FC2ブログ


タイトル画像

自分にしかできない仕事

2019.08.16(22:12) 2270

以前このブログでも紹介したことがあるスピリチュアルヒーラーMOMOYOさんがYouTubeで素晴らしいお話をされていたので、今日はそのことに触れてみようと思います。

お金で買えない幸せ

全体の内容は上記リンク先を見ていただくとして、この中でMOMOYOさんは、「自分を究極に幸せにするものって、自分にしかできないことが出来ている時なんですよ」とおっしゃってます。

「職業がオリジナルである必要はないんですよ。多くの人が行っている仕事の中でも、自分にしかできないポジションだとか、自分にしかできない良さを出していくことができるんですよ。」

MOMOYOさんは、「私にしかなれない何々という仕事、自分にしかできない何々をしていくことが、私たちが本当の意味で幸せにつながっていく」という意味のことをおっしゃています。

やっぱり「自分にしかできない仕事」をやっていくことが、豊かな時代の幸せになっていくのだなと思いますね。

私も古賀光昭にしかできない経営コンサルティングをしていくことが大切なのだなと気づかせていただきました。

MOMOYOさん、ありがとうございます!



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

リクナビの内定辞退率の問題について

2019.08.15(18:16) 2269



先日、「リクナビ」を運営しているリクルートキャリアが、内定辞退率を企業に販売していることがニュースに出ていました。

これは、前年の辞退者の名簿を企業からリクナビが受け取り、その辞退者の閲覧履歴をAIに分析させることによって辞退する確率を5段階にして示していたとか。

人事をずっとやってきた私からすると、「よく辞退者の名簿をリクナビに渡したなぁ」というのが驚きです。そして、二つ目の驚きが、企業がこのサービスを購入したことです。

これを買ったら、学生や学校や世間に批判されるという予測が立たなかったのでしょうか?

辞退者を知りたい人事の気持ちは分かります。

予定した採用数に達しなかったら、仕事をしていないことになりますからね、人事は。

しかし、その企業とは関係のないところでのプライバシーのある行動(ここでは様々な企業サイトの閲覧)を使ってのAI分析はアウトでしょう。

こういうことを言うと元も子もないかもしれませんが、辞退は防げないと思います。就活生が絶対来てくれるかどうかは、入社式まで分かりませんし、入社後の新人研修が終わっていなくなることもあるでしょう。

また、入社して半年や1年で辞められたら、内定を辞退された以上にダメージがあります。

人の心は最終的には本人のものですし、人の心は事情によって変わります。完璧なコントロールはできません。完璧なコントロールをしようとする方が怪しい組織です(笑)。

きれい事のように聞こえるかもしれませんが、経営者や人事にできることは、正しい経営理念を掲げて、それを実行し社会に貢献して、かつ社員を大切にすることです。

会社はそれ以上のことはできないし、就活生や新入社員がそれをどう受け取るかは彼ら彼女らの自由意志なのです。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

韓国をホワイト国から除外

2019.08.02(23:38) 2268

696eb9c117808ae1bb3ebdc5a46e6148_s (1)

政府は8月2日、韓国を安全保障上の輸出手続きを優遇する「ホワイト国」から除外することを閣議決定しました。

NHKやネットニュースでもこのニュースが大きく取り上げられています。

韓国は大変な状況になりますね。韓国は、国として終わってしまうのではないでしょうか。

今回の件では、日本からの輸出品が韓国の命運を握っていることが、日本人と韓国人の両方に知れわたったように思います。

また、ホワイト国除外の理由が安全保障上の理由だということを日本側は何度も言っています。これって、結構深刻は話です。

つまり、安全保障上問題があるということは、敵国に限りなく近いということですものね。

少し話は変わりますが、YouTuberで韓国人のWWUK TV(ウォーク ティービー)のWWUK(ウォーク)さんという方がいらっしゃって、私もたまに見ています。その中でウォークさんが、韓国の情報で大変なことを話していました。

