FC2ブログ


タイトル画像

現代のトレンドは? その3

2021.04.10(21:31) 2509



現代のトレンドとして、一つ目に「倫理観の強い社会になりつつある」ということと、二つ目に「平等の意識が強くなる」ということを挙げました。

三つ目は、「綺麗なものが求められる」ということです。

昭和より平成になって思うことは、街がきれいになっていることですね。環境が綺麗になる方向へ進んでいます。これもトレンドと言えばトレンドなのです。

これらは当たり前のようですが、では、皆さまの職場は綺麗に整頓されていますか?トイレは清潔でしょうか?バックヤードやスタッフルームは綺麗にしていますか?

人間は誰でも綺麗なものが好きなように思います。しかし、実際には、不潔までとはいかないまでも、綺麗にしていない職場やトイレは普通にあるのではないでしょうか。

「リモートワークだから、身だしなみはいいや」というのは止めておきましょう(笑)。

常に清潔に身だしなみを良くしておくことが、良い習慣になります。人の雰囲気は普段の習慣から出るものです。

だらしない生活をしていたり、リモートワークだからと、身だしなみをいい加減にしていたら、運気を落とすことになりますからやらないようにしてください。

清潔な身だしなみや場所の話をしました。こうしたことはお店でも職場でも、とても大切なことになります。

綺麗な職場、お店にするようにしましょう。環境整備は大事なことです。

身につけるものは高価なものではなくてもいいので、清潔なものを身につけましょう。靴は出かける前に磨いておきましょう。

皆様の会社のビジネスを一度”美という観点”から見てみるといいと思います。

美がありますでしょうか?
美しさがありますでしょうか?
製品やサービスに美がありますか?

美という観点から見た場合、何か付け足した方が良いものがあるのではないですか?

美には発展をさせる力があります。パワーがあります。

職場や広告を美の視点から見てみましょう。

製品やサービスを美の視点から見てみましょう。

美を加えることによって、新たな製品やサービスが生まれることでしょう。


< 続く >


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

現代のトレンドは? その2

2021.04.09(22:31) 2508



現代のトレンドの二つ目は、「平等の意識が強くなる」ということですね。

格差を無くすというのもそうですし、ジェンダーフリーなどもそうです。SDGs(エスディージーズ)が一番分かりやすいですね。SDGsに書かれている内容のことが、今後のトレンドとして世界的に強くなっていくでしょう。

私はSDGsに対して肯定的な見方をしていませんので、SDGsの内容を勧めて言っているのではありませんよ(笑)。

日本を含め世界は、”方法論(社会的な政策)では、左傾化している”といえるでしょうね。

ただし、世界の国の国民は、コロナもあり、おそらく愛国心が強くなっていって、右傾化しているのではないでしょうか。

日本では、高齢の世代よりも若い世代の方が愛国心があると思いますし、憲法改正や自衛隊にも嫌な感じは少ないと思うのです。

ところが、若い世代の方が期待する国の政策は、「公平よりも、格差をなくし、平等がいいのではないか」というものではないでしょうか。

あくまで推測ですが、若い世代の多くは、自助努力を強調する国よりは、弱者を救済する国の方が共感するのだと思います。

だから、若い世代は「右側の考え方と左側の考え方をミックスしたような感じ」だと思うのですね。古い世代にはあまりなかった考え方ではないでしょうか。

環境や人権の問題については、古い世代は”左翼的な活動”として使っている人がいますが、若い世代は純粋に考えていると思います。

私は「自助努力や公平の考え方」をあくまで主軸にして、失敗した人には再びチャンスを与えられるようにし、困窮している人には何らかの手助けをする社会が良いと思っています。

だから、私の考えは平等の流れとは少し違うのですが、若い世代に”優しい気持ち”や愛の気持ちが強くなっている面はいいことだと思うので、公平の観点や自助努力の観点をミックスした考え方を持っていただいたらいいなと思っています。

