タイトル画像

人手不足を解決するには

2017.09.22(22:15) 1875

人手不足で困っている会社が多いです。

社員が辞めたら、いくら募集しても人が来ないという悩みを抱えた社長はたくさんいることと思います。

人手不足を解消する方法はあるのでしょうか?

私は、その問題が全くない会社様を存じています。

飲食店ですが、人が辞めませんし、逆に雇ってほしいという人が後を絶たない会社様です。

その会社様の特徴は、社長を始め経営者の方が徹底して社員を大切にしています。

それとここが肝心なのですが、社員を大切にしているということがきちんと伝わるようにしているのです。

方法は何でもいいのですが、大切にしているということは、伝わるようにしないと意味がないのです。

男女の仲もそうですよね(笑)。

男性だとして、彼女のことを大切にしていると心の中で思っていても、それが伝わっていなかったら、彼女には分からないのですよ(笑)。

斎藤一人さんが言われてました。人が亡くなって家でさんざん泣いて悲しんでいる人より、お通夜に駆け付ける人の方が誠意が伝わるんだよと。

この世って、そういう面があるんですよね。

人は以心伝心、不思議と分かる時もあるんですけど、いいことほどうまく伝わらないんです(笑)。


まずは、社員を大切にしようと社長が強く思うこと。

次に、その気持ちは、いかにすれば伝わるかを徹底して考えることです。

給料を高くするとかではないですよ(笑)。

その答えが出せれば、人手不足は解決します。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

JAL(日本航空)の再建エピソードで驚いたこと

2017.09.20(23:34) 1874

今日は東京で打ち合わせと仕事があったので、常磐線の各駅停車に乗りました。昼前でしたので、空いていたので座っていきました。

すると、ある駅から乗ってきた若い女性(女の子ですかね)が、私の隣に座りスマホをすごいスピードでいじりだしました。

そして、ヘッドホンからガシャガシャした音が結構漏れてきて、気になってきました(笑)。

私は稲盛和夫さんの『稲盛和夫の実践アメーバ経営』を読んでいましたのが、横で手が動き回るのと音で集中できなくなくなったので、自分もウォークマンをしてお気に入りの音楽を聴きながら読書をすることにしました。

こんなことを気にするぐらいの集中力ではいけませんね(笑)。修行が足りません(笑)。

ところで、その稲盛和夫さんの本にJAL再建のときのエピソードが出てきていました。

驚いたのは、稲森さんが「現在の経営実績はどうなっていますか?」と聞いてもなかなか数字が出てこなかったことです。やっと出てきたら数か月前のデータで、それもマクロのものだったそうです。

どの路線がどれくらいの収益があるかもまったく把握していなかったようですね。

マーケティング、財務、経理、経営企画や管理や、部署の名前は知りませんが、内部管理と外部環境分析に相当人員もいたでしょうし、コストもかけていたでしょう。でも、数字を経営者が意識していないと”こういうことになる”のですね。

何人の人がリストラになったかは知りませんが、ある意味いい加減な経営の犠牲者ですよね。

また得てして、そういうリストラするような会社の経営者ほど、とんでもない報酬をもらっているものです。こういう経営者をドラッカーは一番軽蔑していました。

経営者の方は、経理に会社の数字を任せっぱなしにするのではなく、きちんと把握しないといけません。
倒産する会社、あるいは業績が悪い会社は、お金や数字に関して大雑把です。儲けない仕事を受けていますけど、それに気づかずに受けています。

中小企業だと、判断のルールがなく、「よっしゃ!」と社長の判断で何でも決めてしまうので、ごちゃごちゃになるのですね。

もし貴社が上記のような状態でしたら、危険信号ですから、1日も早く改めた方がよろしいです。

それから、稲盛和夫さんの本は下記のものです。






応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

日経平均株価の上昇と広島カープの優勝

2017.09.19(23:43) 1873

日経平均株価が今日は随分上がりましたね。前週末終値比389円高の2万299円だったようです。

とは言っても、今年の私の予想では、秋には25,000円くらいにいくのではないかと思っていたのですが、この様子では外れそうですね(笑)。

まぁ、私の予想を間違わせたのは、北朝鮮の動向でした。私は、北朝鮮の危機は来年本格化すると見ていて、それで韓国が来年はあるのかなというようなことを書いていたのです。

