タイトル画像

不作為の責任

2018.02.24(23:19) 1983

できないことは、することができません。しないことにおいて、成果をあげることはできません。

しかし、何かできるのにも関わらず、何もしなかったことには不作為の責任があります。


こんな小話があります。

20代でイギリスの首相になった小ピットという人がいます。この人は私生活でも清潔な方で、腐敗した時代にあって公正な人でした。

この小ピットが若くして亡くなり、天国の門をくぐろうとする時です。聖ペトロが「政治家であるお前がなぜ天国に入れると思うのか」と聞きます。

小ピットは、「賄賂も受け取らず、愛人も持たなかった」と答えました。

しかし、聖ペトロは、「しなかったことには興味はない。何をしたのか」を再び聞いたという話です。



経営コンサルタントでしたら、「このままだったら会社は大変なことになるだろう」と分かっているのに、社長に助言をせず、おべっかばっかり使っているのが当たるでしょう。

税理士だったら、こうしたら節税になるかもしれないのに、面倒だから会社に税金を払わせることにしていることが当てはまりますかね。

社会保険労務士だったら、労務問題があると分かっているのに、そのままにしておくことでしょうか。

政治家だったら、このままだったら日本がダメになると分かっているのに、票になることばかりを優先していることですかね。


こうした不作為の責任が発生しているところは、どこの社会にでも一杯あります。

見て見ぬふりをするのは、一番楽なんです。

でも、人生や仕事で、私たちは「何をしたか」が問われるのだと思います。





いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

暇は、「暇な波長」を出す

2018.02.23(23:29) 1982

最近、時間って、本当に足りないなと思うことがよくあります(笑)。

仕事が忙しいのもあるのですが、本を読んだり勉強したりする時間も欲しいですし、人に会う時間も必要ですし、家族といろいろと出かけたいですし、ドラマも見たいですし、映画も見たいですし、阪神タイガースの試合も見たいですし(笑)、ゲームもたまにはしたいです(笑)。

時間というのは、失業したときや、精神的にしんどいときや、暇なときは、あまってしまうんですけどね。

仕事が忙しくなると、全てが忙しくなりますよね。

たぶん、暇は、「暇な波長」を出していて、更に暇になるのでしょう。

逆に忙しくしていると、気持ちも前向きになり、やりたいことが増えたり、「商売の気」が良くなったりして、忙しくなるのでしょうね。

もし今、「暇だなぁ」と思う人で、体調は悪くなく、「何とかしたいなぁ」と思っている方は、動いて忙しくするのも一つですよ!

忙しい状況を自ら作り出し、忙しい波長を出して、良い気を呼び込むことですよね。


そういえば、お店で誰も入っていないお店って、暇そうにしていますけど、新しいお客さんも近づかないですよね。「今日は暇だなぁ」とボーっとしていたら、ずっと暇なままになってしまいます。

そうならないよう、そういう時には、環境整備をするといいですね。ガラスを透明になるくらい磨いたり、テーブルをピカピカに拭いたり、商品を綺麗にしたり並べ替えたりするんです。

すると忙しい気が出て、お客さんが入ってくる気になると思います。

人間は、時間当たりの成果を見ることはありますけど、捨ててしまった時間の評価はしないところがあります。

人間が持つ資源で最も消えやすいのが時間です。その貴重な資源は、40代や50代は、とても貴重なものに感じるようになります。

この世で一番時間を取られるのが、仕事です。時間という観点から、今の仕事や職場を見ると、また違って面が見えてくると思います。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

コンサルティングをご希望の企業様は、
古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

教育の無償化と社会人教育

2018.02.22(16:09) 1981

自民党改憲推進本部は、今回教育の無償化を見送った模様です。

これはこれで良かったのかなと思います。

以前、大学の奨学金の返済が大変で自己破産になったり、就職後の生活が苦しくなっていたりする話題が出ていました。

私はこれからの大学生の給付型奨学金を増やすことは良いことだと思います。

しかし、それよりも現在、「日本学生支援機構の奨学金という”教育ローン”を有利子で返している人の支援をしてあげれば良いのになぁと思います。」

今、返済をしている20代、30代の人は実際にお金を借りて自己責任だという意見もあるでしょう。

でも、彼らもいずれ家庭を持つこともあるでしょうし、日本の中心となる世代です。

その世代が暮らしやすくするということも大事な政策だと思います。

ですので、「元本を免除せよ」とまでは言いませんが、利子分の免除をしてあげてもよいのではないでしょうか。

また、教育の無償化に関してですが、勉強したくても家庭にお金がなくて行けない人には無償にするのは良いことだと思います。

しかし、みんながみんな無償で学校に行かせるのはやりすぎでしょう。払える余裕のある家庭まで教育を無償化にするのは行き過ぎでしょうね。


それと現在の大学は、仕事や生きていくことの役にあまりなっていないので、社会人が半年か1年休職して集中して学びたくなるような教育システム(株式会社が経営する人生やビジネスのスクール)があるといいですね!