このトレンドは、まだまだ続くでしょうね。


< 続く >


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

現代のトレンドは? その1

2021.04.07(13:41) 2507



私は、昨年(2020年)の1月から、「中国発の大不況に備えよ」というブログを書いていました。また、昨年の1月の段階で武漢ウィルス(新型コロナウイルス)の拡大によって大恐慌のような状態になると指摘していました。

その後、2020年3月には、「貸借対照表(BS)重視の経営に転換せよ!」と題して、”利益を生まない固定資産の売却”や”不採算部門の撤退”をお勧めしました。

今日の日経新聞にも、事業やグループ会社の売却が、リーマンショック後の2009年以来11年ぶりの多さになったことや、帝人が固定資産を売却していることが出ていました。

昨年の初めからの私の予測はほとんど当たっていました。

しかしながら、私はそれらを自慢しているわけではありませんよ(笑)。予測は当たらないこともありますし(笑)、当たったから私が偉いということでもないのです。

ただ、先を見ることを私は得意にしています。「古賀先生は1年前にこのような予測を書かれていましたけど、ほんとうにそうなりましたね。」と直接人に言われることも多いです。

1年以上前に私のブログを読んで、それを経営に活かした経営者は他の経営者と違った動きができたでしょう。心構えもあったはずです。”先が見えない経営者”のように、「未来におびえることもなかった」と思います。

宣伝をしているように誤解されるかもしれません。このブログで私は商売をしていませんので、ブログに書いていることをぜひ参考にしていただければと思います。


さて、経済予測をする上で前提になるのは、トレンド(趨勢、潮流、流行、流れ)を見ることです。

現在はどういったトレンドがあると思われますか?

一つ目は、倫理観の強い社会になりつつあるということですね。

例えば、不倫ですが、今は芸能人やプロスポーツ選手が不倫をすると、ものすごいバッシングを受けます。まぁ、これは政治家、経営者も官僚でも同じことでしょう。

要するに公に存在が知られている人は、”清廉潔白”(行いや心が清く正しいこと)であることが求められているし、それに反した行為をした人は徹底的に叩かれる社会だということですね。

これらはあまりに行き過ぎると”魔女狩り”みたいになりますから、法的に裁けるものは法律に任せ、法的に裁けないものは当事者、利害関係者に任せることも時には必要かと思います。

ただし、個人の行為の範囲に収まらない”政治家の政策の成果”や、行政の成果、”会社の社会に対する影響”等については、声を上げることは必要なので、是々非々で意見を言うべきだと思います。

< 続く >


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

藤浪晋太郎投手は、人の心の痛みが分かる人になっていると感じた

2021.04.03(21:58) 2506

昨日の阪神タイガース対中日ドラゴンズの試合では、藤浪晋太郎投手が6回を1点に抑えたのですが、リリーフ投手が打たれて逆転負けになりました。

打たれた加治屋投手がベンチに下がるとき、藤浪晋太郎投手に「ごめん」と詫びたように見えました。藤浪晋太郎投手はマスクをしていましたので何と答えたのかは分かりませんが、印象では「いえ、気にしないでください。お疲れ様でした。」というように答えていた感じがしました。

私はテレビで見て、藤浪晋太郎投手が心から加治屋投手を労わっていると思ったのですね。

自分の勝ち投手がなくなったのですから、誰だって口では大丈夫といいながらいい気はしないでしょう。でも、この日の藤浪晋太郎投手は自分の勝ちにこだわるのではなく、加治屋投手の心情をおもんばかっているように私は感じたのです。