ところが、思っていたより早く北朝鮮情勢が緊迫したので、株価が上がらなくなったように思います。

それと、安倍内閣が森友学園や加計学園の騒ぎによって内向きになって、それもマイナスに作用したのではないでしょうか。


話は変わりますが、広島カープが優勝しました。

FAで補強もせず、逆指名で選手も獲得しないチームが連覇をするというのは、巨人や阪神へのアンチテーゼとして、良かったのではないでしょうか。

やはり広島カープのようにドラフトを上手にやって、育成して勝っていくチームがあるというのが夢とロマンがありますよね!

逆指名制度がやはり巨人に相当有利に働いていたと思うんですね。その逆指名ができなくなり、逆指名した選手が引退したり、中心でなくなってきたりしたので、広島カープにチャンスが出てきたと私は思います。

逆指名制度があるなんて、ドラフトではないですもんね(笑)。

ドラフトやFAが今のままの制度だったら、広島カープの黄金時代は続くような気がします。

それと思い出しましたが、今年の優勝予想をほとんとの評論家が巨人としていましたが、小宮山さんが広島カープの優勝を予想していました。「巨人のキャンプを見たけど暗かった。でも広島カープのキャンプはみんな日本一になれなかった悔しさで練習をしていた」と言ってましたね。

見る人が見れば分かるものなのですね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

高齢者と若い世代

2017.09.17(22:37) 1872

明日9月18日は、敬老の日ですか。不思議な祭日ですが、うちの息子は祖母にプレゼントをしていたので、こういう日があることが「老人を敬うきっかけ」にはなっているみたいです。

ところで、みなさんは平日の昼間に移動されたり、街やショッピングセンターへ行かれることはあまりないでしょうね。外に行かれるとしたら、お昼の食事どきか営業の方だと思うのです。普通、移動するとしたら、朝の通勤時間帯か、帰宅する夜ですよね。

私は家を事務所にして仕事をしていますし、通勤時間帯にあまり移動することがないので、昼間に移動することが多いのです。

そこで思うことは、昼間は高齢者が本当に多いです。

昼間の時間帯にバスや電車に乗ったり、ショッピングセンターへ行ったりすると、本当に高齢の方が多いですね。

以前は、女性の高齢の方は多く見かけていましたが、ここ数年は男性の高齢者の方を多く見ます(まぁ、私も若くはありませんが(笑))。

当たり前のように思われるかもしれませんが、25年や30年前では、平日の昼間に明らかに仕事をしていない男性を見かけるというのは、なかなかありませんでした。

随分、日本も変わりましたね。

これだけ高齢者がたくさんいるようになると、若いというだけで大変な宝を持っているということですよね。

若い人は自信を持ったらいいですよ!今の日本だったら、若いというだけでも大きなアドバンテージがあるので、いくらでも道がありますよ!!

私も若くないから書きますけどね(笑)、昼のバスやお店で”お年寄りばっかりのところ”を見たあとに、若い人を見かけたら、ホッとしますもん(笑)。

たぶん、定年退職した高齢者の方も同じように思っておられると思いますよ。

高齢者の方は、きっと若い人に会いたがっていると思います。

おそらく定年になった人で元気な人は、若い世代と会ったり、話せたりするような場所に行こうとするでしょうね。

それは仕事先やアルバイト先かもしれないし、趣味の集まりかもしれないし、ネットでのつながりかもしれません。あるいは飲食店とかですかね。

そして起業する人も増えるでしょうね。若い人を雇って、一緒に仕事をしたいという人も増えるでしょう。

若年層の人手不足と、たくさんいる高齢者をどのようにうまく活かしていくか、これらの答えを日本社会は出していかないといけませんね。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

お花畑のような人たちばかりになったら

2017.09.15(01:05) 1871

競争や勝負があると、勝者と敗者が出て、敗者になると嫌ですし、勝者になってもねたまれるということがあります。

昔、お花畑のように日本や世界が平和だったらなぁと思うことがありました(笑)。

では、もし地球が調和型の人(お花畑の人)ばかりだったら、どのような星になっているでしょうか?