それは、学校のような場所を提供する必要はなく、スマホに授業を配信し、テストやレポート、論文をインターネットを経由して送るようなものです。全国の人が自宅や外出先でも、いつでも勉強ができるシステムです。

ただし、学生には教授の研究室は解放してあげるといいでしょう。他の社会人学生と触れ合ったり、教授と直接話をすることによって受ける影響は大きなものがあるからです。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

本の紹介『日本3.0』

2018.02.20(23:44) 1980

日本の大学では、受験時に学部学科が決まってしまいますね。例えば、大学入試の時に、文学部英文科を受けて、受かったらその学科に行くというようにです。

これって、アメリカの大学ではそうではないそうですね。下記の『日本3.0』という本にハーバード大学の例が書いてありました。



ハーバード大学では、教養課程が重視されているようです。

日本の大学では、「ぱんきょ」と言って、サボるのが普通のようなところがありました(笑)。

ところが、ハーバード大学では「美学と解釈」「文化と信仰」「経験的・数学的推論」「倫理的推論」「生命科学」「物理科学」「世界の社会」「世界の中の米国」の8つの領域が一般教養と定められています。

一般教養といっても、日本と違い内容は高度なようでですね。

そして、学生は2年の半ばまでに50ある専攻分野から自分が専門とする分野を選べるそうなのです。うらやましいシステムですね。

私も外国語学部英語学科という専門課程に入学しましたが、一般教養で社会学を取ったんです。そしたら、すごくおもしろかったんですよね。だから内心「しまった!社会学部に行けば良かった!」と思ったんです(笑)。まぁ、今だったら経営学部に行きますけど(笑)。

高校生くらいで、たいして世の中のことも知らず、勉強していない者が、その時点で専門課程を決めるなんて、実質無理な話ですよね。

たぶん、「就職に有利だから」だとか、「女の子がいっぱいいるから(笑)」とか、「この学部しかいけなかったから」とか、そんな理由で学部を選択している人が多いでしょう。

だから日本の大学も一般教養を経て、専門を選択できるようにするといいですよね。

そして、一般教養も冷やかしみたいな授業ではなく、「日本の将来を担う人物を作るのだ」という気構えを持った授業をやってもらいたいものですね。

それから、この本はここで書いた教育のことは一部でして、現代の社会を鳥瞰するような情報が書いてあります。

著者の佐々木紀彦の意見に全面同意していることはありませんが、今の日本で起きていることが書かれていて参考になりますし、知らないことも結構書かれていましたので、考え方を読むというより、現代社会の情報として読まれるとよいのではないでしょうか。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!

2018.02.19(23:55) 1979

オリンピックのカーリング女子の日本対スウェーデン戦をテレビで観戦しました。

素晴らしい試合でした!劇的な逆転勝利でしたね!

私も段々ルールが分かってきて、神経がヒリヒリするような展開でした。

正直、「今日は負けかな」と阪神ファンらしく(笑)、すぐにあきらめていたんですけど、強豪スウェーデンに見事逆転勝利を飾りました!

日本カーリング女子のみなさんは、みなさん可愛らしく、凛々しく、体力的にも精神的にも強かったですね!


ところで、カーリングを見ていて思ったんですが、人間って、ほんといろいろなタイプといいますか、国によって、見比べると全く違いますよね(笑)。

ある意味、同じ人類としてみるのも無理なくらい見た目が違います。

スウェーデンの選手や、ロシアの選手、アメリカの選手、日本の選手、全然違いますもんね。

人体のパーツパターンや部品は決まっているけれども、種類は全く違う者が地球上に無数に存在しているという感じがします。


また、言葉も全然違います。世界でいったい何カ国語あるのでしょうか?数千あると言われていますね。

そうした言葉を誰が発明したのでしょうか。

ポンと生まれてきて、言葉を発明できますか?

文法を考えて、単語を考えて、発音を考えて。そんなことができる天才が各民族に何千人といたということなんですかね。

誰かに教わるか、マネをするかしないと無理だと思います。

地球でそれだけの言語が新たに創造されたというのは、ちょっと考えにくいですね。

では、言語の起源は何なのだということになります。

私には分かりません(笑)。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!