藤浪晋太郎投手は本当に「人の心の痛みが分かる人になったのだな」と私は思いました。

藤浪投手は何年も辛酸をなめたと思いますけど、無駄ではなかったですね。

人間性が大きく成長していると思います。苦難に打ち勝ち、彼のプラスの部分になっていると思います。

人間、トントンと成功すると慢心して、おかしな人間になりますけれども、苦難が砥石になり、ダイヤモンドのように輝くことがあるのです。

これらかの藤浪投手の活躍に大いに期待したいですね!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

新しい職場で働く人へ

2021.03.31(21:59) 2505



今日は3月31日です。行政は年度末ですし、会社でも今日が年度末というところも多いですよね。

明日から勤務先が変わる人、新しい職場で働く人もたくさんいるでしょうね。

最初は不慣れかもしれません。でも、前向きな気持ちをもって、新しい職場、新しい人間関係に慣れていってください。

新しい職場で大事なことは、いい意味で”好かれる人物”になることですね。

では、どうすれば好かれる人物になるかを説明しましょう。

まず、愚痴や不平不満を口にしないことです。人の悪口、職場の悪口、会社の悪口、社長の悪口(笑)を言わないことです。

これを守るだけで、かなり信頼される人になれると思います。

次に、常に謙虚な態度でいること。えらそうにすると嫌われます(笑)。

誰にでもきちんと挨拶をして、礼儀正しくすることですね。これはベテランにも言えます。

三つ目は、笑顔で接し、明るく考えることです。

ハキハキとした、少し高めのトーンで話をするといいでしょう。その職場を自分がより明るくするくらいの気持ちを持つといいのではないでしょうか。

四つ目は、誰とも同じように接することです。

イケメンや美人には、ニコニコするけど、そうでもないと思った人に「ぞんざいな態度」で接する人はたくさんいます。こういうのはいけません。

周りの人はこういう態度をよく見ています。まぁ、見ていなくても、こうした態度はいけませんけどね。


以上、簡単に4点をあげました。

コロナが拡大している地域もあります。そんな中、新しい職場に行く人は大変かと思います。

上に挙げた4点を守っていただければ、きっとよい流れになります。頑張ってください!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

コロナ禍でプラスのことをいくつ発想しましたか?

2021.03.26(14:06) 2504



みなさん、現在のコロナ禍で、プラスのこと、ポジティブなことをいくつ発想しましたか?

いったい、いくつのプラスの考え方やポジティブな考え方を人に話しましたでしょうか?

経営者のみなさん、コロナ禍で経営が厳しい中、従業員にどれだけプラスのことを伝えましたでしょうか?

大事なことは、コロナという災いを転じて、プラスの発想を一つでも多くすることです。

例えば、人間は安逸な環境(何もせずにブラブラしていること)にいると、堕落し、成長しません。

しかし、厳しい環境に身を置かれると、忍耐力が増し、胆力が付き、人間力が強くなることがあります。

あるいは、先延ばしにしてきた会社の課題に真剣に向き合う機会にすることもできます。

自分たちの甘さを反省する機会にもなりますし、不採算の事業から撤退して、新たなビジネスに挑戦する機会にすることもできます。

要するに、コロナの影響のマイナス面ばかりを見ずに、「禍(わざわい)を転じて福と為す」ところがないかを考えて、それを会社経営に活かすのです。

管理職が仕事をしていなかったことが明確になった会社がほとんどでしょう。

でも、それでいいんです。仕事をしていた人と、していなかった人が明確になったら、それを改善すればいい。

今までは何となく「いけないのではないか」と思っていたことが、やはりだめだったのだと気づくことも多いでしょう。

そしたら、コロナを理由にして(笑)、改革をしていけばいいのです。

本当の危機は5年以上先にきます。

それは、景気が戻ったと見えたときに政府がとる増税策の後です。そのときに景気の底がくるでしょう。

今は政府や行政の支援があるので、まだマシなのです。それらを十分に活かしながら、本当に強い企業を作っていってください。

厳しい環境は企業を強くしますよ。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

今の自分を見て、将来の限界を作ってはダメ!

2021.03.25(23:58) 2503



みなさん、今の自分を見て、将来の自分の限界を作ってはダメですよ!

現在の自分自身が、「何年、何十年先の自分と同じだというわけではない」のです。


10代の頃は、将来の夢をいろいろ描けると思います。

ところが、20代、30代、40代となるにつれて、いつしか「自分はもうこんなもんだ。大したことはできやしない。」と自分に限界を作っていくようになります。

でも、年齢がいくつであっても、成長していくことはできるし、知識を得ることも、経験を得ることもできます。

学ぶことによって、いつでも成長していけるのです。

大事なことは、自分をごまかさず、正直に生きていくことです。そして、学び続けよう、成長しようとする精神を持ち続けることです。

「自分なんか大したことはない」なんて、決して思わないでください!

