fc2ブログ


タイトル画像

逃亡生活をしていた桂小五郎を蘇らせた幾松さん

2010.10.07(17:36) 605

NHKの『歴史秘話ヒストリア』で「逃げちゃだめだ~逃亡者 桂小五郎」という番組がありました。その中で印象的だったことが、桂小五郎の妻であった幾松(いくまつ)さんのことです。

桂小五郎は、池田屋事変や禁門の変で生き残り、長州の仲間から「臆病者」といわれるようになります。小五郎は自分だけが生き残ったことについての自責の念もあり、政治の世界から離れ、身を隠してしまいます。

幾松は、京都で桂小五郎と知り合ったのですが、小五郎のことが忘れられず、京都から長州へ小五郎を探しに行きます。

長州では会えなかったのですが、兵庫県の北の出石(いずし)という所にいるという噂を聞きつけ、幾松は長州から出石へ向います。

途中で供の男がばくちにお金を使い、逃げてしまい、幾松は身の回りのものを売りながら一人で10日間の山越えをして出石に行ったそうです。

そして遂に出石で小五郎を見つけますが、小五郎は少女と結婚して商人として暮らしていました。

幾松は懸命に小五郎を説得しました。

中々説得に応じない小五郎と妻を連れて、幾松は城崎(きのさき)の宿に行き、そこで説得を続けました。

「あなたは、こんないなかで埋もれてしまうような人じゃない、もう一度、長州のため、日本のために一旗揚げてください。」と1か月にも渡って話しをしたようです。

そして、桂小五郎は長州に帰る決意をします。若き妻には一緒に長州に来るように幾松は薦めましたが、事情を察して妻は出石に残ることになりました。

その後、薩長同盟等、維新へ奔走する桂小五郎の活躍が始まります。


幾松がいなかったら、桂小五郎の活躍はあったのでしょうか?

私は、好きな人の可能性を信じ、その人(小五郎)を揺り動かした幾松の貢献は、明治の元勲と同じようなものだと思います。


私事でお恥ずかしい話しなのですが、私も妻に励まされて、ここまでやって来られたと思っています。

「もうだめだ」と思ったことは何度かありましたが、いつも妻に励まされ、勇気づけられていたと思います。

実は、今日はわが家の「結婚記念日」です。

このめでたき日に、乾杯!(笑)

関連記事

古賀光昭のビジネス相談



<<自分を侮辱した人を憎んでいる方へのアドバイス | ホームへ | 失敗するようなことにトライできたことも素晴らしい >>
コメント
カッキーさん、遅くだなんて、とんでもございません。
ありがとうございます。

なんか恥ずかしい話しを書いてしまいましたけど、
お祝い下さり、ありがとうございます。

【2010/10/08 18:38】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
孔明さん。
遅くなってごめんなさい!
結婚記念日、おめでとうございます
PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆
これからもご家族みなさまの
ご健康と幸せをお祈りしています(*^_^*)
素敵なお話をありがとうございました☆
【2010/10/08 16:39】 | カッキー #- | [edit]
プロさん、ありがとうございます。

まだ皆さんには公表していませんが、
色々な危機がありまして、
それを家内の励ましで乗り越えてきた
ことがあります。

夫婦でこれからもがんばっていきます。
【2010/10/07 21:41】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
結婚記念日でしたか~、
おめでとうございます!

奥様が支えとなってくださって
本当によかったですね。

特に自営業者の方にとって
本当に身近な支えは
家族であり、よき理解者ですよね。

両方を兼ね備えておられる奥様と
孔明さん共々、
今後よりよき未来がありますよう
祈っております。
【2010/10/07 21:18】 | プロ #- | [edit]
ネット企画様、コメントありがとうございます。

そうなんですか、お父様のお誕生日と私達の結婚記念日が同じとは!
それはまた奇遇ですね!

不思議なご縁を感じてしまいます。

【2010/10/07 20:30】 | 孔明 #ltEMck66 | [edit]
孔明様
結婚記念日おめでとうございます。

今日ですか?
覚えました。
私の父親の誕生日と一緒なので(笑)
私事ですみません。

御夫婦の益々のお幸せとご家族のみなさまの発展をお祈り申しあげます。
【2010/10/07 19:03】 | ネット企画 #kiLt98CQ | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://komei777.blog72.fc2.com/tb.php/605-87bd754a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)