコラボ番組をやっていました。訪れた場所は九州の太宰府でした。

太宰府は、シナ大陸と朝鮮半島からの軍事侵略を防ぐための拠点、都市だったことが説明されていました。
(663年の白村江の戦いなどを番組では説明していました)


私は思ったんです。

「その頃と全く変わっていないやん」と。

1356年が経っても、何にも変わっていないんです。

日本は朝鮮半島とシナ大陸からの脅威に今でも直面しているのです。

今年は在韓米軍が突然撤退するかもしれません。日本の防衛線が下がる可能性があります。

韓国は、露骨に親北朝鮮、親中国の動きをして、反日を鮮明にするでしょう。

政治的にも何が起こるかわからない「乱気流の時代」になるでしょうね。


 
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

顧問契約をご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。
お会いできますと良いですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

2019年の予測 その1

2019.01.03(16:20) 2189

2019年の予測について、本年も書いてみます。

昨年の12月に日経平均株価は大きく下がりました。もし直すことが時折あるかもしれませんが、今年の株価は下降局面になると見ています。

例えば、年明け大発会に日経平均株価が2万円を下回り、それ以降2万円を超えるのは難しいかもしれません。

為替については、円高になるでしょう。2019年1月3日時点では、1ドル107円です。1ドル100円を切る円高になるのではないでしょうか。

米中貿易戦争はまだまだ続きますし、それが長引き中国経済は打撃を受けるでしょう。

また、アメリカは保護貿易に走っていますから、貿易全体が縮小していくような気がします。つまり、アメリカも米中貿易戦争や保護貿易でそれなりに打撃を受けていくでしょうから、日本経済にもマイナスの影響を与えていくと思われます。

ただしTPPの発効と円高によって輸入品は安く入ってくるので、デフレがまた強くなるでしょうね。

しかしながら、世界経済の中でアメリカについていっている国は、景気後退の局面でも中国についていっている国よりは随分ましだと思います。

アメリカ、日本、イギリスやTPP加盟国は、経済はまだましな方でしょう。

でも、中国や韓国やドイツの経済はもっと厳しい局面を迎えることになるでしょうね。長い目で見ると、親アメリカの国は繁栄の方へ行き、親中国の国は衰退していくことになると思います(ただし、今年は親アメリカの国も景気がしんどいと思います)。

次回は政治面について書きます。


 
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

顧問契約をご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。
お会いできますと良いですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

日産のカルロス・ゴーン逮捕

2018.11.20(21:21) 2171

日産自動車の代表取締役会長のカルロス・ゴーン氏が逮捕されました。

私は以前からカルロス・ゴーン氏については否定的でしたので、手のひら返しではありません(笑)。

2010年7月のブログ

J・P・モルガンは「いかなる組織においても、いかなる企業であっても、トップの人間が一般社員の20倍を超える給料を得るようであれば、それは誤った経営である」と言っていました。

一般社員が年収300万円であれば、20倍の6億円を超える報酬は行き過ぎだということですね。

ゴーン容疑者の不正に何人が関わっていたかは分かりません。ただ、二人とかではないでしょう。実行する段階で何人かが関わっていないとできないと思います。

また、実行はしなかったけど、事実を知っていて何も言えなかった人は結構いるのではないでしょうか。

異を唱えたら、首か左遷だったでしょうからね。

こういう組織は必ず腐敗します。

やはりトップに意見を言える体制にしないと公私混同や不正は起きます。お金と人事で相当いろいろあったことでしょう。

今は報道されていないことも、これから出てくるかもしれませんね。

そして、他の企業や組織でもこうしたクーデターや内部告発が波及するかもしれません。


 
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

顧問契約をご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの
問い合わせページから、ご連絡ください。
ご連絡をお待ちしています。
お会いできますと良いですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



タイトル画像

東京で働く経験

2018.08.23(23:23) 2129

金足農業の活躍もあり夏の甲子園が盛り上がりました。

高校野球は独特の舞台設定があります。その一つが、都道府県の代表チームが戦うというものです。

以前は、「九州勢が負けた」とか、「四国勢がもう残っていない」とかの言葉をよく聞いたものです。自分が生まれた県の高校が甲子園で負けても、九州や四国というくくりでも応援するという独特の文化があります。

ただ、私の場合は応援する地域がはっきりとありません。

生まれたのは福岡県大牟田市です。5歳の時に父親の転勤で兵庫県明石市に引っ越しました。そして7年経って父親が通勤に不便だということで大阪府豊中市に引っ越しました。その後、一時東京の豊島区に住み、大阪に帰り、現在は千葉県柏市です。

都道府県で移動をまとめますと、次のようになります(笑)。


福岡県 ➡ 兵庫県 ➡ 大阪府 ➡ 東京都
➡ 大阪府 ➡ 東京都 ➡ 大阪府 ➡ 千葉県



こうやって見ますと、日本列島を西から東へ移動しているのが分かります(笑)。

まぁ、これだけ移動していますので、高校野球を応援する地元というのがないんですよね(笑)。

そして、流れとしては、田舎の方から都市の方へと移動をしています。

いろいろな場所の経験をしていることが、私にとってはとてもプラスになっていますね。

人間は生まれてきて、この世で何を経験し、何を学んで実行したかがポイントですから、多様な地域を経験したことは良かったのでしょうね。

それと東京の大学や仕事を経験したのは良かったと思います。

いろいろな意見があるでしょうが、東京が世界で最も進んだ都市の一つであることは間違いありません。東京で仕事をすることは他の地域で仕事をする経験とは違ったものがありますので、いい悪いを別にして学べることは大きいですよね。

東京で働いたことが無い人は、東京に住むことまではしなくても、東京で働いてみると全然違った経験ができるでしょう。世界の最先端の都市、文化、文明、ソフト、情報などに触れることができるのですから。




いつも応援クリックありがとうございます! クリックを励みに頑張っております!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、御連絡ください。
お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭のビジネス教室



ビジネスの展望
  1. 健康でない期間を縮めるために(09/13)
  2. 「いきなりステーキ」の業績不振(03/26)
  3. 社員に目を向けていない会社は倒産していく(01/05)
  4. 2019年の予測 その2(01/04)
  5. 2019年の予測 その1(01/03)
  6. 日産のカルロス・ゴーン逮捕(11/20)
  7. 東京で働く経験(08/23)
次のページ
次のページ