現在の自分は、この一瞬一瞬に”過去の自分”になっていきます。

現在の自分を見て、「将来もこんなもんでしかないな」と思わないようにしましょう。

今はまだまだであっても、懸命に努力を続ければ、何年か何十年か経ったら、全く違う自分になっていることに気づくでしょう。

みなさん、限界を自分で作ってはいけませんよ。

きっと変わっていけます!



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

LINEの危険性は前から分かっていたはず

2021.03.22(21:05) 2502



LINEの利用者データが中国の委託先で閲覧できる状態になっていたというニュースがありました。今日の日経新聞の社説では、「残念というほかない。」という書き出して、「いち早く信頼回復に努めてほしい」と書いていました。

こういう内容の社説を書く日経新聞も「残念というほかない」ですね(笑)。

LINEの危険性というのは最初から分かっていたはずです。

個人の”なんてことのない”連絡に使うのならまだしも、大事な個人情報のやり取りをしたら、韓国や中国に流れるリスクは考えておくべきことでしょう。

政治家や各自治体がLINEを使って重要な情報をやり取りしていたとしたら、それは失態だし、おそらく弱みを握られるようなやり取りもあったのではないかと推測します。

芸能人やプロスポーツ選手もLINEを使っているでしょうが、見られたらまずいような内容(笑)をLINEで行うのはやめておいた方がいいですよ。


ところで、話は変わりますが、昨年の日本人の死亡数は一昨年より9,300人ほど少なくなったと、厚生労働省が発表したようです。

この要因について厚生労働省は説明をしていません。

日経の「核心」というコラムにこの件について書いてありますが、私も同じ意見で、「手洗い、消毒、マスク、人との接触減」の効用でしょう。

約1万人、亡くなる人は減りましたが、出生数は過去最少の84万人だった模様です。現実の少子化は、12年も前倒しで進んでいるようですね。コロナよりも、こちらの方が深刻な問題だと思うのですが。。。


また、話が変わります(笑)。1都3県の緊急事態宣言を解除する話を菅総理がしたときに、「職業訓練の充実」を言っていました。

実は昨年3月30日の私のブログで、職業訓練の拡充と活用について書いていたのです。

職業訓練を受けやすくして、”国民の稼げる力”を上げていくことがポストコロナの時代に向けて大事なことだと思いますので、その点は菅内閣はいいところに目を付けたのではないでしょうか。


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

私が思う良い先生とは

2021.03.20(21:55) 2501



私は中学、高校と、学校へ行くのが大嫌いでした(笑)。

理由はいろいろあります(笑)。

「教師が嫌だった」、「授業がつまらなかった」、「嫌なクラスメートがいた(笑)」、「先輩がうっとおしかった」、「集団ルールに縛られるのがあほらしかった」など、挙げればたくさんあります(笑)。

学校というシステムには様々な問題があると思います。

今日はその中で一点に絞ってお話をしたいと思います。

それは、教師が生徒に「学問をすることの意義や喜びを教えていない」ことです。少なくとも、私が習った中学、高校では、勉強することの積極的な意義や意味を押してくれる先生はいませんでした。

みなさんは生徒から「学校で勉強をして何の得があるのか?」と聞かれたら、なんと答えますか?「何のために英語を勉強するのか?数学を勉強するのか?」と聞かれたら、なんと答えますか?