それは、文在寅大統領の娘夫婦がタイに移住しているということです。

大統領の任期中に家族が外国に移住しているということは、なかなかないでしょうね。

韓国内では、近々戦争が起きるので、家族を逃がしているのではないかという憶測があるようです。

なんの理由で大統領の家族が国を出ていっているのかは分かりませんが、韓国は国としての危機を迎えているのでしょう。

私は過去のブログで韓国の危機を何度も書きましたし、2017年1月6日には数年先には韓国という国があるかどうか分かりませんという意味のことを書いていました。

2017年の予測 中国と韓国

韓国の人にとってはよい予測ではありませんが、現実となっていくような感じになっています。

日本人は一旦切れるとトコトンまで行くので、そこを見誤ってしまったのでしょうね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

本店を管轄外に移転する場合の登記

2019.07.24(13:16) 2267



九州や近畿は梅雨が明けたようですね。千葉県柏市も今日(2019年7月24日)、晴れて暑い日になっています。

先日、ある会社様の本店移転登記をするために、東京法務局へ行ってきました。

株式会社の本店(本社所在地)を移動(引っ越す時)するとには、それを法務局へ登記しなければなりません(定款変更も場合によっては必要)。

そして、東京では管轄する法務局が変わると、同じ東京都23区以内の移動でも登記申請を二か所分作成しなければいけません。

例えば、千代田区から新宿区や品川区に移転すると、管轄外への移動になり、登記申請が二か所分必要です。

この2か所申請が何になるかと言いますと、まず登記申請の費用が倍になります(笑)。

同じ管轄外なら3万円の印紙ですが、2か所になるともう3万円が必要になり、合計6万円の印紙を納めなければなりません。

これって、高くないですか?(笑) 

本店を管轄外に移転する会社は、それほど多くないから問題にならないのでしょうけど、移転する登記に別途3万円がいるのは高いと思うのですけどね。

それから管轄外に移転するときには、印鑑カードを引き継げません。移転先の法務局へ行って、また印鑑カードを作成しなければならないのです。

こうした複雑な行政の手間、コストは結構かかります。

消費税のようにたくさんの人が直接目にすることがないので、変える機運が起こらず旧態依然としているでしょうね。それによって、行政書士、社労士、税理士などの専門家が収入を得ているプラス面もありますよね(笑)。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

落選した人の挨拶

2019.07.22(21:49) 2266



昨日、参議院選挙が終わりました。自民党を中心とする与党が過半数を獲得しましたね。

マスコミやYahooなどのネットニュースでは、自民党が勝ったことよりも、改憲勢力が2/3に達しなかったことを見出しにして、さも与党勢力が負けたような印象を出していたと思います。

ただ、どうなんでしょう。自民党が勝ったことで消費税増税を国民が仕方がないこととして、信任を得たということになると、国民の生活にとっては大きなダメージがあるなと心配しております。

当たり前のことですが、選挙では当選する人がいれば、落選する人もいます。

何年か前、落選した候補者が翌日の朝に最寄りの駅で挨拶をしているのを見ました。支援くださったお礼を述べておられました。

落選した翌日の朝に駅前に立って挨拶するのは、それを思いつくことがあっても、実行するのは結構きついことだと思うのですね。

でも、人は見ています。こうした一つ一つの姿勢を人は見ているものです。

落選した翌日の朝に挨拶に立つなんて、「人の心を打つための見え見えの行動だ」という意見もあるでしょう。

しかし、見え見えの行動でも、実行する段階では面倒で、誰もができるものではないのです。

政治の票は、政策よりも、「なんとなく」だとか、「感じがいい」だとか、人気商売のようなところがあります。

人は本当によく見ているものなので、謙虚な姿勢、感謝できる姿勢、真摯さなどを、おろそかにしないことが大切です。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
ぜひ一緒に仕事をしましょう!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