例えば、お人好しで、とても気が良くて、怒ることもない、競争もしない人ばかりの星だとしたら、どうなんでしょうね?

朝起きて、会社に行きたくなければ会社に電話して、「今日休みます。」

そしたら、会社の人もお人好しですから、「いいよ!」と休ませてくれます。

電車を運営する人たちが疲れていれば、「今日は電車動かなくて、いいですよね?」と聞けば、みんな「いいよ」と応える。

すると、電車は止まりますけど、誰も文句をいいません。「ま、いいか、しょうがないよね」と誰も怒らないのです(笑)。

学校でも競争はありません。試験も自己採点しかないし、学校の成績が悪くても、誰も何も言いません。

こういうお花畑のような人たちばかりだったら、地球は平和でしょうね。

でも、進歩ってあるのでしょうか?

競争や勝ち負けがあるから、私たちは頑張っている面があるような気がします。

つまり、調和型の人は、学校やビジネスで、競争や勝ち負けを経験することで進化発展することを学んでいるのだと思うのです。

逆に、人を蹴落としてでも自分がいい思いをしようとするタイプの人は、調和型の人を見ることによって、優しさや思いやりを学ぶ機会を与えられているのではないかと思うのです。

実際には地球と言わず、日本だけでも考え方の違う人がたくさんいます。

調和型の人もいれば、自己中の人、競争して相手よりいい思いをしたい人、気は荒いけども文明の発展に寄与しようと思う人など、いろいろな考え方、タイプの人がいます。結局、それはお互いに自分にないものを学んでいるのでしょう。

調和型の人だったら努力を学び、競争型の人だったら思いやりも学ぶだとか、そうした人間を向上させるような仕組みに人類社会はなっているのだと思います。

無数に個性ある人を配置しているところを見ると、神様は偏った考え方(調和だけのような)をするのではなく、さまざまな考え方を吸収して、トータルで成長してほしいと願っているのでしょうね。


応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

労働者の6割が仕事で強いストレス。その解決方法は?

2017.09.12(13:45) 1870

9月8日金曜日の日経新聞に、厚労省の調査で、「労働者の6割が仕事で強いストレスを抱えている」という記事がありました。

仕事で強いストレスが6割

ストレスの原因を聞くと、54%が「仕事の質、量」、39%が「仕事の失敗、責任の発生」となっていました。

厚労省は小規模企業を中心にメンタルヘルスに取り組んでいくようですが、原因が「仕事の質と量」なので、メンタルヘルス対策だけでは解決しない問題ですよね。

なぜなら、カウンセリングを受けて、気持ちが少し楽になったとしても、仕事の質も量も変わらないからです。

今は人手不足ですから、トップマネジメントが行わなければならないことは、「我々の事業は何をすべきか」を明確にし、やる必要のない仕事を1日も早くやめることです。

「やる必要のない仕事なんかやっている会社はあるのか?」と思われるかもしれません。

しかし、「今までずっとやっているから。」とか、「今さらやめられないから。」とか、惰性でやっている仕事や作業はきっとあります。

人の確保が難しい企業は、顧客を見直した方がよいでしょう。

支払サイトがやたらと長い得意先や、利益率が悪い得意先は一度検証して、場合によってはお断りする判断も必要です。


「仕事の質」に関しては、部下をサポートできる上司がいないことを表しているのでしょう。

例えば、「上司が突然退職した」とか、「突然病気になって休んでしまった」とか、「上司自身が忙しくて部下をフォローする余裕がない」とかです。

これも上記の撤退戦略を使って仕事の量を減らせば、カバーできる部分はあります。ただし、仕事の量が減っても、知識がない仕事はできませんから、分かる人が体系的に教えてあげる必要があります。

「この仕事をするために必要な知識は、これとこれ」、みたいに分かる人が時間を作って教えてあげなければなりません。

もし誰も分かる人がいないというケースでしたら、その仕事からは撤退するべきでしょうね。


ストレスの対策といっても心の面だけではなく、現実の仕事を見直すことがないと問題解決にはならないと思いましたので、いくつかポイントを書いてみました。参考になれば幸いです。



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



タイトル画像

掛布雅之2軍監督の退任とマグレガーのXY理論

2017.09.11(13:05) 1869

阪神タイガースの掛布雅之2軍監督が、今期限りで退団となりました(涙)。本当に残念ですが、掛布雅之監督には心から感謝申し上げます。

掛布雅之監督!ありがとうございました!