たぶん、この答えを前向きに言える先生は少ないと思っています。

「勉強して優秀な成績を取ったら、偏差値の難しい大学に入学できて、就職に有利だ。」くらいの答えを言う人が多いのではないでしょうか。

「社会に出て、英語ができれば国際人として活躍できる。」なんかも言う人がいるでしょう。

でも、大学や社会人になったときのことを型どおりに話しても、生徒の心を揺さぶることはないでしょうね。

私が思う良い先生とは、「なぜ勉強をするのか」について明確な答えを出せて、その答えによって生徒の心を動かせるような人です。

勉強する”動機づけ”ができる人ですね。

それができたら、生徒は勉強に興味を持ち、真剣に学ぼうとします。

そこを、すっ飛ばして、機械的に教科書どおりに教えてもうまくいかないでしょう。

学校の先生に限らず、何かものを教える人は、教える前に「これを学んだら、あなたはこういうように素晴らしくなれますよ。」と言えるようにしておくといいですよ。


  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



タイトル画像

1都3県の緊急事態宣言は、解除する方向

2021.03.17(17:47) 2500



1都3県の緊急事態宣言は、3月21日に解除する方向で調整されているようです。

1か月早く解除しても良かったと思いますし、最後の手段のような緊急事態宣言は、あまり効果は期待できないでしょう。

感染が広がるポイントになるところは絞られていると思いますから(例えば、夜の飲食やカラオケ店や老人介護施設など)、そこをどのように今後運営するかを詰めて、それ以外のところは三密を避けるなどの今までのルールをきちんと守った上で、日常の生活を送るように政府と自治体はもっていくべきでしょう。

今後、ワクチン接種が進んでいきます。ただし、このブログで過去に書きましたように、過度の期待はしない方がいいです。

少なくても、武漢コロナ前のような日常生活が戻ってくるとは考えない方がいいでしょう。

マスクはしなければいけないでしょうし、三密を避けるのは変わらないと思います。

なぜなら、インフルエンザのワクチンを打っていてもインフルエンザに感染することがあるように、絶対的なワクチンではないからです。

かと言って、ワクチンを打っても意味がないとはいいませんよ。ワクチンは打った方がいいと思います。ただ、ことはそう簡単なものではないということを頭に入れておいた方がいいです。

武漢コロナについて、楽観的な見方をしてはいけませんが、悲観的な見方をしてもいけません。

私は一貫してそう述べていますが、武漢コロナで絶望する必要はありません。何とかなります。でも、油断してはいけませんし、甘い見通しではいけないのです。来年の今頃までは厳しい状況が続くと思っていた方がいいです。

さて、少し前のニュースですが、ニューヨークのクオモ知事がとんでもないことをしていたことがバレていましたね。

昨年の今頃は、クオモ知事はトランプ大統領の批判をし、英雄のように扱われていました。

ところが、実態は、ニューヨーク州の死亡者数を数千人単位で過少報告し、高齢者の患者を病院から高齢者施設に戻していたのです。

こうした行為をクオモ氏は、「トランプ政権から攻撃されるおそれがあったから、虚偽の報告をした」と言っているようです。

マスコミが持ちあげ、エミー賞を受賞し、リーダー論に関する著書も出版していましたが、まぁ、とんでもない人物だったわけです(笑)。

マスコミの報道が当てにならないことの良い実例だと思います(笑)。

コロナに関してマスコミがいろいろと報道をしていますけれども、一喜一憂せず冷静に判断するようにしてください。



  ⇧
ブログランキングから、このブログに来られる方がいらっしゃいます。
新しいご縁のために、あなたの愛でクリックをお願いします。

------------------------------------------------------------------
現代は世界と日本の危機です。
起業家の皆さん、一緒に日本経済を救いませんか。
今はたとえ小さな光であっても、志があれば、その光は大きくなり、
あなたの会社によって救われる人が必ず出るはずです。

経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ご相談がある方は、
問い合わせページから、お気軽にご連絡ください。
------------------------------------------------------------------

世界を変える若き企業家たちへ



最近の記事
  1. 現代のトレンドは? その3(04/10)
  2. 現代のトレンドは? その2(04/09)
  3. 現代のトレンドは? その1(04/07)
  4. 藤浪晋太郎投手は、人の心の痛みが分かる人になっていると感じた(04/03)
  5. 新しい職場で働く人へ(03/31)
  6. コロナ禍でプラスのことをいくつ発想しましたか?(03/26)
  7. 今の自分を見て、将来の限界を作ってはダメ!(03/25)
  8. LINEの危険性は前から分かっていたはず(03/22)
  9. 私が思う良い先生とは(03/20)
  10. 1都3県の緊急事態宣言は、解除する方向(03/17)
次のページ
次のページ