2018.02.18(21:53) 1978

前回のブログで大河ドラマの「翔ぶが如く」に触れました。

あれは良くできていましたね。あの頃はNHKもちゃんとドラマを作っていたんですね。見たことのない方は、ぜひ一度見られると良いと思います(少し音楽が暗いですけどね)。

西郷隆盛(西田敏行さん)が島津斉彬(加山雄三さん)に出会ってから、月照和尚(野村万之丞さん)と海に身を投げるまでは、毎回泣ける場面がありました。

特に西郷と島津斉彬とのやり取りは何とも言えない感動があります。

極端なことを言いますが、西田敏行さんは、このドラマで西郷隆盛を演じるために生まれてきたのではないかと思うほどです。それほど素晴らしい演技になっています。

また、大久保利通を演じた鹿賀丈史さんもなかな良いんですね。

毅然とした大久保利通を演じてピッタリな感じでした。

その大久保利通ですが、最終的な目的をしっかり持ったら、その達成のために全くブレません。目的を達成するためには権力がいると考えたら、権力を得るために他のことを小事にして、耐えるところは耐え、上に取り入れてもらうための策を講じて徹底した行動を取ります。

戦略的地点を決めたら、すべてをそこに集中させ犠牲をいとわない冷徹な姿勢は軍師的ではありますが、大久保利通にはリーダーとしての資質もありました。

それにしても、「翔ぶが如く」を見ていると、西郷も大久保も苦難の連続です。よく耐えて生き抜いたなと思います。そして、大きな偉業を成し遂げています。

マンガや映画のヒーローは架空の人がいますが、この二人は実在していたというのが凄いです!

偉業と共に、その生きざまが後世に勇気を与える人物ですね!




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

薩摩の郷中教育

2018.02.16(23:38) 1977

今、大河ドラマで「西郷どん」(せごどん)をやっていますね。

主人公の西郷隆盛を演じる鈴木亮平さんは、とても良い雰囲気を持った俳優さんですよね!オーラといいますか、今後の日本映画、テレビ界を背負って立つ俳優さんになるような気がしています。

ところで、「西郷どん」の舞台である薩摩で郷中教育(ごちゅうきょういく)というのがあったのをご存知でしょうか?

郷中とは、方限(ほうぎり)と呼ばれる区割りによる自治組織のことです。

郷中では、青年を稚児(ちご)と二才(にせ)に分けて、武芸や勉学に励みます。

その郷中教育の中心が「知行合一」の精神です。

そして、重視された3項目が、「うそを言うな」、「負けるな」、「弱い者をいじめるな」でした。

どうでしょうか。今の幼稚園や小学校教育でも、この3項目だけでも徹底して守るようにしたら、全然違う教育成果が上がるような気がしませんか?

二才どうしは、二才頭(にせがしら)を中心に熟議して、郷中の問題を解決していました。

だいぶ前の大河ドラマである「翔ぶが如く」では、西田敏行さんの西郷吉之助を中心に薩摩の若者がいつも話し合っていましたけど、ああいうことを普段からやっていたのでしょう。

郷中教育のようなことをやっていたら、陰湿ないじめはないでしょうし、リーダーも育っていくような気がします。

今の学校は知りませんが、少なくとも私が通っていた頃の学校では、精神的な柱を立てるような教育はありませんでした。知識だけを教わったような気がしています。

小学校や中学校では簡単な言葉で、「これだけは守りなさい」というものを教えていくべきだと思います。

例えば、「いじめをするな」、「ありがとうございますとお礼を言う」、「人のせいにするな」、「ねたむな」とかですかね。

日本の教育は失った精神性を取り戻さなければなりません。




いつも応援クリックありがとうございます! 心から感謝申し上げます!!

------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

ただ今、初回の企業様限定で2時間の無料コンサルティングを受け付けています!
貴社の状況をヒアリングし、課題を整理します。そして、解決方法をアドバイスします!
ご希望の企業様は、古賀光昭の公式サイトの問い合わせページから、
「無料コンサルティング希望」と御連絡ください。お待ちしています!
なお、こうした無料の企画を私はめったにやりませんので(笑)、そのうちやらなくなりますから、お早目にお申し込みください。

------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



最近の記事
  1. 不作為の責任(02/24)
  2. 暇は、「暇な波長」を出す(02/23)
  3. 教育の無償化と社会人教育(02/22)
  4. 本の紹介『日本3.0』(02/20)
  5. カーリング女子、強豪スウェーデンに勝つ!(02/19)
  6. 大河ドラマ「翔ぶが如く」は、素晴らしい!(02/18)
  7. 薩摩の郷中教育(02/16)
次のページ
次のページ