退団の理由の確かなところは、球団や本人しか分からないところですが、おそらく金本知憲監督と掛布雅之2軍監督との指導方法の違いがあったからだと思います。


金本知憲監督は、ドラフトで高山を指名するときにスカウトに対して「大きいのが打てるか?」と質問し、「打てる」と聞いたので指名したと言ってました。つまり、高山俊は、ホームランを打てるバッターだから指名するし、ホームランバッターに育てるという意思を金本知憲監督は持っていたのでしょう。

それに対し、掛布雅之2軍監督は、高山俊が入ってきたときに、「ヒットの延長がホームランというバッターではないかな。」ということを発言していました。

「あれ、見方が違うなぁ」と私は思っていました。

金本知憲監督は、筋トレと猛練習によって眠っている能力を開花させようと考えるタイプです。そして、指導は上が管理し、強制しなければならないという考え方を持っているようです。

掛布雅之2軍監督は、選手の「顕在している強みを」伸ばすタイプで、練習も強制させるものではなく、自主性を重んじる考え方だったようです。


金本知憲監督と掛布雅之2軍監督の違いは、アメリカ経営学者ダグラス・マグレガーの「XY理論」で見るとよく分かります。

金本知憲監督は、命令や強制で管理し、目標が達成できなければ処罰する「X理論」ですね(金本知憲監督は、これに情を加えていますが)。

掛布雅之2軍監督は、理想的な目標を与え、責任を持たせて本人の自主性に任せる「Y理論」です。


経営コンサルティングで言えば、金本知憲監督が「一倉定さんの環境整備」で、掛布雅之2軍監督が「ドラッカーの目標管理」に近いと思います。

「XY理論」で見ると、「Y理論」が理想的で、管理強制する「X理論」が古い体育会系の組織のようにも見えますけど、目標が明確になっていない人(何をやったらいいか分からない人)や、責任感が伴っていない人には「X理論」は有効です。

選手の性格にもよりますが、初期の段階ではX理論によって指導して、目標と責任感を持てるようになってからY理論に移行するのがいいのではないでしょうか。


育成の仕方が違うといって、金本知憲監督が大先輩の掛布雅之2軍監督に”とやかく言う”のも難しかったのかなと思います。

金本知憲監督の長期政権を見据えて、金本監督が気軽になんでも言える2軍監督に替えて、1軍と2軍で一貫した指導育成体制にしたいのでしょうね。

掛布雅之2軍監督がいなくなるのは、本当に寂しいです。

されど、金本知憲監督が納得のいく方法で、阪神タイガースを強くしてほしいと思います!



応援クリックが励みになっています! いつもありがとうございます!!

--------------------------------------------------------------------------
古賀光昭へのお仕事の御依頼はこちらから
    
経営コンサルタント古賀光昭の公式サイト

乱気流の時代に勝つ仏教の智慧 「仏教的トップマネジメント」
儲かる財務コンサルティングをやります! 
ぜひ一緒に仕事をしましょう!御連絡をお待ちしています!
--------------------------------------------------------------------------

古賀光昭の経営相談室



最近の記事
  1. 人手不足を解決するには(09/22)
  2. JAL(日本航空)の再建エピソードで驚いたこと(09/20)
  3. 日経平均株価の上昇と広島カープの優勝(09/19)
  4. 高齢者と若い世代(09/17)
  5. お花畑のような人たちばかりになったら(09/15)
  6. 労働者の6割が仕事で強いストレス。その解決方法は?(09/12)
  7. 掛布雅之2軍監督の退任とマグレガーのXY理論(09/11)
次のページ
次のページ