評論家の竹村健一さん死去

2019.07.11(21:26) 2265



評論家の竹村健一さんが亡くなりました。

竹村健一さんは、私が10代の頃に影響を受けた人です。

私が10代の頃は、テレビや新聞は左によっていて、保守的な意見を言う人がとても少なかった時代です。その中で竹村健一さんは異色でした。

テレビの「世相講談」という短い番組で、面白く分かりやすいたとえをしながら、日本のことを応援しておられました。

また、外国の有名人、例えばサッチャー首相が来日されると、英語で直接会話されているところがとてもかっこよかったです。

私は竹村健一さんの本を次から次へと読んでいたのですけれども、『情報の読み方」という本でしたか忘れましたが、竹村健一さんが学びを得ている人3人を紹介していたものがあったのです。

そこで出ていた人が、渡部昇一先生であり、長谷川慶太郎さんであり、小室直樹さん、堺屋太一さんでした。私は竹村健一さんが薦めていたこれら四名の方の本も、竹村さんの本と同じように片っ端から読むようにしました。実は、渡部昇一先生の本との出会いも、この竹村健一さんの本がきっかけなのです。

そういう面でも私にとって竹村健一さんの存在は大きなものでした。学問的な知識以外では、これら5名の方の考え方が私の思想の柱になっていました。

そして、自分自身の本質、タイプも渡部昇一先生よりは、竹村健一さんの方が近いと思います(笑)。タイプ的には竹村健一さんの方が自分にピッタリきますね。

残念ながら、竹村健一さんとは直接お目にかかる機会はありませんでした。

偉大な方がまた一人亡くなってしまいました。竹村健一さん、テレビや本を通じてでしたが、本当にありがとうございました。
来世はどこかで直接ご指導ください。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
只今、開業10周年を感謝して、顧問料の割引をしております!
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



タイトル画像

誕生日に温泉へ行ってきました。

2019.07.10(21:55) 2264



今日、7月10日は私の誕生日です(笑)。何回目かは忘れてしまいました(笑)。

7月10日は、ウルトラマンの日でもありますし、納豆の日でもあります。7月10日の誕生花は『風鈴草』、花言葉は『温かい心』、 誕生石は『ブラッドストーン』、宝石言葉は『勇敢』だそうです。

さて、今日は家内と一緒に手賀沼のそばにある「天然温泉、満天の湯」へ行ってきました。

昨日で仕事も一段落していましたし、誕生日ということで、少しゆっくりするのもいいかなと、家内の薦めで初めて満天の湯へ行きました。

評判のいい温泉ですから、昼間でも結構人がいました。いえ、他の温泉の夜くらい混んでいたと言ってもいいでしょう。それくらい人気のある温泉です。

風呂に入った後は、2階の「いやし処」というリクライニングチェアに座り、リクライニングしてボーっとできました。

ただ、驚いたのは、私の横になっていたリクライニングチェアの隣に若い女性が来たことです(笑)。このいやし処は、リクライニングチェアが並んでいるのですが、隣とピッタリくっついて配置されているところがあります。ちょうどそのくっついて配置されているところに女性が来たので、私の真横に若い女性がいることになり、ちょっと困惑しました(笑)。

落ち着かなくなったので(笑)、起き上がり、食事に行くことにしました。

先月は大阪に帰り、岩屋館という旅館に泊まり、今日は温泉でゆっくりとして、無意識に身体を休めているようです。

日本人はまじめなので、知らない間に、精神的にも肉体的にもかなり無理をしていると思います。

温泉に入ってボーっとしたり、旅館に泊まって心身を癒すのも大事ですね。



  ⇧
ブログランキングに参加しております。クリックを励みに頑張っております!
いつもありがとうございます!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

何かご縁を感じた方は、「古賀光昭の公式サイト」の
問い合わせページから、ご連絡ください。
ぜひお会いしたいですね!
------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営教室



最近の記事
  1. 自分にしかできない仕事(08/16)
  2. リクナビの内定辞退率の問題について(08/15)
  3. 韓国をホワイト国から除外(08/02)
  4. 本店を管轄外に移転する場合の登記(07/24)
  5. 落選した人の挨拶(07/22)
  6. 評論家の竹村健一さん死去(07/11)
  7. 誕生日に温泉へ行ってきました。(07/10)
次のページ
次のページ